日々月々年々思う事

書ける日は必ず書きます。書けない日は必ず書きません。
画像も文章も使いたければ勝手に使ってください。
許可も何も全く要りません

広島県大竹市で確認してきたかった事

何気なく戦後すぐの航空写真を見ていた所、
広島県大竹市のよく知っている場所が、
実は昔からの名残である事に気づいた。

ここはなぜこのように曲がっているのだろう?
埋立地で住宅街なのに・・・と不思議だったのだ。

06052




ミジンコのような形をした、
昔からの残る地区が、航空写真だとよくわかる。

21520909090




今も残る堀のような水路のような部分は、
2018年も残っていて、
改めて見てみると感動する。

IMG_6493




私はこのように、昔の画像等と同じ場所に行き、
確認する事が大好きなのだ。

1枚目は1947年 昭和22年
2枚目は2018年 平成30年
3枚目は1枚目と2枚目の赤丸辺りで、

航空写真の上の方に向いて撮影。
堀だか水路だかのカーブがよくわかる。

多分J君だろう ありがとう

受け取った。

実家の方に行ってしまっていたから、
受け取るのが遅くなってしまったが、
本当にありがとう。

黄身と白身を分けて食べられる男になったよ。

セクハラについて

知らず知らずの内にセクハラ発言したら悪いから、
自分はあまり親しくない人と話すのをやめた方がいいと思ってしまう。

休みの日は馬鹿みたいに1人で歩いてウロウロしたり、
ミネラルウォーター探している位だし、
知っている人以外とも会わないし、
セクハラ発言する機会すら無いとも言えるけど。

元々人の事をあれこれ聞かない人間だ。

でもね、それは礼儀正しいからじゃない。
セクハラ発言をしないよう気をつけているからじゃない。
致命的に他人への関心が薄いからなのだ。
人がどうだろうがどうでも良いと思っているからなのだ。

そもそも、親しい間柄でも、
“結婚まだしないの?”とか“子供まだなの?”なんて聞かない。
エロい系の発言もしないよ。

別に格好付けている訳じゃない。
礼儀正しい訳でもない。
セクハラ発言を気をつけている訳でもない。
繰り返しになるけど、そんなのどうでもいいのだ。
どうでもいいから聞かないだけ。

そんな人間もいる。

グーグルマップ ローカルガイド活動が楽しい!

以前も書いたが、googlemapのローカルガイドになっている。

簡単に説明すると、グーグルマップに画像や情報を書き込んで、
皆で地図情報を充実させて行きましょ!と言うシステム。

わずかな見返りがあるだけで、
基本的にはボランティアと考えていいと思う。

画像投稿 口コミ投稿 間違った情報の修正
新たな情報の入力等できる事は意外と多い。
それぞれに得られるポイントがあり、
ポイントが累積するとレベルが上がっていく。

情報の修正には一応審査が入るが、
画像や口コミの投稿は無審査だ。
もちろん問題があるものがあれば削除されるし、
他のローカルガイドによる通報もあり、
ローカルガイド資格剥奪される事もあるみたいだ。

dgahnnara





何かする毎に5ポイント位得られる訳だが、
トップレベルの10に到達する為には100000ポイント必要。
5ポイントずつ画像投稿や修正を20000回もしなければならない。
かなりハードルが高い。
1つ手前のレベル9でも50000ポイントだ。
レベル9から急激に難易度が高くなるのだ。

gahnjhjjjnaes





コツコツやっていればそのうちレベル10にはなるだろうが、
毎日50ポイント程度だったとすると、2000日かかるのだ。
5年以上も毎日できる訳がない。
もっともっとポイントを稼がなければ、
レベル10は難しいだろう。

飽きと言う最大の魔物が潜んでいる訳だし。

ちなみに私は今レベル9.
レベル10がやっと見えてきたという感じ。
恐らく10にはなる事ができる。

私の場合旅が多く、元々撮影癖があるから、
行く所行く所を記録している。
画像でかなりポイントを稼いでいるのだ。
今まで投稿した枚数は8000以上。
(1つの場所に複数枚登録可能)
それだけでも40000ポイント稼いでいるから、
やはり画像はレベル10到達の重要条件でもある。

秘訣はとにかく休まない事。
毎日毎日何らかの投稿をし続ける事。
それしかない。

私はミネラルウォーター探し・神社めぐり・史跡めぐり・食べ歩きが趣味で、
ローカルガイド活動には最適。
私のためにあるサービスかと思う位。
地図を見ているのも大好きだし。

これからもどんどん情報を地図に入れていく。



年明け早々風邪を引いた

私は殆ど風邪を引くことがない。
体調を崩すことも少ない。

だから風邪を引いて驚いた。

年末年始は広島県・山口県に滞在したんだけど、
ちょっと無茶しすぎた。
そして寒さを舐め過ぎていた。

12月29日 東京から新幹線で大人しく広島駅まで行った。
広島駅から在来線に乗り換え宮島口前駅まで移動。
そこから広島県大竹市にある奥さんの実家まで6時間歩いた。
国道2号線を歩き、寄り道しなければ3時間ちょいの距離なんだけど、
寄り道しまくり&脇道入りまくりだからね。
ものすごく楽しかった。

その後奥さん実家で夏に買った自転車に乗り、
山口県の岩国駅まで自転車で1時間強。
まっすぐ行けば40分くらいで着くのに、
馬鹿だから空が暗くなるまでフラフラしていた。

更に次の日の夜、徹夜で広島県三次駅に向かい、
始発(朝5時38分)の三江線に乗り、
宇都井駅駅まで行き、折り返してきた。
2018年3月に三江線が廃止されると言うことで、
一度は乗ってみたかったのだ。
そして宇都井駅に一度おりてみたかったのだ。

お付き合い頂いたのは奥さんのお姉さん。
つまり義姉。
こう言う旅に付き合ってくれるのが嬉しい。

宇都井駅と周辺には何もなく、
自動販売機すらない状態で1時間以上2人で寒さに震えていた。

風の原因は恐らく、6時間の歩きによる疲労と、
宇都井駅での寒さが原因だと思う。
その次の日から何となくおかしいなという状態だったけど、
食欲もあったし大丈夫かなと油断していたら、
東京に戻る日(1月2日)に一番キツイ状態になった。

熱自体はすぐにひいたけど、
私は風邪を引くと気管支をやられるから、
咳が長引いたな。

疲労はともかく、寒さを舐めないようにしよう。
寒い所に長時間行く時はそれなりの服装をする。
46歳にして改めて自分に誓う。

・・・すぐに忘れそうだけど。

義理の実家に行く事

義理の実家に行く事は、男でも女でも面倒に感じる、
そのような記事を読んだ。

やはり世間はそんな感じなのか。

私は結婚する前、相手の両親や姉がどのような人なのか、
しっかり見てから決断したから、
はっきり言って義理両親宅に行くのは嫌いじゃない。
むしろ楽しみと言ってもいい。

ちなみに結婚相手が好きでも、
その両親と合わないと感じたら、結婚はしなかった。
私はそう言う所はかなり現実的で感情に流されない。

現在の状況はと言うと・・・

奥さんが年に2回必ず帰省する(夏・冬)。
帰省させるのは私の義務だと思っている。
東京と言う遠い所に連れてきてしまったと言う事は、
この先何度会う事ができるかわからない状況。
最低でも年2回は帰省させないと、両親に申し訳ないから。
幸いにして今の所そのような状況にはないけど、
帰省のお金がきつい・・・という状況になっても、
奥さんだけは必ず帰すようにしたい。

私の方はなんと奥さんより義理の実家に行く回数が多い。
年に4回〜5回は訪れている。
夏冬の2回と、出張で山口方面に行った時である。
下関で仕事をする事が年に何回かあり、
その時は無理やり岩国まで移動して宿泊するのだ。
岩国から実家までは車で15分程度だから、
夜食だけでもと顔を出すのである。

相手の両親は私の事をしっかり把握してくれていて快適。
お酒を強要されることもないし、
あれこれしろ!!と言われる事もない。
だから年に何度も行く事が嫌ではないのだ。

お義母さんの料理美味しいし。

恐らくこれからも同じようなペースで訪れるだろう。
嫌々ではなく、むしろ積極的に。

そうそう、奥さん側の事ばかりではなく、
こちら側の事も書かなければ。

こっちの方の両親とは月1回〜1ヵ月半に1度くらいのペースで、
買い物・食事を共にしている。
その他は特に無い。
私も私の両親も家は近くても濃密に関わるのは面倒と考えるから、
そんなもんでいいと思う。
月に何回も会うのは私が面倒だし。

皆さんはどんな感じですか?

富岡八幡宮 宮司刺殺事件の現場は私の生活圏内

IMG_4009[1]




富岡八幡宮 宮司刺殺事件の現場近く 

通勤で通る事もある場所。
家から歩いて行けるエリアでもあるから、
6時半ごろ通勤途中に見てきた。

IMG_4160[1]




公園自体が警察により封鎖されていた。



まさに生活圏内という場所で、
犯行現場になった所も頻繁に通る。
それ故に驚いてしまった。

IMG_4040[1]




IMG_4035[1]





富岡八幡宮の東側にある、
重要文化財になっている八幡橋と言う鉄橋のすぐ近く。
ちなみに八幡橋はかつて弾正橋と言い、
中央区の楓川に架かっていた。
鉄橋であり、鋼でない所が珍しいのだ。

報道された当初は犯人もわからず、
捕まってもいなかったから、
怖かったけど、
宮司職をめぐるお家騒動とわかってからは、
なーんだという感じで見ていた。

その事件より夜遅くまでヘリがうるさくて、
報道関係の方に頭がきたよ。

昭和は消えた 鈴木パン店は今

2005年に初めて訪れ、衝撃を受けたパン屋があった。
東京都墨田区八広三丁目にあった【鈴木パン店】である。

その時の様子は ここ や ここ に書いてある。

12年前の事を自分のブログで振り返る事ができるのは、
凄い事だなと、本筋とは関係ないけど思ったりした。

地図で示すこの辺り。



こんにゃく稲荷とも呼ばれる三輪里神社のすぐ近く。

鈴木パン店だけでなく、その周辺一帯がTHW昭和な感じで、
歩いているとタイムスリップしたかのような、
そんな感覚になる町だった。
私は東京出身で東京在住だけど、
同じ東京とは言えまるで雰囲気が違うのが面白い。

過去に二度訪れた事がある鈴木パン店周辺が、
今どうなっているのか、突然見たくなり自転車で行ってきた。

私の住んでいる所からは大体1時間位かな。
7キロから8キロくらい。
寄り道しながらだから、2時間以上かかってしまったけど。

三輪里神社にお参りしてから、いざ鈴木パン店のあった所へ!

23844595_1735279566516549_6708257469721317885_n24058907_1735279609849878_4552086755419437248_n






なるほなるほど・・・
建物の雰囲気は残っているけど、店があった所は壁になり、
パン屋だった痕跡は残されていない。
ただ、左隣の壁と、手前の木は昔と変わらず残ってくれていて、
対比するのに良い存在となってくれた。
右に見えていた建物は駐車場になっていたよ。

こんな感じの定点撮影大好き。

最近自転車でうろうろするのが好きで、
何時間も町を散策しているから、
このような機会があったらまたやってみよう。

着ぐるみ着ぐるみって言い過ぎ

ディズニーランドで、
着ぐるみの中の人が労災認定を受けたと言う報道。

メディアの方々が着ぐるみと言うたび、
ヒヤヒヤしてしまうのは私だけではないはずだ。

だって夢の国だよ。
ミッキーやミニーは着ぐるみなんかじゃないんでしょ。

ディズニーランドはこの一連の報道で、
かなりイメージをダウンさせたと思う。

サンタクロースと同じように、
誰もがわかっている事だけど、
暗黙の了解と優しさで理解する世界が崩壊したと言える。

豊橋出張は自転車片道三時間の行程

今回の豊橋出張は滅茶苦茶だったな。

しかし自分には根性があるなとわかったし、
体力・筋力もまだまだ大丈夫と、
改めて認識できたのが良かった。

まず豊橋駅近くの自転車屋で、
1泊2日540円で自転車を借りた。
ロードバイクとかかっこいい自転車ではなくママチャリ。
最初サドルにまたがって、ペダルを踏んだ印象は、
“乗りづらい・・・”だった。
ハンドルの位置が私に合わなかったし、
ギアも3段しかなかったのがきつかった。

IMG_3106







IMG_3272






更に言うと、車ではないから荷物が置けない。
持ってきた大きなカバンをカゴに入れ、
ipadが入ったカバンを肩から提げての走行となった。
これが地味に影響したのだ。
最初は疲れも無いからいいけど、
途中からはカバンの重さが気になってたまらなかった。

行程的には以下の地図の通り。

https://goo.gl/maps/FGZGZG6jQkz (google map)

往路は31キロくらい。
アップダウンがきつ過ぎた。
長く緩やかな坂道が終わって下り坂になったと思ったら、
またもやキツイ坂道が現れ、
下り坂の後にまたキツイ上りがあっての繰り返し。
平坦な道30キロなんて大した事がないけど、
ジワジワ気力を削られていき、
流石の私も坂道の連続に音をあげそうになった。
あげたところで誰も助けてくれないから、
進むしかなかったんだけどね。

気温も高かった。
この日は20度を超えていて、
日差しも強烈で顔が焼けていくのがわかった。
熱中症が怖かったから、水分補給だけはしっかりやった。

更に言うと服装も悪かった。
遊びではなく、出張だから、
ワイシャツネクタイコートと言う姿。
勿論靴も革靴である。

時間も意外と余裕が無かったのだ。
9時半ごろ自転車を借り、13時に31キロ先に行く。
取引先で1時間弱話した後、16時位に2件目に行く。

ほぼ余裕が無いのだ。
休憩している時間なんて少ししかない。
だから私には珍しく途中の撮影画像枚数が少ない。
昨今のお出かけの中では極端に少ない。

まぁでも1件目の取引先では、
かなりの好評で楽しんでもらえた。
東京から来て豊橋駅から自転車できた馬鹿は、
一生忘れられないだろうね。
会社に入って直ぐ犬に噛まれたエピソードもあったから。

帰りは体力より気持ちを維持するのが辛かった。
何せ坂道が多い事がわかっているから、
それをどう乗り切るかだけを考えていた。

歌いながら走る?
休み休み走る?

そんなごまかしでは駄目なのだ。
とにかく休憩を出来る限り少なくし、
1秒でも早く目的地に近づく事が完走の秘訣なのだ。

一番きつかったルートを外し、
違うルートを通った事で少し楽になったけど、
ほんの少しって感じ。

ipadの充電も維持するのが大変だった。
途中地図を何度も確認したりしていたから、
どんどんパーセントが減っていき焦った。
1件目の取引先で少しだけ充電させてもらい、
途中寄ったコンビニのイートインに充電OKの所が有れば
10分くらい充電して誤魔化し誤魔化し進んだ。

最終的には16時半ちょい前に取引先に到着。
距離は28キロちょっとで、走行時間は3時間。
行程は以下の通り。

https://goo.gl/maps/LBBb9oP89c62

往路よりも少し距離が短いのは、
単に豊橋駅まで走っていないから。
駅まで走れば同じくらいの距離。

良く頑張った!
なぜ片道30キロもあるのに自転車を選択したのか、
それを責めるよりも、完走できた自分を褒めたい。
服装も自転車も持ち物も気温も、
全てが長距離向きじゃなかったのに、
時間内に全て終わらせる事が出来たのだから。

流石に次の日は筋肉痛だろうなと思ったら、
意外とそんな事も無く、脹脛の軽い張り位で済み、
2日目もあちこち自転車で走ったからね。

またどこかで自転車出張が出来そうな時はやってみよう。
豊橋でもう一回?うーん・・・流石に辛いかな。
もうちょっと涼しくて、服装を考えたら出来るかも。

あ、そうか!
気軽な服装で自転車に乗り、どこかで着替えればいいのか

これは2度目有るかもしれないよ。

おしまい。

J君誕生日おめでとう

10月31日は世間的にハロウィーンで盛り上がる日。
私は未だハロウィーンが何だかわからず、
世間が騒いでいるのを横目に見ながら、
普段どおりの生活をしている。

そんなどうでも良い事よりも、
中学時代の同級生J君の誕生日である事の方が重要だ。

もう46歳か。

彼は私の人生を語ろうとすると、
絶対に登場する人物である。

先ほども書いたとおり中学時代の同級生であり、
かつては旅仲間・史跡探訪仲間であり、
ミネラルウォーターを一緒に始めた人間でもあるのだ。

お互いの状況により、最近は全く会っていないけど、
別に喧嘩をした訳ではなく、
会っていないからと言って友達ではなくなる訳でもない。
いつか何となく再会の機会がやってきて、
お互いの老けた姿に一瞬愕然とした思いを抱きつつ、
すぐに昔と同じ感覚に戻って話し始めるのだと思う。

お互い独身で旅にばかり行っていた頃は本当に楽しかった。

また遊ぼう。

13年の旅画像を載せるブログを始めた

私がデジカメを使い始めたのは、
どうやら2004年かららしい。

その2004年から2017年まで、
すべて保存してある旅画像の中から、
人の顔が写っていないものを選び、
全て載せていくブログを新たに作った。

今まで撮影してきた旅画像 全公開

時間が無いくせに面倒な事を始めるアホ。
でも過去画像を1枚1枚見るのが楽しい。

過去を振り返り、記憶の強化に繋げられるのも良い。

やる気にならないと全くやらないくせに、
やる気になると異常な位粘り強く続けるから、
きっとこのブログも最後まで続けられると思う。

ただ、始めたブログがgoogleのBloggerで、
ちょっと使いづらい所があるけど、
使っていく内に慣れるでしょ。

10月13日から始めて、10月27日の今日までに128も投稿している。
このペースでいけるなら、意外と早く終わるかもな。
それでも1年くらいかかりそうだけど。

最初の投稿はこちらから


小池さんが希望の代表を辞めるとは思えない

私は小池百合子さんが代表を辞めるとは思えない。

私だったら辞めない。

なぜか?

代表の地位を守りたいためじゃない。
希望で当選したのが旧民進党系ばかりだから。

一応、選挙前の入党条件で、
安全保障関連法の容認・憲法改正への賛同があった訳でしょ。
今希望の党にいる当選議員たちは、
過去どの党にいようが、どのような思想を持っていようが、
それに賛同したという事になる。

つまりその条件を飲んだと言うレッテルを
貼り続けさせる為に代表を降りず、
改めて当選議員達に確認するだろう。
そしてマスコミやネットにその話題を積極的に流すだろう。

賛同できない議員が出たら?

希望の党の所属議員が減ってしまうが、
約束事を守れない人間として、
散々非難をし追い出す形にすると思う。
自分の懐事情は寒いけど、それを見せない強い態度で。

前にも書いたけど、
結局自民党の亜種でしかないと思う。

今回の選挙、自公の大勝 立憲民主の躍進で終わったけど、
面白い動きがあるのは、
むしろこれからのような気がしてならない。

もし、あっさり小池さんが辞めてしまったら。
その時は小池さんの終わりの始まりだと思う。
既に終わりが始まったと言う人もいるけど、
辞めたら確実にそうなる。

リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲んだ

Twitterのトレンドに【リンカーン】が入っていて、
映画か何かかな?と思ったら、
めざましテレビ内 紙兎ロペで、
鬱の書き方の簡単な記憶法をやっていて、
皆が感心したと言う事みたい。

リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲んだ
林+缶+ワ+※+コ(90度回転)+ヒ+三

鬱と言う文字を分解すると上記の書き方ができる。

年号なんかもそうだけど、
うまく考える人がいるね。

ちなみに私はこのような記憶法を好まない。
年号もそうだけど、そのまま憶えた方がいいのだ。

ちなみに、私が紙兎ロペで一番好きな話は、
アキラ先輩が自分が持っているフィギュアを売ろうという事で、
買取の店に行ってみたら、思ったよりもかなり安くて、
文句をブーブー言いながら隣のコンビニへ。
レジ横の募金箱に買い取り金額をそのまま投入。
と言う震災直後の話。

高く買い取ってもらえても、そのまま投入したであろうアキラ先輩は、
口は悪くても優しい。

ソフトバンクホークス 広島東洋カープが優勝

私にとっては、
セリーグ パリーグで応援しているチームが優勝すると言う、
今シーズンは最高の結果だった。

パリーグはダイエー時代からのホークスファン。
セリーグは6〜7年前からのカープファン。

ではホークスとカープが対戦するとしたらどちらを応援する?
その答えはホークスである。

奥さんの実家に行った時、
たまたま交流戦でホークスとカープの試合がやっていて、
その時は完全に互いのチームを応援と言う感じだった。

勿論敵視はしない。
カープだって好きなチームだから。
今レギュラーの名前と顔が一致する球団は、
ホークスとカープだけだし。

日本シリーズはCSを両チームが勝ちあがって、
熱い戦いを繰り広げて欲しい。

おめでとうカープ!
おめでとうホークス!

叔父が亡くなった

2017年8月30日

母方の叔父が亡くなった。
享年79歳。
あと少しで80歳だった。

6人兄弟の長男(上から2番目)で、
末っ子である私の母とは10歳ほど離れている。

祖父の代からの商売を継いで、
とても上手く経営をしていた。

私の本業でも関わりがあり、
取引先でもあった。

私のミネラルウォーター活動の話を聞くと、
いつも“お前は変っているなぁ”と呆れながらも、
面白がってくれていた。

何年か前に癌と診断され手術し、その後復活したけど、
一昨年くらいに再発し、去年からは入院する日も多かった。

今年の春くらいまでは食欲も普通にあり、
ゴルフもあちこち行っていたりしたから、
オリンピックくらいまでは生きるかもな、
などと言っていたのだが、
夏に入って急に状態が悪くなり、
8月初旬には入院生活になってしまった。

先々週までは結構元気だったのだが、
先週日曜日 8月27日にお見舞いした時は、
色々話す事は出来たけど、かなり辛そうだった。
それでも自宅から片道2時間近くかけて自転車でやってきた私に、
“俺はお前になりたいよ”などと冗談を言ってくれていたんだよなぁ・・・

次の日には相当弱って、昨日は意識が無かったそうだ。
そして今日意識が戻らないまま亡くなった。

怒られるかもしれないが、
正直、この先長く苦しむよりは早く・・・と思っていた。

家で死にたいと言っていた願いは叶えてあげたかったなぁ。
あと2日か3日生きていれば戻れたのだが・・・

叔父との思い出は多い。

今の所悲しいと言うよりは寂しい気持ちだ。
近い人が亡くなっても私は直ぐに涙が出るタイプではない。
じわじわ寂しさが募ってくるタイプなのだ。
これから叔父の存在を感じる場所に行く度、
生前の姿を思い出すだろう。

叔父は6人兄弟姉妹だったが、そのうちの3人が既に世にいない。
男ばかり3人がいなくなってしまった。
私の親も含めて残りの3人には楽しく過ごしてほしい。

珍しく夕食の時少しアルコールを飲んだ。
叔父に献杯した。

北朝鮮がミサイルを撃った Jアラートが鳴った

ニュースで盛んに報じられているけど、
北朝鮮がミサイルを撃って、早朝にアラートが鳴った件。

その時には余裕で起きてニュースを何となくみていた。
急に画面内の人達が慌しく動き始め、警報音が鳴った。
地震かと思ったら、北朝鮮のミサイル発射だった。

警戒範囲に東京は入っていなかったけど、
いろいろ考えてみた。

もし東京に撃ち込まれたとする。
イージス艦 PAC3等の防衛ラインをかいくぐって、
中心部に着弾するとしよう。

画面からは避難して下さいって盛んに言っていたけど、
どう考えても警告音が鳴ってからでは地下に逃げられない。
建物の中で窓から離れる位しか対策ができない状態だった。

取り敢えず着ているものはそのままで、
荷物も持たずに激しく逃げたとしても、
私は8階に住んでいて、1階までおりるのに時間がかかる。
階段で2分から3分だろう。

そこから地下のある所(地下鉄)には、
走っても5分以上かかる。
避難する人が多ければ倍以上かかるだろう。

人ごみを掻き分けて地下に逃げ込めるかどうかもわからないし、
人を押しのけてまで助かろうとも思わない。

結論として、諦めた方がいいのでは?と考えた。
大切な人たちが助かる事だけを願って、
自身は心安らかにその時を待つ事にするよ。

カタキは自衛隊と米軍が取ってくれるでしょ。

堀江貴文さんがJアラートの警告に対し、
起こすなよ!と文句を言っていたけど、
私は必要だと考えている。
心構えができるから。
日本人は昔から何でも訓練をし、対処してきた。
空襲に対してもバケツリレーや非難の訓練をし、
天災に対しても同じように臨んできた。

だから何かあった時に冷静でいられる部分もあり、
諸外国に比べ混乱が少なく済む。

Jアラートの警告音を聞き、
改めて脅威が迫っている事を認識し、
家族と集合する場所・避難する場所を確かめるだけでも、
意味があるんじゃないかなと思う今日この頃。

北朝鮮が抗議や言葉でわかってくれるとは到底思えないから、
今後もある程度の覚悟はしておいた方がいいかもしれない。

物騒な世の中になったものだ。

1日楽しむ為だけに自転車を買った 5 最終話

4はこちらから



広島県大竹市黒川の仁田ショップで休憩をした後、
奥さんの実家にちょっと顔を出し、
横川から自転車で来たと言う事をここで告白。

少しだけ話し、次の日お願いしますと言い、
岩国駅に向かった。
あまり長く話していると日が暮れてしまうと思ったからである。

IMG_0825[1]




奥さんの実家から大竹駅までは裏道を、
そこから岩国のホテルまでは2号線を走った。
どうせ次の朝は寄り道しまくりで向かうのだから、
最後くらいスッと行こうと思ったからだ。

IMG_0834[1]





県境である小瀬川に架かる端、栄橋を渡り、
ついに目的の市である岩国市に入った。

岩国までの道も何十回通ったかわからないレベルで、
目印の建物が現れるたび、ここまで来た、ここまで到達したと、
認識できるのが楽だった。
これが初めての所だとそうは行かない。

山陽本線を跨ぐ陸橋を渡り、
立石と言う交差点を過ぎた時は流石にホッとした。
駅前まではもう少し!!

IMG_0846[1]





建設中の駅を過ぎてから、郵便局で荷物を受け取り、
ホテルにチェックイン!!
部屋に入って顔を洗った時み見た自分の顔が、
想像以上に日焼けしていて可笑しかった。
そしてその時、顔以上に手が日焼けしているのを知り、
紫外線の怖さを知った。

何度か疲れを見せた場面はあったけども、
全体で見れば順調で余裕のある自転車旅だった。
また自転車を買う訳には行かないから、
二度と使える手ではないけど、
また自転車で走るのもいいなと思ったりした。

ざっくり地図で距離を計算すると、
46.3kmになった。
休憩等を含めた所要時間は7時間半と言った所。

さて、年末はどのような方法で行こうかな、
まだ時間があるから色々考えてみる。
広島から歩くなどと言う案もあるのだが、
流石に厳しいかな。

おしまい

1に戻る



1日楽しむ為だけに自転車を買った 4

3はこちらから



IMG_0790[1]





大野浦駅付近で一度側道に入り、
ジュンテンドーやビジネスホテルいる家の前を過ぎ、
消防署を横目に見つつ2号線に復帰した。
なぜそんなルートを通ったかと言うと、
以前いる家に宿泊した事があったからだ。
今は一体どうなっているのだろうと、見たくなったのだ。
少なくとも外観は変わっていなかった。
私が泊まった時と同じように古い建物だった。

2号線に復帰した辺りで一度暑にさ負けた。

このまま岩国まで行けるかなぁ・・・と、
唯一弱気になった場所だった。

IMG_0796[1]





しかし、酒屋の前の自販機で炭酸水が売っていて、
それを購入後顔にバババっとふりかけ、
気分が爽快になった後で、グイグイ飲んでみたら、
身体も心もスッとしたではないか!!
劇薬か?!と思えるほど単なる炭酸水が効いた。

ありがとう伊藤園の炭酸水。

復活して直ぐに大変な思いをしたのが海岸沿いの道である。
その辺りは車で何十回も通った事があったけど、
自転車は勿論初めてだったから、走りにくさがわからなかった。

車道横のスペースが狭く、
その時は運良く渋滞していて危険は無かったけど、
ビュンビュン車がスピードを出している状態だったら、
怖かっただろうなと思った。

そんなこんなで左手に海を見ながら進んで行き、
玖波駅付近であちこち寄り道。

IMG_0798[1]





IMG_0799[1]





IMG_0801[1]




港を見たり、営業を停止してしまったサニーOSと言う
スーパーの跡地を見たりした。
サニーOSは駅前で便利な店だったのだが、
なくなってしまうと不便で寂しいものである。
どこかのスーパーが入ってくれると嬉しいけど、
今の所動きは無さそうだ。

IMG_0802[1]





IMG_0811[1]




玖波駅前を通り過ぎ、2号線には復帰せず、
裏道から黒川に入っていく。
いつも付近に行くと必ず寄る、
仁田ショップと言うスーパーで買い物&休憩をした。

5に続く

1日楽しむ為だけに自転車を買った 3

2はこちらから



実行前に地図を見ながらあれこれルートを考えていた時、
商工センターからは2号線を走るのではなく、
なるべく海の方を走りたいと考えていたから、
それを実行した。

IMG_0733[1]





IMG_0729[1]





IMG_0727[1]





いかにも埋立地と言う感じの雰囲気を漂わせる、
新しい建物が多く建つエリアを走り抜け、
広島はつかいち大橋を渡る。
この橋はきつかった・・・
坂自体はそれ程急でもなく何とかなったけど、
頂点部に辿り着くまでが長く、
途中何度か足を突いてしまいそうになりつつも耐え、
達成感と風景を一番高いところで満喫した。

その後ゆめタウン廿日市を過ぎ、
木材港の辺りから2号線に入り、
広島電鉄の阿品東駅周辺で石碑や駅を見学したり、
宮島口駅周辺をうろうろしたりするのを楽しみ、
大野浦駅近くまで到達した。

IMG_0780[1]





途中遠くに宮島 厳島神社の鳥居が見えてテンションがあがった。
長く移動していると小さな事が起爆剤になる。
よっしゃー!!と言う気分になり、
ペダルを踏む足にも力が入った。

旅程もそろそろ終盤である。
日光で受けるダメージも蓄積し、
キツイなと思う場面も出てくるようになった。

4へ続く
  
訪問ありがとうございます
アーカイブ
私について

yooo

大まかに分けてみた
コメントありがとう
TBありがとう
カウンター設置してみた
にほんブログ村 ニュースブログへ
 
Ito Yoshihisa

バナーを作成
  • ライブドアブログ