1月14日 ミネラルウォーターを手に入れるため、
慶応義塾病院に向かった。

病院自体は休診日と言う事で、
病院内では手に入れる事が出来ず、
敷地外側をぐるりと回って、
生協の前の自販機で無事購入する事ができた。

自販機で購入した際、
手に入れた証明にipadで撮影をした。
そこでテーブルに財布を置いたのは自ら確認している。

その後御茶ノ水に移動と言う事で、
信濃町駅から総武線に乗り、御茶ノ水駅まで到達。

早めに食事でもしておこうと思い、
駅前を見回すと吉野家があり、
久し振りに牛丼で手早くと考え店に入った。

食事を終えいざ支払いと言う場面で、
財布が無い事に気づいた。

え・・・吉野家の支払いどうしよう。
その心配がまず頭の中でぐるぐる回っていた。
正直に話して、後で支払いに来るか、
誰かに連絡入れてお金を借りるかしかないと思った時、
そうだ、suicaがあった!と気づいた。
ただ、suicaに何円入っているかわからず、
どきどきしながらsuicaでお願いしますとカードを差し出した。

ピッ と言う音と共にレシートが出て来たとき、
第一関門を突破したと安堵した。

しかしここからが本番だ。

財布を落とした場所はわかっている。
その場所しかありえないから、
そこまで戻る必要がある。
ただし私の所持金はsuicaの中に入っている88円のみだ。
(直ぐに使ってしまうから余り多く入金しない)
88円では電車にも乗ることができない。

お金が無いって怖いね。
1000円あれば何とかなるのに、
いや、500円でもある程度解決するのに。

もう歩くか走るしかない!!

そう決めから、ひたすら足を動かし続けた。

途中結構走ったんだけど、
普段何時間も歩いているからか、
意外と長い距離走っても平気な事に気づいた。

お茶の水から水道橋 飯田橋 市ヶ谷と過ぎ、
その辺りで少し疲れも出てきた。
マイペースなら疲れる距離ではないのだが、
焦って移動しているからオーバーペースになっていた。

お金が88円(しかもsuica)しかないから、
飲み物すらも買うことが出来ない地獄。

そんな時思い出したのが奥さんの存在。
錦糸町に行くと知っていたのを思い出し、
錦糸町なら総武線を使い四谷か信濃町で合流可能だ。
連絡を入れてみると、快く提案を受け入れてくれた。

四ツ谷まで到達したとき、
あぁあと少しだと、心に余裕が出来た。
奥さんとは四ッ谷駅で無事合流し、タクシーで信濃町へ。

やっと目的地に着いて、

私が財布を置いたと思われるテーブルを見ると・・・

あああ・・・無い。

終わった と思った。

なぜなら明日、免許証が必要だったからだ。
免許が無ければ仕事に支障が出てしまうから、
私の心は一度ここで死んだ。

直ぐ隣で工事をしている人がいる事に気づいていたから、
まずそこの警備の方に落し物が届いていないか聞くと、
病院・学校内の落し物は事務局のような所に行くと、
素晴らしい情報をいただけた。

直ぐに移動し、事務局に入ってみると・・・

まさに私の財布を届けてくれた人が、
手続きをしようとしている所だった!!

助かった!!

激しい感謝の意を伝えつつ、
自らの名前と住所等を伝え、財布を受け取った。
お礼に入っていたお金を全部渡そうとしたら、
お礼は要りませんと言う天使のような一言。
さすがにそれは・・・と思い、
もう一度お礼をと言ってみたけど、
受け取ってはもらえなかった。

その事だけが心残り。

財布が戻ってきたことで一気に気持ちはハイになり、
その後の行程がいつもよりも楽しかった。

信濃町駅に戻る途中、
交番に財布が戻ってきた事を報告し、
お騒がせしましたと謝っておいた。

はぁ良かった。
本当に良かった。
今後はもっと気をつけなきゃいけないな。
買い物を途中で切り上げて協力してくれた奥さんにも感謝!

今後は私も誰かに対し親切にし、
親切の連鎖に協力しようと思う。