よんちんの・・・何処行こうか?

バイク、食事ネタ減って自転車ネタばかりになってる・・・(汗)

四号機始動(スーパーカブ90)

Love Cub 50 プロジェクト

2月12日(金)〜2月20日(土)、暴H社のショールームで「Love Cub 50
プロジェクト」で製作された世界に1台のオリジナルカブが全61台展示
してあります

001002




003004




全数撮影するのはきついので一部だけ紹介

005006




「水曜どうでしょう」でスーパーカブに乗って旅した「原付東日本
縦断ラリー」「原付西日本制覇」「原付ベトナム縦断1800キロ」の
3タイトルをイメージしたデザイン

イギリス出身のジェンソン・バトンがデザインしたオフィシャル
ガイドブックにも載らない幻?のカブ

007008




デーモン小暮閣下の日本の精神をデザインしたカブ
スピードスケート清水宏保の目指すは「神速」!

009010




由美かおるの「世界中の人が見上げる星空のように」。
残念ながら「世界中の人が期待する入浴シーン」ではないようです
スヌーピー公式デザインハンドルエンドに付いているのは
耳であってフリンジではありません

さて、既にご存知の方も多いと思いますが、これらのカブは3月から
ネットオークションで販売されます どれが一番高値になるか、
どれくらいの値が付くのか楽しみです

ワクワク o(^-^)o

明日は奴の納車日!
我慢できずに「明日の納車、開店時間ピッタリでも大丈夫ですか?」なんて店に電話しちゃった♪

きっとカブはいじけて明日の朝、エンジンかかり悪いだろうなぁ(^^;)

めぐりあわせ・・・

【prologue】

人は出会いと別れを繰り返し・・・

【第一章】

一昨年前某日、

BlogPaint某プリンセスが「林道に行こうよ
なんて言い出した。
でもオフ車を持っていなかった元オフ車
乗りの俺は・・・











【第二章】

003基本的にバイクは新車しか買わない俺。
既に3台のトライアンフを所有している俺に
とってこれ以上バイクを増やすのはかなり
困難であった。
総合すると手に入れられるのはスーパー
カブ90しかなかった。

【第三章】

しかし、購入後某プリンセスから林道ツーリングの話はプッツリ途絶え、カブ
の利用価値は全く無くなってしまい、1年以上たっても走行距離が500km
に満たない・・・

その後他のメンバーの間で林道話が盛り上がりやっと出番か・・・と思って
いた頃にロケットで自爆。

005タイミングを逃した私をおいて林道で盛り
上がるメンバー・・・
ハブられるって本当に悲しい。




【第四章】

体の方も林道ツーリングに参加できるまでに回復したものの、実はカブでは
無理だった。と言うのも、カブ90は3速で2速と3速が離れすぎていて山登り
に不向き・・・と言うか無理。

せっかく買ったのに使えない・・・本当のオフ車が欲しい・・・
何度もネットでKDXを探したがなかなか良い物が見つからない。
見つかっても直ぐに売れてしまうか、高くて買えない・・・

諦めかけた昨年末の事だった・・・

【第五章】

GOOBIKEを検索中に

001002





暴H車のXLR125Rを見つけた。中古ではあるが小型4スト経済性抜群で
フルサイズボディーがとても良い。
これ本気(マジ)で・・・

【第六章】

年が明けて2010年。アイツが気になったまま年を越してしまった。
4日から営業開始と言う事で、chuさんと一緒に現物を見る為に上尾に向かった。

外観は年式の割にとても程度が良かった。店員に頼みエンジンを掛けてもらった。
異音も無く状態は思ったよりとても良かった。

跨ってみた・・・以前乗っていたXLR BAJAと同系の見慣れたメーター周りで
とても懐かしい。
足つき性の悪さからまだまだ足廻りがしっかりしているのが解かる。

これは・・・

【最終章】

XLR125Rが俺に語りかけてきた「私に乗って欲しい、そして林道に連れて
行って欲しい・・・」 いや、俺の物欲菌がそんな幻聴を聞かせたのか・・・

俺は決心した。

BlogPaint買う。お前を買う。
そして林道に連れて行く・・・いや、俺を
林道に連れて行ってくれ




【epilogue】

出会いには色々ある。

丁度良い出会い・・・例えば五代裕作と音無響子。

遅すぎる出会い・・・例えばアムロ・レイとララァ・スン。

早すぎる出会い・・・例えば俺とカブ。

早すぎたんだよ、俺達。又会える、きっと又会える。

カブ売って・・・

コレかなぁ〜

これなら乗るだろうなぁ〜

4日から営業開始かぁ〜

見てこようかなぁ〜

自然の力って・・・

IMG_2332凄い
それにしても・・・
滅多にブログに出てこないカブが
こんなネタで出るなんて

洗車して

1b8f8776.JPG綺麗になったことだし、リハビリかねて・・・


































































001スラクストンでトラ川出勤・・・って、バイクが変わってるし、いきなり難関であるセパハンに手術後2週間で乗車可能


今日トラ川で会った常連はmiyaちゃん、ミナさん、カトちゃん、一条君、chuさん 天気が良かったので他のメンバーはツーリングに出かけたんでしょうかねぇ〜

因みに先週・今週と2週続けてカトちゃん企画のツーリングが煮詰まらないどころか、何処に行くかだけであっち行ったりこっち行ったりな状態

明日のオメレンに備えて今日は早々に解散。そして私は帰り道のラーメン岡崎で夕食

002003





焦しニンニクが美味しいつけ麺と焼き餃子
ラーメンに関しては以前お伝えしましたが今回初の餃子、これはヤバいです 普通のより一回り以上大きいのと、皮が厚手でパリパリ/モチモチ・・・かなりのボディーブローです

お腹もいっぱいになった事だし、帰宅しますか・・・

















































004この影は
と言う事で、明日のオメレンはこいつで参加です

H社の新型

BlogPaint何やらH社の本社前が騒がしい・・・
そう、スーパーカブ110の発表イベントである



私のカブ90との大きな違いは排気量は当たり前だけど、最近流行りのインジェクション化とフロントサスペンション、そして擬装部品の樹脂化に4速ミッション。

環境対策として大幅な改良を図った訳だが、見た目が安っぽい

それと50ccならともかく、90ccは明らかにビジネス向け。
なのに・・・

BlogPaint005






モリワキのマフラーにタケガワのリアサスペンション、ダブルシートにカスタムキックペダル・・・ビジネス向けには無用の長物

誰に売ろうとしてるのやら、H社のやることは分らん

とは言っても、カスタムパーツのほとんど無い90cc所有者としては羨ましい

006新型発表キャンペーンの他に「Love Cub 50プロジェクト」なんてのもやってるようです・・・って、何で50cc限定なの??? また仲間ハズレかよ だからH社は嫌いだ



やっぱり凄い

購入から常に全開走行のカブ90。
慣らし運転なんて甘やかす事なくひたすら全開。カブの耐久性は誰もが太鼓判なので安心して回せます(^o^)
そんなカブ90、初回燃費は脅威の48.9km/l!
やっぱ凄いよo(^-^)o
満タン4Lなので約200km走行可能♪
コイツは長く付き合えそうだ(^-^)b

夜レン・・・そして

9/13のトライアンフ走行会に備えてタイヤの皮むき&訓練に出かけたまーくんに刺激を受け、私も夜レンに出かけました

001











しかし、早上がりしたとは言え仕事後なので真っ暗
しかも定峰は街灯が無いので先が見えない
よく走る道でも流石に峠は無理がありました

とりあえず峠の茶屋で休憩です・・・







































003002












いけねぇ、バイク間違えた(笑)

白石峠、大野峠、刈場坂峠を越えてR299経由で自宅に向かいました。途中、担々麺の専門店「里山房(REE SAN BOU)」に寄りました。

004005







場所は埼玉県日高市栗坪18−7(彼岸花で有名な巾着田の直ぐ近く)で、会社の先輩に勧められていた店です

006007






008色々ありますねぇ〜
この他に季節限定冷やし担々麺もありました。




岩のり好きとして先ずは岩のり担々麺に挑戦です
ついでに餃子とライス(並)も追加オーダー

009大量の岩のり
深みのあるスープに岩のりがマッチして凄く美味しいです




(羽根付き)餃子もニンニク抜きだけど味がしっかりしていて美味しいです

スッぱ辛い担々麺もあるし、ご飯も並と言いながら充分大盛りだし、暴氏にもオススメです

立ちゴケ

・・・になるのか?

バイクを停めてスタンドを出し、バイクから降りたらパタッと倒れちゃいました。

どうもスタンドの掛かりが浅いみたいで、平らな所でハンドルをきって停めないと簡単にスタンドが外れます(^^;)

これが正常なのか不良なのか・・・運搬/配達の為に生まれたバイクなのに停める場所がシビアでは役にたたないし、毎度センスタじゃ面倒だし。
頼むぞ本田技研!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Profile

よんちん

記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ