2009年04月08日

花盛り

fb3d681b.jpg江戸川橋から神田川の流れに沿って上流に続くウォーキングロードは都内でも有数の花見処です。椿山荘の中庭から出て来た出口付近は、花吹雪がまるで映画の一場面の様で感動です。
神田川はその花びらが川一面に拡がって、まるで雪の積もった風景と見紛う程なのです。
思わずビールを買って来て花見と成りました。
さて長々お世話に成った、livedoorでの「世之介の美味しい噺」は本日をもって最終回とさせて戴きます。応援してくれた皆々様本当に有り難うございました。今後は下記のアドレスにて「金原亭世之介の美味しい噺」の続き「世之介のそばにおいでよ」を書かせて戴きます。
「金原亭世之介の美味しい噺」のブログは美味しい店々の情報としてlivedoorがある限り遺して置きたいと思います。
またお会い致しましょう。
ブログですが本日を持ちまして移動いたしまします。下記のアドレスが今後のブログです
http://ameblo.jp/yonosama/  

Posted by yonosama at 21:31Comments(3)

2009年04月02日

東京にない焼酎

90264a45.jpg『絶対不敗』
東京って街には日本中のものが集まって来ますが、この焼酎は中々見る事は出来ないよ。
阪神タイガース承認の芋焼酎。その名も『絶対不敗』剣豪宮本武蔵にちなんだ焼酎みたいです。
タイガースの焼酎ですから阪神地方の酒蔵製品かと思ったら、熊本の「山都酒造」ってところから出してる芋焼酎なんです。
社長がタイガースファンなのかもね。
美味しいよ。
枝女太さんが連れて行ってくれた居酒屋『やえがき』(06-6365-0013)yaegaki@mbtn.jp
に置いてありますよ。
b8d8f150.jpg『さより』
さよりは漢字で書くと細魚。その名の通り細い魚です。それを三枚に下ろして刺身と骨は唐揚げにして店長からの御馳走です。
この細魚が馬鹿に美味しかったね。良い板前が入ったらしいので来店したら刺身は狙い目だね。
実はここの店長、元噺家で桂文枝師匠のお弟子さんだったんだそうです。枝女太さんの弟弟子だったんですね。
そんな訳で噺家もよく来るらしいよ。
4fa40356.jpg『とん平』
豚肉を芯にした玉子焼きを大阪では、とん平焼きと言うそうです。
家庭内でも普通に「ほなっ今日はとん平やな!」などと言う程ポピュラーな呼び名なんだって!知ってましたか?
オーソドックスな食べかたは、お好み焼きの様にソースで食べるそうです。
ここの店はオリジナルで串に刺してあるそうです。
美味しかったよ。
  
Posted by yonosama at 05:27Comments(3)

2009年03月29日

大阪場所だからね

e43d45ae.JPG『松ケ根親方&高田みづえ夫人』
元大関若嶋津の応援に来た落合社長と上方噺家の枝女太さんと大阪の街に出ました。
親方の奥様はあのタレント高田みづえさんですから写メ迄撮って貰いましたよ。親方は世之さまと同じ歳。現役の頃はモテまくりだったんだよね。全勝優勝を含めて確か2回優勝してたよなぁ。ダイヤモンドをちりばめた化粧まわしと碧のまわしが印象的でしたね。
みづえ夫人はサービスでカラオケ披露してました。
  
Posted by yonosama at 10:34Comments(1)

2009年03月28日

はらこめし

7f9dc5ad.JPG新神戸の三宮で「イーライリリー(株)」から講演を頼まれました。
糖尿病のインシュリンを研究するドクターに対する講演です。
中性脂肪4300の世之さまはドクターに叱られそうな講演会でした。
さて又々コレステロール値を上げそうな、お馴染み東京駅、駅弁屋で仙台から朝出来立てで届いたばかりの『はらこめし』をゲット。
東北の駅弁は全国的に見て比較的美味しい地域ですが、中でも仙台の駅弁はハズレが少ないんだよね!
イクラが嫌いじゃなかったら『はらこめし』はオススメです。
  
Posted by yonosama at 23:55Comments(1)

2009年03月27日

どぶろく

01504dbe.JPG世之さまの趣味の一つに『投扇興』があります。
東都浅草投扇興保存振興会の会員で、腕前は認定1級。
各月に浅草「見番」で投扇興の会が有って、今初段に挑戦中です。
さて投扇興が終わってから『鳥せん』(03-3875-8400)で一杯やりました。まずは持ち込みのどぶろく『十二六』を一杯!佐久の酒蔵『武重本家酒造』のどぶろくです。久々に呑みましたが炭酸がシュワシュワして美味しかったよ。
ドブロクは酵母が生きてますから入れ物の瓶のセンをしたままだと瓶が割れたりするんですよ。
マッコリはよくやりますが濁酒は久々でした。
81540894.JPG『ささ身ワサビ』
鳥せんは、鳥の肉自体が美味しいですから半生のささ身焼きは抜群です。
ワサビは塗ってから焼いて有りますが、ワサビの辛さは生きて居て(>_<)!グッドです。
d97810a0.JPG『手羽先』
鳥せんの手羽先焼きの特徴は、二種類のタレです。
普通タレに特製ニンニクダレ!
世之さまはなんと言ってもニンニクダレです。
このニンニクダレは何にかけても美味しい魔法のタレで、はっきり言って、いつかこのタレで世之さま大儲け考えてます。ターさん待っててね。
0f31f570.JPG『下足、野菜炒め』
鳥せんの野菜炒めは玉葱沢山ですから味は甘目です。甘いったって、砂糖の甘さじゃなくて、玉葱を炒めた甘さですから旨味たっぷり。下足野菜炒めが少し残ってる頃合いで、世之さま釜めしでは、3指に入れている鳥せんの美味しいタラコ釜めしが出て来て本日のトドメ!
中々鳥せん程の釜めし食べられないよ。
  
Posted by yonosama at 23:50Comments(0)

2009年03月26日

つぶ貝

fa814771.jpg東宝東和配給5月1日ゴールデンウイーク公開予定の『ディプリシティ』の試写を新橋で観て雨風吹く中、築地『すし好』へ
つまみに食べた『つぶ貝』が美味しかったねーっ。
この手のつまみは大概「ばい貝」でしょ!ばい貝も嫌いじゃないけど、つぶ貝の方が味が味が上品。
美味しい )^o^(
0b0ba0bd.jpg『光り物』
世之さま青い魚が大好き。まずはひかりものから注文!「さより」「鰯」「〆鯖」「鯵」「コハダ」
サヨリは春までが旬です。透き通った体の腹が黒く見える事から「腹黒い」例えにも使われちゃいますが、中々歯ごたえがあって美味しいっすね。
鰯は魚漁高が減って今や下魚から高級魚になっちゃいましたね。
さて〆鯖とコハダはネタその物ももちろんですが、職人の腕次第です。
フムフム(^O^)∨
  
Posted by yonosama at 14:05Comments(2)

2009年03月25日

披露目のお弁当

cebf68b0.JPG浅草田甫『草津亭』
噺家はお披露目の初日に各席の出演者全員にお弁当を配ります。
世之さまも真打ち披露にはお弁当を配りましたが、こんな豪華なお弁当は配りませんでしたよ。
創業130余年の草津亭のお弁当は杉箱入りの豪華弁当です。
たらの芽の天ぷら、春子鯛西京焼き、菜の花、つぶ貝、蕗の薹の田楽、春を意識した料理に、初夏の先取りの飯蛸桜煮、稚鮎風干し、新じゃが春日焼き、などどれも美味し〜〜〜〜〜い!日本料理の基本は旬の名残、今まさに旬の料理。そして旬の先取り!
この3つの時の流れが一体になって料理が構成されているんです。
だから日本料理を知っているシェフはヨーロッパ料理でも、この基本で料理していて世之さまの好きな店などは季節毎の料理が楽しみなんですよね。さて『草津亭』は食べに行くと予算2万円位の料亭です。昼のコースもありますから気になるかたは行ってみて!
予約は03-3841-8236
デパ地下でお弁当も買えますよ。
  
Posted by yonosama at 17:43Comments(2)

2009年03月23日

しゃぶしゃぶ

107727b8.JPG蕨駅西口に日曜日しか開店してない大名商売の、しゃぶしゃぶとすき焼きの店があります。
『大作西口店』(048-444-1941)
http://r.gnavi.co.jp/a919101/
ここは美味しいっすよ。岩崎メガネ(^0_0^)の社長ご夫妻の御用達店で、今日もお呼ばれで食べましたが、肉が美しいでしょ。
最高の霜降りです。(ヨダレ)もちろん美味しいなんてもんじゃありませんでした。
ところで何故、日曜日しか開店してないかと言うと店長が市会議員さんだからなんです。まっ西口店はやってなくても本店、東口店、ラ・テラス大作は開店してますから蕨に来たら食べて見て!
4f918abb.jpg『生ハムサラダ』
生ハムの味も最高でした。生ハムはイベリコ豚の生ハムが有名ですが、いがいに日本の豚は美味しいんですよね。サラダに合わせてたっぷり頂戴しました。
ワインもフランスの赤を2本も飲んで酔い心地です。ごちそうさまでした(^0^)/
  
Posted by yonosama at 14:00Comments(2)

2009年03月22日

二代林家三平襲名披露

743d6a07.JPG『二代林家三平襲名披露』が3月21日から
上野鈴本演芸場「昼席」で始まりました。
各席初めの日を初日と言いますが全ての始まる初日は「大初日」トリは一番気を使う初日です。
世之さま池袋演芸場で一席喋って鈴本演芸場に駆け付けました。
一席終えた三平師は心なしか疲れてました。
林家三平襲名おめでとうございます。
d3873652.JPG『たい平』
さて三平襲名の初日打ち上げは、噺家御用達の焼き肉屋『太昌園』(03-3831-6365)
ここは林家こん平師匠が、とみに大好きだった焼き肉屋さんで、師匠がトリを取ると必ず寄ったお店です。大初日の今日は甥弟子にあたる、たい平師も参加の会となりました。
7293e7cc.JPG『特上タン』
タンなるタンじゃない特上タンは厚みもタンとあるタンです。
タンと食べました。
美味し〜い )^o^(
5b9b7799.jpg『特上カルビ』
このカルビ美味しいなんてもんじゃないねーっ!写メ見てもわかる?このお肉の良さ
)^o^(
太昌園さんも三平襲名に良い肉を出してくれたんじゃない?
a1cd3cf7.jpg『特上ロース』
世之さま歳のせいかなぁカルビよりロースのほうが美味しく感じるね。昔はなんつったてカルビだったけどね。
でもしっかり噛んで食べてるとカルビより良いロースの方がお肉の味がするよね。アーッもうお腹が肉でいっぱいです。
447721be.JPG『チヂミ』
エーッまだ出て来たよ。
韓国お好み焼きの「チヂミ」美味しいので又々戴きまーす!
dd702e04.JPG『冷麺』
焼き肉屋さんと言えば、とどめは冷麺ですよね。
太昌園の冷麺は美味しいんです。世之さま初めて冷麺を食べたのが30年程前の太昌園でしたから尚更太昌園の冷麺を食べるとあの頃が甦るのか余計に美味しく感じるんだよね。
韓国に行った時、むこうの冷麺を食べた事あるんだけど、麺は細いし豆板醤の味がメインで世之さまには合わなかったんだよね。日本人風の冷麺美味しいよね。だから又々別腹に冷麺を入れてもー本当に食べられません!
ごちそうさまでした。
  
Posted by yonosama at 18:17Comments(2)

2009年03月20日

風と花

3dee5c06.jpg「大きな羊の会」の定例俳句会が赤坂『風と花』(03-3585-7550)でありました。『風と花』は長崎から料理のネタを直送してるので魚は美味しいんです。
刺身のアラカルトは、鮃、エンガワ、キンメ、コチ、ブリ、白魚、タコ、鰹!
みんな美味しい刺身でしたーっ!
53365594.JPG『薩摩揚げ』
この盛り合わせが美味しいんだよね。やっぱり美味しい魚で造った薩摩揚げは味が違うね。
c96dd44d.JPG『焼き鳥』
焼き鳥美味しいね。
焼き鳥屋ではない居酒屋の焼き鳥はあまり期待出来ないんですが、鶏自体が美味しいんだなぁ。世之さま長く佐世保で独演会をさせて貰ってましたが、その頃長崎地鶏で「味見鶏」と言った鶏があった記憶があるんだけどそれかな?
3654f215.JPG『蚕豆』
新蚕豆はたいがい鞘ごと焼いて調理するのが定番ですが、ここは茹でてきたね!鞘ごと茹でられると何だか鞘まで食べられそうですが、蚕豆は鞘は食べられません。あの内側にある毛が喉にかかって食べられたもんじゃないみたいです。
食べた人がいるんだね。
さて食事はその後豚しゃぶ鍋にちゃんぽん麺を入れて美味しくいただきました。俳句会は世之さまお気に入りの句を数句ご紹介!
まず特選はこれ『まな板を削ってもらふ遅日かな』公世
良い句ですなぁ!遅日(ちじつ)の季語が見事ですねぇ!感服致しました。
『薄氷のとけてラムネの泡に似て』喜栄子
ラムネの言葉が春の訪れを感じさせて上手い句ですねぇ
『全部いやそんな時飲む柚子ソーダ』五十鈴
小さな心の寄り処の柚子ソーダ良い句です。
『佃煮に成るも知らずや土筆んこ』華飾
あはは可哀相な土筆です。『スーパーでライトを浴びる土筆かな』さとみ
田舎生まれの相手にされない土筆もスポットライトを浴びるんだよね。
今回は女性陣にやられましたなぁ(^0^)/
では最後に世之さまの句
『仏の座噺家のふりをしてるだけ』
春の七草の仏の座、今綺麗な花が咲いてます。黄色い可愛い花を愛でて下さいね。
  
Posted by yonosama at 18:18Comments(0)

2009年03月19日

花ふぶき

087aa5c7.jpg上野、黒門町には美味しいお店が多々ありますが『花ふぶき』(03-3836-4133)もその一つです。
何しろ魚が活きが良くって美味しいんです。「カワハギ有りますか?」の質問に「はい!カワハギ居ますよ。」と有るじゃなくて、「居る」と言うのが生きてる感じで良いでしょ。
もっとも生きてる魚が調理されて出て来るんですがね。
cb23fbff.jpg『カワハギの薄造り』
注文した魚は板さんが「これでよろしいですか?」と持って来てくれます。まずはカワハギにホッキ貝を注文!
カワハギは胆を溶いた特製ソースを添えて薄造りにして貰いました。冬場の河豚の値段が高くて食べられないなんて人は是非カワハギを食べてみてよ。河豚にも優る美味しいカワハギがたっぷり有りますよ。
e1a85621.jpg『ホッキ貝』
ホッキ貝は今が旬の美味しい貝です。北海道に行くと必ずこのホッキ貝とツブ貝が刺し盛りに乗って来ますよね。
さて今日のホッキ貝は白ホッキと呼ばれるホッキ貝で貝殻の色が白ぽいでしょ。この貝殻が真っ黒な奴は黒ホッキと言って抜群に美味しいんです。白ホッキでこれだけ美味しいんだから黒ホッキはかなり美味しいんだろうね。
df50656a.jpg『ヤリ烏賊』
烏賊も注文すると生きたまま運ばれて来ます。
「イカがですか?」と洒落ではないと思いますが板さんが言ってましたが、中々良いイカです。
時々スミを吐いたりするので気をつけないとイケませんよ。
1b439b80.jpg『イカの生き造り』
見て〜〜〜っ
美味しいイカ刺しです。
食べたらコリコリ音がするんですよ。
ミミはよく見てると色素が動きながら模様が変わって見えるんですよ。
刺身を食べ終わったら下足と耳は天ぷらか醤油焼きにしてくれますが、世之さまは、あまりの美味しさに又々刺身にしてもらいました。生ゲソとミミは歯ごたえがあって最高に美味しいんです。是非花ふぶきに行ったらイカ刺しを食べてねーっ!
  
Posted by yonosama at 23:52Comments(0)

2009年03月18日

茶館

df648330.jpg『茶館』
http://meitoku-chakan.co.jp
03-3985-5183
池袋演芸場裏の地球飯店の入った三笠ビル2階にある飲茶の店『茶館』は、噺家御用達の店の一つで先代柳家小さんも通った店です。
お茶のキープボトルが出来る変わった店で、まだ向かい側のビルに店があった頃世之さまも鉄観音をキープしていた事が有ります。
今日は『菊花茶』を注文。烏龍茶の鉄観音に菊の花びらが入ったお茶で菊の香りがやさしい美味しいお茶です。作法は中華風で召し上がれ。
ecf2e0d7.jpg『蜆の醤油漬け』
これを世之さま大好き何だよね。
老酒と醤油に蜆を漬けこんだシンプルな料理は、日本のイカの沖漬けに似た感覚がありますな。
ニンニクのスライスと生姜のスライスが生貝の臭みを一切消していてとっても美味しいのです。パクチーをちょいとつまみながら蜆の醤油漬けを食べる。
ビールが進むヨネーッ。
46280b83.jpg『大根餅』
大根餅ってやっぱり中華料理なのかな?子供の頃は知らなかったんだよね。
飲茶を食べるようになって初めて知ったんだけど誰か教えて。
7b22847c.jpg『鶏足』
お店の人は「モミジ」と呼んでました。初雪に鳥が降りて紅葉の様な跡を残す。鳥去って紅葉を残すだね。 さて鶏足を煮込んだ物なんですがコラーゲンたっぷりで美味しいんですよ。
塩味の鶏足もあるんですが塩味はどうもいただけません。醤油の煮付けが良いですね。
骨が多いので手で食べるのが良いっすね。
3c8407e7.jpg『包子』
飲茶の王道は、パオズ(包子)ですな。
肉汁沢山の包子は少し冷まさないと口の中火傷しますから気をつけてね!
小龍包(しょうろんぽう)なんて言い方もありますが、世之さまは小龍包は肉饅の小さい奴でパオズが写メの物と理解してます。
蒸し餃子や焼売も蒸篭蒸しして、カラの蒸篭を山積みにしながら食べるのも飲茶ぽくて好きですね。
4c531eac.jpg『野菜焼きそば』
飲茶は中国小皿料理なんて訳されますが、ここの焼きそばと『レバ韮炒め』は量が多いんです。
それじゃあ仕上げに焼きそば二人前なんていったら山盛りの焼きそばに食べる気力が無くなっちゃうよ。
add0c2f4.jpg『レバ韮炒め』の写メ見ても量が有りそうでしょ。
まあ普通の中華屋さんなら普通の量なんだろうけどね。
さてここのレバ韮炒めは「韮レバ炒め」です。
世之さまはレバ韮炒めと認識してましたが、韮レバかレバ韮か?ライスカレーかカレーライスか?みたいに悩みますな。
df0776be.jpg『ココナッツ胡麻団子』
スイーツにココナッツ胡麻団子を注文!
胡麻団子は飲茶の定番ですから皆さん知ってると思いますが、ココナッツ胡麻団子は知らないでしょ?
単なる胡麻団子の回りにココナッツをまぶしたんじゃないんだよね。
胡麻はまぶさずに中の餡こが胡麻餡なんです。
温かい口あたりで美味しいよ。
しかしまぁ近頃食べ過ぎで又お腹が出て来ちゃったね!
体型がノーマンロックウェルの描くデブのおじさんみたいに足は細いのにお腹だけポッコリして、まずいっすね。
  
Posted by yonosama at 19:20Comments(0)

2009年03月17日

二代 林家三平襲名

a985e8ec.JPG『引き出物』
二代 林家三平の襲名披露パーティーが12日帝国ホテルでありました。
世之さまは学校寄席や池袋演芸場の出番が重なってパーティーには行けないのでビビタル祝儀だけ届けておいたら、引き出物が届きましたよ。うれしいじゃありませんか!
海老名家の引き出物の定番は無垢の木を彫ったお盆です。今回は一段と大きなお盆です。
菓子は祇園の『鍵善良房』の京菓子です。
http://www.kagizen.co.jp
「園の賑わい」と名のついたにぎりらくがんは見て可愛い!食べて美味しいやさしいお菓子です。オツだね。
  
Posted by yonosama at 21:23Comments(0)

2009年03月16日

伊勢丹『AGIO』

886f7d0a.jpg『ワタリガニのフィットチーネ』
伊勢丹の『AGIO』(03-3354-6720)は三笠會館の経営する。美味しいイタリアンの店です。
フィットチーネはご案内の通り棊子麺(きしめん)の様な平打ちの麺ですが、ほうれん草を打ちこんだ麺はアルデンテで蟹味噌とマッチして中々でした。
b9beeec7.jpg『リゾット』
北イタリア風のキノコのリゾットです。
北イタリアはヨーロッパでは数少ない米の生産地で、サフランで炊いたライスを食べていましたが、やがてこれがリゾットになったんだそうです。
リゾットは米を、フライパンの上で炊きながら作るためアルデンテでこのライスの歯ごたえが良いんだよね。それにチーズの溶けこんだキノコがこりゃまた良くって美味しかったよ。
81fe38c9.jpg『シンプルピッツア』
イタリアのピッツアでシンプルと言えば、チーズとルッコラだけのピッツアですな。イタリアの国旗のカラーをデザインしたピッツアは、さっぱりしてて美味しいっすよ。
c1380336.JPG『メープルシフォン』
『AGIO』はスイーツも充実して美味しいんですよ。世之さまシフォンケーキ好きなんですが、この次期花粉症で、薬を飲むとやたら喉が渇いて、ぱさっとした物が駄目なんですよ。だからシフォンケーキよりもそっとみずみずしいケーキをと思いましたが、このシフォンメープルシロップがケーキをしっとりさせていてしっとり美味し〜い!
『AGIO』是非行って見て!
  
Posted by yonosama at 23:43Comments(0)

2009年03月14日

フォーベト レストラン

b9a8856f.jpgベトナム料理の中で日本人に認知されている物と言えば何と言ってもベトナムのうどん『フォー』ですよね。世之さまベトナムには行った事がないので大きな事は言えませんが、色々な店のフォーの中で一番美味しいのは池袋の『フォーベト レストラン』(03-3590-8788)http://www.phoviet.(co).jp
の『フォー』です。ご案内の通り麺はシンコ(米の粉)で出来て居て本来はコシのある麺なんですが、たいがいの店は柔らか!これが嫌です。その点ここの麺はシコシコ!スープも美味しいので満足ですよ。
06331925.jpg『ハノイ風蒸し春巻き』
ベトナム料理のもうひとつの定番が春巻き。
やっぱりシンコで皮を作って具を巻いた物で、生春巻きが人気が有りますが、世之さまは、蒸し春巻きをオススメします。廻りの皮がモチモチで中の具、特に肉類は蒸されて肉汁をたっぷり中に抱えて美味し〜いですよ。辛めのソースを頼んで『ハノイ風蒸し春巻き』召し上がれ。
27aa1086.jpg『パパイアサラダ』
2、3年前になりますかね?パパイアサラダダイエットなるブームがあって、パパイアサラダが脚光を浴びた事がありました。
あれから世之さまはパパイアサラダのファンですから、世の注目から外れても注文します。
でもダイエットには効果が反映されないのは、食べ過ぎのせいかな?
cd83a7c1.jpg『海老の甘い酢炒め』
パクチーとナンプラーが駄目な人にはちょいとオススメはできませんが、それでも他の店でパクチーが駄目と言ってた人もここなら美味しいと言って食べるんだよね。
調理あがりは余りナンプラーは使っていないのでお好きな方は後から頼めば小皿に持って来てくれますよ。『フォーベト・レストラン』は至る所に有りますが、ここはチェーン店じゃないので、池袋西口の丸井裏のフォーベトに行かないと美味しくないですよ。
『フォーベト』はベトナム語の正しい国の発音の名前で、ベトナムは英語の名前。日本をジャパンと呼ぶのと同じなんです。
だから『フォーベト』と言う店が沢山あるわけですが、世之さまオススメは池袋のフォーベトですよ。
  
Posted by yonosama at 19:19Comments(0)

2009年03月13日

池袋演芸場初日

f1040b12.jpg池袋演芸場の夜席が始まりました。
高座から降りると、「六本木に来ない?」と愛犬キッシュとロルカの親筋の笹岡さんから電話!六本木『STB139』へ!
『STB(スイートベイジル)139』はライブを毎日楽しめるレストランシアターです。石橋みどり&前田憲男ジャズライブを愉しんで久々に夜のクラブ活動に突入。カラオケ歌ったら写メの河島賢一社長の息子の歌が上手いので店中びっくり!男性のソプラノでハイトーン美声がたまんなかったすね!
明日からでもすぐプロになれる歌声でした。
みんなに聞かせたいね!
d245b42a.jpg『出前』
飲みに行った場所で寿司の出前はクラブ活動の定番っすね。世之さまSTB139で食事が取れなかったので気を使って貰ったんですがね。
出前のネタでイカとか白身の魚が美味しい時はかなり良い寿司の証拠!大とろの具合も美味しかったよ。
ごちそうさまでした。
1047baac.jpg『ステーキ』
さてと2時過ぎまで大騒ぎしてから、銀座の『サンク(03-3572-1755)』
http://www.ginza39.com
へやってきました。最後に夜食は、まぁクラブ活動の王道ですね。サンクは牧さん経営の6丁目のサロンでステーキは最高に旨いっすよ。塊で買う牛肉ですからタイミングがよければシャトーブリオンが食べられるかもね。
焼きたてのステーキサンドもオススメです。ステーキサンドはお土産で戴きました〜〜〜〜!
  
Posted by yonosama at 11:39Comments(0)

2009年03月11日

日体大『体操部』卒業式

ab3e95f9.jpg原宿ラフォーレの向かいビル、イタリアンレストラン『VENIRE VENIRE』(03-5775-5333)で日体大『体操部』の卒業コンパがありました。
体操部とは体操競技部とは違う組体操やデンマーク体操などをするクラブで先日のWBCのオープニングイベントなどもこなしたクラブです。
嘉悦大学、日体大と卒業のシーズンを味わいました。
87f8cbc1.jpg『ピッツア』
VENIRE VENIREで食事は初めてでしたが、天上は高くて気持ち良いスペースは満足です。
今日はアメリカンビュッフェスタイルだったので、ピッツアも冷えてしまってましたが、冷えてもこの位美味しいなら一度は普段の営業に来たい味でしたね。
パスタもアルデンテで期待出来ますね。
3c1ebba3.jpg『鳥肉のグリル』
焼き鳥料理は醤油系が好みですが、トマトソースも結構良いですね。
貸し切りでしたから、フリーのお客さんが、何人も残念そうに帰って行ったところを見ると人気の店のようですな。
  
Posted by yonosama at 19:55Comments(0)

2009年03月10日

花小金井句会 卒業式

1d90305b.JPG嘉悦大学学内にある「俳句文学同好会」の『花小金井句会』は活動4年目に突入となります。
俳句指導は世之さまの俳句の師匠、佐川広治(写メの紳士が師匠)がコリャマタ偶然に頼まれて行って居たので、コミュニケーション特別講座を嘉悦でさせて頂いていた世之さまも句会に参加と相成った訳です。
さて大学の同好会ですからこのシーズン卒業をする学生が句会からも巣立って行く訳で。追い出し句会にコンパがありました。
卒業生の俳句作品をご紹介いたしましょう。
『卒業し三叉路北へ足運び』あやこ
『冬過ぎてほのかに風の吹きぬける』しおり
『走り去る過去が見えたる春の川』いぶき
『耳元でそっとさようなら春の雪』しょうこ
本日の世之さまは彼女達に送る卒業の句を詠みました。
『花椿通り闊歩(かっぽ)して卒業す』皀角子

さて『ささ花』(042-460-5533)http://www.royal-dining.com/
は花小金井駅からすぐの居酒屋で学生コンパには手頃な店です。
adda76f1.JPG『マグロとブリの刺身』
お店は綺麗で、コースメニューの割には美味しかったっすね。
近頃思うのは安い居酒屋でも刺身が以前より美味しくなったと言う事です。
魚の流通が良くなったからだね。多分回転寿司の乱立が産んだ産物だな。
あとは鰤やマグロの養殖がかなり進んだね。以前寿司屋で幻の「桜鱒」を食べたんだけど、今は養殖に成功して結構出回ってるんだって!価値が落ちたよね。
噺家も少ない時は良かったけど500人以上居る現在は噺家だけじゃ価値がないやね。
『仏の座噺家のふりしてるだけ』 皀角子
67b7bbce.JPG『西京漬け』
西京漬けは酒の肴によし、おまんまのおかずによし。美味しいよね。多分安い居酒屋は輸入物の西京漬けだと思うけど冷凍輸入された魚でも西京漬けにしてあると美味しく食べられるんですよ。
西京漬けは鰤(ぶり)も美味しいけど、今は鰆(さわら)かな。切り身に塩して。よく水分を拭き取ってから西京味噌で漬けるんですが、味噌に直接漬けずガーゼなどを間に入れ徐々に5日程時間をかけて漬けると旨味は倍増なんだよね。
1bfe52bd.JPG『蕗の薹』
山菜の天ぷらです。
山菜の旬はやっぱり春ですな。それもエグ味のある山菜が春の旬。食べ方は湯がいて酢味噌和えや、おしたしも在りますが、アクのある蕗の薹などは天ぷらが一番ですね。薇(ぜんまい)の天ぷらも美味しかったね。大人の味です。
141ae0af.JPG『豚肉の蒸篭蒸し』
30年くらい前、池波志乃が教わって来た料理に、たっぷりの白菜を土鍋に入れて、その上に豚のばら肉を載せるだけで火にかける。ダシも塩も水すらいらない。白菜と豚肉から出る旨味だけただそれだけの白菜鍋があって、これが馬鹿に美味しくて驚いた事がありました。豚肉をベーコンに変えたりしたのを、うちの師匠が気に入って食べていた事がありました。その後色んな店でその料理が流行ったりしてました。
この蒸篭蒸しの料理もここ10年の流行り料理ですね。元々は温野菜の栄養を蒸す事で、水に溶かさずに食べる蒸し野菜から豚のばら肉を一緒に載せるようになった料理ですが、人気在りますよね。胡麻ダレかポン酢で戴きます。
dce54a69.JPG『散らし』
3月はお雛さま。うちはお雛様と来れば、毎年散らし寿司でしたね。ここは酢めしの散らしじゃなくて、普通の御飯。さっきの豚肉の蒸し物のポン酢をちょいとかけて戴きました。
まっ卒業おめでとうコンパでした。
ゲップ(´Д`)<∞
  
Posted by yonosama at 15:28Comments(0)

2009年03月07日

『やまもと』落語会

80321152.jpg千葉に白井市と言う町があります。
北総線の「白井駅」から少し成田寄りの街道からまた少し左に曲がり田舎道をこりゃまた少し行った処に農家が在りまして、農家の広ーい庭の西側に古い離れが在ります。どう見てもただの民家なのですが、実は蕎麦『やまもと』http://www.soba-yamamamoto.way-nifty.comなのです。
そこで落語会がありました。
フーッ説明に疲れた。
15b240d5.jpg『サーモンとホタテのカルパッチョ』
やまもとは、蕎麦屋の枠を超えたお蕎麦屋さんですから、西洋風料理も出て来ます。
何故ならマスターは以前帝国ホテルに勤めていたからなんです。
これがまた美味しいんだよね。
a7f45993.jpg『玉子焼き』
蕎麦屋さんで、玉子焼きにこだわる店が多い理由は、やはり蕎麦つゆのダシに自信があるからでしょうね。ただ、やまもとはそれだけでなく玉子自体にもこだわりが在るんです。
やまもとのお店は農家から借りているんですが、この農家、放し飼いのニワトリに玉子を生ませて売っている事でかねてから有名だった農家なんです。
もちろんここの玉子焼きもその地卵でこしらえた物です。
地卵を買って家で生玉子かけご飯食べたら絶品でしたよ。10個400円で販売もしてますから、お寄りのさいは是非ご賞味を!
オススメです。
eda31331.jpg『蕎麦サラダ』
水菜のサラダですが、揚げ蕎麦が和えてあるので水菜のしゃきしゃきとした歯ごたえと揚げ蕎麦のパリパリとした食感がたまんないんだよね。
dc670cea.jpg『天ぷら』
蕎麦屋の天ぷらと来れば、海老の天ぷらです。
海老の尻尾が赤く末広に開いてぽってりと身が下がった物が普通ですが、やまもとは海老をシンジョウにして天ぷらに揚げた処が他とは違うんですな。
もちろん味も最高です。
ac3e1973.jpg『更科』
さて大切なのは「そば」です。
久々に「美味し〜〜〜い」と叫びたい蕎麦を出す店に巡りあった!と言う感じです。
a9e9a981.jpg蕎麦殻取った白い蕎麦はモチモチの食感で薫りもよくイヤァー旨い蕎麦ダネーッ!
蕎麦殻ごと蕎麦を挽いた黒い蕎麦はすすっただけで香りが口に拡がる程の香りの高さはたまんないです。蕎麦のピリッとした刺激もあってどちらも一度食べたらわざわざ蕎麦を食べるために東京から車を飛ばして行く価値のある蕎麦です。
本当に美味し〜〜〜いよ。
  
Posted by yonosama at 23:30Comments(1)

2009年03月06日

海鮮処『寿し常』

e20252ea.jpg海鮮処『寿し常』(03-3982-8693)
http://www.sushitsune.co.jp
WBCを観戦してから、お腹が空いたので寿司をつまみに行って来ました。ここは全品1皿260円の店ですがネタが良いので時間によっては満員で入れない店です。
『鯵』
鯵の握りは水槽から活きアジを取り出して、目の前で下ろしてくれて2カンの値段ですから安いでしょ!
鯵1匹から4カン取れるので下ろしたてを2皿!
プリッとした歯ごたえ。
美味しい(o^〜^o)っす!
d043b6e3.jpg『桜鱒(さくらます)』
桜鱒はマスではありません。山女(ヤマメ)です。
まっ仲間ではありますがね。鮭科の魚ですから河川で1年半過ごし雌は銀毛ヤマメになって海にでて生活して桜鱒と呼ばれるんです。河川に残って生活する魚はそのままヤマメなんですがね。そんな訳で桜鱒は数も少なく幻の魚なんて呼ばれてます。今の時期の鮭よりさっぱりして美味しいですよ。
ab65ed88.jpg『白魚』
ハゼ科のシロウオと混同しやすいのですが、これは「シラウオ」春の旬の魚です。新鮮な魚は透き通っていて美味しいのですが、あしが早いので新鮮なシラウオを食べたいよね。
江戸時代、将軍塚の御用達の魚の一つだったのは頭から見ると透き通った身体に脳髄が透けて徳川の葵の紋に見えたからと言われてます。
5cd309f1.jpg『ソイ』
ソイと言うとどんな魚か浮かばない人も居ると思いますが、「カサゴ」と言えばすぐわかりますよね。
ソイはフサカサゴの総称で日本には70種類位棲息してる美味しい魚です。
塩で食べても最高に美味しいっすよ。
  
Posted by yonosama at 12:58Comments(0)

WBC観戦

8b1b4c64.jpg『中国VS日本』
WBCのオープニングイベントを日体大の体操部が勤めたので、荒木先生と東京ドームの試合をたんのう致しました。試合は4対0の快勝でしたが、勝ち方の内容が不安を残しました。
91170934.jpg『イチロー次を頼むぜ!』福留がフォアボールを選んで再三チャンスを作っるんですが、城島の凡打とイチローの5打席ノーヒットで中々ゲームを支配するまでにはいかなかったね。
ただダルビッシュや他の投手は出来が良かったので何とかまとめたね。
次回はイチロー頼むよ!
フレーフレーイチロー
フレーフレー城島!
  
Posted by yonosama at 04:32Comments(0)

寒桜

344ed41e.jpg雪が降って寒いかと思えば、ちょいと天気になれば暖かいので、早咲き桜も気がきじゃありませんな。
寒桜が開くと世之さまの家のそばは椋鳥が花を食べにやって来ます。
花を食べるなんてちょいと可愛い奴らです。
椋鳥は写メが嫌いとみえて姿を写せないのが悔しいね。
  
Posted by yonosama at 04:29Comments(0)

2009年03月05日

『銀座ライオン5丁目店』

9b0a0a80.jpg『白穂乃香』
俳句「もういいかい」に誘った杉山社長と銀座の「ネスコ」なるお店に行こうと言う事で、まず「銀座ライオン」で一杯やりました。本日のオススメビールは、「白穂乃香」なるビールでさすが無濾過の味わいはくちあたりも良く、美味しいビールです。
白濁な色はさすが味わい深くて、甘い味は日本酒みたいな美味しさですな。
de83d2b5.jpg『肉ジャガ』
銀座ライオンはチェーン店ですが、メインメニューを除いて細かなメニューはそれぞれの店で違います。
もちろん料理の味まで大分違うんです。
世之さま各ライオンに何軒も行きましたが、オススメ店は銀座ライオン5丁目店です。その中でも『肉ジャガ』はこの店だけのオリジナル。
トマトソースベースの肉ジャガは美味し〜〜〜いんです。ここに来なければ食べられません!
是非食べてみて。
a2881ffd.jpg『ステーキ』
熱々の鉄板は、本当に熱いんです。
つい触ったら「アチーッ」なんてもんじゃない。
なるほどわざわざ鉄板は熱いので注意!と書かれた紙が付いてる訳だね。
特製ソースで食べると本当に旨いよ。
8289dfe3.jpg『ずわい蟹のサラダ』
ずわい蟹の身沢山で味付けはシンプルなイタリアンドレッシングってやつに、マヨネーズ。
マヨネーズって蟹、海老にあうんだよね。
野菜も新鮮で美味しいっす。ビールがすすみます。
ライオンに行くならここだね。地下鉄銀座線「銀座駅」改札口からすぐの地下のお店です。
  
Posted by yonosama at 09:47Comments(0)

2009年03月04日

クラウディア

437521e9.jpg『クラウディア』(03-3353-8636)
森末慎ちゃんに、千社札を渡すついでに飲み食いしようと、世之さまオススメのイタリアン。新宿三丁目のクラウディアにやって来ました。
こんな雪混じりの日でも、オーナーの松山さんから店を譲り受けた、なおみちゃんになってからも店は満杯です。
シェフの林さんは健在ですから味は間違いないっすからね!
さてクラウディアは野菜が美味しいので気に入って通い始めた店ですから、さすがに野菜は極めて美味しいのです。
『バーニャカウダー』で世之さまは大好きなシャルドネのオススメ白ワインポミーノベネフェッチオを頂きました。
慎ちゃんはバーニャカウダーの中途半端な温かさが好きなんだって。
中途半端?は熱すぎず冷た過ぎずって事だね!
ff4902c7.jpg『ワラサのカルパッチョ』なおみ店長に今日のオススメを聞いたら、「1メートル級のワラサが入りました。」と言うので早速カルパッチョをお願いしました。美味し〜〜〜〜〜いっす!ワラサは関東でのブリの出世名前で、ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリの順で呼ばれる名です。
ブリと呼ぶにはまだまだですが、新鮮な刺身のカルパッチョはほっぺた落ちますね。
742b5688.jpg『ワラサのグリル』
せっかく美味しいワラサが入ったのだから、グリルでも頂戴しました。
ルッコラソースとオリーヴオイルがワラサの本来の味を落とさず美味しく仕上げました。バルサミコ酢の味付けにしないところが、林シェフの上手いところです。
b09e049b.jpg『黒豚のグワンチャーレとカルドンチェンリ』
カルドンチェンリはイタリアのキノコでくちあたりはエリンギの様ですが、味わいは、舞タケの様で最高に美味しいキノコです。
秋の旬の物ですが、手に入ったので、黒豚とジョイントさせた一品です。
グワンチャーレは豚の頬肉で脂のノリ具合と歯ごたえ味は抜群でしたがカルドンチェンリと言う美味しいキノコに驚き。
28968051.jpg『野菜スープ』
あまりクラウディアでスープ類を頼む事はないのですが、野菜スープの美味しさに満足でした。
4352792d.jpg『旬の野菜ピッツア』
そら豆や菜の花の旬のピッツアです。
クラウディアには、ピッツアの大きな窯があって、ピッツアだけでも、お店をアピールできる味を持っているくらい美味しいピッツアが出て来るんですが、料理もあまりに美味しい為ピッツアの影が薄くなっちゃうんですよね。
毎日その日のネタでピッツアのメニューがありますから是非食べて欲しいね。
0bafb0d6.jpg『雲丹のパスタ』
アーッ美味し過ぎです。
又々太って行く世之さまです。
  
Posted by yonosama at 23:59Comments(2)

千社札

a683fdd2.jpg森末慎ちゃんと北島康介の千社札シールを頼まれて、橘右楽さんに素敵なデザインで千社札を作って貰いました。ついでに世之さまも同じデザインで作りました。良いでしょ!慎ちゃん達のは上に五輪のマークが入って居ます。
  
Posted by yonosama at 17:45Comments(0)

2009年03月02日

魚一

11561fce.JPG八王子いちょうホール『鹿芝居』「らくだ」で使ったかつらや、衣装を返しに行って来ました。
レンタカーを返してまだ昼の11時。四ツ谷でランチでも食べようと鮨屋に入りました。鮨処『魚一』(03-3341-1707)ここの親父が噺家みたいなしゃべり方をするので聞いてみたら、元落研で池之端生まれ。
実家も池之端の鮨屋だったんだって。奥さんの実家八戸の酒まで御馳走になりました。
『コハダの刺身』
つまみに鰈の煮付けを食べたら美味しいので、刺身も注文。紫蘇の葉を挟んだコハダにオレンジの輪切り付き!下町育ちのわりに昔かたぎではなさそうです。なにしろ楽しい親父です。
2fd5ee05.JPG『いわし』
すっかり酒を頂いてから、少し握ってもらいました。光り物好きの世之さまはまずいわしから。
握った後にバーナーで軽く焦げ目を入れました。
フムフム香ばしさがまた鰯の味を変えますな!
細かい仕事の重ねが美味しいネタを作るコツだね。
b6c592c1.JPG『鮃と鯖』
昆布〆のヒラメとサバです。鮃の昆布〆を初めて食べたのは30年程前。
師匠のお共で金沢へ行った時でした。昆布の香りが美味しくて今でも昆布〆を食べるたびあの頃が頭によぎります。鯖の昆布〆はバッテラみたいで好きですなぁ。
1fc4537c.JPG『づけ』
醤油だしに漬けるから、ひらがなで書いたら「づけ」が正しいですよね。
あまり美味しくないマグロが料理で出た時なんかは、世之さま必ず醤油にサビを利かせて5分程漬けてしまいますよ。
マグロだけじゃなくイカやブリ、何でもづけにすると食べられちゃうよね。
まして活きの良いネタなら美味しさはひとしおだね。
  
Posted by yonosama at 09:55Comments(4)

2009年02月28日

日体大

e8c45a82.jpg『日本海庄や』青葉台店
045-984-2531
日体大の荒木先生にお願いして学生に落語を聞かせて、コミュニケーション講座をして参りました。
世之さまのコミュニケーションの本では「頑張れ!」は禁句でしたが学生同士の「頑張れ」コールには反応が違って、新しい発見!
有り難い結果でしたねーっ。また一つ新たなコミュニケーションの外部誘導反応が出来ましたもんね。
さて初講座でしたので、青葉台で荒木先生に一杯御馳走になって帰りました。庄やに入ったのは久しぶりでしたが、写メ見てもわかるでしょ「刺身」結構美味しかったよ。
手前が「シマアジ」でもう一つが「ブリ」
シマアジは鯵の中でも高級魚ですが安くて美味しかったね。旬から外れてるからかね?
ブリも柔らか過ぎず噛みごたえもあって、脂も乗って美味しかったよ。
安いチェーン店も美味しくなったんだね。飲み屋でも発見がありました。
  
Posted by yonosama at 20:28Comments(0)

2009年02月26日

チェンジリング

f0ba3fe8.jpgいやぁーアカデミー賞外国語映画賞「おくりびと」に短編アニメーション賞「つみきのいえ」ダブル受賞うれしいですね。
今日は今から日体大で講演なので日体大の荒木先生と一緒に試写を観たアンジェリーナジョリー主演『チェンジリング』です。
この映画は実際に1928年アメリカ、ロサンジェルスで起こった事件のドラマ化ですが、超一級サスペンスに仕上がった最高の映画です。アンジェリーナジョリーはアクション物ではその美貌を、以前紹介した「グッド・シェパード」の様な社会派ドラマではその演技力をふんだんに見せてくれる今まさにハリウッドを代表する女優ですが、この作品も素晴らしいですなぁ。
642511b3.jpg物語は1928年ある日突然クリスティンコリンズの息子ウォルターが失踪、5ケ月後に発見されるが、戻ってきた息子が別人だった事から事件は別方向に向かってゆく。
息子が別人なのか、母親がおかしくなってしまったのか?やがて母親は精神病棟へ送られてしまう。
しかし又々事件は急展開を迎える。社会権力との確執、1928年の時代背景、殺人鬼の登場と観る者を否応なしに物語に吸い込ませて行く。
b55ec178.jpg監督・製作・音楽はクリントイーストウッド
今やアカデミー賞には必ず顔を出す常連の監督だ。今回の作品もイーストウッドのこだわりがふんだんにちりばめられて居てこのあたりが映画をみるうちに引き付けられて行く要因なんだろうね。
まず当時の人々の名前を実名で描いた事です。おかげで役者達のリアリズムがどんどん上がっていて、連続誘拐殺人犯ゴードンノースコットを演じた「ジェイソン・バトラー・ハーナー」はその後見せて貰った本物の殺人犯とまるで見間違えてしまう程の名演なのです。脇を固める主演者もそれぞれが見事でグスタヴブリーグレブ牧師のジョンマルコヴッチ、ジョーズ警部のジェフリードノヴァンレスターヤバラ刑事のマイケルケリーの演技は見逃せません。220日から公開中是非オススメの一作品です。星印なら☆☆☆☆★4星
  
Posted by yonosama at 17:17Comments(0)

2009年02月23日

『かげつ』のお料理

14b08b3e.jpg『付き出し』
宴会場は天井が5メートル程ある古式な日本家屋の部屋でした。
もう6回位は「かげつ」に来てますが初めてのお部屋で雰囲気最高でした。
さて温泉の楽しみはやっぱりお料理ですよね。
まずは料理人の挨拶である「付き出し」です。
世之さまお気に入りは右奥の胡桃(くるみ)と豆腐の和え物です。香ばしくって美味しかったね。
3bec099a.jpg『刺身』
旅館の宴会で刺身が先に並んでたらまず駄目!
刺身は外気に触れて乾いたり、暖まってしまい、どんなに味が良い刺身もネタが落ちてしまいますからです。
「かげつ」はもちろん刺身は後から出て来ます。
その上薄切りの大根を濡れ布の様にネタの上に掛けてあって、うれしい気使いです。その薄切り大根が食べたら美味しいのもうれしいね。ネタも中トロに鮃の薄造りの浅葱巻き、松の実烏賊に寒鰤。海の無い石和温泉では上出来です。
c4238110.jpg『和牛の石焼き』
石の宿「かげつ」ですから、石料理は毎回出て来ます。石を温めてるのは携帯燃料なんですが、熱伝導が良いのか、遠赤外線効果かよく焼けるんだよ。
バター焼きを岩塩で食べます。石こだわりっすか?
31fd9260.jpg『蟹味噌クリーム』
又々海の幸!
クリームの下は全部蟹味噌にびっくり!
思わず酒を貰っちゃいました。
ae278b7e.jpg『鰤の杉板焼き』
若竹煮と菜の花が旬を演出!若竹って食べる所が少ないけど、美味しいよね。
杉板焼きって仲居さんが言ってたけど、杉板が焦げてないし焼いた後杉板で挟んでたぶん蒸したんだね。香りはよかったよ。
815a6a07.jpg『天ぷら』
この料理が出る迄に「温めん(にゅうめん)」に「きりたんぽ鍋」「茶碗蒸し」等、もうお腹いっぱいっす!
温泉で体重量ったら「アレーッ鹿芝居で痩せた2キロ以上にまたリバウンドして70キロになっちゃいました。」
(┬┬_┬┬)
それなのに朝御飯も美味しくて、御飯お代わりしちゃいましたよ。
ドウシマヒョーッ(゜▽゜)
  
Posted by yonosama at 21:41Comments(0)

2009年02月22日

石和温泉『かげつ』

ba98be23.jpg世之さまのタニマチ弘永社長と石和温泉、銘石の宿『かげつ』http://www.isawa-kagetsu.com
に来てます。
055-262-4526・4527・4528 (ヨイフロ・ヨイフナ・ヨイニワ)
国立演芸場『鹿芝居』と獅子舞10日間の疲れを温泉で流すには最高のタイミングですな(^-^)
『かげつ』は敷地内どころか部屋にまで世之様より大きな石がところ狭しと置かれ、石和温泉内でも有数の旅館の一つです。
敷地 6000坪
庭園 4000坪
池 2000坪
池の鯉は1万匹で百歳を越える鯉も20匹も居るんですよ。
世之さまの部屋も12畳の居間に6畳二間に4畳の風呂!広くて気持ち休まります。昼過ぎから2時間も湯に入っちゃいました。
宴会迄一眠りしまひょ。
(´Д`)〜*
  
Posted by yonosama at 17:19Comments(0)