シュリで韓国映画に興味を持ち始め、
猟奇的な彼女でその傾向に拍車をかけ、
最近洋画を余り見なくなってしまっている位
その傾向が極端になっている私。
またまた見てきたので感想を書いてみよう。
 
【ひとまず走れ】と言う余り格好の良くないタイトルだが、
韓国の原題はどんなものなのだろうか。
いわゆる韓国四天王は出演しておらず、
その点だけでも少しマイナーな部類に入る映画だと思う。
この映画を見た日は5月1日。
GWであり、しかも1000円で映画を見られる日であった。
大きな映画館だった為、他にも色々映画をやっていたのだが、
チケットを買うだけで長蛇の列。
何と待ち時間は最後尾から1時間と言う状況であった。
・・・にもかかわらず、この映画の客は30人程で、
顕著だったのは男性客が1割もいなかった事だ。
恐らく、この映画主演の2人である
ソン・スンホン クォン・サンウが目当ての女性ばかりだったのだろう。
 
内容の事を語ろうと思うが、
正直つまらな過ぎて書く気力も無い。
1000円の日でなかったら暴れている可能性すらあった。
どう見ても面白いとはかけ離れている映画で、
主演両名のファンじゃない人間にはすすめられない。
レンタルで十分と言うか、レンタルが望ましい。
早送りが出来るから・・・
 
途中出てくるHP会員の女の子は
絶対整形しているぞ!と言う事と、
眉毛太過ぎのソン・スンホン
TOKIOの松岡に似ていると言う事の2つが
気になって気になって仕方が無かったポイントである。
 
他にもイ・ボムス キム・ヨンジュン等が出演している。