株式の外国人売り越し規模、韓国がアジアで最大

posted in 10:04 2007年09月16日 by yonjunx

ベ・ヨンジュンさんの「太王四神記」オリジナルカレンダー 販売中
【ソウル13日聯合】8月のアジア株式市場で外国人投資家の売り越し規模がもっとも大きかったのは韓国市場だった。

証券先物取引所のまとめによると、韓国市場は8月に外国人投資家の売り越し規模95億7700万ドルを記録した。日本の89億4400万ドル、台湾の52億500万ドル、インドの18億6100万ドル、タイの1億2400万ドルなどを上回った。

韓国市場は6月から3か月にわたり外国人投資家の売り越しが続いており、年初から先月末までの売り越し規模は145億5500万ドルに達した。年初から8月末までの各市場の状況は、日本が518億4900万ドルの買い越しとなったのをはじめ、インドが83億7400万ドル、タイが27億6700万ドル、インドネシアが26億1500万ドル、台湾が23億8200万ドルなど、いずれも買い越しを記録している。



証券取引所関係者は、米国のサブプライムローン問題により8月はアジア市場で外国人の資金流出が大きく増えたと分析し、特に韓国は流動性が豊富なことから外国人の売り注文が集中したと説明している。

HSBCがローンスターから外換銀の株式取得へ
ペ・ヨンジュン “株式ヒット”に続きドラマ『太王四神記』もヒットするか? 
ペ・ヨンジュンの株式評価額 2か月間で250億ウォン増
‘2次余震’株式市場がまた暴落…1640p割れ
サブプライム問題で株式市場史上最大の暴落

(引用 yahooニュース)


◆太王四神記関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません<% IPC%>

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔