2006年02月07日

●本日より珊瑚調査第2回が始まります。

本日より石垣米原地区の珊瑚調査が始まります。
前回の第1回調査は、リーフ内を自薦調査。
今回からは、日本でも初めてと言われるほどの精密な珊瑚調査をおこないます。
延べ日数は予定では第2回が25日程度。
さらに状況によって季節変動を考慮した第3回が20日程度(予定)です。
各珊瑚の種類、生息状況、数などを一つ一つプロットし
珊瑚マップを完成させる作業となります。

また、この珊瑚マップをベースにして
珊瑚再生プロジェクトの可能性を見定める作業もおこないます。
ぜひご期待ください。
050207
↑珊瑚の状態は極めて良くなく、生活排水のセーブが必要と思われます。
写真は第1回調査の写真(リーフ内概要調査)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yoneharanews/50451236
この記事へのコメント
1
愉 關繖諤窶繻 蒡鉅蓍 髀繩鴃 齣謫 闔 鞳跪迺 諷竓鈞 竦鼇鈞 珥鴈跪瘉諷, 驟譛鈑鱚辷褂, 鰰 聽 粮韲肭-髓韲蓿繼邇 髀纐葯譛邇 鱚辷褂 騾踵 鞐芻 關鉞艪鈔蓿繼繪.

(Vo"gele, Dynapac, Demag, Titan, Volvo, Wirtgen, Hamm, Bomag, Case, Caterpiller, Libher 跋釿鈬 粽黹鈬.)
Posted by 關銓齣+ at 2009年10月15日 23:46