日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメントは、予告なく削除させていただきます)

今期のNHK朝の連続テレビ小説は、大阪制作の『わろてんか』。
お笑いの殿堂「吉本興業」の創業者女性の一代記がドラマのモチーフとなっていますね。

NHK連続テレビ小説 “わろてんか

三栄書房 (2017-11-07)
売り上げランキング: 110,730



ヒロイン・北村てん(演:葵わかな)が、夫、藤吉(演:松坂桃李)の病没後、「北村商店」の女興行師として本格的に成長を遂げていこうという様子がなかなか面白い。

連続テレビ小説 わろてんか Part2 (NHKドラマ・ガイド)

明治末期から昭和にかけての上方演芸界を描いたストーリーなので、落語に漫才、諸芸の歴史をなぞった展開となっています。

高校生の頃、東京と関西の「喜劇人」や「笑芸人」の歴史に興味を持って、幾つかの本を読んで「研究」した自分は、ドラマのモチーフになったであろう実在の落語家、漫才作家、漫才師の姿が大体思い浮かぶので、楽しく観ています。

ドラマの「キース&アサリ」(演:大野拓朗、前野朋哉)のモデルは、「早慶戦」などの漫才で一世を風靡した「横山エンタツ・花菱アチャコ」だといわれます。彼らは、初めてそれまでの和装から洋装(スーツ)で舞台に立ったのです。

27750583_1945618865513580_5061543475181525661_n (1)


上の写真(引用は、インスタグラム版わろてんかのスクリーンショット)のミス・リリコ アンド シロー(演:松尾諭)のモデルは、戦前の漫才師「ミス・ワカナ&玉松一郎」です。

このコンビも、相方がアコーディオンを演奏するご両人だったようです。


リリコを演じる広瀬アリスさんは、華があるし、彼女が出てくると、ドラマがパーッと活気づく感じがして、よくやっているな、と感心しています。

この先、史実として、興業部の芸人さんが、日中戦争以降戦地に赴いた兵士らを慰問する演芸慰問団「わらわし隊」を組んで、中国大陸に渡りますが、「わろてんか」ではその辺を、どう描くのか、描き切れるのか、そこにどんなメッセージを込めるのか、気になっています。

戦時演芸慰問団「わらわし隊」の記録―芸人たちが見た日中戦争
早坂 隆
中央公論新社
売り上げランキング: 814,917

きょうは節分。夕食に、恵方巻を準備しました。

P_20180203_184545_HDR


今年(2018年)の恵方は南南東の方角だそうです。

P_20180203_172057


本来は、一本食べするところですが、食べづらいことと、シェアの都合で、切り分けて食べました。

P_20180203_185637


明日は立春ですが、寒さがまだまだ厳しい。

福といっしょに春も呼び込みたいものです。

P_20180127_115003_HDR


内閣官房長官や自民党幹事長などを務めた元衆院議員の野中広務氏の訃報(26日、享年92歳)に接し、野中氏と辛淑玉さん(人材育成コンサルタント)との共著、差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
(角川書店、2009年)を、今一度手に取った。
野中氏は、1990年代から2000年代初頭にかけ、自民党政治の中枢にあって、権勢を誇り、その政治手法の老獪さなどを見聞きしていたから、良い印象はなかった。

10年近く前、駅前の書店で平積みになっていた本書を見かけ、なんということもなく手に取り、一読してみて、少し野中氏へのイメージが変わった。

そして主として氏の議員引退後の、戦争体験者としての発言や、沖縄への想いなどと、本書が響き合って、少し氏の立場が理解できたように感じた。

野中氏が若い日に、目をかけてきた後輩の裏切りなどにより、ご自分の出自について深く認識され、その体験をバネに地方議員を振り出しに国政へと進出し、併せて日本社会の根深い閉鎖性と闘ってこられた政治史がそこにはあり、静かに語られる辛淑玉さんとの対談に、気迫を感じたものである。

差別というものは、抑圧者は往々にしてそれに無自覚で、被抑圧者に、権力を介して、長くその烙印を刻み続けるような構造がある。
大切なことは、社会や組織のみならず、一個人の中に抑圧と被抑圧の二面があることだ。

「私は差別者ではありません」と公言する中に、ある種の”胡散臭さ”がないのかどうか。
また、他人を指弾するその指先を、自分にも向けることが出来るのか、その点検が必要だ、と常々考えている。

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
辛 淑玉 野中 広務
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 52

鮟鱇の 骨まで凍てて ぶちきらる(加藤楸邨)

今朝は、足の関節痛で目が覚めた。
40年以上前の右足の手術痕はじめ、あちこちの関節が冷えのため痛む。
おそらく神経痛だろう。
その痛みが、日常のそれを超え、何かに切られたように骨にまで及んでいるのではないかと感じられた時、中学時代の国語の授業で習った冒頭の鮟鱇の句を、僕は思い出すのだ。

アンコウ鍋の話ではない。
骨が痛いと感じるから、またそのくらい外が寒いから、骨まで凍って、まさに今、吊し切りにされんとする鮟鱇の姿が思い浮かぶのだ。

この句は、作者が病身のおのが姿を、動かぬ鮟鱇に重ねたのではないか、という解説があった。
僕も、足が動かしがたく余り動けぬ自らを、鮟鱇の姿に重ねたのか。

僕は、アンコウだと人にいわれたことはない。トドだといわれたことはあったけれども(笑)。

加藤楸邨句集 (岩波文庫)
加藤 楸邨
岩波書店
売り上げランキング: 422,337

3
P_20180109_112604_HDR


近くの高齢者施設へボランティアで茶道のお稽古にも出向かれている知人の方から「花びら餅」をいただきました。
「花びら餅」は、茶道(裏千家)の「初釜」(新春最初のお茶事)に用いられる和菓子です。
白味噌の餡と甘く煮たふくさ牛蒡を、半月形の柔らかいお餅で包んである妙味なお菓子です。塩味と甘みのバランスが絶妙だと感じます。

僕の父方の祖母(故人、2006年に98歳で没)は、茶道の師範で「宗辰」という雅号を用いていました。このブログの題号とした「日日是好日」(毎日が素晴らしい日だ、またそうなるように務めることが望ましい、というほどの意)という禅語の意味を、「お茶の言葉よ」と教えてくれました。
僕のことも、孫として公平に遇し、尊重して可愛がってくれました。

以上のエピソードは、このブログでもご披露したことがありましたが、「花びら餅」を頂きながら、とても高潔な人だった祖母のことを思い出しています。

5
P_20180101_102828


2018年正月もきょうは早くも三日。

テレビで、NHK総合の新春恒例の東西の寄席の多元中継があるお笑い番組を視聴して過ごしました。
そのうちに、正月の寄席番組は、地上波テレビからは消えるのではないか、と感じました。
中堅・ベテランは高齢化し、若手は、やはり笑いの力量、熱量不足を感じるからです。

元日は、写真の料理と、母の雑煮で、新年を祝うことが出来ました。

おせち料理は、今年初めて、「板前魂本店」という店の通販を利用し、大晦日に商品が届きました。
食品が傷んだり、余ったりすることなく、三日間で完食しました。

初めて食べたなぁ、と思うメニューもあり、バラエティーも豊富で、上品な和の味付けでした。

8割方、美味しくいただいたので、コスパ的にも満足でした。

きのう、1月2日は神戸から従弟がきてくれて、ここ数年、わが家で正月恒例となっている夕食会となりました。
P_20180102_180739


従弟はパーティー寿司と、神戸の店のショートケーキを持参してくれました。IMG_20180103_125900_504


P_20180103_154459


P_20180102_180726

心づかいありがとう!

DSbCQFdV4AAkD0k


明けましておめでとうございます。
2018年は戌年。
それだけにワンだふるでジョイフルな一年に。
今年も『日々是好日-つれづれよっぽブログ』をよろしくお願いいたします。

P_20171229_170643_1


今年もあとわずか・・・。
毎年のことかも、だけれど、世相を振り返ると、今年は何事も、本当に混沌としとったな。

自分はきのう、年内の施術は、30日午前まで、という、整骨院に行き、施術してもらって今年を締めくくる予定だったが、疲れのため、今日はそれすら億劫になり断念した。何となく気が滅入って・・・。体調は、ナメてはいけないようだなぁ。

写真は、母がいつもの花屋さんで買ってきた、わが家の玄関先に飾る迎春花。犬のディスプレイが可愛らしい。

ーー
ということで、当ブログの年内の内容更新は、本日までとさせていただきます。
ことしも、たくさんの方がたに当ブログにアクセスいただき、心より感謝申し上げます。

皆様、どうか良いお年をお迎えくださいませ。

ありがとうございました

4
P_20171227_172017


牛革ハンドメイド極小財布(ダークブラウン)
クーポンサイトを経由して購入した商品が今日、届きました。
天面には札入れポケットもあり、両側面には数枚分のカードポケットもあります。

P_20171227_172146


小銭が取り出しやすいことを重視しました。
通院時など普段使いの財布として購入してみました。

財布を買ったのは実は14年ぶり。
金運という点で、財布には寿命がある、それも1年位、というような風水等の説に従うならば、これまで使ってきた黒の二つ折り財布は、とうに使命を終えている。
どうりでお金と全く縁がないはずです(笑)。

張る財布といって、財布の新調は、季節としては春にするといいらしいですね。

2018年新春から、さっそく使いましょう。

IMG_20171220_202807_893


写真は、自宅マンションのロータリー、およびショッピングモール内のX'masディスプレイです。
先日、簡単な買い物のため外出した折に、撮影しました。

外で車椅子を止めて、手袋を外しながら写真を撮影するのは、寒くて大変でしたが、楽しく感じたので結果オーライです。

P_20171220_183452


夜間モードのクリスマスツリー(写真上)

そりを引くトナカイとサンタのディスプレイ

P_20171220_183342


駅近くのショッピングモール内のディスプレイ・・・キレイでした。

P_20171220_182540


クリスマスには、いつも考え、このブログにも書いたことがありますが、クリスマスが、多くの人のこころに、一つでいいからともしびが灯るような日であることを願っています。

↑このページのトップヘ

fx比較