2012年09月17日

福島仮設住宅ツアー Vol.3 の記録

なかなか書けないまま既に3ヶ月が経とうとしていますが、福島の現状に触れ貴重な経験をさせて頂いているので記録を書き残しておきたいと思います。
(12/10記載)

9/17(月・祝)、ふんばろう東日本の活動に参加させて頂き、福島県三春町の仮設住宅を3箇所巡ってきました。
いずれも葛尾村の方々が避難生活されている仮設住宅です。

CIMG1661


団地名:三春町狐田
 ・11:00〜12:30
 ・建設地:三春町大字狐田字沢口9−1他
 ・戸数:55戸
 ・主な入居市町村:葛尾村

CIMG1664


CIMG1669


「自給自足出来るほど満たされた自然環境、これ以上無いくらい美味しい水に恵まれ、世界一平和で安全だと信じていたこの地で、生まれ、育ち、死んでいくと思っていたのに、まさかこんなことになってしまうなんて…」

CIMG1671


自分たちの生まれ育った村への愛情。
どこの仮設住宅の方々と話しても、共通しているのが正にこれです。
単に土地を奪われただけでなく、愛情、誇り、尊厳…原発によって人としての生き方そのものを奪われてしまっていることを再認識します。
「原発さえ無ければ」というやりきれない無念さが込み上げてくる言葉です。

CIMG1672


CIMG1674


公営アパートに入ったり親類の伝などで一度仮設住宅を離れたが、寂しくてやりきれなくて、また戻ってきた、という方々も何人かいました。
何十年も故郷に住み続けてきた、その土地を離れたことがない、という人たちも沢山いる。その方々にとっての『コミュニティ崩壊』の深刻さも改めて実感します。テレビや記事で見るだけでは伝わらない、目の前にいる人たちのリアルな「寂しさ」がそこにありました。

このような状況での生活を強いられている人たちが、今まさに沢山いるのです。
当たり前の生活に戻れない人たちが。

CIMG1675


CIMG1689


団地名:三春町旧中郷小学校
 ・13:00〜14:30
 ・建設地:三春町大字柴原字柴原80−1他
 ・戸数:97戸
 ・主な入居市町村:葛尾村

CIMG1693


CIMG1694


CIMG1695


オレに出来ることといえば、たった30分〜1時間程度やけど、楽しい時間、笑顔で過ごせる瞬間を作ること、それだけです。
今回はライブの様子をYOU TUBEに記録することが出来たので、我々が現地で何をやってるのかを見て頂けると嬉しいです。




CIMG1696


CIMG1698


CIMG1703


団地名:三春町斎藤里内
 ・15:00〜16:30
 ・建設地:三春町大字斎藤字里内122−1他
 ・戸数:60戸
 ・主な入居市町村:葛尾村

297769_404513369604296_1262517900_n


それから、後方支援の重要性についても付け加えておきたいと思います。
今回は大阪の和菓子屋さんが慰問ライブに合わせてわらび餅を直送してくださいました。
これは仮設の皆さんも大喜びでした。

CIMG1707


我々は東京(もしくはその周辺)に住んでいて、たまたま直接福島に来ることが出来るけど、さらに後方にも温かい支援の気持ちがある。

ここに直接来ることが出来ない方々の気持ちも合わせて、直接行ける人間が代表して届けに行くという意識も大切だと改めて思いました。

CIMG1711


CIMG1713


CIMG1714




yonet_com at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字