ヘルモゲネスを探して

錬金術書を読む Si hoc est quomodo est, si non est quomodo non est [Avicennae ad Hasen Regem Epistula de Re Recta, c.1]

『天国への階段』

擬アウグスティヌス『天国への階段』14

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
XIII
わたしたちをこれらの段から逸らす四つの原因があります。つまり、避け難い必然、謙遜の業の有用性、人の脆弱さ、現世の虚栄。第一のものには弁明の余地があります。第二のものは寛容に許せます。第三のものは慈悲深くみるべきでしょう。第四のものは罪深きものです。この最後の原因によって聖なる目的を退くならば、神の栄光を知ってから撤退するよりも、知らぬままのほうがよいでしょう。実際そのような罪にどのような弁明がありえるでしょうか。主はきっとこう言われるに違いありません。「おまえのためにいったい何ができたというのか。わたしが何もしなかったとでもいうのか」(イザヤ5:4)。存在しさえしなかったおまえを、わたしが創造したのではないか。それなのにおまえは罪を犯し、悪鬼の僕と化したのを、わたしは解放してやったのだ。この世を悪心とともに彷徨しているおまえを選んだというのに。おまえにわが傍らにあるべく恩寵を与え、おまえのもとに宿ろうとしたのに。おまえはわたしを蔑み、わたしのことばをばかりかわたしじしんをすら擲って、おまえはおまえの欲情の虜となって流離うのだ。
ああしかし、善なる神よ、甘美にして温和なる優しき友よ、慎重な忠告者、堅固なる援助者よ、あなたを放棄するなどなんという人非人の恐るべき無謀でしょう。これほど慎ましく温順な客をそのこころから追払うなどと。ああ、なんという不幸で有害なこころ変わり。その創造主を棄て、邪悪で有毒な思いを受け入れるなどと。その聖霊の密やかな閨房でほんの僅か前に、天上の悦楽を密かなこころに願ったばかり、それがたちまち清浄な知解を踏み躙り、罪に身を委ねるとは。いまだ花婿の跡も温かいうちに、こころはすでに不純な欲望を呼び込む。じつに具合悪く不名誉なのは人に語られざるべきことばを耳にしておいて、たちまちつくりごとやら噂話の方に耳を欹て、聖なる涙に洗われた目もたちまち虚飾の方に向けられること。甘美な祝婚歌を歌い、花婿と花嫁を娶せる熱弁を説いた舌も、葡萄酒倉に導かれるや虚しい雄弁と化し、おどけた悪巧みを、誹謗をばら撒く。主よ、これらをわたしたちから遠ざけたまえ。人の脆弱さからこうしたことに陥ることがあるにしても、それで絶望しないように。ふたたび生命なき土から引きあげ、貧しき汚物からもちあげたまう(詩篇112:7)寛仁なる医師に恃もう。罪人としての死を望まぬ主はわれわれを癒し治してくださることでしょう。
さてそろそろ筆を閣く頃合です。わたしたちの観照を阻むものを遠ざけたまえ、と神に祈りましょう。わたしたちの現在を平静となし、わたしたちの未来からそれらをすべて取り去ってください。そして先に語った階段を、徳能から徳能へと、ついにシオンに神を見るに到るまでわたしたちを導いてください。そこで選ばれた者たちは神の観照の甘美に参与しつつ、一滴一滴にでも、間欠的にでもなく、愉悦の奔流を限りなく味わうことでしょう。その悦びを彼らから取り去ることなど誰もできません。不壊の平安、主のうちなる平安。
兄弟ジェルヴァシオよ、あなたがここまでお話した天国への階段の頂まで昇る折には、どうかわたしのことを忘れず、わたしのために祈ってください。善があなたとともにありますように。そしてあなたに問う者に仰い。来たれ(黙示録22:17)、と。
Sunt autem quatuor causæ, quæ retrahunt nos plerumque ab istis gradibus, scilicet inevitabilis necessitas, honestæ actionis utilitas, humana infirmitas, mundialis vanitas. Prima est excusabilis, secunda tolerabilis, tertia miserabilis, quarta culpabilis. Illis enim quos hujusmodi novissima causa a sancto proposito retrahit, melius erat gloriam Dei non cognoscere, quam post agnitam retroire. Quam utique excusationem habebit iste de peccato ? Nonne ei juste potest dicere Dominus : Quid debui tibi facere, et non feci ? (Is 5) Non eras, et creavi te : peccasti, et diaboli servum te feceras, et redemi te : in mundi circuitu cum impiis currebas, et elegi te. Dederam tibi gratiam in conspectu meo, et volebam facere apud te mansionem : tu vero despexisti me, et non solum sermones meos, sed meipsum projecisti retrorsum, et ambulasti post concupiscentias tuas.
Sed, o Deus bone, suavis et mitis, amicus dulcis, consiliarius prudens, adjutor fortis, quam inhumanus, quam temerarius est qui te abjicit ! qui tam humilem, tam mansuetum hospitem a suo corde repellit ! O quam infelix et damnosa commutatio ! Creatorem suum abjicere, et pravas noxiasque cogitationes recipere ! Illum etiam secretum cubile Spiritus Sancti, secretum cordis, quod paulo ante cœlestibus gaudiis intendebat, tam subito immundis cogitationibus et peccatis tradere conculcandum ! Adhuc in corde calent sponsi vestigia, et jam intromittuntur adulterina desideria ! Male conveniens et indecorum est aures quæ modo audierunt verba quæ non licet homini loqui, tam cito inclinari ad fabulas et detractiones audiendas : oculos, qui sacris lacrymis modo baptizati erant, repente converti ad videndas vanitates : linguam, quæ modo dulce epithalamium decantaverat, quæ ignitis, et persuasoriis eloquiis suis cum Sponso reconciliaverat sponsa, et introduxerat eam in cellam vinariam, iterum converti ad vana eloquia, ad scurrilitates, ad concinandum dolos, ad detractiones.
Absit a nobis, Domine. Sed si forte ex humana infirmitate ad talia dilabimur, non ideo desperemus, sed iterum recurramus ad clementem Medicum, qui suscitat de terra inopem, et erigit de stercore pauperem (Ps 112), et qui non vult mortem peccatoris ; iterum curabit et sanabit nos.
Jam tempus est ut epistolæ finem imponamus. Oremus ergo Deum ut impedimenta quæ nos ab ejus contemplatione retrahunt, in præsenti nobis mitiget, in futuro nobis penitus auferat : qui per prædictos gradus de virtute in virtutem nos perducat, donec videamus Deum deorum in Sion : ubi electi non guttatim, non interpolatim percipient divinæ contemplationis dulcedinem, sed torrente voluptatis indesinenter repleti, habebunt gaudium quod nemo tollet ab eis, et pacem incommutabilem, pacem in Idipsum.
Tu ergo, frater mi Gervasi, si quando datum tibi fuerit desuper prædictorum graduum celsitudinem conscendere, memento mei, et ora pro me, cum bene fuerit tibi, et qui audit, dicat : Veni.

擬アウグスティヌス『天国への階段』13

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
XII
ここから次のように結論することができるでしょう。瞑想なき黙読は不毛であり、黙読なき瞑想は過誤であり、瞑想なき祈祷は生気なく、祈祷なき瞑想は実を結ばない。献身的な祈祷は観照を得るものであり、祈祷なしに観照を獲得することはじつに稀なことであるか奇蹟的なことなのです。神の権能は数的なものでも限りあるものでもなく、そのすべての業を慈悲が覆っているのです。アブラハムの息子たちの石が引き起こしたように、頑迷に躊躇する人々をその意志のもとに従わせるのです。それはまるで奇瑞のよう。俗諺に嫌がる牛の角を曳く、と言うように、呼ばれることもなしに注ぐのです。それがいずれかの者に起こった様を読むこともできます。たとえばパウロその他に。とはいえわたしたちは、それがわたしたちにも起こらずにはおかないなどと自惚れてはいけません。それは神を試すことであって、かえってわたしたちはわたしたちにふさわしいことをなさねばなりません。神の律法を黙読し瞑想すること、わたしたちの弱さをたすけたまえと神に祈祷をささげること、そしてわたしたちの不完全を直視すること。神自身、わたしたちになすべきことを教えるように語っています。尋ねよ、されば与えられよう。敲け、されば開くであろう(マタイ7:7;ヨハネ16:24)、と。それにまた、天国は激しく襲われている。そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている(マタイ11:12)、と。このような区別から先に述べた階段の性質が理解できます。それがどのように一貫しており、またその一々がわたしたちにとってどのような成果を生むものであるかが。
人は祝福されてあるのです。様々な虚しい事にこころ煩わされることなく、この四つの階段をますます切望し、持てるものをすべて売り払い、待望の宝の埋まった土地を購い、そこに甘美なる神を見ようと赴くのです。第一段階に熟達し、第二段階に細心に、第三段階に献身し、自らを超えて第四段階へと昇る者は、昇るにつれて徳能を積むこころの用意を整え、ついにシオンに神をまのあたりにするのです(詩篇83:8)。ほんの僅かの間でもその最上段にとどまることをゆるされた人こそ幸い。実際彼はこう言うことでしょう。これこそ神の恩寵。これこそペテロとパオロが山上で観照した栄光。これこそヤコブとともにラケルを抱擁するおおいなる悦び。しかし慎重に努めねばなりません。天へと挙げられることになったこの観照の後、突然奈落の底へと墜落せぬよう、このような神の幻視の後、現世の放逸と肉身の誘惑に転ずるようなことのないように。じつに人の虚弱なまなざしは真の照明の光を長く耐えることができず、昇ってきた三つの階段をゆっくりと降るのです。そしてまた自由意志や時と場所によってある段に、また別の段にたちどまるのです。神に近づけば近づくほど第一段からは遠ざかるように。ああしかしいったい人の置かれた立場とはなんと脆弱で悲惨なものでしょうか。理拠と聖書の教えの導きに、善なる生の完徳がこれら四段階からなるものであることをみることにしましょう。そこに霊的な人の勤めがあるのです。しかしいったい誰がこの途を生きるのでしょう。それは誰でしょう、彼を称えましょう(集会の書31:9)。多くの者がそれを望むのですが、成就する者は僅かです。その僅かな者のひとりとなることを願って。
Ex his possumus colligere, quod lectio sine meditatione arida est, meditatio sine lectione erronea, oratio sine meditatione est tepida, meditatio sine oratione infructuosa : oratio cum devotione contemplationis acquisitiva ; contemplationis adeptio sine oratione, aut rara aut miraculosa. Deus, cujus potenti1a non est numerus vel terminus, et cujus misericordia super omnia opera ejus, quandoque ex lapidibus suscitat filios Abrahæ, dum duros et nolentes acquiescere cogit ut velint : et ita quasi prodigus, ut vulgo dici solet, bovem cornu trahit, quando non vocatus se infundit. Quod etsi quandoque aliquibus legimus contigisse, ut Paulo et quibusdam aliis ; non tamen ideo debemus nos, quasi Deum tentando divina præsumere, sed facere quod ad nos pertinet : legere scilicet et meditari in lege Dei, orare ipsum ut adjuvet infirmitatem nostram, et videat imperfectum nostrum ; quod ipse docet nos facere, dicens : Petite et accipietis ; quærite, et invenietis ; pulsate et aperietur vobis (Jn 16). Nunc enim regnum cœlorum vim patitur, et violenti rapiunt illud (Mt 11). Ecce ex præsignatis distinctionibus perspici possunt prædictorum graduum proprietates, quomodo sibi cohæreant, et quid singuli in nobis efficiant.
Beatus homo, cujus animus a ceteris negotiis vacuus, in his quatuor gradibus versari semper desiderat, qui venditis universis quæ habuit, emit agrum illum, in quo latet thesaurus desiderabilis, scilicet vacare et videre quam suavis est Dominus : qui in primo gradu exercitatus, in secundo circumspectus, in tertio devotus, in quarto supra se levatus, per has ascensiones, quas in corde suo disposuit, ascendet de virtute in virtutem, donec videat Deum deorum in Sion ! Beatus cui in hoc supremo gradu vel modico tempore conceditur manere, qui vere potest dicere : ecce sentio gratiam Domini ; ecce cum Petro et Johanne gloriam ejus in monte contemplor ; ecce cum Jacob plerumque Rachelis amplexibus delector ! Sed caveat sibi iste, ne post contemplationem istam qua elevatus fuerit usque ad cœlos, inordinato casu corruat usque ad abyssos, nec post Dei visionem ad lascivos mundi actus et carnis illecebras convertatur. Cum vero mentis humanæ acies infirma veri luminis illustrationem diutius sustinere non poterit, ad aliquem trium graduum, per quos ascenderat, leviter et ordinate descendat ; et alternatim modo in uno, modo in altero, secundum modum liberi arbitrii, pro ratione loci et temporis demoretur, tanto jam Deo vicinior, quanto a primo gradu remotior. Sed heu fragilis et miserabilis humana conditio ! Ecce ductu rationis et scripturarum testimoniis aperte videmus in his quatuor gradibus bonæ vitæ perfectionem contineri, et in eis spiritualis hominis exercitium debere versari. Sed quis est qui hunc vivendi tramitem teneat ? Quis est hic, et laudabimus eum ? Velle multis adjacet, sed perficere paucis. Et utinam de istis paucis essemus.
*集会の書31:9:「そはたれぞ、我らこれを幸いなる者と呼ばん」(『アポクリファ』聖公会出版1934)。

擬アウグスティヌス『天国への階段』12

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

XI
これら諸段階は連続しており、先立つ段は後なる段なしにはほとんど役に立たぬかのように、また後なる段は先立つ段なしには決して到達できぬものとして、相互の用に供するのです。聖人伝や聖書の読書に過ごす長い時のうちに、その精髄を搾り出すように咀嚼し反芻することもなく、自らの境囲を思いみるためまた著作を熱心に学ぶため、こころの深みにまでそれを伝えるように飲み干さずして、いったいどんな悦びが得られるというのでしょうか。
とはいえ、あらかじめ黙読や教えを聴くことなしに、こうした瞑想から虚偽ならざる聖父が設けられた限界を乗り越えることができるなどと、どうして知ることができるでしょうか。聴くこともたしかに読解の一部です。つまりそれは、わたしたちはあれこれの本を読んで解釈するばかりでなく、師から聴くところによっても読解する、と巷説されるとおりです。また祈祷に恃むことなしに瞑想を介して観られるところといえども、神の恩寵がそれをあらわしたまうたのではないのでしょうか。ここに与えられる最善なるもの、完璧なる賜は高みより来たるもの、光の神から降り来るもの(ヤコブ1)であって、それなしには、わたしたちはなにもなし得ないのです。わたしたちのうちにはたらくのは彼であるとはいえ、わたしたちなしにはたらくのではありません。使徒が言うように、わたしたちは神の同労者なのです(1コリ3:8)。神はわれわれが彼に恃むことを望まれるのです。彼が聖餅に来たり待ちたまうよう、わたしたちの意志をまでも開き〔我執にとらわれることなく〕、彼に同意しましょう。この同意とは、〔主が〕サマリア人にこう言って問われたところでした。「あなたの夫を呼びに行きなさい」(ヨハネ4:16)と。それはほとんど、あなたに恩寵を注ごう、あなたが自由意志を得ることのできるように、と言ったもののようです。そして彼女に祈祷をも要請したもののようです。「神の賜を、そして飲物をおくれ、とあなたに語る者が誰であるかをあなたが知っていたならば。きっとあなたは彼に生命の水を問うたことだろう」(ヨハネ4:10)と言うことによって。これを耳にすると、まるで教えを受け読解する者のように、女はそのこころにこの水の善と益とを瞑想したことでしょう。それを得たいという欲望を掻きたてられて、女は祈祷しました。「主よ、わたしに水をください。わたしが渇くことなく、もはや水を汲みにくる必要もないように」(ヨハネ4:15)。これが主のことばを聴いて、瞑想により祈祷へと誘われるということです。まず瞑想によって掻きたてられるのでなければ、祈願へと促されることがあり得ましょうか。それにまた先立つ瞑想が切望と合することなしに、いったいひきつづく祈祷へと到達し得るでしょうか。それゆえ瞑想が実り多いものたるためには、献身的な祈祷がつづかねばなりません。甘美な観照とはほぼその帰結なのです。
Hi autem gradus ita concatenati sunt, et vicaria ope sibi invicem deserviunt, quod præcedentes sine subsequentibus aut parum, aut nihil prosunt : sequentes vero sine præcedentibus, aut raro, aut numquam haberi possunt. Quid enim prodest lectione continua tempus occupare, sanctorum gesta et scripta legendo transcurrere, nisi ea etiam masticando et ruminando succum eliciamus, et transglutiendo usque ad cordis intima transmittamus, ut ex his diligenter consideremus statum nostrum, et studeamus eorum opera agere, quorum facta cupimus lectitare ?
Sed quomodo hæc cogitabimus, aut quomodo cavere poterimus, ne falsa aut inania quædam meditando, limites a sanctis Patribus constitutos transeamus, nisi prius circa hujusmodi ante ex lectione aut ex auditu fuerimus instructi ? Auditus enim quodammodo pertinent ad lectione. Unde solemus dicere, non solum libros ipso nos legisse quos nobis ipsi vel aliis legimus, sed illos etiam quos a magistris audivimus. Item quid prodest homini si per meditationem quæ agenda sunt videat, nisi orationis auxilio, et Dei gratia ad ea obtinenda convalescat ? Omne siquidem datum optimum, et omne donum perfectum desursum est, descendens a Patre luminum, (Jacob 1) sine quo nihil possumus facere : sed ipse in nobis facit opera, non tamen omnino sine nobis, cooperatores enim Dei sumus (1 Cor.3) sicut dicit Apostolus.
ヤコブ1:17:「あらゆる良い贈り物、あらゆる完全な賜物は、上から、光の父から下って来る」(日本聖書協会1955版)。
1コリ3:9:「わたしたちは神の同労者である」(日本聖書協会1955版)。
Vult siquidem Deus ut eum adjuvemus, et ut ei advenienti et præstolanti ad ostium, aperiamus sinum voluntatis nostræ, et ei consentiamus. Hunc consensum exigebat a Samaritana, quando dicebat : Voca virum tuum, (Jn 4) quasi diceret : Volo tibi infundere gratiam, tu applica liberum arbitrium. Orationem exigebat an ea, cum dicebat : Tu si scires donum Dei, et quis est qui dicit tibi : Da mihi bibere, forsitan petiisses ab eo aquam vivam. Hoc audito, quasi ex lectione mulier instructa, meditata est in corde suo bonum sibi fore et utile habere hanc aquam. Accensa ergo habendi desiderio, convertit se ad orationem, dicens : Domine da mihi han aquam, ut non sitiam amplius, neque veniam huc haurire aquam (Jn 4). Ecce auditus verbi Domini, et sequens super eo meditation incitaverunt eam ad orandum. Quomodo namque esset sollicita ad postulandum, nisi prius eam accendisset meditatio ? Aut quid ei præcedens meditatio contulisset, nisi quæ appetenda monstrabat, sequens oratio impetrasset ? Ad hoc ergo ut fructuosa sit meditatio, oportet ut sequatur orationis devotio, cujus quasi effectus est contemplationis dulcedo.
*cfr.泉の寓話:ヨハネ4:14:「わたしが与える水はその人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が湧き上がるであろう」。

擬アウグスティヌス『天国への階段』11

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

X
長いおはなしになりましたから、ここですべて纏めておくことにしましょうか。先に例示しましたように、先述した諸段階が連接しており、序列においても時間においても、また原因が先行するように継続しているものと観ることもできます。黙読は最初に要請される基礎のごときもので、わたしたちを瞑想にもたらすための素材として与えられるのです。瞑想は欲し尋ねるところをまるで掘り下げるようにして、宝を見出しあらわしてみせるのです。しかしそれだけではそれを得ることもかなわぬゆえに、われわれを祈祷へと誘うのです。祈祷はすべての力を神へと挙げて、欲するところの宝を賜るのです。つまりそれが観照の甘美です。これは先の三つのはたらきに報いられるところの、魂の渇きを癒す天の露の甘美です。黙読は外的諸感覚の修養、瞑想は内的知性の、祈祷は欲望〔意志〕の、観照はすべての感覚を超えた修養です。第一段階は初心者たちの、第二段階は実修者たちの、第三段階は献身者たちの、第四段階は至福なる者たちの段階なのです。
Ut ergo quæ diffusius dicta sunt, simul juncta melius videantur, prædictorum summam recapitulando colligamus. Sicut in prædictis exemplis prænotatum est, videri potest quomodo prædicti gradus cohæreant, et sicut temporaliter, ita et causaliter se præcedant. Lectio enim quasi fundamentum primo occurrit, et data materia mittit nos ad meditationem. Meditatio vero quid appetendum sit diligentius inquirit, et quasi effodiens, thesaurum invenit et ostendit. Sed cum per se obtinere non valeat, mittit nos ad orationem. Oratio se totis viribus erigens ad Dominum, impetrat thesaurum desiderabilem, contemplationis suavitatem. Hæc autem adveniens, prædictorum trium laborem remunerat, dum cœlestis rore dulcedinis animam sitientem inebriat. Lectio ergo est secundum exterius exercitium : Meditatio secumdum interiorem intellectum : Oratio secundum desiderium : Contemplatio super omnem sensum. Primus gradus est incipientium, secundus est proficientium, tertius est devotorum, quartus beatorum.

擬アウグスティヌス『天国への階段』10

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

IX
けれども花嫁よ、注意しなければなりません。花婿が不在であっても恥じてはなりません。彼の姿が見えなくても、彼はつねに汝を見ている。前にも後ろにも目はどこにもある。あなたは彼から身を隠すことなどもはやできないのだから。彼はあなたのもとに密使としてじつに狡猾なる霊を遣わし、花婿の不在のうちにあなたがどのように振舞うかと凝視め、あなたのうちに放逸のしるしを詮索して告発するのです。この花婿は嫉妬深いのです。もしもあなたが別の愛人を迎え入れようものなら、他におおきな悦びを見出そうものなら、たちまちあなたを離れ去り、他の乙女たちのもとに行ってしまうでしょう。この花婿は繊細で、高貴で、裕福で、人の子のなかでも最も美しいものです(詩篇44:3)。ですから美しいものでなければその花嫁にふさわしくはないのです。あなたに汚れや皺がみつかったならたちまち目を逸らすことでしょう。彼は不浄に耐えられないのです。それゆえあなたの花婿が頻繁に訪れるにふさわしく、あなたは貞潔に努め、慎み深くまた謙遜でなければなりません。
こんなはなしには食傷されたかもしれません。けれどもわたしにとってはじつに豊かで甘美なものなので、知らず知らずはなしが長くなるのです。ついついその甘美さに引きずられて。

Sed cave tibi, o sponsa : quando absentat se Sponsus, non longe abibit : et si non vides eum, ipse tamen videt te semper, plenus oculis ante te retro. Nunquam potes eum latere. Habet etiam circa te nuntios suos spiritus, quasi sagacissimos exploratores, ut videant quomodo absente Sponso converseris, et accusent te coram ipso, si aliqua signa lasciviæ et scurrilitatis in te deprehenderint. Zelotypus est Sponsus iste. Si forte alium amatorem receperis, si aliis magis placere studueris, statim discedet a te, et aliis adhærebit adolescentulis. Delicatus est Sponsus iste, nobilis et dives est, speciosus forma præ filiis hominum, et ideo non nisi speciosam dignatur habere sponsam. Si viderit in te maculam sive rugam, statim avertit oculos. Nullam enim immunditiam potest sustinere. Esto ergo casta, esto verecunda et humilis, ut sic a Sponso tuo merearis frequenter visitari.
詩篇45:2:「あなたは人の子らにまさって麗しく、気品がそのくちびるに注がれている。このゆえに神はとこしえにあなたを祝福された」(日本聖書協会1955版)。
Timeo ne diutius detinuerit nos sermo iste : sed ad hæc compulit me materia fertilis pariter et dulcis, quam ego non protrahebam spontaneus, sed nescio qua ejus dulcedine trahebar invitus.

擬アウグスティヌス『天国への階段』9

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

VIII
しかし怖れることはありません、花嫁よ。花婿がその相貌をしばしあなたから取り去ったといって自らを卑下してはなりません。すべてはあなたの善とともにはたらくのであって、彼が遣ってきても遠ざかってもあなたは益を享けるのです。彼はあなたを慰めるために来たり、またあなたがそのおおいなる慰めに慢心することのないようにとの慎重な配慮から遠ざかるのです(2コリ12:7参照)。もしも花婿がつねにあなたの傍にあるなら、あなたは同輩たちを侮りはじめることでしょう。訪れがつづくと、それはもはや恩寵とみなされず、自然本性と化してしまうことでしょうから。この恩寵はそれを欲する者が欲する時に花婿から与えられるのであって、財産のように所有されるものではないのです。俗言に、親しき仲にも礼儀あり、と言うところです。つまり執拗さは侮りを生むゆえ彼は離れ、不在は待望を呼ぶものであり、おおいに尋ね求められた後にこそ、恩寵の歓びは見出されるのです。それにまたこの慰めが与えられぬとしたら(わたしたちに明かされる未来の栄光は謎に満ちており、また局部的なものですが)わたしたちは現世の安定にかまけて未来のことなど尋ねはしないでしょう(ヘブル13:14参照)。花婿が来たりまた去り、慰めを与えまたわたしたちのすべてを病患の宿りとなす(詩篇40:4参照?)のであってみれば、どうしてわたしたちは祖国を亡命地と、報償を前納金とみなさない訳にいきましょうか。 僅かばかりわたしたちにその甘美を味あわせ、十分それを感受する前に取り去られるのです。そしてわたしたちの上を翔けるように翼をひろげ、わたしたちにも翔けるようにと呼びかけるように。それはまるで、汝らはわたしの甘美を僅かばかり味わったが、この甘美を欲するならば十全に満たされるだろう。わたしの後を、わたしの香油の香りを追いたまえ。父なる神の右なるわたしのいるところまで、こころを高く持して。汝らはそこにわたしを見るだろう。鏡の中に朧にではなく、顔と顔を合わせるように(1コリ13:12)。汝らのこころは悦びに満たされ、誰も汝らの悦びを取り去ることはできぬであろう(ヨハネ16:22-23)。

Sed ne timeas, o sponsa, ne desperes, ne existimes te contemni, si paulisper tibi subtrahit Sponsus faciem suam. Omnia ista cooperantur tibi in bonum, et te accessu et recessu lucrum acquiris. Tibi venit, tibi et recedit. Venit ad consolationem, recedit ad cautelam, ne magnitudo consolationis extollat te ; ne, si semper apud te sit Sponsus, incipias contemnere sodales, et hanc continuam visitationem non jam gratiæ attribuas, sed naturæ. Hanc autem gratiam cui vult, et quando vult Sponsus tribuit ; non quasi jure hereditario possidetur. Vulgare proverbium est, quod nimia familiaritas parti contemptum. Recedit ergo, ne forte nimis assiduus contemnatur, et absens magis desideretur, desideratus avidius quæratur, diu quæsitus tandem gratius inveniatur.
2コリ12(これはペテロが第三天にまで引き上げられたことを語る一節); 12:7「そこで、高慢にならないように、わたしの肉体にひとつのとげが与えられた」(日本聖書協会1955版)。
Præterea si numquam deesset hic consolatio (quæ respectu futuræ gloriæ, que revelabitur in nobis, ænigmatica est et ex parte) putaremus forte hic habere civitatem manentem et minus inquireremus futuram. Ne ergo exsilium deputemus pro patria, arrham pro pretii summa, venit Sponsus et recedit vicissim ; nunc consolationem afferens, nunc universum stratum nostrum in infirmitatem commutans.
ヘブル13:14:「この地上には、永遠の都はない。きたらんとする都こそ、わたしたちの求めているものである」(日本聖書協会1955版)。
Paulisper nos permittit gustare quam suavis est, et antequam plene sentiamus, se subtrahit : et ita quasi alis expansis supra nos volitans, provocat nos ad volandum, quasi dicat : Ecce parum gustati quam suavis sum et dulcis, sed si vultis plene saturari hac dulcedine, currite post me in odore unguentorum meorum, habentes sursum corda, ubi ego sum in dextera Dei Patris. Ibi videbitis me, non per speculum in ænigmate, sed facie ad faciem : plene gaudebit cor vestrum, et gaudium vestrum nemo tollet a vobis.
1コリ13:12:「わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう」(日本聖書協会1955版)。
ヨハネ16:22‐23:「わたしは再びあなたがたと会うであろう。そして、あなたがたの心は喜びに満たされるであろう。その喜びをあなたがたから取り去る者はいない」(日本聖書協会1955版)。

擬アウグスティヌス『天国への階段』8

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

VII
魂よ、ずいぶん長いおはなしになりましたね。これに立ちどまることはわたしたちにとって善いことです。ペテロとヨハネとともに花婿の栄光を観照し 、彼とともにずっと留まりましょう。彼が二つ、三つならずして唯一の幕屋(タベルナコロ)を建てるだけでも、そこに彼とともに留まり、彼とともに悦びましょう。けれども花婿は言うのです。わたしから離れよ、曙が立ち昇る(創世記32:26)。すでにして汝は光を享け、汝の欲するところの訪れを得たのだから。そして祝福を与えると、太腿を撃ち、彼のヤコブという名を長く待望された名イスラエル変え、たちまちにして消えたのです。その幻視、その甘美なる観照を根こそぎに取り去って。とはいえその主宰は残りつづけるのです。
O Anima, diu protraximus sermonem. Bonum enim erat nos hic esse, cum Petro et Johanne contemplari gloriam sponsi et diu manere cum illo, si vellet hic fieri, non duo, non tria tabernacula, sed unum, in quo essemus simul, et simul delectaremur. Sed jam dicit Sponsus : Dimitte me, (Gn 3) jam enim ascendit aurora ; jam lumen gratiæ et visitationem quam desiderabas accepisti. Data ergo benedictione, mortificato nervo femoris, et mutato nomine de Jacob in Israël, paulisper secedit Sponsus diu desideratus, cite elapsus. Subtrahit se tam a prædicta visione, quam a dulcedine contemplationis : manet tamen præsens quantum ad gubernationem.
創世記32:26:「その人が言った、夜が明けるからわたしを去らせてください」(日本聖書協会1955版)。*ヤコブはイスラエルという名を賜るが、ペニエルで神を見て、腿が不自由になる。それゆえイスラエルの子らは今日まで腿のつがいの上にある腰の筋を食べない。

擬アウグスティヌス『天国への階段』7


Ps. Augustinus, Scala Paradisi

VI
けれども主よ、あなたがこうなさる時を、あなたが来臨されるしるしを、わたしたちはいかに知り得ましょう。こうした慰めと悦びがはじまり、嘆きと涙がおわる時を。しかしそうするとそれはあらたな反語、異様な意味と化すでしょう。嘆きに対する慰め、涙に対する悦びという約束はどうなってしまうのでしょう。たしかに涙と言うのであって、それは上天に溢れ天から注がれた心内の露であるわけではありません。それに心内の洗浄こそが人の外面の浄化なのです。それは幼児洗礼による外面の洗浄が内的な魂の浄化を意味しあらわすのと同じこと、ここでは外面の洗浄に先だって内面が浄化されるのですから。
ああ幸いなる涙よ。それによって内面の汚れは浄化され、それによって罪の炎は鎮められるのです。「涙する者は幸いである、きっと笑うことになるから」(マタイ5:5)。魂よ、この涙をおまえの花婿と知り、その欲せられるものを抱擁せよ。奔流なす甘美に酔い、慰めの乳と蜂蜜を吸いたまえ。この嘆きあるいは涙こそ、汝の花婿が汝に与えるちいさな驚きにして慰め。その涙こそ汝にもたらされた飲物と知るがよい。この涙は汝の日用の糧。蜜よりも滴る蜂の巣よりも甘く(詩篇103:15?)、人のこころを確固たるものとする。
おお主イエスよ、この甘美なる涙があなたの記憶とあなたへの欲望によってもたらされたものであるとするなら、あなたを幻視するときにはいったいどれほどの甘美と悦びがあらわとなることでしょう。あなたに涙することがこれほど甘美であるなら、あなたのもとではどれほどの甘美となることでしょう。
それにしてもこの密やかな会話をどうして公にすることができましょうか。この筆舌に尽くしがたい情愛をどうして普通のことばにあらわすことができましょう。不慣れな者たちは、塗油の教えとして体験という書に録されるところを読み解くのでなければ、そのようなことを理解しないでしょう。文字面によっては読むところも授けられないのです。こころからする解釈と内面的な意味を得ずして、文字面を読むだけでは味わいも僅かに過ぎません。
Sed, o Domino, quomodo comperiemus quando hæc facis, et quod signum adventus tui ? Numquid hujus consolationis et lætitiæ testes et nuntii sunt suspiria et lacrymæ ? Si ita est, nova est antiphrasis ista, et significatio inusitata. Quæ enim conventio consolationis ad suspiria, lætitiæ ad lacrymas ? si tamen ista dicendæ sunt lacrymæ et non potius roris interioris desuper infusi superfluens abundantia, et ad interioris ablutionis indicium exterioris hominis purgamentum : ut sicut in baptismo puerorum per exteriorem ablutionem significatur et figuratur interior animæ ablutio ; ita hic e contra exteriorem ablutionem interior præcedat purgatio.
O felices lacrymæ, per quas maculæ interiores purgantur, per quas peccatorum incendia exstinguuntur ; Beati qui sic lugetis, quia ridebitis. In his lacrymis agnosce, o anima, sponsum tuum, amplectere desideratum. Nunc te torrente voluptatis inebria, suge ab ubere consolationis ejus lac et mel. Hæc sunt miranda munuscula et solatia quæ dedit tibi sponsus tuus, gemitus scilicet et lacrymæ. Adducit tibi potum in his lacrymis in mensura. Hæc lacrymæ sunt tibi panes die ac nocte ; panes utique confirmantes cor hominis, et dulciores super mel et favum.
(?)マタイ5:5:「悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう」(日本聖書協会1955版)。
O Domine Jesu, si adeo sunt dulces istæ lacrymæ, quæ ex memoria et desiderio tui excitantur, quam dulce erit gaudium quod ex manifesta tui visione capietur ! Si adeo dulce est flere pro te, quam dulce erit gaudere de te !
Sed quid hujusmodi secreta colloquia proferimus in publicum ? Cur ineffabiles et inenarrabiles affectus verbis communibus conamur exprimere ? Inexperti talia non intelligunt, nisi ea expressius legant in libro experientiæ, quos ipsa doceat unctio. Aliter autem littera exterior non prodest quicquam legenti. Modicum sapida est lectio exterioris litteræ, nisi glossam et interiorem sensum sumat ex corde.
Sed quid hujusmodi secreta colloquia proferimus in publicum ? Cur ineffabiles et inenarrabiles affectus verbis communibus conamur exprimere ? Inexperti talia non intelligunt, nisi ea expressius legant in libro experientiæ, quos ipsa doceat unctio. Aliter autem littera exterior non prodest quicquam legenti. Modicum sapida est lectio exterioris litteræ, nisi glossam et interiorem sensum sumat ex corde.

擬アウグスティヌス『天国への階段』6

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
V
こうした炎の弁明に欲望は燃え上がるのです。この情愛はいやましに広がり、この蠱惑が花婿を呼ぶのです。主よ、あなたは義しき者 に目をとめ、祈りに耳傾け、それが終わるのを待つこともなく、祈りの途中にして急ぎ来たり、待ち望む魂に天の甘美なる露を注ぎ、最良の香油を散らし、疲れた魂を甦らせ、飢えた者を満たし、乾いた者を潤し、地上のことがらを忘れさせ、記憶を驚くべく強く賦活させて甘美な酔いに浸らせるのです。肉体のはたらきにあって魂は理性をはたらかせることを忘れ、肉欲に打ち負かされ、人はほとんど肉体だけとなるのとは逆に、この至高なる観照は肉体のうごきを虚しくし、魂に吸収して、どんな肉身も霊に抗することを得ず、人はほとんど霊的な存在と化すのです。
His et hujusmodi ignitis eloquiis suum inflammat desiderium : sic ostendit suum affectum. His incantationibus advocat sponsus. Dominus autem, cujus oculi super justos, et aures ejus non solum ad preces, sed ipsas preces eorum non expectat donec sermonem finierint, sed medium orationis cursum interrumpens, festinus ingerit se, et animæ desideranti festinus occurrit cœlestis rore dulcedinis circumfusus, unguentis optimis delibutus ; animam fatigatam recreat, esurientem reficit, aridam impinguat, et facit eam terrenorum oblivisci, memoria sui eam mirabiliter fortificando, vivificando, et inebriando, ac sobriam reddendo. Et sicut in quibusdam carnalibus officiis anima adeo vincitur carnali concupiscentia, quod omnem usum rationis amittit, et fit homo quasi totus carnalis ; ita merito in hac superna contemplatione ita consumuntur et absorbentur carnales motus ab anima, ut in nullo caro spiritui contradicta, et fait homo quasi totus spirualis.

擬アウグスティヌス『天国への階段』5

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
IV
魂を鑑みるに、それはそれ自体では切望される知解と体験の甘美を掬うことができません。こころが高みへ昇るほど神はいよいよ讃えられます〔遠ざかるのです〕。自らを貶め、祈祷しましょう。こころの清き者ならずしては見ることの適わぬ主よ、黙読し、瞑想しつつわたしはいかに清きこころを得ることができようかと訊ねるのです、瞑想をもってしてもほんの僅かにしかあなたを知ることができないのです。あなたを欲し〔あなたの相貌を尋ねつつ〕、主よ、あなたに向かうのです。わたしがこころから瞑想するうち、その瞑想のうちにいよいよあなたを知解したいという炎が燃え上がるのです。聖書という糧(パン)をわたしに割いてください、その糧の破片こそが大いなる知解です。あなたを知れば知るほどあなたを知りたいという想いは増すのです。それはもはや文字の外皮ではなく、体験としての感受なのです。主よ、わたしは報償を求めているのではありません。あなたの慈悲を求めているのです。実際わたしはそれにふさわしからざる罪深い魂なのですが、子犬たちですら主の食卓から零れ落ちる屑を食べるのです(マタイ15:27)。主よ、わたしに未来の贈与を、わたしの激しい愛を鎮める一滴の天の慈雨を与えてください。

Videns autem anima quod ad desideratam congitionis et experientiæ dulcedinem per se non possit attingere, et quanto magis ad cor altum accedit, tanto magis exaltatur Deus, humiliat se, et confugit ad orationem, dicens : Domine qui non videris nisi a mundis cordibus, investigavi legendo, meditando, quæsivi quomodo haberi possit vera cordis munditia, ut ea mediante, vel ex modica parte possem te cognoscere. Quærebam vultum tuum Domine, vultum tuum requirebam. Diu meditata sum in corde meo, et in meditatione mea exarsit ignis ac desiderium amplius cognoscendi te. Dum panem Sacræ Scripturæ mihi frangis, in fractione panis magna cognitio est : et quanto plus te cognosco, plus te cognoscere desidero, non jam in cortice litteræ, sed in sensu experientiæ. Nec hoc peto, Domine, propter merita mea, sed pro tua misericordia. Fateor enim quia indigna et peccatrix sum : sed et catelli edunt de micis quæ cadunt de mensa dominorum suorum. Da mihi, Domine, arrham hereditatis futuræ, saltem guttam cœlestis pluviæ, qua refrigerem sitim meam quia amore ardeo.
マタイ15:27:「でも、小犬もその主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」(日本聖書協会1955版)。

擬アウグスティヌス『天国への階段』4

Ps. Augustinus, Scala Paradisi

小さな葡萄粒からどれほどの果汁が溢れ出ることでしょう。この小さな塊の瞑想からいったいどれほどの燦めきの火花が金敷に散ることでしょう。「こころの清い者たちはさいわいである。彼らは神を見るであろう」から。しかしそれは、それに卓越した人によるなら、いったいどこまで広がることでしょうか。井戸の深みを感じます。けれども不慣れな初学者にも僅かばかりの力はあるのです。
この燃え上がる魂、この欲求に促された魂は斑岩をも割って、甘美な香油を嗅ぎはじめます。いまだそれを味わわずとはいえ、鼻先にその香りを感じるのです。そしてそこから清さがいかなる甘美を感受し得るかを知るのです。瞑想のみが与え得るかくも大いなる悦びを。そしてどうなるのでしょう。熱烈に欲しつつも、どうしたらそれを得ることができるか分からず、それを求めれば求めるほどにいよいよ渇いて。瞑想を重ねるほど悲しみも増すのです。こころ清き瞑想のうちに示される甘美にもかかわらず、いまだそれを賞味することができないのですから。
じつにその甘美は黙読、瞑想するだけでは感じられないのです。上から与えられるのでない限り。黙読し瞑想することは善人も悪人もすることです。異邦〔ギリシャ〕の哲学者たちも理拠に導かれて至高の善が何からなるものであるかを見出しました。とはいえ、彼らは神を知りつつも神を讃えることをせず(ロマ1:21)、自らの力を恃んでこう言ったのです。「われらの舌は強し。われらの唇によりて自らを護ろう」(詩篇11:5)、「これこそわれらが主なり」(詩篇2)、と。彼らは自ら目にしたところを享受するに価しなかったのです。彼らは自らの知るところを無に帰した(ロマ1:21)のです。そして彼らの叡智は貪り尽くされた(詩篇106:27)のです。それは彼らの人間的な修養によって委ねられたものであって、叡智の霊によるものではなかったからです。それだけが真の叡智を、魂がはかりしれない悦びを味わうこととなる賢慮と知識を授けることのできるものなのです。それについては次のように言われています。「叡智は邪悪な魂には入らない」(知恵1)と。それはただ神に由来するものです。主は多くの者たちに洗礼を施しました。洗礼の権能と権威こそが、それだけが罪を矯すものです。ヨハネは特に次のように厳密を期しています。「彼こそ洗礼を施す者」(ヨハネ1)と。彼に倣ってわたしたちはこう言うこともできるでしょう。彼こそ叡智の味わいを与え、魂を賢くなす者、と。「ことばは多くの者に与えられるが、叡智は僅かな者にしか与えられない」(カトー、二聯詩)。神はそれを望む者に望む時に与えられるのです

Videsne quantum liquoris emanavit ex minima uva ; quantus ignis ex hac scintilla ortus est, quantum hæc modica massa, Beati mundo corde, quoniam ipsi Deum videbunt, (Mt 5) in incude meditationis extensa est ? Sed quantum adhuc posset extendi, si accederet aliquis talia expertus ! Sentio enim quod puteus altus est : sed ego adhuc rudis tiro, in quo pauca hæc haurirem vix inveni.
His anima facibus inflamata, his incitata desideriis, fracto alabastro, suavitatem unguenti præsentire incipit, necdum gustu; sed quasi narium odoratu. Et hoc colligit quam suave esset hujus munditiæ sentire experientiam, cujus meditationem novit adeo esse jucundam. Sed quid faciet ? Habendi desiderio æstuat, sed non invenit apud se quomodo habere possit : et quanto plus inquirit, plus sitit. Dum apponit meditationem, apponit et dolorem : quia sitit dulcedinem, quam in cordis munditia meditatio esse monstrat, sed non prægustat.
Non enim est legentis atque meditantis hanc sentire dulcedinem, nisi data fuerit desuper. Legere enim et meditari tam bonis, quam malis commune est. Et ipsi philosophi gentium in quo summa veri boni consisteret, ductu rationis invenerunt : sed quia cum Deum cognovissent, non sicut Deum glorificaverunt, et suis viribus præsumentes dicebant : Linguam nostram magnificabimus, labia nostra a nobis sunt : (Rm 1) Quis noster Dominus est ? (Ps 2) non meruerunt percipere quod potuerunt videre. Evanuerunt in cogitationibus suis, et omnis eorum sapientia devorata est ; quam eis contulerat humanæ studium disciplinæ, non spiritus sapientiæ, qui solus dat veram sapientiam, sapidam scilicet scientiam : quæ animam cui inhæsit inæstimabili sapore jucundat et reficit. Et de illa dictum est : Sapientia non intrabit in malevolam animam (Sap 1). Hæc autem a solo Deo est. Officium enim baptizandi Dominus concessit multis : potestatem vero et auctoritatem in baptismo remittendi peccata, sibi soli retinuit. Unde Johannes autonomastice et discretive de eo dixit : Hic est qui baptizat (Jn 1). Sic de eo possumus dicere : Hic est qui sapientiæ saporem dat, et sapidam animam facit. Sermo siquidem datur multis, sed sapientia paucis : (Cato in distycc.) quam distribuit Dominus cui vult, et quomodo vult.

擬アウグスティヌス『天国への階段』3

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
III
そこに細心の瞑想がはじまるのです。それは外に残るのでもなく、皮相に留まるのでもなく、高みへと歩みを向けます。内面を貫き、ひとつひとつを吟味しつつ、語られなかったところに注意を払って。「からだの清い者たちはさいわいである」でなく「こころの清い者たち」。なぜといって、こころが邪な思いから清められることなしに、悪しき業に手を染めぬだけでは十分ではないのですから。それは権威ある預言者が確言するところです。「主の山に登る者、その聖なる場所に赴く者は誰だろう。それは手に穢れなく、こころ清き者である」(詩篇23)。そしてこうしたこころの清さを切望して、この預言者はこう祈るのです。「わがうちに、神よ、清きこころを造りたまえ」(詩篇50:10)と。そしてまた、「わたしのこころのうちに悪を見出されるなら、主よ、あなたはわたしの言うことをお聞き届けにならないでしょう」(詩篇65:18)と。浄福なるヨブの次のことばにはどれほど配慮が凝らされていることか想いみてください。「乙女を見ぬため、わたしはわたしの目と約束した」(ヨブ31:1)と。虚飾と不注意が欲望に変じることを戒めるためどれほどこの聖なる人が自らを卑下したか、これでお分かりになるでしょう。こころの清さについてあれこれ思い巡らした後、報償について考えはじめます。つまり主の容貌、人の子のうちで最も美しい形相を見る栄光と愉悦のことです。もはや卑しくも軽蔑されることなく、シナゴーグたる母の相貌(スペキエス)をではなく、不滅を纏い、復活と栄光の日、主となられた日(詩篇117:24)にその父から冠を戴いたものの。その視覚〔幻視〕にはいったいどれほどの満足があることか。預言者は「あなたの栄光のあらわれとともにわたしは満たされることだろう」(詩篇16:15)と言っています。

Accendens ergo sedula Meditatio, non remanet extra, non hæret in superficie, ulterius pedem figit. Interiora penetrat, singula rimatur : attende considerat quod non dixit, Beati mundo corpore, sed corde : quia non sufficit manus habere innoxias a malo opere, nisi a pravis cogitationibus mundemur in mente. Quod auctoritate Prophetæ confirmatur dicentis : quis ascendet in montem Domini, aut quis stabit in loco sancto ejus ? Innocens manibus et mundo corde. (Ps 23). Item considerat quantum hanc cordis munditiam optabat idem Propheta, qui orans dicebat : Cor mundum, inquit, crea in me Deus. (Ps 50). Item, Si aspexi iniquitatem in corde meo, non exaudiet Dominus (Ps 65).
Cogitat quam sollicitus erat in hac custodia beatus Job, qui dicebat : Pepigi fœdus cum oculis meis, ne cogitarem quidem de virgine (Job 32). Ecce quantum arctabat se vir sanctus, qui claudebat oculos suos ne videret vanitatem, ne forte incautus respiceret quod postea invitus desideraret.
Postquam hæc et hujusmodi de cordis munditia pertractavit, incipit cogitare de ejus præmio, quam gloriosum et delectabile est videre faciem desideratam Domini, speciosi forma præ filiis hominum ; non esse jam abjectum et vilem, non habentem speciem qua vestivit eum mater sua Synagoga : sed stola immortalitatis indutum, et coronatum diademate, quo coronavit eum Pater suus in die resurrectionis et gloriæ, die quam fecit Dominus. Cogitat quod in illa visione erit

擬アウグスティヌス『天国への階段』2

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
II
ではこれら四つの段階についてそれぞれの勤めをみてみることにしましょう。黙読は甘美なる生を求めるもの。瞑想とはその発見。祈祷とはその尋及。観想とはそれに浸ることです。主は言われました。「求めよ、されば与えられよう。敲け、されば開くであろう」(マタイ7.7)と。黙読によって尋ね、瞑想において見出し、祈祷において求め、あなた方の観想において啓くのです。黙読とはおおよそ口に運ぶ食物*、瞑想はその咀嚼、祈祷はその玩味、観照は甘美な悦びの獲得。こうした表現を人は様々に想定することができます。黙読についてはこう謂われています。「こころの清い人たちはさいわいである。彼らは神を見るであろう」(マタイ5.8)と。短いことばですがじつに甘美にしてさまざまな意味を伝えるものです。たとえていうなら葡萄の房のような魂の糧。それをこころゆくまで嘆賞したあと魂は自問します。これはどこか善なるものである、と。わたしはこころに沈潜し、この清きものを知解しようと試みるのです。いとも高貴にして望まれるべきところのもの、それを感得したものを浄福なる者と称する神の幻視を、永遠の生を。聖書のそこここに証されるところのものを。これこそあなたに十全に明かしたいと欲するところ。葡萄を圧搾機に置くようにして押し潰しつつ、このいとも高貴にして待望される清さを獲得するにはどうしたものかと理性を研ぎ澄ましつつ。

Assignatis ergo quatuor graduum descriptionibus, restat ut eorum officia videamus. Beatæ igitur vitæ dulcedinem lectio inquirit, meditatio invenit, oratio postulat, contemplatio degustat. Unde ipse Dominus dixit : Quærite, et invenietis : pulsate et aperietur vobis. (Mt 7.7). Quærite legendo, et invenietis meditando : pulsate orando, et aperietur vobis contemplando. Lectio quasi solium cibum ori apponit : meditatio masticat et frangit : oratio saporem acquirit : contemplatio est ipsa dulcedo quæ jucundat et reficit. Lectio in cortice, meditatio in adipe, oratio in desiderii postulatione, contemplatio in adeptæ dulcedinis delectatione. Quod ut expressius videri possit, unum de multis supponam exemplum. In lectione audio : Beati mundo corde, quoniam ipsi Deum videbunt (Mt 5.8).
Ecce breve verbum, sed suavi et multiplici sensu refertum. Ad pastum animæ quasi uvam ministravit, quam postquam anima diligenter inspexit, dicit intra se : potest aliquid boni esse. Redibo ad cor meum et tentabo si forte intelligere invenire potero munditiam hanc. Pretiosa enim et desiderabilis est res ista, cujus possessores beati dicuntur, quibus visio Dei, quæ est vita æterna, promittitur, quæ tot sacræ Scripturæ testimoniis collaudatur. Hoc ergo sibi plenius explicari desiderans, incipit hanc uvam masticare et frangere, namque quasi in torculari ponit : deinde excitat rationem ad inquirendum quid sit, et quomodo haberi possit hæc adeo pretiosa et desiderabilis munditia.

擬アウグスティヌス『天国への階段』1

Ps. Augustinus, Scala Paradisi
I
ある日、手仕事をしつつ人の霊が勤めるべきこころの四つの霊的段階に思いを巡らしました。つまり、黙読、瞑想、祈祷、観照。これが地から天へと昇る修道の階段です。その段は僅かとはいえ、それは広大無辺なのです。その下端は地に置かれおり、上は雲をも貫いて秘された天の裂け目へと向かっています。その各段には数と名があり、そこに序列とその報いとが区別されてあるのです。誰か慎重にその各段がわたしたちにもたらす特徴とはたらきとを検討するならば、そしてその階層秩序を識別するならば、この検討に多く資するばかりか、それを簡潔容易としてくれることでしょう。きっとそれはたいへん有益で甘美であるに違いありません。さて、黙読とは聖書の熱心な精読のこと。瞑想とは勤勉なる精神(メンス)のはたらきであるとともに、秘された真実の知見を理拠によって討究するもの。祈祷とは悪を忌み善を得ようと、こころ(コルディス)からする神への指向。観想とは精神の神への高揚、永遠の甘美を悦び味わうこと。

Cum die quadam corporali manuum labore occupatus, de spiritualis hominis exercitio cogitare cœpissem, quatuor spirituales gradus animo cogitanti se subito obtulerunt : scilicet, Lectio, Meditatio, Oratio, et Contemplatio. Hæc est Scala Claustralium, qua de terra in cœlum sublevantur ; gradibus quidem distincta paucis, immensæ tamen et incredibilis magnitudinis. Cujus extrema pars terræ innixa est ; superior vero nubes penetrat, et secreta cœlorum rimatur. Hi gradus sicut nominibus et numero, ita ordine et munere sunt distincti.
Quorum proprietates et officia quidem singula, quid circa nos efficiant, quomodo inter se invicem differant et præemineant, si quis diligenter inspiciat, quiquid laboris aut studii impenderit in eis, breve reputabit et facile, præ utilitatis et dulcedinis magnitudine. Est autem Lectio sedula Scripturarum cum animi intentione inspectio. Meditatio est studiosa mentis actio, occultæ veritatis notitiam ductu propriæ rationis investigans. Oratio est devota cordis intentio in Deum pro malis amovendis et bonis adipiscendis. Contemplatio est mentis in Deum suspensæ elevatio, æternæ dulcedinis gaudia degustans.

聖霊降臨節

アウグスティヌス主義について

ガンのヘンリクスの照明説とアウグスティヌスを繋ぐ13世紀のアウグスティヌス主義とはなにか。それは照明説である、というのでは同語反復です。
16世紀の錬金術書『金属変成夢三題』のガンのヘンリクスの一節の引用を手がかりに、ここに長いあいだアウグスティヌスの書簡として流通したなかなか薀蓄深い一文に出会うことになりました。現在の書誌学的全集編纂という一種の純粋主義(プリスム)によって、その倫理観というか心情を伝えるこうした短い書簡(ある意味では精華Flosと言ってもいいでしょう)がアウグスティヌス(その人の著作、膨大な*)を探るうちにはなかなか見つからない、というのは現在の歴史文献学の陥穽という他ありません。
そう、Agostinianaという語が「アウグスティスの」という曖昧な意味を担って使われてきた長い歳月。現在それはdi Agostino(アウグスティヌスの、つまり真正アウグスティヌス)とAgostiniana(アウグスティヌス風の、つまり擬アウグスティヌス)に厳密に分けられねばならないようです。それにどうやらAgostinismo(アウグスティヌス主義)ということばはさほど遡れるものではないようです。
13世紀に、アウグスティヌスの、というときの含意を考えるとき、わたしたちはあらためて真贋の位相を深く考えさせられることになります。ともあれ、ミーニュ版PL全集[vol.184]まではアウグスティヌスという名とともにこの『天国への階段』を昇る準備もされていたのです。とはいえこれはクライマックスということばを呼ぶことになったクリマコスの『天国への階段』ではありません(残念ながらレッド・ツェッペリンの『天国への階段』でも。しかしジミー・ペイジの魔術修行はその4シンボルを観るだけでも、かなり想像を掻きたててくれるものではあります)。
いずれにしてもここには〈意図する、向かう、vult〉という意志的なスイッチ・オンと〈根こそぎにされるsubtrahit〉という語彙が多々鏤められており、ガンのヘンリクスの知性論に還るための願ってもない指針を提供してくれます。

*cfr.(『神の国』14巻3:『真の信仰について』:『詩篇講解』52)

***

擬アウグスティヌス『天国への階段』序
Ps. Augustinus, Scala Paradisi
(ここではあくまで中世に立って、この一文をアウグスティヌス者(という造語でいきましょうか)たる修道士が編んだアウグスティヌス撰と位置づけるため、擬アウグスティヌス文書と呼ぶことにします)

***

修道士グイゴ、神に悦ぶ親しき兄弟ジェルヴァシオに送る。
(Guigues du Chastel、グイゴ・ド・シャステルあるいはグイゴ二世とも。(1083/4-1136/8?と伝えるものもあるが、どうやらこれはグイゴ一世の生没年らしい)。シャルトルーズ〔カルトゥジオ〕会士。同会第九代総長(1173頃)となる。修道士ジェルヴァシオに送られたこの書簡は『修道の階段Scala Claustralium』あるいは『天国への階段Scala Paradisi』と称される。)
親しい者よ、わたしへのあなたの愛に答えて。あなたの手紙にお返事します。修道生活を送る者の霊性に関わるわたしの考えをしるしましょう。ここに論じるところについてあなたは知識だけのわたしより経験豊富であられますから、あなたの判断で矯していただければ幸いです。ここにお送りするところからはじめて、新たに植えられた木からわたしたちの果実を摘むことができますように。エジプト王の奴隷であった身から誉むべき孤独を奪取し神の戦士として油脂多き枝をあなたはオリーブの木に接ぐことでしょう。

Dilecto fratri suo Gervasio frater Guigo delectari in Domino.
Amare te ex debito teneor, quia prior me amare incœpisti : et rescribere tibi compellor, quia litteris tuis ad scribendum me prius invitasti. Quædam ergo quæ de spirituali exercitio Claustralium excogitaveram, transmittere proposui : ut qui talia experiendo melius quam ego tractando, didicisti, mearum judex sis cogitationum et corrector. Et merito hæc nostri laboris initia tibi primitus offero, ut novellæ plantationis primitivos fructus colligas : quoniam de servitute Pharaonis, me delicata solitudine laudabili furto surripiens, in ordinata castrorum acie collocasti ; ramum de oleastro artificiose excisum prudenter inserens in olivo.
Categories
Archives
livedoor プロフィール

yoohashi4

六年目、ということでまたプロフィル欄を更新しようと思ったのですが、もうその欄に触れられなくなってしまっていました。 さて、これからどこへ行くのか。 あと探しものといえば、Sanioris Medicinae。
ギャラリー
  • キング『グノーシス主義諸派と古代および中世におけるその名残り』12
  • 『ヒュプネロートマキア』あとがきの絵説き おまけ
  • キング『グノーシス主義諸派と古代および中世におけるその名残り』11
  • 『ヒュプネロートマキア』あとがきの絵説き 20
  • 『ヒュプネロートマキア』あとがきの絵説き 19
  • 『ヒュプネロートマキア』あとがきの絵説き 18
Amazonライブリンク
ピタゴラス派−オルフィックのロゴスへ... 2012年9月、デザインを変えることで、やっと旧メアドを削除できた。
  • ライブドアブログ