日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。生活、社会、ひと…をさまざまな角度から綴るblogです。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました! 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント、TB大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメント、TBは予告なく削除させていただきます)

友の訃報を受け取って1

まつぼっくりが あったとさ
高いお山に あったとさ
ころ ころ ころ ころ あったとさ
おさるがひろって
たべたとさ

童謡「まつぼっくり」作詞広田孝夫、作曲小林つや江

小学校1年生(1969年)の頃、養護学校の古い講堂(体育館)で、童謡「まつぼっくり」の歌にあわせ、みんなでお遊戯をする輪の中に、先生に介添えをしてもらいながら手遊びをする、1年2組の小さなTちゃんの姿があった。

「Tちゃんって可愛いなぁ」
僕は、1年1組だったが、養護学校は一クラスの人数が少なく、別のクラスでも、学校に上がって、最初に友達になったのがTちゃんだった。

小学5年生(1973年)の頃には、2組で、Tちゃんと同じクラスになった。
算数の授業の立方体の学習で、工作用紙をはさみで切り抜いて、立方体を作ることを試みるのだが、僕も、隣の席のTちゃんも全く上手く行かない。「ねぇ、この箱みたいの、どうやってつくるのよ」と嘆いていたが、何回もやりなおして、ついに所定の立方体が出来上がった時の、Tちゃんの「やったー!」という嬉しそうな顔が思い出される。

僕は、父の仕事の関係で、東京の学校を離れたが、その後もTちゃんと文通したり、最近まで年賀状の交流は、毎年ほぼ欠かさず続いていた。

Tちゃんは、養護学校高等部を卒業後、一時期、金融機関に就職し、通勤していると聞いた事があった。
1980年代の後半、「障害者雇用促進月間」を扱ったNHKの福祉番組で、全く偶然、彼女が働く姿が紹介され、「頑張っているんだなぁ」と、とても励まされたことがあった。

そのような彼女ではあったが、30代が近くなる頃、かなりその持っている障害が重くなり、自動車の運転免許の更新ができなくなり、就労も断念して、施設入所を余儀なくされた。
そのことを風の便りに知った僕は、「施設生活は、さぞ窮屈なことだろう」と思い、彼女のいる関東地方の施設に宛てて、手紙を書いた。
その手紙が長文だったためか、彼女から「長〜いお手紙ありがとう、でも自分なりに施設の生活を楽しんでマース」と返事があった。
自分でかろうじて動かせるのは、ペンを持つ片方の手だけだ、と聞いていた。
それなのに、ある時は、困難の中から、「施設から、一泊旅行の機会があったから、ふと思いついて・・・」、と旅先で購入した素敵なグリーティングカードを贈ってくれたこともあった。

自分でできることが、だんだんと減っていった彼女は、さぞつらかったことと思う。

昔から、人を見る目が公平で、正義感が強く、自分の意見をはっきり言うTちゃんだった。
友達想いで、やさしく細やかな心持ちの彼女だった。


そのTちゃんが、8月6日の明け方に亡くなった。
共通の友人からのメールで、きのう(8日)、Tちゃんの訃報を知らされた。
Tちゃんの母上から、友人の所へ電話連絡があったという。

体調があまりよくないことは、人づてに聞いて、心配していたが、訃報は、全く突然で、まさか、と信じがたい思いである。

Tちゃん、46年間、仲良くしてくれて、本当にありがとう。
もう、あなたの体はつらくないね。よく頑張ってきたんだね。お疲れさま。

友人の長年のご交誼に深く感謝し、彼女の魂が安らかたらんことを祈っています。
                                                                合掌。

悼・花紀京さん1

吉本新喜劇の全盛期を支えた喜劇役者の花紀京さんが5日、亡くなった。
2003年頃から療養生活が続いていたという。

舞台でよく共演していた奥目の八チャン(岡八朗さん)、カバに例えられた原哲男さんも既に亡い。
それに続いての花紀さんの訃報だ。
花紀さんと同世代で、今も現役で舞台に立っている人は、新喜劇座員最高齢の桑原和男さんだけになってしまったなぁ。




花紀京さんと岡八朗さんの掛け合いを、もう一度見たかった。
それも既にかなわぬことだ。
新喜劇の舞台のTV中継を通じ、お腹を抱えて笑わせてもらったことを感謝し、花紀京さんのご冥福をお祈りします。

蔵出し名作吉本新喜劇 花紀 京・岡 八郎 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー (2010-05-26)
売り上げランキング: 22,313

血圧計が当たった!5

血圧計 (1)


先日、シニアコム.jp(50歳以上の人が参加するSNS)の「オムロン−高血圧特集のクイズに回答し、プレゼントを希望したところ、厳正なる抽選により当選した、とのご連絡を頂戴し、写真の血圧計を、本日(8/1)お送りいただきました。

仮面高血圧、白衣性高血圧、早朝高血圧など、高血圧の様相を答えるクイズだったように記憶しています。

まさか当選できるとは思っていませんでしたので、大変嬉しく思っています。

高血圧症のため、服薬し、毎日の家庭血圧の計測を主治医から指示されていますので、この当選は大変助かります。本当に有難うございました。

血圧計2 (1)


さっそくこの新しい血圧計で、自身の本日の血圧を計測したところ、いくぶん気分が高揚し、また緊張したためか、いつもより値が高めにでてしまいましたが(笑)、今後とも、適正血圧を目指していきたいと思っています。

オムロン 上腕式血圧計OMRON HEM-7310
オムロン
売り上げランキング: 3,148

[ことば]流汗悟道4

流汗悟道(りゅうかんごどう)・・・「額に汗して人の道を悟る」、「汗水流して一生懸命やれば、自ずと道が開ける」、「誠をつかむためには、額に汗しなければならぬ」

暑中お見舞い申し上げます。
全国的に、最高気温30℃超の厳しい暑さが続きます。
デスクトップのパソコンを置いている僕の寝室兼勉強部屋の気温は、扇風機を最強にして運転させても、10:30現在、32.6℃あります。
汗が自然に流れます。
冒頭に掲げたように「流汗悟道」という言葉がありますが、暑すぎて、とても、人の道を悟る心境にはなりません。

先日、大学勤務時代の教え子から届いた暑中見舞状に、「人間は汗を流して体温を下げ、それが大切ということを体で感じる毎日です。」とありました。
20年前、新任の頃に担任した最初のゼミ生の一人です。
彼女は、炎天下のスーパーマーケットの店先で働く日々だそうです。
よく頑張っています。
「流汗悟道」の精神に通じます。
きっと彼女もそのことが表現したかったのではないでしょうか。

Aさん、季節の便りをありがとう。
太陽の照りつけるスーパーの玄関先での仕事は、さぞ大変なことでしょう。
人間は、確かに汗をかいて体温を下げるけれど、同時に水分やミネラルの補給も忘れず、体調をくずさないようにね。

皆さんも、水分補給などを十分になさって、熱中症などにお気をつけ下さい。

[本]えほん 障害者権利条約5

ID:9prl5d
jouyaku1

2006年に、国連で採択された障害者権利条約。
条約は、障害者に市民的・政治的権利、教育、労働、雇用、社会保障の権利などを保障し、障害者が就職する際や教育を受ける際に事業者や学校側に過度の負担にならない範囲での「合理的配慮」を義務付けるなど、全50条からなります。

2014年1月20日、日本もようやく批准しました。
「条約」は憲法と一般法律の間に位置するものであり、法律が条約の内容と異なれば、問題となります。

先般、障害者権利条約をやさしく解説した絵本が出版されたので、手に取りました。

ふじいかつのり作、里圭絵(版画)による『えほん障害者権利条約』(汐文社刊)です。


「障害者権利条約」が「ボク」という一人称で表現されているのが、作品の特徴の第一です。
この「ボク」が、多くの人たちの拍手や口笛、足踏みで歓迎されるところから、作品は始まります。
2006年12月13日、同条約が誕生した瞬間が描かれています。

「ボク」は、「分け隔てのない社会」をつくろう、と、条約の素晴らしさを伝えるため、国連を飛び出して、世界中を旅するのです。

障がいのある人もない人も、みんなが大切にされる社会はどうすればつくれるのでしょうか?
そのヒントが国連の障害者権利条約にはある、と、この絵本を通じて伝わってきます。

P_20150628_110352machi2


学校、職場、スポーツ、映画、街の中などで、障がいのある人もない人も、子どもも女性も、そして高齢者も、みんなが笑顔の街。
「ボク」がめざす社会です(写真下、引用は同書から)。

えほんの帯に、落合恵子さんの推薦のことばがあり、印象に残りました。

違いは、ひととひとを隔てるものではない。
違いは、ひととひとが出会う道であり、学び合いの場でもある。
そのことを本書がいきいきと伝えてくれる。


皆さんも、このえほんを、手に取ってみてください。

えほん障害者権利条約
ふじい かつのり
汐文社
売り上げランキング: 9,908


傾斜のついたペンスタンド

ペンスタンド


傾斜がつき、中身が取り出しやすいペンスタンドを買いました。
写真のように縦置きはもちろん、横置きにしてもOKです。

これで、「ボールペンは、どこへ行ったんや」と探しまわることもなく、目的のものをすぐ見つけることができるでしょう。

勉強の効率化が図れます。

カール事務器 ペンスタンド ホワイト P-201-W
カール事務器 (2011-12-20)
売り上げランキング: 9,415



文房具が好きなので、過去にこれについて書いたブログ記事のいくつかを、「文具あれこれ」のカテゴリーを新設し、そこにまとめました。

願い事5

ブログネタ
七夕飾りの写真を募集します! に参加中!
七夕

7月7日は七夕ですね。
(写真は、マンションのエントランスに飾ってある七夕の笹飾りです。今年は当番で自治会役員に就いているうちの母も、先日の七夕に向けた「茶話会の集い」で、皆さんと短冊や飾り作りに参加しました。楽しかったようです。)

七夕といえば、昔から天の川や、牽牛、織女の、年に一度の逢瀬などが思い浮かびます。
きょうはお天気が良くないので、天の川は望めないでしょうね。

他には、笹に願い事を記した短冊を吊るす風習がありますが、僕は、実は幼い頃から、天の川の出会いと、短冊に願い事を託すこととの間には、一体どういう関係があるのかなと、疑問でした。

それに、七夕には例えば、桃の節句の「ひなあられ」に「菱餅」や「白酒」、端午の節句の「柏餅」などのように、行事にちなんだお菓子が殆どないことから、今ひとつ盛り上がりに欠けるのではないかと思ってきました。

自分は、ロマンチックな七夕にちなんだライフ・ストーリーとも、ほぼ無縁で来たこととも、関係があるかもしれません(苦笑)。

短冊に願い事の風習は、江戸時代からのもので、サトイモの葉っぱに貯まった露で、墨を摺り、詩歌などをしたため、文字や詩歌が上達することを願ったことに由来するそうです(諸説有り)。
だとすると願い事の内容は、もっぱら学術・技芸の上達に向けられ、私利私欲の成就ではなかったようですね(笑)。 

七夕の願い事には・・・多くを望みません。
 
・健康でありますように
・痛みや苦痛の少ない日が、一日でも多くありますように
・笑顔を忘れぬ日々でありますように
・家族や縁者、結縁の人々が、幸せでありますように
・素敵な毎日を送れますように 

望み過ぎですか 

高校卒業から32年1

卒業した府立高の同期会(8月開催)の案内ハガキが届いた。
卒業して今年で32年となり、同期生は50歳の節目を迎えたから、市内の会場で同期会を開くという。

おかしいな、自分は誕生日が来たら、53歳になるけれど・・・。

高校進学を考える頃は、足の手術とリハビリのため、学校教育を受けながら入院していた。
義務教育では、特例だが、双方の学校の先生たちの支援もあって、欠席日数過多により「原級留置」 の措置をとり、中学3年生を2回経験し、高校に合格した。

松葉杖歩行や車いす使用の生徒も入学するから、と、学校は、春休みに急ごしらえで、それまで設置のなかった洋式便器のトイレを設け、教室のある校舎にスロープを敷設してくれて学校生活はスタートした。

高校1年生の秋、右股関節が悪くなって、元いた施設に再入所して、手術に踏み切り、リハビリに取り組んだ。
体重管理などの課題もあり、退院出来たのは1年半後のことで、高校は2カ年にわたって休学。
今回、同期会の案内があった学年に復学し、3年間黙々と学校生活を送り、志した福祉系大学に推薦で入った。

僕は、同年齢の人より、3年も遅れて高校を卒業したので、この同期会の方々よりは、3歳年長になるわけだ。

年齢を重ねた今となっては、数歳の年齢差は、「同世代」というカテゴリーで括ることができ、大して気にならない。
しかし、学生時代の年齢差は、とても大きかった。
高校のクラスというものに、全くなじめず、苦しんだ。
イジメこそ、なかったが、僕がクラスの人の話の輪の中に入ろうと、何か発すると、周囲では、人間の言葉を話すはずがない、犬がしゃべった!というような感覚で受け止められた。
僕は、どんどん口数が少なくなって行った・・・。

話しかけてくれたのは、「俺、ダブり!」とクラスの自己紹介で公言した留年生、「オレ、学校辞めるわ、お前、しんどいやろうけれど頑張れよ!」という言葉を残して、家庭事情で中途退学していった彼、そして、一人の台湾出身の生徒ぐらいだった。

その台湾出身のSくんとは、政治や社会の話を、休み時間に良くしたものだった。
「君のその考えは、もしかしたら『共産主義』と違うか?!」と云われたことは、今でも忘れられない。

基礎教育でも、十数年続けた大学教員の仕事でも、自分の人生の大半で、学校教育というものにかなり濃厚に関わってきたが、語弊があるかもしれないが、「学校教育というものは、人間を活かしも殺しもする」、というのが僕の実感だ。

自らの非力さもあり、高校時代に、よい思い出はあまりない。

校内の図書部が主催する「読書感想文コンクール」で、何編か、自分の書いたものが、佳作や入賞作として、全校の図書だよりに掲載されたこと、その中で、有吉佐和子さんの小説『非色』により、世界人権宣言35周年記念読書感想文コンクール(1983・昭和58年)で優秀賞を取り、大阪府教育委員会から表彰されたことなどを記憶している程度である。

勉強だけは、制度としての学校が保障してくれたが、精神的にも、肉体的にも、学校生活の中では、自分にとってこの高校時代が最もキツかった・・・。
救いは、学年の担任団が一丸となって、大学進学に学力の面でも、奨学金の準備の面でも、力になってくれ、大学に入学できたことであった。

同期会の案内を受け取っても、憶えている学友が一人もいない・・・。
同期会の開催を、案内してくださった方には、とても感謝しているが、30数年前の高校生活を複雑な思いで振り返る自分がいて、今日は気分が重い。

たま駅長、あっぱれなニャン生

たま駅長

記事引用:朝日新聞2015年6月25日、大阪14版[社会]34面


和歌山電鉄・貴志川線の貴志(きし)駅において駅長を勤めてきた雌の三毛猫、「たま」が、22日に急性心不全のため死んだと発表されました。
年齢は16歳で、人間で言えば80歳に相当するといいます。

赤字経営が続き、廃線が検討されていた和歌山のローカル線の集客力が、たま駅長によって回復し、大きな経済効果を生んだことや、たま駅長を巡って、たくさんの人の輪や絆を創り出してきたことなど、彼女の功績は、大きかったです。

このブログでは、2008年に、たま駅長がフランスのドキュメンタリー映画に出演したというニュースを取り上げて、記事にしました。

過去記事:人間の鏡としての猫(2008年5月16日)

一方、駅や鉄道のシンボルとして、駅長・たまちゃんが働き、たくさんの人に愛され、可愛がられたことは、よかったのですが、猫の体にとっては、いろいろ負担が多かっただろうし、何よりも自然な形とはいえなかったと思うので、僕は、「これでよかったのかな」という思いもぬぐい去れません。

たまちゃん、あなたのニャン(人?猫)生は、あっぱれだったよ。
長い間お疲れ様。 ゆっくり休んでね。

時の記念日3

電波時計

6月10日は「時の記念日」ですね。
「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」、と1920年に東京天文台などの呼びかけにより制定されたそうです。

写真の表示時間の少し前まで、横になっていました。

不眠、早朝覚醒などで、よく眠れなかった日は、朝起きられません。
逆に、朝から順調に何事かに取り組んだり、外出できた日は、夕方から体がバテて来ます。
体調の善し悪しは、時間と密接な関係があると思います。

写真の目覚まし電波時計は、愛知県で過ごしていた頃、最寄りの「白沢ドラッグ」という店で、何か購入するごとに貯まったポイントを引換えた景品です。
確か、800ポイントで交換したと思います。
この時計を入手し、次の景品に照準を当て始めた頃、退職し、彼の地を去りました。
ともあれ、2006年から、電池を交換することなく、動き続けている時計です。

ミヒャエル・エンデの児童文学『モモ』を思い出します。

イタリア・ローマらしき街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって、人々から時間が奪われてしまい、皆、心の余裕をなくしてしまうのです。

心優しい主人公の少女「モモ」の冒険によって、この時間泥棒達から盗まれた時間を解放するというストーリーです。

30年余前の大学時代、3年生への進級条件がかかった必修の英語の学年末試験にパス出来るか自信がありませんでした。

「答案に自信がない人は、日本語で構わないから、『モモ』を読んで読後レポートを提出するように・・・」、と担当教員の言葉がありました。

僕は、率先してレポートを提出し、留年を免かれ、3年生になれました。
『モモ』のおかげで、現在があります。 楽しく、考えさせる話でした。

感謝と思い出の一冊です。

人生の時間を意識するようになりました。
一刻一刻を大事にしていきたいと思います。

おきてがみ&応援
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン おきてがみ
日めくりカレンダー
天気
Amazonライブリンク
ケロコロランド
楽ワード
blogram.jp
ブログ生中継
記事検索
クリックで救える命がある
A8.net
おこづかいがドンドンたまる”おトク貯金箱”ポイントボックス
iMinet
livedoor プロフィール
よろしければフォローしてください
mixiやってます
by ブログパーツ製作所
[PR]杉並区の中古一戸建て
更新情報をメールでお届け


提供:PINGOO!
いただいたコメントとお返事
ツイッター
楽天ウィジェット
楽天kobo
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
バナーリンク
フリー素材屋Hoshino



芸能広場

ほしい!この一品
ゼクシィStore
Amazonでショッピング
Yahoo! ショッピング
GMO
アクセス管理



アクセスランキング
フィードメーター
フィードメーター - 日々是好日−つれづれよっぽブログ
Subscribe with livedoor Reader
fx比較