2007年09月12日

【祝♪】東京都ヘブンアーティスト合格!!

ワンマンライブ直前に超〜〜嬉しいニュースでっす♪

なんとナンと我々トゥクトゥク・スキップ、『東京都ヘブンアーティスト』の音楽部門に【合格】しちゃいました〜〜〜!!!!
これからは東京都公認で、駅や公園などの公共空間で演奏活動出来るようになりますぞ、オーイェイ♪♪


ヘブンアーティストとは
東京都の審査により選定したアーティストにライセンスを発行し、駅や公園などの公共空間の一部を公演や演奏活動の場として提供している。また、アーティストと観客との交流を通して、東京の文化・観光を振興する。
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/heavenartist/

第7回ヘブンアーティスト最終合格者発表!!
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2007/09/21h9b100.htm


0912いや〜〜それにしてもホンマに合格するとは思わなかった。
というのも、いろいろ山あり谷ありだったのでした。
8月に音源審査が受かったものの、9/5のライブ審査にギター山根君が出られないという大大大ピンチ! アコーディオンのキョーコちゃんも産休・・・

このピンチを乗り切るために、ナンとてっちゃんをベース ⇒ ギターにチェンジ!
更に、リハ・スケジュールを確保することが出来ず、ライブ当日ぶっつけ本番! という、何とも無謀極まりない状況で臨んだのでした(汗っ)

で、9/5(水)ライブ審査当日、
予想外に、他のバンドはみんな自分達でアンプやドラムセットまで持ち込んで、豪快に大音量で演ってました。そうとは知らずトゥクトゥク・スキップは完全無防備(笑) 生音勝負でスキップ勝負!
あいにくの大雨(台風の前日)、湿気がものすごくてフルートの音が途中で出なくなったり、生楽器ならではのアクシデントも連発! 完全アコースティックで音量も小さいし、色んな意味で不利すぎる。こりゃ落ちたか・・・と意気消沈して引き上げたのでした。

そんな状況だったので、合格の喜びは倍増〜〜!!

だがしかし、ここで1つ大きな問題が・・・
なんと、ヘブンアーティストとして活動が認められるのは、『ライブ審査当日に出演した者のみ!』という規定らしく、山根君とキョーコちゃん(は産休やけど)が参加出来ないとのこと(涙〜っ)
まあ、1年後の更新時に再度手続き(+演奏?)すればメンバー追加は可能らしいので、とりあえず1年間のヘブンアーティスト活動は5人で行うことになります。

トゥクトゥク・スキップの音楽は、まだまだマイナーで隙間産業な分野です。だからこそ、ライブハウスだけでなく、不特定多数の人達に聴いてもらい広げていける場がどうしても欲しかった。
これから沢山に人たちに出会えるチャンスを与えて頂けたことに感謝です。全力で頑張ります♪

yonet_com at 22:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字