f9423aa4.jpg
なんだかボンピアーニの宣伝ばかりだけど、またまた驚きの新刊、というかついにアヴィチェブロンの『生命の泉』羅−伊対訳版が出ました。しばらく前から図書館に行くたびBeitraege第一号のBaeumkerによる刊本をつまみ読みしていたのだけれど(これは最近リプリントが出ているらしいけれど、近くの図書館はみな1892年版で僅かに20世紀からはみ出ているのでコピーが取れない...)、やっと溜飲を下げる。というよりもこれは快挙です。

Avicebron, Fonte della vita, a cura di M. Benedetto, testo latino a fronte, Bompiani 2007. pp.710

Indice
Prefazione di Pasquale Porro
Premessa
Parte I. Avicebron e il Fons vitae : contesto, struttura e ricezione nell’Occidente latino
cap.1. Da Athene a al-Andalus : Fons vitae e le sue fonti
cap.2. I cinque lbri del Fons vitae : dall’analisi della materia e della forma alla felicita’
cap.3 La ricezione del Fons vitae nell’Occidente latino
Note editoriale

Parte II. Avicebron, Fonte della vita
Apparati

ついでに挙げて置くなら、ファラクェラによるヘブル語訳からの伊訳版がすでに二点出ています。

Shelomoh ibn Gabirol, Fons Vitae [Meqor hayyim], a cura di Roberto Gatti, Il melangolo Genova 2001, pp.328.
Shelomoh ibn Gabirol, Sorgente di vita, a cura di G.C.Sonnino, Transeuropa Ancona 1998, pp.125.

ご承知の通り、後者は簡約版とされるとともに、論考スタイル。前者は対話編です。なにぶんアラビア語原本が残っていないので、果たしてガビロールは対話体で書いたのかどうか疑問だ、なにせ当時のトレド界隈ではラテン語訳にあたり、原本の論考体を対話編に編集しなおすことが間々あったのだから、とベネデット女史は書いていて、ちょっと眼から鱗。

*L’eco alla ‘Silva Speculationis’ della Capopenisola (25/10/2007)
グンディサリヌスの件


GundisalviとGundisalvusあるいはGundissalinoは別人ではないか、という説はきっと解き難いと思うけど、もひとつ最近のものが上掲『生命の泉』の序に挙げられていたので。

D.N.Hasse, The Social Conditions of the Arabic-(Hebrew-) Latin Translation Movements in Medieval Spain and in the Renaissance, in Speer / Wegener (Hrsg.), Wissen uber Grenzen. Arabisches Wissen und Lateinisches Mittelalter, de Gruyter, Berlin-New York 2006, pp.68-86. :《Dominicus Gundisalvi was archidiaconus Colarensis, archdeacon over the zone of Cuellar, a town north of Segovia […]. It is true that in the same decades there existed another canon and archdeacon of the cathedral whose name was Gundissalvus (and who occasionally signed the same charters as Dominicus Gundisalvi), but it would be a mistake to attribute any of Dominicus’ translations or works to this unknown person》.

まあ、これも根拠はない訳だけれど、De processione mundi, De unitate, De immortalitate animae等々の著作をなした人と『生命の泉』の訳者の基本スタンスは齟齬がないところからして、あえて別人を探す必要はないのかも。あるいは、同名別人がいたという理由だけで、その別人に訳者の役割の方を振るのには無理があるのではないか、という消極的な否定論です。
そしてもうひとりの『生命の泉』訳者、Giovanni Hispanoの方はかえって、ソーンダイクが〈誤って〉セヴィリアのヨハネスと同一人としたものの(Thorndike, John of Seville, Speculum, 34 (1959), pp.20-38.)、D’Alverny, Avendauth?, in AA.VV., Homenaje a Millas-Vallicrosa, Barcelona 1954, pp.19-43,以降別人とされてますね。