日々月々年々思う事

書ける日は必ず書きます。書けない日は必ず書きません。
画像も文章も使いたければ勝手に使ってください。
許可も何も全く要りません

富岡八幡宮 宮司刺殺事件の現場は私の生活圏内

IMG_4009[1]




富岡八幡宮 宮司刺殺事件の現場近く 

通勤で通る事もある場所。
家から歩いて行けるエリアでもあるから、
6時半ごろ通勤途中に見てきた。

IMG_4160[1]




公園自体が警察により封鎖されていた。



まさに生活圏内という場所で、
犯行現場になった所も頻繁に通る。
それ故に驚いてしまった。

IMG_4040[1]




IMG_4035[1]





富岡八幡宮の東側にある、
重要文化財になっている八幡橋と言う鉄橋のすぐ近く。
ちなみに八幡橋はかつて弾正橋と言い、
中央区の楓川に架かっていた。
鉄橋であり、鋼でない所が珍しいのだ。

報道された当初は犯人もわからず、
捕まってもいなかったから、
怖かったけど、
宮司職をめぐるお家騒動とわかってからは、
なーんだという感じで見ていた。

その事件より夜遅くまでヘリがうるさくて、
報道関係の方に頭がきたよ。

昭和は消えた 鈴木パン店は今

2005年に初めて訪れ、衝撃を受けたパン屋があった。
東京都墨田区八広三丁目にあった【鈴木パン店】である。

その時の様子は ここ や ここ に書いてある。

12年前の事を自分のブログで振り返る事ができるのは、
凄い事だなと、本筋とは関係ないけど思ったりした。

地図で示すこの辺り。



こんにゃく稲荷とも呼ばれる三輪里神社のすぐ近く。

鈴木パン店だけでなく、その周辺一帯がTHW昭和な感じで、
歩いているとタイムスリップしたかのような、
そんな感覚になる町だった。
私は東京出身で東京在住だけど、
同じ東京とは言えまるで雰囲気が違うのが面白い。

過去に二度訪れた事がある鈴木パン店周辺が、
今どうなっているのか、突然見たくなり自転車で行ってきた。

私の住んでいる所からは大体1時間位かな。
7キロから8キロくらい。
寄り道しながらだから、2時間以上かかってしまったけど。

三輪里神社にお参りしてから、いざ鈴木パン店のあった所へ!

23844595_1735279566516549_6708257469721317885_n24058907_1735279609849878_4552086755419437248_n






なるほなるほど・・・
建物の雰囲気は残っているけど、店があった所は壁になり、
パン屋だった痕跡は残されていない。
ただ、左隣の壁と、手前の木は昔と変わらず残ってくれていて、
対比するのに良い存在となってくれた。
右に見えていた建物は駐車場になっていたよ。

こんな感じの定点撮影大好き。

最近自転車でうろうろするのが好きで、
何時間も町を散策しているから、
このような機会があったらまたやってみよう。

着ぐるみ着ぐるみって言い過ぎ

ディズニーランドで、
着ぐるみの中の人が労災認定を受けたと言う報道。

メディアの方々が着ぐるみと言うたび、
ヒヤヒヤしてしまうのは私だけではないはずだ。

だって夢の国だよ。
ミッキーやミニーは着ぐるみなんかじゃないんでしょ。

ディズニーランドはこの一連の報道で、
かなりイメージをダウンさせたと思う。

サンタクロースと同じように、
誰もがわかっている事だけど、
暗黙の了解と優しさで理解する世界が崩壊したと言える。

豊橋出張は自転車片道三時間の行程

今回の豊橋出張は滅茶苦茶だったな。

しかし自分には根性があるなとわかったし、
体力・筋力もまだまだ大丈夫と、
改めて認識できたのが良かった。

まず豊橋駅近くの自転車屋で、
1泊2日540円で自転車を借りた。
ロードバイクとかかっこいい自転車ではなくママチャリ。
最初サドルにまたがって、ペダルを踏んだ印象は、
“乗りづらい・・・”だった。
ハンドルの位置が私に合わなかったし、
ギアも3段しかなかったのがきつかった。

IMG_3106







IMG_3272






更に言うと、車ではないから荷物が置けない。
持ってきた大きなカバンをカゴに入れ、
ipadが入ったカバンを肩から提げての走行となった。
これが地味に影響したのだ。
最初は疲れも無いからいいけど、
途中からはカバンの重さが気になってたまらなかった。

行程的には以下の地図の通り。

https://goo.gl/maps/FGZGZG6jQkz (google map)

往路は31キロくらい。
アップダウンがきつ過ぎた。
長く緩やかな坂道が終わって下り坂になったと思ったら、
またもやキツイ坂道が現れ、
下り坂の後にまたキツイ上りがあっての繰り返し。
平坦な道30キロなんて大した事がないけど、
ジワジワ気力を削られていき、
流石の私も坂道の連続に音をあげそうになった。
あげたところで誰も助けてくれないから、
進むしかなかったんだけどね。

気温も高かった。
この日は20度を超えていて、
日差しも強烈で顔が焼けていくのがわかった。
熱中症が怖かったから、水分補給だけはしっかりやった。

更に言うと服装も悪かった。
遊びではなく、出張だから、
ワイシャツネクタイコートと言う姿。
勿論靴も革靴である。

時間も意外と余裕が無かったのだ。
9時半ごろ自転車を借り、13時に31キロ先に行く。
取引先で1時間弱話した後、16時位に2件目に行く。

ほぼ余裕が無いのだ。
休憩している時間なんて少ししかない。
だから私には珍しく途中の撮影画像枚数が少ない。
昨今のお出かけの中では極端に少ない。

まぁでも1件目の取引先では、
かなりの好評で楽しんでもらえた。
東京から来て豊橋駅から自転車できた馬鹿は、
一生忘れられないだろうね。
会社に入って直ぐ犬に噛まれたエピソードもあったから。

帰りは体力より気持ちを維持するのが辛かった。
何せ坂道が多い事がわかっているから、
それをどう乗り切るかだけを考えていた。

歌いながら走る?
休み休み走る?

そんなごまかしでは駄目なのだ。
とにかく休憩を出来る限り少なくし、
1秒でも早く目的地に近づく事が完走の秘訣なのだ。

一番きつかったルートを外し、
違うルートを通った事で少し楽になったけど、
ほんの少しって感じ。

ipadの充電も維持するのが大変だった。
途中地図を何度も確認したりしていたから、
どんどんパーセントが減っていき焦った。
1件目の取引先で少しだけ充電させてもらい、
途中寄ったコンビニのイートインに充電OKの所が有れば
10分くらい充電して誤魔化し誤魔化し進んだ。

最終的には16時半ちょい前に取引先に到着。
距離は28キロちょっとで、走行時間は3時間。
行程は以下の通り。

https://goo.gl/maps/LBBb9oP89c62

往路よりも少し距離が短いのは、
単に豊橋駅まで走っていないから。
駅まで走れば同じくらいの距離。

良く頑張った!
なぜ片道30キロもあるのに自転車を選択したのか、
それを責めるよりも、完走できた自分を褒めたい。
服装も自転車も持ち物も気温も、
全てが長距離向きじゃなかったのに、
時間内に全て終わらせる事が出来たのだから。

流石に次の日は筋肉痛だろうなと思ったら、
意外とそんな事も無く、脹脛の軽い張り位で済み、
2日目もあちこち自転車で走ったからね。

またどこかで自転車出張が出来そうな時はやってみよう。
豊橋でもう一回?うーん・・・流石に辛いかな。
もうちょっと涼しくて、服装を考えたら出来るかも。

あ、そうか!
気軽な服装で自転車に乗り、どこかで着替えればいいのか

これは2度目有るかもしれないよ。

おしまい。

J君誕生日おめでとう

10月31日は世間的にハロウィーンで盛り上がる日。
私は未だハロウィーンが何だかわからず、
世間が騒いでいるのを横目に見ながら、
普段どおりの生活をしている。

そんなどうでも良い事よりも、
中学時代の同級生J君の誕生日である事の方が重要だ。

もう46歳か。

彼は私の人生を語ろうとすると、
絶対に登場する人物である。

先ほども書いたとおり中学時代の同級生であり、
かつては旅仲間・史跡探訪仲間であり、
ミネラルウォーターを一緒に始めた人間でもあるのだ。

お互いの状況により、最近は全く会っていないけど、
別に喧嘩をした訳ではなく、
会っていないからと言って友達ではなくなる訳でもない。
いつか何となく再会の機会がやってきて、
お互いの老けた姿に一瞬愕然とした思いを抱きつつ、
すぐに昔と同じ感覚に戻って話し始めるのだと思う。

お互い独身で旅にばかり行っていた頃は本当に楽しかった。

また遊ぼう。

13年の旅画像を載せるブログを始めた

私がデジカメを使い始めたのは、
どうやら2004年かららしい。

その2004年から2017年まで、
すべて保存してある旅画像の中から、
人の顔が写っていないものを選び、
全て載せていくブログを新たに作った。

今まで撮影してきた旅画像 全公開

時間が無いくせに面倒な事を始めるアホ。
でも過去画像を1枚1枚見るのが楽しい。

過去を振り返り、記憶の強化に繋げられるのも良い。

やる気にならないと全くやらないくせに、
やる気になると異常な位粘り強く続けるから、
きっとこのブログも最後まで続けられると思う。

ただ、始めたブログがgoogleのBloggerで、
ちょっと使いづらい所があるけど、
使っていく内に慣れるでしょ。

10月13日から始めて、10月27日の今日までに128も投稿している。
このペースでいけるなら、意外と早く終わるかもな。
それでも1年くらいかかりそうだけど。

最初の投稿はこちらから


小池さんが希望の代表を辞めるとは思えない

私は小池百合子さんが代表を辞めるとは思えない。

私だったら辞めない。

なぜか?

代表の地位を守りたいためじゃない。
希望で当選したのが旧民進党系ばかりだから。

一応、選挙前の入党条件で、
安全保障関連法の容認・憲法改正への賛同があった訳でしょ。
今希望の党にいる当選議員たちは、
過去どの党にいようが、どのような思想を持っていようが、
それに賛同したという事になる。

つまりその条件を飲んだと言うレッテルを
貼り続けさせる為に代表を降りず、
改めて当選議員達に確認するだろう。
そしてマスコミやネットにその話題を積極的に流すだろう。

賛同できない議員が出たら?

希望の党の所属議員が減ってしまうが、
約束事を守れない人間として、
散々非難をし追い出す形にすると思う。
自分の懐事情は寒いけど、それを見せない強い態度で。

前にも書いたけど、
結局自民党の亜種でしかないと思う。

今回の選挙、自公の大勝 立憲民主の躍進で終わったけど、
面白い動きがあるのは、
むしろこれからのような気がしてならない。

もし、あっさり小池さんが辞めてしまったら。
その時は小池さんの終わりの始まりだと思う。
既に終わりが始まったと言う人もいるけど、
辞めたら確実にそうなる。

リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲んだ

Twitterのトレンドに【リンカーン】が入っていて、
映画か何かかな?と思ったら、
めざましテレビ内 紙兎ロペで、
鬱の書き方の簡単な記憶法をやっていて、
皆が感心したと言う事みたい。

リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲んだ
林+缶+ワ+※+コ(90度回転)+ヒ+三

鬱と言う文字を分解すると上記の書き方ができる。

年号なんかもそうだけど、
うまく考える人がいるね。

ちなみに私はこのような記憶法を好まない。
年号もそうだけど、そのまま憶えた方がいいのだ。

ちなみに、私が紙兎ロペで一番好きな話は、
アキラ先輩が自分が持っているフィギュアを売ろうという事で、
買取の店に行ってみたら、思ったよりもかなり安くて、
文句をブーブー言いながら隣のコンビニへ。
レジ横の募金箱に買い取り金額をそのまま投入。
と言う震災直後の話。

高く買い取ってもらえても、そのまま投入したであろうアキラ先輩は、
口は悪くても優しい。

ソフトバンクホークス 広島東洋カープが優勝

私にとっては、
セリーグ パリーグで応援しているチームが優勝すると言う、
今シーズンは最高の結果だった。

パリーグはダイエー時代からのホークスファン。
セリーグは6〜7年前からのカープファン。

ではホークスとカープが対戦するとしたらどちらを応援する?
その答えはホークスである。

奥さんの実家に行った時、
たまたま交流戦でホークスとカープの試合がやっていて、
その時は完全に互いのチームを応援と言う感じだった。

勿論敵視はしない。
カープだって好きなチームだから。
今レギュラーの名前と顔が一致する球団は、
ホークスとカープだけだし。

日本シリーズはCSを両チームが勝ちあがって、
熱い戦いを繰り広げて欲しい。

おめでとうカープ!
おめでとうホークス!

叔父が亡くなった

2017年8月30日

母方の叔父が亡くなった。
享年79歳。
あと少しで80歳だった。

6人兄弟の長男(上から2番目)で、
末っ子である私の母とは10歳ほど離れている。

祖父の代からの商売を継いで、
とても上手く経営をしていた。

私の本業でも関わりがあり、
取引先でもあった。

私のミネラルウォーター活動の話を聞くと、
いつも“お前は変っているなぁ”と呆れながらも、
面白がってくれていた。

何年か前に癌と診断され手術し、その後復活したけど、
一昨年くらいに再発し、去年からは入院する日も多かった。

今年の春くらいまでは食欲も普通にあり、
ゴルフもあちこち行っていたりしたから、
オリンピックくらいまでは生きるかもな、
などと言っていたのだが、
夏に入って急に状態が悪くなり、
8月初旬には入院生活になってしまった。

先々週までは結構元気だったのだが、
先週日曜日 8月27日にお見舞いした時は、
色々話す事は出来たけど、かなり辛そうだった。
それでも自宅から片道2時間近くかけて自転車でやってきた私に、
“俺はお前になりたいよ”などと冗談を言ってくれていたんだよなぁ・・・

次の日には相当弱って、昨日は意識が無かったそうだ。
そして今日意識が戻らないまま亡くなった。

怒られるかもしれないが、
正直、この先長く苦しむよりは早く・・・と思っていた。

家で死にたいと言っていた願いは叶えてあげたかったなぁ。
あと2日か3日生きていれば戻れたのだが・・・

叔父との思い出は多い。

今の所悲しいと言うよりは寂しい気持ちだ。
近い人が亡くなっても私は直ぐに涙が出るタイプではない。
じわじわ寂しさが募ってくるタイプなのだ。
これから叔父の存在を感じる場所に行く度、
生前の姿を思い出すだろう。

叔父は6人兄弟姉妹だったが、そのうちの3人が既に世にいない。
男ばかり3人がいなくなってしまった。
私の親も含めて残りの3人には楽しく過ごしてほしい。

珍しく夕食の時少しアルコールを飲んだ。
叔父に献杯した。

北朝鮮がミサイルを撃った Jアラートが鳴った

ニュースで盛んに報じられているけど、
北朝鮮がミサイルを撃って、早朝にアラートが鳴った件。

その時には余裕で起きてニュースを何となくみていた。
急に画面内の人達が慌しく動き始め、警報音が鳴った。
地震かと思ったら、北朝鮮のミサイル発射だった。

警戒範囲に東京は入っていなかったけど、
いろいろ考えてみた。

もし東京に撃ち込まれたとする。
イージス艦 PAC3等の防衛ラインをかいくぐって、
中心部に着弾するとしよう。

画面からは避難して下さいって盛んに言っていたけど、
どう考えても警告音が鳴ってからでは地下に逃げられない。
建物の中で窓から離れる位しか対策ができない状態だった。

取り敢えず着ているものはそのままで、
荷物も持たずに激しく逃げたとしても、
私は8階に住んでいて、1階までおりるのに時間がかかる。
階段で2分から3分だろう。

そこから地下のある所(地下鉄)には、
走っても5分以上かかる。
避難する人が多ければ倍以上かかるだろう。

人ごみを掻き分けて地下に逃げ込めるかどうかもわからないし、
人を押しのけてまで助かろうとも思わない。

結論として、諦めた方がいいのでは?と考えた。
大切な人たちが助かる事だけを願って、
自身は心安らかにその時を待つ事にするよ。

カタキは自衛隊と米軍が取ってくれるでしょ。

堀江貴文さんがJアラートの警告に対し、
起こすなよ!と文句を言っていたけど、
私は必要だと考えている。
心構えができるから。
日本人は昔から何でも訓練をし、対処してきた。
空襲に対してもバケツリレーや非難の訓練をし、
天災に対しても同じように臨んできた。

だから何かあった時に冷静でいられる部分もあり、
諸外国に比べ混乱が少なく済む。

Jアラートの警告音を聞き、
改めて脅威が迫っている事を認識し、
家族と集合する場所・避難する場所を確かめるだけでも、
意味があるんじゃないかなと思う今日この頃。

北朝鮮が抗議や言葉でわかってくれるとは到底思えないから、
今後もある程度の覚悟はしておいた方がいいかもしれない。

物騒な世の中になったものだ。

1日楽しむ為だけに自転車を買った 5 最終話

4はこちらから



広島県大竹市黒川の仁田ショップで休憩をした後、
奥さんの実家にちょっと顔を出し、
横川から自転車で来たと言う事をここで告白。

少しだけ話し、次の日お願いしますと言い、
岩国駅に向かった。
あまり長く話していると日が暮れてしまうと思ったからである。

IMG_0825[1]




奥さんの実家から大竹駅までは裏道を、
そこから岩国のホテルまでは2号線を走った。
どうせ次の朝は寄り道しまくりで向かうのだから、
最後くらいスッと行こうと思ったからだ。

IMG_0834[1]





県境である小瀬川に架かる端、栄橋を渡り、
ついに目的の市である岩国市に入った。

岩国までの道も何十回通ったかわからないレベルで、
目印の建物が現れるたび、ここまで来た、ここまで到達したと、
認識できるのが楽だった。
これが初めての所だとそうは行かない。

山陽本線を跨ぐ陸橋を渡り、
立石と言う交差点を過ぎた時は流石にホッとした。
駅前まではもう少し!!

IMG_0846[1]





建設中の駅を過ぎてから、郵便局で荷物を受け取り、
ホテルにチェックイン!!
部屋に入って顔を洗った時み見た自分の顔が、
想像以上に日焼けしていて可笑しかった。
そしてその時、顔以上に手が日焼けしているのを知り、
紫外線の怖さを知った。

何度か疲れを見せた場面はあったけども、
全体で見れば順調で余裕のある自転車旅だった。
また自転車を買う訳には行かないから、
二度と使える手ではないけど、
また自転車で走るのもいいなと思ったりした。

ざっくり地図で距離を計算すると、
46.3kmになった。
休憩等を含めた所要時間は7時間半と言った所。

さて、年末はどのような方法で行こうかな、
まだ時間があるから色々考えてみる。
広島から歩くなどと言う案もあるのだが、
流石に厳しいかな。

おしまい

1に戻る



1日楽しむ為だけに自転車を買った 4

3はこちらから



IMG_0790[1]





大野浦駅付近で一度側道に入り、
ジュンテンドーやビジネスホテルいる家の前を過ぎ、
消防署を横目に見つつ2号線に復帰した。
なぜそんなルートを通ったかと言うと、
以前いる家に宿泊した事があったからだ。
今は一体どうなっているのだろうと、見たくなったのだ。
少なくとも外観は変わっていなかった。
私が泊まった時と同じように古い建物だった。

2号線に復帰した辺りで一度暑にさ負けた。

このまま岩国まで行けるかなぁ・・・と、
唯一弱気になった場所だった。

IMG_0796[1]





しかし、酒屋の前の自販機で炭酸水が売っていて、
それを購入後顔にバババっとふりかけ、
気分が爽快になった後で、グイグイ飲んでみたら、
身体も心もスッとしたではないか!!
劇薬か?!と思えるほど単なる炭酸水が効いた。

ありがとう伊藤園の炭酸水。

復活して直ぐに大変な思いをしたのが海岸沿いの道である。
その辺りは車で何十回も通った事があったけど、
自転車は勿論初めてだったから、走りにくさがわからなかった。

車道横のスペースが狭く、
その時は運良く渋滞していて危険は無かったけど、
ビュンビュン車がスピードを出している状態だったら、
怖かっただろうなと思った。

そんなこんなで左手に海を見ながら進んで行き、
玖波駅付近であちこち寄り道。

IMG_0798[1]





IMG_0799[1]





IMG_0801[1]




港を見たり、営業を停止してしまったサニーOSと言う
スーパーの跡地を見たりした。
サニーOSは駅前で便利な店だったのだが、
なくなってしまうと不便で寂しいものである。
どこかのスーパーが入ってくれると嬉しいけど、
今の所動きは無さそうだ。

IMG_0802[1]





IMG_0811[1]




玖波駅前を通り過ぎ、2号線には復帰せず、
裏道から黒川に入っていく。
いつも付近に行くと必ず寄る、
仁田ショップと言うスーパーで買い物&休憩をした。

5に続く

1日楽しむ為だけに自転車を買った 3

2はこちらから



実行前に地図を見ながらあれこれルートを考えていた時、
商工センターからは2号線を走るのではなく、
なるべく海の方を走りたいと考えていたから、
それを実行した。

IMG_0733[1]





IMG_0729[1]





IMG_0727[1]





いかにも埋立地と言う感じの雰囲気を漂わせる、
新しい建物が多く建つエリアを走り抜け、
広島はつかいち大橋を渡る。
この橋はきつかった・・・
坂自体はそれ程急でもなく何とかなったけど、
頂点部に辿り着くまでが長く、
途中何度か足を突いてしまいそうになりつつも耐え、
達成感と風景を一番高いところで満喫した。

その後ゆめタウン廿日市を過ぎ、
木材港の辺りから2号線に入り、
広島電鉄の阿品東駅周辺で石碑や駅を見学したり、
宮島口駅周辺をうろうろしたりするのを楽しみ、
大野浦駅近くまで到達した。

IMG_0780[1]





途中遠くに宮島 厳島神社の鳥居が見えてテンションがあがった。
長く移動していると小さな事が起爆剤になる。
よっしゃー!!と言う気分になり、
ペダルを踏む足にも力が入った。

旅程もそろそろ終盤である。
日光で受けるダメージも蓄積し、
キツイなと思う場面も出てくるようになった。

4へ続く

1日楽しむ為だけに自転車を買った 2

1はこちらから

広島までの新幹線移動は、
いつもの6時出発の始発で。

驚くほど混んでいた。
後でニュースをみたら、乗車率200%だった。

私は旅をする時に自由席は絶対に嫌だから、
必ず1ヶ月前にネットで席を確保しておく。
だから新幹線に乗る際自分の席がなく、
立って移動するなんて事は無い。

10時前には広島駅に着き、
自転車屋のある横川駅に在来線で移動。
横川駅は広島駅から2つ目。

横川駅から自転車屋は歩いて5分程度。
既に着替え等の荷物は東京から岩国郵便局止めで送っていて、
持っているのはリュック一つだから、移動も楽勝。

自転車に行くと、入り口付近に条件に合致したものがあったから、
1分程度で決め、購入する意思を店員さんに伝えた。
前編にも書いたが、色やデザインはどうでも良かったのだ。

店に入ってすぐに買う人は少ないのだろう。
店員さんは驚いていた。
店内に入り防犯登録の書類に色々記入。
そこでも驚いていた。
東京の人ですか・・・って。
登録の間雑談をしていた時、
岩国まで行くと知り、また驚いていた。
“すごく遠いですよ”って。

10分くらいたった後、走り出せる体制になったから、
店員さんにお礼を言い、ペダルを踏み出した。



横川→寺町→天満町→観音町→草津→商工センターという感じで移動。

IMG_0665[1]





途中天満町で初めて被爆電車が走っているのを見られて感動した。
広島電鉄 650形 653号。
撮影した653号は被爆当時のカラーリング。

IMG_0677[1]





大田川放水路に架かる庚午橋の上で自転車を撮影。
1分で選んだものだったけど、意外と乗り心地が良くて助かった。

走り出した当初は雲があって、
良い具合に日光が遮られていたのだが、
商工センター辺りに辿り着いた頃には晴れ、
容赦の無い太陽光線が浴びさせられ、
その辺りから休憩・水分補給を積極的に意識するようになった。

3へ続く

1日楽しむ為だけに自転車を買った 1



私の奥さんは広島県の人。
広島県大竹市と言う、広島で一番西にある市。
すぐ隣は山口県岩国市。

毎年お盆休みと年末年始休みには必ず帰省についていく。

・・・と言うか何と言うか、
私が奥さんの実家を訪れる回数は、奥さんよりも多い。
念に平均して4・5回位。

単独で奥さんの実家に行くなんて信じられない!
そんな風に言われる事もあるけれど、
私の特性・性格をわかってくれるから快適なのだ。
客扱いされないのが素晴らしい。

そんな奥さんの実家に行く際は、
毎回自分なりに楽しい行き方を考えて実践する。

新幹線や飛行機で短時間の内に到着するのは、
面白く無さ過ぎてイライラするからである。

数年前は仕事が終わってからバイクに跨り、
徹夜で広島まで20時間前後かけて行ったりした。
冬は凍結や積雪等で難しいから、夏に2年連続で実行した。
途中暑さ・大雨・大渋滞に悩まされたりもしたけど、
全体的に見ると実に楽しかった。
3回目も・・・と思ったけど、あまりに危険と言うことで、
各方面からの反対があり断念せざるを得なかった。

バイクの次に思いついたのが青春18きっぷでの岩国行き。
(厳密にはムーンライトながら+青春18きっぷ)
仕事が終わった日の23時位に東京駅から出発する、
ムーンライトながらに乗って大垣まで行き、
そこから何度か在来線を乗り継ぎ、
16時間ちょいかけて岩国駅まで行った。
時間はかかるけどお金はかからず、
ずっと続けられるかなと思ったりしたけど、
乗り換え等で意外と忙しく、ゆっくり駅を見たりできないから、
2回で止めてしまった。

さて、その次は?と考えてみたが、
上記以外の行き方はなかなか思いつかなかった。
車?と思ったけど、渋滞に巻き込まれて時間を無駄にするだろうから、
最初からその考えを排除した。

ならば自転車で広島まで?
と思ったけど、到着まで10日間位かかり、
着くまでに夏休みが終わってしまうから断念。

では広島までおとなしく新幹線で移動し、
現地で自転車を買うのはどうだろうか?
そのアイデアが頭の中に浮かんでから、
あれこれシミュレーションしてみた。
どこで自転車を買ったらいいだろうか?
東京の人間が広島で自転車を買って防犯登録はできるのだろうか?
炎天下の8月、体力は問題ないだろうか?
その全てに答えが出せたから、実行する事にした。

予算2万円程度 変速機付き 27インチ
色やデザインはどうでもいい。
この条件で目をつけた自転車屋にメールで問い合わせをし、
合う物が店にある事と、
お盆休みに突入する8月11日も営業している事を確認した。

東京の人間が広島で自転車を買い、
防犯登録をする事は可能と、
広島県警に電話して確かめ、その問題もクリア。

実は体力的にどうかは問題にしていなかった。
だって普段からあちこち電車で移動し、
駅で自転車を借りて5〜8時間走っている事はザラだから。
水分補給と休憩さえすれば、余裕だとすら考えていた。

そんな感じで条件が整い、
奥さん・奥さんのお姉さん・奥さんのご両親・自分の両親に報告し、
どうせ止めてもやるんでしょ的な、
諦めにも似た雰囲気を漂わせたOKをもらい、
実行と相成った。

2へ続く



中山式で無事帰ったと言う安心感を得られる

旅をする事が多い。
あちこち回って東京に帰って来る時、
見慣れた景色を見ると安心する事が皆にもあるだろう。

IMG_1339[1]





新幹線で各地から戻った時、
私が“あぁ帰ってきたなぁ”と実感するのが、
東京駅八重洲口前にある中山式の看板である。

私は東京駅周辺地域と言ってもいい、
日本橋地区で育っていて、
東京駅は徒歩圏内・・・と言うと無理があるけど、
(それでも20分くらいの距離)
自転車なら余裕と言う環境にいたから、
駅周辺は小さな頃から馴染みの場所だった。

ただ最近は再開発が進んでいて、
昔の風景が一変し、訳がわからなくなってしまっているけど。

そんな一変した風景の中で変わらないのが中山式なのだ。

他にヤンマーのビルも同じような存在だけど、
中山式は八重洲中央口から出て正面にあるから、
視界に入って来易いんだよね。

こう言う存在はいつまでも残っていてほしいな。

再開発の名の下に行われる、
最近の急激過ぎる町の変化についていけなくなっていて、
昔からあるものを楽しむようになった。

行動は昔と同じようにアクティブだけど、
心が年を取ったのかね。

鈴木俊一五輪相 民進党 山尾志桜里と同類になる

鈴木五輪相が3年間のガソリン経費を1400万円計上。

岩手県は広いから、
7人を使って1人1日300km位走るからと言い訳。

概算になるけど計算してみたよ。

1400万円÷3年=4666666円 1年あたりのガソリン代
4666666円÷7人=666666円 1人の1年あたり使ったガソリン代
666666円÷30日=22222円 1人の1日あたり使ったガソリン代
22222÷125円=177L 1人の1日あたり消費したガソリン量
177×7km=1239km 1人あたりの移動距離

30日稼動 ガソリン価格125円/L 燃費7km/L等、
かなり甘くしている部分があるけど、
平均すると1日1239kmも走る計算になるよ。
もしかしたら事務所の車の燃費が1km/Lかもしれない。
そうなると177kmで鈴木氏が説明しているとおりになる。
あくまで30日稼動という激務だけど。
これ25日や20日稼動にすると、さらに距離数が伸びる。

有り得ないでしょ。

計算間違ってる?

ぜひ民進党の山尾氏に追求してもらいたい。
徹底的に。

きっと他にもこんな事をしている政治家沢山いると思うよ。
与党野党関係なく。

セブンイレブン 味付き半熟ゆでたまご 赤玉

IMG_0281[1]






IMG_0282[1]






IMG_0285[1]






何これ?初めて見た。

セブンイレブンに行く事は意外と多いけど、
赤玉のゆで卵なんてあったっけな・・・
東京周辺では見た事がない。
手に入れたのが兵庫県福崎町だから、
もしかしたら西日本限定?関西限定?

全然お腹は空いていなかったけど、
カゴに入れずにはいられなかった。


味は別に赤玉だからと言って
変わりゃしないけど、

なんだか特別な気分になった。
優しい気持ち。


赤玉って言ったら、
赤玉パンチしか思い浮かばないよ。


旅って面白い。
このような小さな発見ひとつで大きく楽しめる。

山口連続殺人放火事件

2013年7月21日に起こった、
山口県周南市金峰地区の殺人放火事件の事を、
久し振りにネットで偶然読む事になった。

濃密な人間関係と、独特の風習があり、
正直犯人の心理が理解しづらい事件だった。

事件後の村人インタビューで村人が言っている事も、
“え?何それ?加害者が悪いのは勿論だけど村人も悪いじゃん”
って思ってしまうレベルだったし。

あぁ、こんな事を書きたかった訳ではないのだ。



書きたかったのは、今でもストリートビューで加害者の家が見られ、
有名になったか【つけびして 煙り喜ぶ 田舎者】の文字もはっきり読める事。
ストリートビューの撮影時期が2013年の5月で、
事件の2ヶ月前だという事である。

それを知った上でストリートビューを見ると少し怖い。

更に書くと、出張でよく山口県下関市豊北町から、
岩国市へ移動する事があり、
毎回ではないけど、意外と近くを通っている事がわかった。

今度機会があったら通ってみようかな。

悪趣味かな?

  
訪問ありがとうございます
アーカイブ
私について
大まかに分けてみた
コメントありがとう
TBありがとう
カウンター設置してみた
にほんブログ村 ニュースブログへ
 
Ito Yoshihisa

バナーを作成
  • ライブドアブログ