2018年10月19日

【駅弁】手火山 かつおめし

【上野駅構内】
★日本エアポートデリカ・手火山 かつおめし(880円)

IMG_7390

驚いた!
製造元のエアポートデリカさんは空弁の会社。
とうとう駅弁にも本格的に進出か!
駅弁、空弁好きの私としては、どちらでも買えるのが嬉しい。

創業明治20年 焼津かつおぶしのやまじゅうさんの手火山。
手火山(てびやま)とは、
鰹節独特の香りと味を造り出す非常に重要な燻しの工程において、
江戸時代の昔から、この手火山式の燻して乾燥させる方法が、
一番の方法であると言われて来た。
ただし非常に手間のかかる方法ですので、
現在は日本でもやまじゅうでしか行われていないのが現状。
直火式ならではの香りの強い良質なかつお節が出来るのが、
手火山式ばいかん法の特徴です。
昔ながらの製法でベテランの職人の手により、
ひとつひとつ丹念に作られています。
と手火山造りが、書かれています。

お品書き
★手火山造りかつお飯
★鶏の塩麹焼き
★田舎風玉子焼き
★乱切り筍 手火山煮
★飛竜頭
★梅麩
★くぼて漬け
IMG_7401

さすが、かつお節にこだわっているだけあって、
かつお飯は鰹の風味があって旨い。
鶏の塩麹焼きも、旨い!
玉子焼きも、お袋の味を思い出して、美味い。
煮物もね。
IMG_7389

とにかく、この値段でこんな美味しい弁当が食べられたら最高です

こちらの駅弁の採点は・・・

5


あ〜まんぷくまんぷく


yonemeshi at 08:00|PermalinkComments(0) 駅弁 | 上野駅

2018年10月12日

【一日一麺】讃岐うどん きつねとたぬき

一日一麺

地方に行っても、お昼のリクエストはらーめんか蕎麦かうどん。
もちろん自分で空き時間にも食べに行きますが、
ロケの時はスタッフさんが近場の美味しい麺屋さんを探してくれる。
いつもありがとうございます。
IMG_7393

讃岐うどん きつねとたぬき

大分県佐伯まで来て讃岐うどんは、無いか?と、
思ったが、自家製麺と書いてあったので入ってみました。
IMG_7394

「大人気メニュー
佐伯名物 ごまだれ冷し中華」(550円)
と書いてあったので、早速注文。
IMG_7392

ゴマだれと云っても、東京の様な、トロッとしたゴマだれではなく、
酢醤油味でゴマが入っていて、ゴマの風味もする、佐伯独特のゴマだれ。
麺も細麺、具も多くて、これで550円は安い!

讃岐うどん屋さんに入りながら、冷し中華は場違い感じがしたが、
さすが佐伯名物、美味しかったです。
佐伯鶴城高校の近く、イチローロード沿いにあります
イチローロードは、ここの出身富永一朗さんからとったそうです。


yonemeshi at 08:00|PermalinkComments(0) 一日一麺 

2018年10月05日

【駅弁】湘南の玉手箱

【東京駅構内】
☆大船軒・湘南の玉手箱(1300円)

IMG_7220


湘南の食材を使ったおかずと海の幸ちらし寿し。楽しみです。
2段重ねで、嬉しい。
☆三崎マグロとナスのトマト煮
☆ヤマユリ牛肉牛蒡煮
☆三浦ひじき煮
☆高野豆腐煮、椎茸煮、タケノコ煮
☆湘南シラス炒め
☆ちらし寿し
海老、鯵酢〆、小鯛酢〆、錦糸卵、トラウトサーモン燻製、いくら醤油漬、味付け干瓢、人参煮、蓮根甘酢漬け等
☆甘味(団子)
☆釜揚げ桜えび

IMG_7217


IMG_7218


IMG_7219


品数が多いので、有り難い。まさに玉手箱。

お味の方ですが、失礼ですが・・・
全てが平凡で、品数が多いだけで、この値段ではなかなか納得は難しい。
さて、こちらの駅弁の採点は・・・

3


あ〜まんぷくまんぷく


yonemeshi at 08:00|PermalinkComments(0) 駅弁 | 東京駅