稚内駅

2010年03月20日

【駅弁】さいほく かにめし

【稚内駅構内】
☆稚内駅立売商会・さいほく かにめし(940円)

P2030141


日本列島最北端、JR宗谷本線の終点「稚内駅」の売店の脇。
あまり目立たない場所にある駅弁の中から選んだ。
本来なら稚内空港で空弁を買って帰京する予定でしたが、
寒気団の襲来で大雪の為、飛行機が欠航。
新千歳空港から帰京するには、
札幌駅まで7時間かけて(本来なら6時間だが雪の為)バスで向かって、
そこから電車で新千歳空港に出るしかない(列車も途中で運休)為、
2日続けて稚内駅で駅弁を買って、
都市間長距離バスに乗って札幌に向かいました。

P2030123


海外旅行ならシアトルまで行ってしまう時間。
やはり北海道は広いのには驚きました。
3時間ほど経ってお腹が空いたので、バスの車中でかに飯弁当を賞味。

P2030143


P2030144


醤油ご飯の上に、味付けかに、ズワイ蟹酢漬、金糸玉子、煮椎茸、
大根桜漬、小梅、グリーンピースの駅弁。
駅弁のかにめしは、中々納得する味に出会っていないんですが、
やはりこのかにめしも、醤油ご飯の味付けも少々甘く、
味付けかにもズワイ蟹酢漬も今いち蟹の味もなく、パサパサで残念でした。
ただ煮椎茸は美味しかったんですが、
やはりかに飯なのでかにが美味しく欲しかった。
でも、北海道の日本海側の荒波と一面の雪景色を見ながらの駅弁は、
風情があって良かったです。

P2030146


この駅弁の採点は・・・

3


あ〜まんぷくまんぷく

yonemeshi at 00:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2010年03月07日

【駅弁】駅むす“うに”“ほたて”“かに”

【稚内駅構内】
☆駅むす“うに”“ほたて”“かに”

P2020114


駅弁のマークが入ってるおにぎりは珍しいので早速購入。
しかも「駅むす」と書いてあり、同じ販売会社と思いきや、
それぞれ違う会社が販売しているんですね。

・稚内駅立売商会・稚内駅 うに(200円)
稚内駅と書いた昔の切符と蝦夷バフンウニのイラスト入り。
早速食べてみると、炊き込みご飯は美味で中のウニは濃厚のウニの味があって、
こってり感があって美味しいです。

P2020119


P2020120


このおにぎりの採点は・・・

4


・洞爺駅構内立売商会・洞爺駅 ほたて(190円)

P2020116


P2030147


貝柱とご飯を一緒に炊き込んだおにぎり。
ほんのりとした帆立の香りが食欲をそそります。

このおにぎりの採点は・・・

3


・釧祥館・釧路駅 炒りズワイ蟹(190円)

P2020118


P2030148


蟹の旨味を引き出す為に、「炒り」を加え炊き込んだおにぎり。
こちらもいい香りがするのですが、帆立同様、
もう少し蟹の身が分かるような中身なら、尚いいですね。

このおにぎりの採点は・・・

3



他にも富良野駅かしわ飯もあるそうですが、
他にもあるのかな?

P2020107


しかし、この日は寒かった!!
(頭まっしろ・・・)

yonemeshi at 00:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年02月23日

【駅弁】宗谷本線 稚内駅 三宝寿し

【稚内駅構内】
☆稚内駅立売商会・宗谷本線 稚内駅 三宝寿し(1100円)

P2030135


日本列島最北端の稚内駅の駅弁を食べれるなんて、
この世界に入った幸運に感謝です。

P2030124

(あまりに・・・)

P2030125

(嬉しすぎて・・・)

P2030122

(駅構内、色々な所で記念撮影。おばちゃんもありがとう!!)

・・・本題に戻ります。。

中身は、「うに」、「かに」、「いくら」が酢飯の上に乗っている。
他に金糸玉子、煮椎茸と干瓢巻き、中華風茎若布、
生姜酢漬、グリーンピースが入っている。

P2030137


「いくら」は、プリンプリンしていて美味しい。
酢飯と合って最高。
蟹もこの製造元で出している、「さいほくかにめし」の蟹と違って、
ズワイ蟹に適度の水分があって旨い。
ウニは、ちょっとモソモソ感がありましたが、
いくら・蟹と又違う味が味わえて良かったです。
やはり北海道まで来ると「三宝」と言うだけあって美味しかったです。
やはり北海道ならではでした。

この駅弁の採点は・・・

4


あ〜まんぷくまんぷく


yonemeshi at 00:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年02月09日

【駅弁】稚内 最北駅弁 帆立

【稚内駅構内】
☆稚内駅立売商会・稚内 最北駅弁(880円)

P2020110


雪が舞う日本列島最北端の駅で駅弁を買うなんて、
それだけでジーンとしてしまいました。

P2020105


パッケージには、「氷雪の門」の写真が載せてあり、

「サロベツ原野の最果て情緒をしみじみ味わいながら到着してみると、
意外にも賑やかな市街地が広がって、
樺太への門戸だった稚内の歴史を物語る遺物も市内には多く、
若い人たちに人気のある利尻島、礼文島への玄関口でもある。」

と書かれてある。

中身は、煮帆立、金糸玉子、鰊昆布干瓢巻き、
味付け山菜(わらび、細竹、木耳)、大根桜漬が入っていて、
ごはんは醤油ご飯になっている。

P2020112


さすが稚内。
煮帆立、醤油ご飯ともに味は濃過ぎず、
肉厚でちょっと薄味て帆立本来の味を生かしてあって美味しいです。
そして、なんといっても、鰊の昆布干瓢巻きが鰊の味、
昆布のしっかりした味と濃さで最高でした。
もっと食べたい衝動に駆られました。
山菜も美味しく最北端の駅弁を味わえて嬉しかったです。

ー10℃以下の極寒の地で心底冷えた駅弁を食べるのも、深い感慨があります。

P2030126


この駅弁の採点は・・・

4


あ〜まんぷくまんぷく

yonemeshi at 00:00|PermalinkComments(10)TrackBack(0)