2014年01月26日

福島仮設住宅ツアー Vol.9でした

<2/8記載>

1/26(日)、福島仮設住宅ツアーも今回で9回目、延べ21箇所目(再訪含む)となりました。
毎回苦労するメンバー集めも、今回は9名(初参加2名も含む)があっという間に決まり、お陰様で準備段階からとてもスムーズだったので、演奏ネタを充実させることにも繋がりました。

マリコさん(アコーディオン)とのデュオも今回で2回目ですが、デュオで演る意義を深めるため、マリコさんが歌う曲を追加したり、既存のネタもハモリや掛け合いを加えたり、いろんな試みにも挑戦しましたよ!

03_large


●1箇所目:いわき市 南台仮設住宅
(主な入居市町村:双葉町)

これまで来た中でも一番大規模な仮設住宅で、いわき市でも最大級らしいです。
毎回イベント開始前に呼び込み(チンドン屋さんみたいに楽器を弾きながら声をかけて回る)をやるのですが、めちゃくちゃ広くてこれだけでもけっこう大変。
(隅々まで回るのは無理でした〜〜)

17_large


今回の会場は集会所ではなく、「ひだまり」という施設での開催。
「ひだまり」という名の通り、日当たりが良く、冬でもぽかぽか暖かい陽気に包まれている感じ。
設備の整い具合も充実していて、ここで暮らす方々の憩いの場、新たなコミュニティ形成の場にもなっているようです。
ただ、これだけの大規模な仮設での集団生活だと、うまく輪の中に入れる人/そうじゃない人の差は大きくなっているのではと心配にもなります。
実際、今回集まってくださったのは約20名。
普段回っている仮設と比べると参加率はかなり低い。
それなりに元気で自活出来ている人はさておき、輪の中に入れず見えないところで孤立している人も居るのでは・・・と、やはり集団生活も難しさなどを感じてしまいます。

04_large


それでも、ライブは普段にもまして全力でぶちかまし、お陰様で熱い熱い演奏となりましたよ!

05_large


DSC09247_large


関西方面から美味しいお菓子の差し入れ(河田さん、いつもありがとうございます!)。
お茶菓子を手渡す際、必ず一言添えるのですが、ここに来ているメンバー以外にも後方で支援してくれているメンバーが居るということを伝えています。
我々は、物質的なものを運んでいるのではなく、後方で支援してくれている人たちの温かい気持ちを伝えるためにこの活動を行っています。

DSC09255_large


06_large


ここは双葉町の方々が住んでいる仮設なので、もしかしたらと思ってましたが、埼玉県加須市の旧・騎西高校避難所(双葉町の方々が役場も含めて集団避難していた)に居た方々と再会することが出来ました!
オレも震災後1年過ぎぐらいまで、加須の避難所には何度も演奏しに行ってましたが、福島に行くようになってからは加須には行っておらず、その後のことが気がかりでした。
こうして再会出来、元気な声で話しかけて頂けて、何だかこちらが救われたような気持ちです。

20_large


施設の中に掲示されていた写真、「双葉町の現状」。
他の仮設だと楽しいイベント行事の写真が掲示されていることが多いですが、ここには荒れ果てていく双葉町の現状がありました。
今回初参加のメンバー、さっぽろももこさんのブログでも書いていますが、どんなに荒れ果ててもやはり故郷は故郷。
その現実と向き合わなければならない心境を察すると本当に心が痛みます。
多くの日本人が忘れそうになってますが、今もリアルに続いている話です。



●2箇所目:いわき市 作町1丁目仮設住宅
(主な入居市町村:楢葉町)

ここは1年と1カ月ぶり、2回目の再訪です。
多くの方が覚えていてくださって、皆さんの笑顔を見ると、やはり2回目、3回目と継続していくことの大切さを感じます。

DSC09346_large


07_large


ここでの盛り上がりは、動画がいい感じで残っているのでご参照頂けると嬉しいです♪



<セットリスト(1箇所目、2箇所目も同様)>
1.お富さん(春日八郎)
2.東京キッド(美空ひばり)
3.ハイそれまでョ(ハナ肇とクレイジー・キャッツ)
4.ケセラセラ(ドリス・デイ)
5.アンパンマンのマーチ
6.愛燦々(美空ひばり)
7.満月の夕(ソウル・フラワー・ユニオン)
8.スーダラ節(ハナ肇とクレイジー・キャッツ)
9.東京ブギウギ(笠置シヅ子)

08_large


09_large


マリコさんのお友達齋藤さん、
オレが普段弾いているSeeds Mandolin #14の製作者長谷川さん夫妻も、
見に来てくださってありがとうございます。
こうやって少しずつ人の輪が繋がっていくのは本当に嬉しいですね♪

10_large


※今回の参加メンバー
  左より:羽山むげんちゃん、マリコさん、佐藤さん、茨木さん、
       ヒロシさん、よねっち、さっぽろももこさん、中江さん、浅岡さん
       みんな、楽しい時間を作ってくれてありがとう♪


最後に、
前回、1年ちょい前の2012年12月16日、いわきの仮設住宅に来たのはちょうど都知事選の当日で、猪瀬候補が圧勝した最低な日でした。
傲慢な金の亡者が1年足らずで失脚し、このタイミングでまた都知事選の機会が回ってきたのは良いことだと思ってます。

『都知事選に脱原発を持ち込むな』という意見もあるようだが、そのエネルギーを使い続け、何10万年も抱え続けなきゃならない将来のリスクを拡大させている現実から目を背けろ! 耳を塞げ! という考え方が全く理解出来ない。

今回の政策争点として反原発が持ち込まれたことは大切な1歩であり、国政だろうが地方選だろうが今後も常に真正面から向き合うべきと思う。
その上で大切な1票を投じる相手を選びたい。
まあオレ的には、原発推進派に入れることは有り得ないけどね。

yonet_com at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字