14世紀の高麗・民の関係の歴史を、
使節団と言うモノに視点を絞り作成した映画である。
勿論参考にはしているが、フィクションであり、
史実とは関係無い話である。
 
基本的には死に様を描いた映画だと思う。
蒙古軍に捕らわれた民の姫を助け出し、
最後まで命をかけて戦う男達。
最後の決戦で蒙古軍の大将が“小娘一人のせいで地獄だ”
と言う台詞を言うのだが、まさにその通り。
明の姫様が出てきてから男達は振り回されっ放しである。
最後には殆ど人も残らない状況にまでなってしまった。
基本的に戦闘シーンがかなり多く、
ワイヤーやCGを恐らく使っていない為、
非常に生臭いシーンが多いのだが、迫力はある。
着ている服や身分背景等、色々興味深い所もある。
戦闘のシーンが圧倒的に多いのだが、
高麗軍将軍・槍のヨソン・明の姫様の仄かなラブストーリー見られる。
 
主演クラスは何人かいる。
高麗軍将軍にチュ・ジンモ
槍のヨソンにチョン・ウソン
高麗軍隊正にアン・ソンギ
蒙古軍将軍がユー・ロングァン
そして明のお姫様がチャン・ツィイー
それにしてもチュ・ジンモは二枚目だ。
非常に格好良かった。
アン・ソンギも渋くて良い味を出していると思う。
そしてユー・ロングァンは蒙古っぽい顔立ちで
これまた素敵な俳優さんであった。
 
中国語・韓国語が飛び交う映画だが、
戦いのシーンが好きな人は一度見て欲しい。
 

MUSA -武士-