よんちんの・・・何処行こうか?

バイク、食事ネタ減って自転車ネタばかりになってる・・・(汗)

四輪談義(自車以外)

N-VANの燃費

N-VANのネット記事や動画を見ると、どうも燃費の悪さが目立つような気がする。

たまたま見た動画では、1速から結構引っ張ってシフトチェンジしているように見えた。

ちなみに私は2速発進で、サクサクシフトチェンジして速攻6速に入れてしまうし、大抵の交差点では左折3速、右折4速で曲がってしまう。コレで充分流れに乗って走れてしまう。

S660譲りの6速ミッションとは言え、あくまでも軽バンなので回して走る車ではない。

012






コレが私のN-VANの燃費。初回は試しに高速を引っ張って走った結果。通勤と買い物がメインで、遠乗りは埼玉から茨城が一回だけ。まぁ出来るだけ車の混まない時間帯を選んで走るようにしているので条件はいい方だが、今年に入ってからはカタログ値を上回ることが多くなった。

まぁ私の場合、重量物を乗せることがない(乗せて自転車と関連荷物)ので、なんとも言えませんけど。

トライアンフ・アクレイム

暇つぶしにYouTubeで動画を見ていた。

懐かしの車のCM (と言っても結構古い)で、ホンダ初代バラードのCMが流れた。

ビッグ・ベンの鐘がなり、雑誌を開いたらTriumphの文字が
更に走ってきたバラードのグリルにTriumphのエンブレム
そしてTriumphのエンブレムがホンダのエンブレム(Hマーク)に

なんだコレはとWikiで調べたら、技術提供してトライアンフブランドのアクレイムという名前で売っていたみたい

しかもこの車種がトライアンフブランド最後の車・・・知らなかった、全然知らなかった

この動画の1:01:14にあります。

興味のある方はご覧ください

何に使う???

IMG_8698日陰でこの気温はマズイよねぇ





それは置いといて、

IMG_8700ラダーを買いました。さて何のために?答えは来月下旬に

アグスタ用パーツと・・・これって???

早速購入しました

001002





アグスタのタンク&燃料ホースを繋ぐクイックフューエルカプラー純正カプラは樹脂製で、劣化が進み今にも粉砕しそうなので交換しようと思います。明日トラ川に持って行こう

CBR250Rもだけど、古いバイクは燃料系に気を付けないと・・・最悪燃えるからね

さて、話は変わり、次の写真を見て下さい。

003前に停車しているのは暴H社のN-ONEですが・・・何か違和感があります。




そう、軽自動車なのにナンバープレートが白ワイドボディーではなさそうなので、排気量アップで改造申請したのかと思ったのですが、それでもやはり何かおかしい・・・

004そう、2箇所おかしい








一つ目は、封緘が無い。本来ナンバープレートを取り付けるボルトの左側には封緘があるはずなのに、それが無い。
二つ目は「う」。「あ、い、う、え、か、き、く、け、こ、を」を使うのは事業用で、プレートは緑地白地。なのにこれは白地緑字。

これってニセモノ

スポーツカー好きな先輩

001暴H社の社長も抽選に外れ購入できなかったシビック タイプRやっぱ格好いいねぇ



この先輩、もう一台スポーツカーを所有しています。

それはね、


002NSX





新型が日本発売されたら買うだろうと思ったら、流石に無理だって>2500万円?

FF世界最強

出ましたね、CIVIC TYPE R

001002







003004







2.0Lターボでパワー310PS、トルク40.8kgf・m

ラップタイムがスポーツカーの性能を測る指標となっているニュルブルクリンク北コースで、ルノー メガーヌ R.S. トロフィーRが記録した7分54秒36を3秒73も短縮する7分50秒63という驚異的なタイムを叩き出した世界最強のFF車

流石、暴H社だね

そして価格が428万円・・・ん〜価格も凄い

でも2人しか乗れないGOLD WINGが290万円もすることを考慮すると安いよね?

S660

暴H社のS660、やっと発表されました

002ノーマル仕様







003モデューロ仕様







004無限仕様







005金に余裕があれば即買いしたい一台です

先週の暴H社ショールーム

001レース活動感謝祭?やってました。






002この角度だと肘擦りで凄い攻めって感じがするけど・・・






003この角度だと・・・転倒してるよね






004RC213V+マルケス、本当に強かったなぁ〜






エキパイとサイレンサー

005006







4−2−1でテールカウル内でトグロを巻いているのが芸術的

007このRC213V、またがる事ができました






008非常にコンパクトでポジション的にはそれ程きつくないです。というか、自分のF4Sより断然楽チンです。その理由は・・・




009タンクの高さが全然違って低いので、お腹が当たらないから






010Moto2のMD600と8耐のCBR1000RR。やっぱモリワキカラーはいいねぇ〜





011オフ系市販車も頑張って欲しいなぁ






GT500 NSXコンセプト

012013







N社には勝てなかった・・・それより早く市販しようよ

最後に市販車VFR800X

014015







016017












顔以外のデザインは悪くないと思う・・・この寄り目が嫌い 小柄な私にはポジション的に丁度いい感じ。ただちょっとシートが高いかな〜

019思ったら車高調整付き グリグリダイヤルを回して車高を下げてまたがってみたら、まぁいいんじゃない




018お約束のトラクションコントロール付き。






020キーシリンダーはハンドルバーの奥深く・・・バーにナビなんかを取り付けちゃうとキーに手が届かない




なんだかんだ言ってもこのバイクは購入検討対象外 理由は・・・

021V4エンジンだから。股下にエンジン(ヘッド)があると熱いんだもん。しかも4気筒だから2気筒と違ってフレームとの隙間がほとんどなく、フレームも異常に熱くなる。


雨の日は股間から湯気が立ち昇って格好悪いし、何と言っても重い KTMの軽量技術を見習おう

暴H社 ショールーム

001暴H社のショールームに入るとコイツがお出迎え
小便小僧ではありません、水素小僧です







002燃料電池のしくみ説明用で、マジで暴走した訳ではありません





これはおまけの展示で、メインはこちら。FCEV CONCEPTの特別展示です

003004






005006






排出するのは水だけの燃料電池車 航続距離は700km以上と結構走れます。釧路〜札幌間を給油・・・給水素せずに往復できるって事です(分かり辛い) 定員5名でデザインも良くて、しかもこの車、来年市販車が出るそうです。まぁリース販売なのと水素補充できるスタンド整備がしっかりしないと普及する物ではないけど、そう遠くない未来にこういう車が当たり前に走ることになるのかもね。

さて、現実に戻って気になったのがN-BOX Customの赤黒ツートンカラー

007008






009こういうスポーティーなデザイン好きなんだよね 試乗したことは無いけど、ターボ車はそこそこ良い走りするんじゃないかな。



中はどうかな・・・

010011






012013






ブラックを基本に赤をポイントで使っているところが良いですねぇ〜 メーター廻りもスポーティーだし、実用性の高い大きなグローブボックス。ナビもでかくて非常に便利そうです

014015






016017






後部座席の足下も充分過ぎるくらいに広いし、トランクスペースも軽にしてはかなり広いし、深さもあるのでかなりの荷物を積むことが可能です 屋根も高いので全く圧迫感がありません。良い車だねぇ〜 もう少し安ければ

二輪で気になったのは以前紹介したコイツ

018019





NM4-01
色々気になる点も多いけど、やはり普通のバイクと違い過ぎるところが気になります

またがった時のコックピット感がたまらない
でもハンドルが貧弱に見えるのが残念

020021






太ももが太く、足の短い私はシート幅とステップボード+ブレーキペダルの位置が不満です。自然に座っただけで足が開いてしまうし、その状態でステップボードに足を乗せようとしてもボードの後部にしか足が乗らない・・・当然ブレーキペダルを踏むには意識しないと届かない ボードの取り付けはボルト2本と簡単に付いているので、調整式になっていればいいのになぁ〜

「Honda独創のモビリティー」特別展示

2014年1月30日(木)〜2月2日(日)、Hondaウエルカムプラザ青山で「Honda独創のモビリティー」特別展示が開催されています

スポーツカーの好きな方、モーターショーと違いゆっくり見られますよ

【NSXコンセプト】

NSX1NSX2






NSX3NSX4







【S660】

S660 1S660 2






S660 3S660 4







NSX、デザインはいいけど、日本を走らせるにはデカイね〜 これを気持ちよく走らせるならサーキットにでも行かないとね。それに比べS660のコンパクトさは魅力的 使いきれるパワーに狭い峠道でもしっかりラインをトレースできるサイズ 市販するならどこまでこのデザインを保てるかだねぇ〜 見た感じ、量産する(ライン加工)には程遠い造り・・・NSXやS2000の様に手造りならできるだろうけど。個人的にはそうして価格を高めに設定し、所有感を高めた方がいいと思います。その代わり、私には手の届かない車輛になっちゃうけど

S660はいかにもホンダらしくて、それはそれでいいですが、私が本当に欲しい軽のスポーツカーはこっち

160 1160 2





ケーターハムの「セブン160」 日本価格で300万円を越える価格設定だけど、趣味の世界なら払える金額だと思います。まぁバイク優先の私には無理ですが
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Profile

よんちん

記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ