2014年11月09日

福島仮設住宅ツアー(12回目 ライブ延べ26, 27本目) でした

時間が経ってしまいましたが、11/9(日)に行った福島仮設住宅ツアー(12回目 ライブ延べ26, 27本目)のレポをアップします。
(2014.12.01.記載)

このボランティアはだいたい3ヶ月毎ぐらいで行っているのですが、前回6月に行って以来5ヵ月も空いてしまいました。
それでもこうして継続出来ていること、企画する度にメンバーが集まってくれること、また物資や活動費などの支援をしてくださる方もいて、本当に感謝です。
今回はお馴染のメンバーや約1年ぶりのメンバー、初参加の2名も含めて計10人でワイワイガヤガヤと終始賑やかで楽しい旅となりました!


●1箇所目:会津若松市 扇町5号公園仮設住宅
(主な入居市町村:大熊町)

2_large


扇町5号公園仮設住宅は1年ぶりで3回目。
事前に聞いていた近況は、仮設を出て近隣の借上住宅に移住したり、夏の暑さと冬の大雪に耐えかねて海側(いわき方面)へ移住した方々が多く、居住者がかなり減ったとのことでした。
でも、この日のために戻ってきてくれた方々もいて、集会所はすっかり満員! 再会出来て嬉しいです。

11_large


ライブは、先の記事にも記載の通りアコーディオンのマリコさんが体調不良のため不参加となり、ダンサーKaruna嬢とのデュオで演ってきました。
8年ぶりの共演、しかもオレが歌ってKaruna嬢が踊るというまさかの組み合わせで実現!
ホンマに、長く続けてると色んな予想外なことが起きて嬉しいねー。

5_large


ベリーダンスの刺激的な姿と妖艶な動きにおじいちゃんたちの超〜〜〜シャイな反応が笑えたけど、ライブはいつもの調子でグイグイ進めていきます♪
この編成での「ハイそれまでョ」は実に熱かったね!(笑)
他にも新ネタや、1年以上ご無沙汰なネタも混ぜたり、8年ぶりにKaruna嬢のボーカルでオリジナル曲「今日を運ぶ風」も演ったり、かなり色んなことに踏み込んで挑戦したライブでした。

8_large


<セットリスト(1箇所目、2箇所目も同様)>
1.お富さん(春日八郎)
2.亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジ・シンガーズ)
3.ハイそれまでョ(ハナ肇とクレイジー・キャッツ)
4.男はつらいよ(渥美清)
5.星影の小径(小畑実)
6.今日を運ぶ風(トゥクトゥク・ダッシュ)
7.愛燦々(美空ひばり)
8.東京ブギウギ(笠置シヅ子)
9.スーダラ節(ハナ肇とクレイジー・キャッツ)



●2箇所目:会津若松市 河東学園仮設住宅
(主な入居市町村:大熊町)

7_large


河東学園仮設住宅も1年ぶりで4回目、すっかり顔馴染みな方々も、はじめましての方々も、本当に会えて嬉しいです。
ライブはやっぱり2回目の方が確実に調子が上がるね。
渾身のパワーでぶちかましてきましたよ!

IMG_1748


ライブ後のお茶菓子会ではそれぞれの仮設の方々と沢山おしゃべりしましたが、復興住宅(主に会津若松・郡山・いわき)の建設が進んできた関係で、今後半年〜1年後ぐらいでかなりの仮設住宅が閉鎖・集約化されていくそうです。
ただし復興住宅への移住が個々人バラバラなので、3年以上かけて築いてきたコミュニティが無くなってしまうという大きな問題もはらんでいます。
「来年はどこに行くことになるのか分からない、浮草のような生活がまだまだ続く」・・・目に涙を浮かべていた85歳のおばあちゃんの表情が心に突き刺さりました。

9_large


復興住宅への移住、仮設住宅の閉鎖が進むにつれ、このチームでの支援活動も役目を終える日が近づきつつあると思います。
支援する必要がなくなり、発展的な解散に繋がれば良いのですが、その後コミュニティを失ってしまった人たちへの支援、心のケアはどうなるのか? など考えると、何とも重い気持ちになります・・・。
あと何回、福島仮設住宅ライブが出来るか分かりませんが、色々悩みながら1回1回を大切にしていきたいと思います。

10_large



●よねっち震災ボランティア活動アーカイヴはこちらへ

yonet_com at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字