日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント、TB大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメント、TBは予告なく削除させていただきます)

自宅マンションの花壇の様子を、昨日(5月24日)、通院に持って出たスマホのカメラで撮影しました。
5月ですからツツジの頃ですね。

つつじ


マンションの花壇については、造園業者が、定期的に植栽(有料)してくれる他、ライフマネージャー(管理人室)、自治会役員など居住者有志の方々がお世話下さっているようです。

花壇2


結構いろいろな種類の花々や樹木があり、四季折々、目を楽しませてくれます。

花壇3


通院や買い物などで、外出できた折に、写真を撮りたいな、と思うのですが、日頃、なかなかそうした気持ちの余裕が生まれにくく、身辺のことや目の前のことで精一杯なのが現状です。

昨日は、定例の内科通院の日だったのですが、診察室での血圧の値が、主治医も驚くほど、珍しく良好で、「来院されて、測った血圧の値の、新記録と違いますか」と、その安定ぶりを喜ばれたので、気をよくして、帰りに、辺りにカメラを向けました。

花や緑はいいですね〜。心が落ち着き、癒しにもなります。

紫陽花


季節は、梅雨に向かい、紫陽花も、花弁が芽吹きはじめました。
また、楽しみたいと思います。

5
かしわ餅


子どもの日だから、という訳ではありませんが、今年もかしわ餅を食べました。
お近くの方からの頂きものです。
わが家は、甘味が好物ですので、うれしく頂戴しました。

スマホで気軽に写真を写せるようになったためか、最近、ブログやSNSに、わが家で食べたものや、いただき物の美味しいものについて、まとめて投稿するようになりました。

読んで下さった旧知の方から、「糖分控えめに」とご注意を受けました(笑)。
甘いものが多く、カロリーオーバーになりがちですので、摂り過ぎは注意ですね。

柏餅は、2008年2010年と、たびたび記事にしています。

image

注文していた花のギフトが今日届きました。
「紫陽花ダンスパーティー」と可愛らしい名前がついた鉢植です。

母が昨春から一年間務めてきたマンション自治会役員(書記)の任期を、このほど無事終え、もろもろ大変なお役目を本当によく頑張ったので、「お疲れ様」の意味を込めて・・・。

そして、来たる母の日(本年は5月8日)にありがとう!。

さらに、母は、今年9月の誕生日で、喜寿を迎えるので、お祝いの意味も込めてサプライズで準備したギフトです。

母の日にカーネーションは定番ですが、ひと味違う花を贈るのも、いいですね。
紫陽花を贈るのも、最近流行だとか・・・。

紫陽花に込められた、ポジティブな花言葉の一つは、「元気な女性」。
ますます元気でいてください。

e87.com(千趣会イイハナ)

image

最近の我が家のスイーツとデザートです。

写真は時計回りに、京都の有名店ロシアケーキ、自宅近くの洋菓子店のクグロフとオレンジタルト、同じく、先日、お友達と我が家でティータイムを楽しんだ時のチーズケーキほか二種、最後に夕食後デザートのマスクメロンです。

いっぺんに食べてはいません。
太りましょうから・・・
自前で用意したものは一部で、ロシアケーキとマスクメロンは、頂き物です。

この間、バタバタとしてブログの内容を更新できていなかったので、数日間で、折に触れ食べたものを、一枚の4分割写真で公開してみました。

早くも世の中はゴールデンウイークですが、余り関わりありません。
体調が少しでも上向きで過ごせますよう願っています。

「2016年熊本地震」の発生から今日で一週間になります。
14日夜の「前震」、16日未明の「本震」ともどもに震度7という大きな地震に遭遇され、避難所はもとより、車中泊を余儀なくされておられる方々、現地に関わられる方々にとり、本日の雨は、それぞれの胸中に追い打ちをかける、無情の雨ではないだろうか、と、本当に胸がふさがる想いです。

十数年前に母校大学のゼミで担当した卒業生の男性が、熊本にいることを思い出し、最初の地震発生後に心配になって、友達になっているフェイスブックのメッセンジャーを通じ、「大変心配している」とメールを送信しました。

程なくして、ご本人から返信があり、「家族はみな無事。車中泊二日目です。」とありました。
とりあえず元気でいてくれて、安心はしましたが、ご家族ともども車中泊とは、さぞ大変だと思います。「エコノミークラス症候群になったら大変だから、時々車外に出て、体を動かして下さいね」「『余震』が続き、不安だと思いますが、ここは踏ん張ってくれよ」と、応援の気持ちを伝えるしか、自分にできることはありませんでした。

さて、今から10年前に、当時の毎日新聞の記事を引き、当ブログに書きました「エコノミークラス症候群、車いすの人も注意」(2006年7月12日)に、予想外のアクセス数がありました。

今回の熊本地震で、車中泊を余儀なくされておられた女性が車から降りたところ、しばらくして崩れるように倒れ、救急搬送されたが、その後、亡くなられたという報道があったからではないか、と思っています。

同記事では、エコノミークラス症候群<肺血栓塞栓(そくせん)症>について次のような解説を引用しました。
「肺血栓塞栓症は、長い時間同じ姿勢をとることで足などにできた血栓が血管を流れて、肺の動脈に詰まる病気。死に至ることもある。(中略) 発症したのは、ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)により筋力が落ち車椅子で生活していた当時61歳の男性。04年夏、呼吸困難を訴え、同病院に救急車で搬送された。胸部CT(コンピューター断層撮影)検査で、左右の肺動脈に大量の血栓が見つかった。
すぐに血栓の治療を施し、無事に回復したという。
血栓は脱水状態になるとできやすい。木村科長(引用者ー注:医師)は「この男性は、介護者の手間を考えてトイレに行く回数を減らそうと、水分摂取を控えめにしていた。車椅子の方にはよくある傾向だが、夏には注意が必要。発症防止には、自分で足が動かない場合、周りの人に手伝ってもらって、曲げ伸ばし運動などをしてほしい」と話している。車椅子の場合、ひざの位置が尻より高いと太もも部分の血液の流れが悪くなるため、尻の下にクッションを置くとよいという。」
(引用終わり)

エコノミークラス症候群は、引用記事中では、夏の水分摂取不足がその要因の一つとして取り上げられています。春先の、気温が上がってくる今からが、心配になってくることだと思います。

僕は、医師ではないので、専門的知見を持たないのですが、発症した人の背景に、高血圧症やその他循環器疾患等の有無が大きく関わるかと推測されます。
災害による生活環境の激変が大きく影響することは、論をまたないでしょう。

避難所や車中での生活を余儀なくされておられる方々、わけても、ご高齢の方、障害をお持ちの方々が、体を動かしづらい状況におかれているであろうことが、心配でなりません。

避難所の一部に、ダンボール製ベッドが導入され、体が伸ばせる状況が作られつつあるのを、報道で知りました。
ただ、現時点で、水や食料、トイレや入浴などの生活の必需の確保に比べると、体の状況の改善は、最優先事項にはなりにくく、また、当人やご家族も、「我慢してしまう」状況がある、と考えられる時、これが一刻も早く打開されますよう、願っております。

P_20160412_143043 (1)


「スマ単」というリングノートを知りました。
テレビのスマステーションで、先日、春の売れ筋文房具ランキングが放映され、この商品が紹介されました。

ぺんてる スマ単 Sma Tan ネイビー SMS3-C



P_20160412_143117


ノートの見開きの頁の左側に、例えば英単語などを書き、右側にはその意味(日本語訳)を書く。
それだけなら、学生時代に暗記用に活用した単語帳みたいですが、このノートは、スマートフォンの専用アプリを使って、カメラの四隅に表示される枠に、紙面のマークを合わせて撮影すれば、単語を書いたフィールドが、画像として認識され、いわばカードのように使えるのです。見開きで12枚、「スマホでめくる暗記カード」ができます。

スマートフォンに取り込んだノートのデータを、ディスプレイ上で動かして、覚えた単語は上部に、まだ暗記できていない単語は下部に、それぞれ移動させて分類するなどして、繰り返し学ぶことができるのです。
学びの進捗具合も、円グラフ形式で簡単に確認できます。

ノートは手で書いて、アプリで覚える、面白い発想の文房具だな、と思いました。

ぺんてる スマ単 Sma Tan ネイビー SMS3-C
ぺんてる
売り上げランキング: 223

5
坊っちゃんの饅頭

愛媛県松山地方に、温泉旅行にお出かけになった、ご近所のご夫妻から、お土産を頂戴しました。

ご夫妻が徐々にご健康を快復され、お揃いでお出かけになりましたことは、大変喜ばしいことでございます。

夏目漱石の小説『坊っちゃん』にちなみ、列車を形どった、カステラ生地のお饅頭です。

饅頭


中身は、僕の好きなこしあんになっております。

饅頭2


おいしく頂きました。

ごちそうさまでした。

5
介護靴下


長い間履いてきた靴下の何足かが、余りにも古びたため、秋冬ものではなく、春夏に履ける、やや薄手の紳士靴下をネットで探しました。

そして、自分のニーズとして、車いすから降りて、つかまり歩きをする時に、足裏が滑らぬように、転倒予防のためにすべり止めが施してある品物を求めていました。

「紳士ソックス」「滑り止め付き」などと、キーワードを入力して商品検索をしたところ、足裏全面に、滑り止めの樹脂が施してある、足袋型の靴下がヒットしました。

その靴下は赤色で、「長寿」「寿」と金糸で文字が刺繍してある、ご高齢の方向けの商品でした。品物自体は良質のものだと思いますが、50代前半の自分は、一気に購買意欲が失せました。

その後も同じキーワードでは、一長一短で、自分にとって購買の決定打とはなりにくい商品しか見当たらず、困ってしまいました。
そこで、検索ワードを、「介護靴下 滑り止め付き」に変えてみたところ、まあまあ良さそうで、価格も適当な、5足組の紳士ソックスがみつかりました。

滑り止めの他に、履く時に、靴下の開口部が開きやすく、ゆったりして自分で履きやすいこと、締め付けがなく、それでいてズレにくいことなど、日常生活で、足のケアを必要とする者には、いくつかの留意事項があります。

こうした商品が、「介護靴下」とカテゴライズされていることを初めて知りました。

あくまでも自分の主観ではありますが、実は、この名称は、あまり好きではありません。

この種の商品が、要介護の方々向けであることは理解できますが、ご高齢の年齢層を対象としており、なおかつ、靴下を自分で履くことより、介護者が、履かせて差し上げやすいか否か、に照準をあて、商品が開発されているようです。

靴下を求めること一つとっても、多様なニーズがあり、これら最大公約数の「谷間」に、商品ニーズを持つ消費者がいることをわかってもらいたい、と感じました。

4
モバイル機器


写真のモバイル・インターネットルーターは、一昨年(2014年)に購入し、以前にも使用を記事にしたことがありました。

NEC Aterm MR03LN LTE対応 モバイルルーター PA-MR03LN3B

この機器は、わが家の携帯を、昨秋に、SIMフリースマホにし、中のSIMカードを通話もできるカードに切り替えたのをきっかけに、使わないでおいてありました。
自宅内のネット環境が不調になった時や、自宅外で古いタブレットPCなどをネットに接続するとき等のために、この空いているモバイル機器を活かす方法はないものかなぁ、と、ここしばらく考えていました。

そのような折、So-net社が、「0SIM(ゼロシム)」といって、毎月500MB未満の接続なら、無料で使え、その後は従量制で、以降、100MBごとに100円(税抜)ずつ課金されるものの、2GB以上5GBまで1600円定額で高速通信が利用できる、というSIMカードのサービスを展開されていることを知りました。

これは、以前「デジタルステーション」という雑誌の付録についてきたコラボSIMだったそうですが、その後、一般的にサービス開始されたようです。

そこで、開通手数料等、初期費用はかかるものの、毎月少しだけのモバイルネット接続に、ずっと「無料」で使えるなら、空いているルーターにこのSIMを挿して活用したいと考え、先日、データ通信専用プランを申し込みました。

昨日(8日)、宅配でそのカードが届き、使用開始となりました。

ルータ設定の問題で、アクティベート作業に手間取り、1時間ぐらい唸っていましたが、難解な設定も、誰かに頼らず、自分で出来ました。
何か、達成感がありました。

日経TRENDY2016年4月号には、絶対に見直す!! 「スマホ料金」という特集があり、その中にも「月額0円プラン」って本当に使えると「0SIM」に関して言及があります。


開通日から3ヶ月間、連続してデータ通信の利用がないならば、サービスは自動解約となる、という点も考慮しながら、快適に、負担も少なく使って行けたら、と思います。

5
花束


当ブログは、本日、開始10周年を迎えました。2006年以来のことです。
たくさんの方々にアクセス頂き、温かいコメントなども頂戴しながら、今日を迎えました。
感謝の一念です。

近年は、各種SNSや、もうひとつ、サブblogへも投稿をはじめ、当ブログに関しては、月に一本しか記事を更新しなかったこともありますし、月に五本更新できたら、今月は、まあまあだ、と感じるような状況です。
しかし、当ブログがそうした広がりの契機や原点になってきたことは事実であり、続けてきたことには、意味があったな、と、考えております。

これからも、自分のペースで、細々としか更新できないと思いますが、どうぞ温かく見守っていただけましたら、幸いです。

写真の花束は、イメージです。

“愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って”(Superfly『愛をこめて花束を』より)
ありがとうございます。

このページのトップヘ

fx比較