42 1

どうも、ぼっちをこじらせてるyonetyanです。

つい最近、ずっとずっと欲しかったギターアンプ「JC-40」を遂に!やっと!買いましたー!!


発売された当初からずっと気になっていて、ずっと「欲しいな~、ガッツリ使ってみたいな~」と思っていたのですが、ようやく先日購入しました。


あまり使えてなかった手持ちのマルチエフェクター、コンパクトエフェクターを使った音作りも、これでより捗りますね。


楽しいギターライフがさらに充実しました。


SPONSORED LINK
サウンドハウス



一応JC-40について軽い説明を
JC-40はRolandというメーカーが販売しているギターアンプです
08 1

JCといえば定番中の定番であるギターアンプ、「JC-120」がありますが、あの名アンプの音はそのままに、新機能が追加され少しコンパクトにサイズダウンしたモデルとなってます。

ちなみにJCとはJazz Chorusの略称ですよ。


このアンプの一番の特徴と言えばやはりステレオ入力に対応している点。

2つのスピーカーをそれぞれ使用でき、ステレオ対応のエフェクターの効果を最大限発揮可能となってます

ステレオ効果を一つのアンプで十分に再現できるわけですね。これだけでも色々想像が膨らみますね。とりあえずステレオディレイあたりを試してみたいな~。



1975 年の発売以来、象徴的なサウンド“JC クリーン” 。
伝統のクリーン・トーンや普遍的なデザインは紛れもないJazz Chorusですが、それを受け継ぎ更に進化を重ねたのがこの「JC-40」です






素晴らしきかなJCのクリーンサウンド、特にリバーブが気に入りました!
05 1

早速購入して自宅に帰ったあとはセッティングして音を出してみました。

実は僕はJC-120の方も、今までほぼ触る機会がなかったんですよね。試し弾きでちょこっとはあったかな?


JCのクリーントーン自体はネットでもたくさん聞いてますけど、やはり自分のギターで、直接触って生の音を聞くのは初だったのですごい楽しみでしたね


というわけで出してみましたが、もう安定のJCクリーンサウンド!!

自分のギターの音をそのまま、しかしそれでいてパワフルに増幅し出力してくれる。多くのギタリストからずっと愛されてきたその音です!


それとエフェクト。
JCシリーズならではの空間合成コーラスも、多彩な使い方ができそうで触っていて楽しいですが、特にリバーブが気に入りました。


自分のギターの音はホント変わらずそこに奥行を加えてくれる。

余計な色を加えることなく、そのままの音を残したまま独特の響きを与えてくれるリバーブ

めっちゃ気に入りました。ホントに良い。


SPONSORED LINK

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7820343677062597"
data-ad-slot="4339734467"
data-ad-format="auto">




スタジオででかい音で、エフェクターも使いながら思いっきり鳴らしたい!
09 2

JC-40とても気に入りました。ずっと弾いていたい、鳴らしてたい

そんな感じで、設定をいろいろ変えたりしながら楽しんでますけど、自宅ではその能力を十分には発揮できてないんですよね。


ボリュームが全然上げられないから。


自宅では大きな音を出せないので、ボリュームはほんのちょっとしか回してません。

この状態で色々試してみてるんですけど、JC-40のEQをいじったとき、その効果が全然分からないんですよね。特にLowが分かりづらい。


やはり大きな音じゃないと細かい部分が聞こえないので、多分今の設定だとボリューム上げたあと聞いたら全然違って聞こえるかもしれない。

10 1


正直今の状態じゃ、普通のスピーカーから鳴らしてるのとあまり変わらないな~と感じてます。


やはり空気を震わせ全身に響いてくるそんな音こそ、ギターアンプの醍醐味ではなかろうか?


というわけで近いうちに、今度はスタジオでもっと大きな音で鳴らしたいと考えてます。自宅で小さな音で鳴らした時とどれだけ違うか、それを体感したいですね。


いや~楽しみだな~


ROLAND<br>
JC-40<br>
¥60,000(抜)¥64,800(込)
ROLAND
JC-40
¥60,000(抜)¥64,800(込)




こちらの記事もどうぞ!!
■中古で買ったPLAYTECHの7弦、めっっちゃ安い割に普通に使える
■自宅で作ったギターの音を、スタジオで出して見えた改善点。ついでにめっちゃ気持ちよかった!
■若者の音楽離れが、ホント来るとこまで来てるなと感じた話