2011年06月08日

東北ボランティア記 5/21<後:初の慰問ライブ>

ずいぶん滞ってしまいましたが、5/21の後編を。
前編は→ http://blog.livedoor.jp/yonet_com/archives/51805772.html


夕方、亘理町を出て仙台側の名取市に移動。
仙台を中心に震災直後から活動している慰問集団「てっぱ会」の計らいにより、なんと避難所の名取市立館腰小学校で演奏させていただくことになったのです!
といっても、ホンマにその場に行くまで実感が湧かないというか、被災した方々の前で歌うという状況がまだ想像出来なくて、若干浮き足だった感じでした。
そもそも弾き語りは平時ですら演ったこと無いし(汗)。

そんなオレにこの場を与えてくれたイクちゃんや団長えれぞうさんをはじめ、てっぱ会の皆さんには感謝の気持ちが尽きません。
そりゃもう、生まれ変わるぐらいの気持ちで全力で演って、被災者の方々に少しでも楽しんで頂くことで応えるしかないでしょう!

避難所の体育館は…薄くて低い段ボールだけの仕切りで、テレビで見るより何倍も、プライベートの無さを実感する。
それでも今はここが被災者にとっての「家」なのだという現実。
この空間で歌って演奏させていただくということの意味、重みをひしひしと感じる。
きっと誰もが快く思ってくれている訳ではないやろう。
家や家族を失った上に、共同生活を強いられているその空間で演奏するわけやから、ヤジやクレームも当然覚悟の上で挑まなきゃならない。

S-CIMG5350


演奏はイクちゃんとのデュオで行うのだが、初対面でも即効打ち解けたのは志が(ネタも含めて)全く同じやから。
しかもイクちゃん、弾き語りの時はウクレレだがバンド(Hotch Potch Jugband)の時はナンとフラットマンドラーなのだという!  こんな形でマンドリン繋がりが出来るとは思ってもみなかった。

2人で校庭で軽くリハを終えると、心の準備の間も無くすぐに本番がやってきた。
イクちゃんとオレが交互にリードボーカルをとる形で全5曲、あっという間でした。

S-CIMG5328


1.銀座カンカン娘 (Vo:イクちゃん)
2.東京キッド   (Vo:よねっち)
3.私の青空    (Vo:イクちゃん)
4.上を向いて歩こう(Vo:よねっち)
5.東京ブギウギ  (Vo:イクちゃん)

普段のライブでは味わうことの無い緊張感でした。
気負い過ぎてたのもあるかもしれない。
自分のペースを保てたかというと、正直ノーです。
でも、1曲終わるごとに館内の拍手が、オレの全身を少しずつほぐしていってくれた。
そう…今回は慰問ライブというより、オレ自身が慰問されちゃったライブのように思う。

そしてこの経験が、2回目以降のオレを変えることになる。

ライブはこのあと結城敬介さんのジャグリング、岡崎秀明さんの津軽三味線で大いに盛り上がり、体育館が暖かい空気に包まれた素晴らしい一夜となった。

S-CIMG5357


S-CIMG5361


S-CIMG5367


キムキム、ミオちゃん、イクちゃんと打ち上がった後、名取市内のスーパー銭湯で溜まった疲れを洗い流した。
まさか風呂に入れると思ってなかったので、これは本当に有難い!
心身共にベストな状態にリセットされ、明日の泥だしボランティア&慰問ライブに繋がっていくことになる。

P.S.
背後のボード、『頑張らないけど諦めない!』 に心を動かされました。

S-CIMG5327



yonet_com at 22:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字