http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/touch/20170605/1496662295

「仲間を見捨てない文化を」。

書いたのは園良太さんという方。

私はこの園さんという方は、政治活動の場でよく見かけるだけで話したことも無いです。

この園さんの言うことや記事には全面的に賛成は出来ませんが、どちらかというと6割以上賛成です。






……さて、ここから先はあくまで私個人の考えですが。

政治活動をしていくうちに「絶対にこの人たちとは共闘出来ない」「人間的にこの人が大嫌い」という方に何人も出くわすでしょう。

「共闘出来ない」「大嫌い」ならそれはそれで良いのです。

…ただ、私は「共闘出来ない」「大嫌い」な方々が権力により不当な弾圧を受けた時は出来るだけ支援するのが良いという考えです。

「共闘出来ない」「大嫌い」なら、普段顔を合わせなければ良い。一緒に活動しなければ良いのです。

ただ、気に食わない方が権力の弾圧を受けたら遠方支援くらいしても良いと思うんです。


私自身、過去何回も警察署前、自民党本部前、米軍基地前での抗議行動にさんかしてます。そこに居るだけでもよいのです。小銭をカンパするだけでも良いのです。…たとえ支援する方が普段どんなに気に食わない方でも私はそうします。


だって、抗議行動支援するだけすから。
その普段気に食わない方と顔を合わす訳ではありませんから。


「どんなに普段気に食わない方でも、権力の弾圧に合えば遠回しにでも支援する」のが私のやり方。


普段から団結を叫んで気に食わぬ相手が権力の弾圧にあえばザマアミロでは、絶対に権力には勝てませんね。





↑このページのトップヘ