2017年04月27日

サンタナ@武道館観戦でした

4/27(木)はサンタナ@武道館観戦でした。

2017-04-27-19-37-15


噴火のような激しさ、波打際のような静けさ、月明かりのような優しさ、次々と姿を変える万華鏡のような展開に酔いしれるうちに、地球に居ることを忘れてしまうほど異次元まで持ってかれてしまいましたよ!

2017-04-27-19-44-53


ほとんど切れ目の無いメドレーで繰り広げるインタープレイがとてつもなくキレッキレで昇天しっぱなし!!

2017-04-27-20-31-49


最近出たサンタナ本にも記載されていた、「混じり合わない融合と洗練の衝撃」の真髄が正にコレ。
夫々が超絶プレイを繰り出してもバトルにはならず、お互いを最大限に尊重し合って世界観を押し広げ、唯一無二の洗練されたグルーヴへと融合する。

芸術の進化の理想系!

選曲も実に素晴らしく、定番曲はもちろんのこと、予想外な選曲も連発で翻弄されっぱなし。

2017-04-27-20-32-10


2曲目で「Toussaint L'overture」が来た時点で爆裂ライブになることを確信したけど、特に驚いたのは70年代後半ライブでの定番だった名曲「She’s Not There(原曲はゾンビーズ)」まで飛び出し、極めつけはエンヤの大ヒット曲「オリノコフロウ」のラテン・バージョン!
あまりに意外すぎて、曲を認識するまでの数秒間、頭が真っ白になっちゃいましたが、気がついたらサンタナ流の広大な雲海に一気に押し上げられていました。

2017-04-27-20-31-49


そしてライブ終盤、カルロス・サンタナのMCがこれまた染みる。

『北朝鮮にも、韓国にも、中国にも、ロシアにも、世界中に向けて我々の平和のエナジーを届けよう』

ホンマに、世界中に届けたいね!

2017-04-27-20-31-56


yonet_com at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今月武道館3本目!!!

さっき西新宿のブート屋街を散歩してたら、何と一昨日のポール・マッカートニー武道館CDがもう店頭に並んでてビックリ!
店内でガンガン流れてるけど超高音質でさらにビックリ!!
(買わなかったけど)

2017-04-27-17-24-34


んで、ブラインドフェイスから徒歩30秒の“えびそば一幻”へ。
「ほどほどしお(とんこつがブレンドされている)」がめちゃ美味いー!!

2017-04-27-18-26-58


そして、今月3本目の武道館(笑)
サンタナ、いよいよ神に再会です。
しかもアリーナほぼセンターの7列目!!
この距離、凄まじくテンション上がります!!!!

2017-04-27-18-37-18


yonet_com at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

ポール・マッカートニー@武道館観戦でした

この大爆発を武道館で味わえる日が来るとはね!
2階スタンド席まで燃え上がりましたよ!!



ポール・マッカートニー来日ウィーク開始!
ということで、先ずは4/25(火)@武道館観戦でした。

2017-04-25-16-17-33


2017-04-25-16-59-40


2017-04-25-17-23-00


何よりビートルズ初来日の聖地、武道館で観れるという歴史的意義が大きいし、2階スタンド席すら“至近距離”と思えてしまう距離感も良いね!

2017-04-25-19-21-38


とは言え、前回2015年の武道館『49年ぶりに再訪!』の時のような異様な過熱ぶりはなく、場内はわりと普通な雰囲気でした。

2017-04-25-20-20-53


セットリストは武道館用に少し変えてきていて、ここでこの曲やるかー! みたいな意外なのもチラホラ。
ただ、前回みたいに『世界初公開!』なレア曲が無かったのは少々残念・・・。

時間も通常ライブの2/3程度で、あっと言う間に終わってしまった感じ。
(それでも2時間近く演ってくれたけど)

日本初公開の5曲も、元々今回ツアーのセットリストに入っているのがほとんどなので、前回の武道館のようなプレミアム感は無く、超高額チケットに見合うパフォーマンスとしては・・・正直なところ微妙。
(通常料金のドームだけで充分だったような)

2017-04-25-20-36-21


それでもライブそのものは本当に素晴らしく、こうしてポールがまた日本に戻ってきてくれたことに感謝MAXです。
「次もある」と信じたいけど、ライブはその名の通り、生きてるうちしか体験出来ないものなので、この瞬間を大切に味わわせて頂きました。

2017-04-25-20-36-54


「I 've got a feeling」、ラスティが歌うジョンのパートとポールとの掛け合いは涙無しには見れない光景!

「ヘイ・ジュード」の大合唱、何回見ても、この日のために生きてきて良かったなあと思いますね♬

次は東京ドーム最終日、念願のVIPエリアで観戦です!!

2017-04-25-21-08-58


yonet_com at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

我が家の春探し

2017-04-16-13-43-37


ブルーベリーの追肥も抜かりなく♪

2017-04-16-13-43-26


2017-04-16-13-49-41


2017-04-16-13-44-35


yonet_com at 16:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

やってみる

image


娘が学校で習ってきた言葉が素敵♪
オレも「やってみる」。

yonet_com at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

4/18(火)はトゥクトゥクスキップ@品川!

image


元々レコーディングと並行のためライブを減らしているトゥクトゥク・スキップですが、さらに2連発で牧場ライブが雨天中止になったりして、もう生き延びるのがギリギリ…(汗)
やはりライブの空気を吸ってこそのトゥクトゥク・スキップです♪

んで、ようやく今週4/18(火)は品川ダブリナーズでBGMライブ!
最近導入した新曲たちもだいぶ形になってきたし、録音本番を意識しながら大事にプレイしていきたいと思っています。

そんな希少な!希少な! 2017年4月のライブ、ぜひ飲みに来て頂けると嬉しいです♬


●トゥクトゥク・スキップ
2017/4/18(火) 品川 Dubliners Irish Pub
http://www.dubliners.jp/shinagawa/index.html

【入場無料、19時スタート!】

<メンバー>
よねっち:マンドリン
ムトゥ・アラータ:バイオリン
宮尾範和:ギター

yonet_com at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

4/19(水)はポール&よねっち渋谷!



祝♪ Ian Hunter 再来日決定!
ってことでMOTT THE HOOPLEのカバーを。

ポール&よねっち、来週4/19(水)に渋谷ダブリナーズ・アイリッシュパブで久々にライブやります。
60〜70s Rock & FolkからIrish Tradまで盛り沢山でお届けします♬


●ポール & よねっち
Morgan Paul Williams (from Celtic Wind、Flowerpot Men) & Yonetchi (from Tuk Tuk Skip)
2017/4/19(水) 渋谷 Dubliners Irish Pub
http://www.dubliners.jp/shibuya/index.html

【入場無料、20時スタート!】

<メンバー>
Morgan Paul Williams:Vocal、Guitar
Yonetchi(from Tuk Tuk Skip):Mandolin、Vocal

yonet_com at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月15日

ジャズベ

2017-04-14-21-41-33


ピンバッジなんてどこに付けるわけでもないんやけど、我がベースとあまりに同じ姿なので買わずにはいられなかった・・・しかも100円やし(笑)

せっかくなので、ちびっと楽器の話なんぞを。

2017-04-14-21-58-34


●PGMカスタム・メイド・ジャズベース
 ・Body:スワンプアッシュ
 ・Neck:メイプル、指板:ハカランダ
 ・Pick Up:リンディーフレーリンJB
 ・Control:2Vo、1Tone、コンパネ有り
 ・Bridge:fenderモデルクローム
 ・Machinehead:クルーソンモデルクローム
 ・Color:シースルー・グリーン・バースト
      (オールラッカー)
 ・Others:ネックカラーはオールドナチュラル
 ・ボディ裏側ヒールレス加工


 大阪の『トップ・ザ・ギター・アレックス』を介して2000年にPGM(Professional Guitar Manufacture)で製作して頂いたもの。
PGMは元々MOON 社の製造部門から独立した会社で、SCHECTER GUITARやMOONをはじめ多くのメーカの高級機種のOEMとしてその名を知る人ぞ知る存在に押し上げてきたそうです。
生産本数が少量のため販売ディーラーは限られますが、熟練クラフトマンが1本1本息吹を注ぎ込んで作られた楽器には命の躍動感が漲っています。

yonet_com at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

プチ花見

2017-04-11-17-50-38


そして、武道館前後のプチ花見!

2017-04-11-21-20-37


2017-04-11-21-18-29


2017-04-11-21-19-19


yonet_com at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

スティーブン・タイラー初ソロ@武道館でした

2017-04-10-18-13-03


69歳にして新たな領域に挑むその姿があまりにも素敵過ぎる!
スティーブン・タイラー(fromエアロスミス)初のソロツアー@武道館、歴史的瞬間に立ち会えた興奮がおさまりません!!

2017-04-11-17-53-18


往年のエアロ・ナンバーへの期待ももちろんだが(オレもファン歴約30年やし)、これほどニューアルバムからの曲が楽しみなライブってのも珍しいかも。他のアーティストだとどうしても懐メロを求めちゃうからね。

image


フタを開けるとエアロの代表曲、ソロアルバム、カバー曲も含めてファンを喜ばすツボを知り尽くした選曲、そして衰えを全く感じさせない圧倒的なパフォーマンスが炸裂しまくり!!

2017-04-11-20-58-58


バックバンドがナッシュビルのカントリー系凄腕ミュージシャン集団ということもあり、エアロ・ナンバーを演ってもコピーに留まらないし、スティーブンもそれに喰われるキャラではないので、お互いの魅力が相乗効果を発揮し天井知らずで盛り上がっていく感じがたまらない♬
スティーブンの音楽的ルーツの深さも味わえたし、きっとこのバックバンドの魅力を世界に広めたくてツアーしてるんやろね。
パフォーマンスの隅々から、そんな愛情がほとばしってました。

カバー曲の充実っぷりもハンパなく、ビートルズのI'm Downはエアロでも演ってるけど、メドレーでOh! Darlingが飛び出し、続けてCome Togetherの3連発は破壊力満点!

メルセデスベンツ〜PIECE OF MY HEARTに流れる際の女性ベーシスト(歌が超絶上手い)との掛け合いとか、武道館の天井が吹っ飛びそうな盛り上がり!!

2017-04-11-21-06-03


アンコールのラストは定番WALK THIS WAYで大円団・・・かと思いきや、そのままZEPのWHOLE LOTTA LOVEになだれ込み、しかもサイケ・エフェクト・パートを含めたフルバージョンでぶちかますという超・予想外で大興奮な締めくくりでした。

一夜明けて早朝からコレ書いてますが、全く興奮がおさまらない!!


〈追記〉
欲を言えば最新ソロアルバムの曲をもっと沢山演ってほしかった。
ただ、ライブはより多くのファンが楽しめるもの、という意識であの選曲になったんやろね。
エアロナンバーも、カバー曲も、スティーブンらしいエンターテイナー性とファンサービスが滲み出てたなあ!

yonet_com at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)