日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント、TB大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメント、TBは予告なく削除させていただきます)

4
五三焼カステラ


五三焼カステラ(Co-op取扱品)です。
今日のオヤツにいただきました。

P_20170205_152553


卵黄の黄色が濃厚で、ずっしりした美味しさです。

長崎出身のさだまさしさんが、ふるさとや両親を思って歌う「かすてぃら」という曲や、同題の書籍に、このカステラのことが出てきますね。

かすてぃら
かすてぃら
posted with amazlet at 17.02.05
さだまさし
小学館
売り上げランキング: 397,573




当ブログは、新年のご挨拶をさせていただいて以降、記事更新もままならず、既に節分や立春も過ぎてしまいました。

近況報告としては、昨年来、自身の体が動かしにくく、日常生活に小さな困難が積み重なるようになってきたことがあり、年明け以降、一つは、「障害支援区分」(「障害者総合支援法」ほかによる)の認定を受け、ヘルパーさんによる通院時の外出支援等の条件を確保し得るよう準備をすすめたこと、もう一つは、築43年になる自宅マンションのユニットバス(浴室)の「バリアフリー改修」に向け、手続きを開始したことなどで、何かと慌ただしい事態を迎えており、なかなかブログ記事の更新にまで、気持ちが及ばない、というのが最近のことどもです。

浴室の改修は、入口の数センチの段差に、片方の足が上がらず、困りあぐねたことから、考え始めました。現在のままの浴室では、自身、足を滑らせて転倒する危険にさらされており、現在は、床に転倒したら、自力では体を起こせない状態にあるので、室内に手すり一本でもつけて、これを防止したいと思っています。
「重度障害者住宅改造」助成(身体障害者手帳1・2級対象)や、「日常生活用具支援」等の諸制度を活用して、自治体の「障害支援担当」の方や、契約リフォーム業者の方々と、相談させていただきながら進めていこう、と思います。

具体的にブログに記載できる形になり、可能な場合には、以上の様子も、いつかまとめて書きたいと考えています。

赤富士


新しい年が明けました。
本日は、正月もはや三日。
三が日もきょうで最終日です。
2017年、当ブログともども、今年もよろしくおねがいいたします。

何事も無理せず、流れを自然に任せる、というのは、新年の抱負としては消極的かもしれませんが、現在の心境はこんなところです。
でも、酉年だけに、少しは希望のあるケッコーな一年にしたいですね。

5
正月花


2016年も、あと数時間で暮れます。
玄関にささやかな新春花(写真)を飾りました。

去年今年 貫く棒の如きもの(高浜虚子『六百五十句』1955所収、昭和25<1950>年)


本年も、当ブログにアクセスいただき、記事を読んでいただいた方々に心より感謝いたします。

ありがとうございました

5
スポーツ飲料サンプル


インターネットで「楽懸懸賞企画『サンプルプレゼント』」に応募していたところ、当選通知があり、エナジークエスト社のクエン酸スポーツ飲料『燃やしま専科』他2種が12月17日、送られてきました(写真)。

まだ暑さの残る秋の初めに、どうにも疲れがとれなくなったので、何かエネルギーが補給できるものはないかなー?と考えていました。偶然目にした『燃やしま専科』が、クエン酸、コラーゲン、ビタミン、ミネラル等バランスよく配合されているサプリだと知り、良さそうだな、と思い、サンプルを請求しました。
メールで当選通知を受け取ったのが、11月中旬、品を送っていただいたのが昨日と、季節はすっかり寒くなってしまったので、水分補給にしても、冷たいスポーツドリンクを飲むのは、どうかいなと、いささか興ざめでした。

スポーツ飲料


粉末の品物を、500mlの常温の水に溶かして、試飲してみました。
味は、市販の他のスポーツドリンクとほぼ同じではあるものの、少しショウガの風味がして、体を温め活性化する効果が謳ってあります。

印象は「飲む点滴」という感じで、体のしんどさは取れるかな?という気がしましたが、実際は、吸収が良かったためか、飲んだ分だけトイレにゆく回数が増えて終わりました(笑)。トホホ・・・。
今年、2016年は、実は、男性向け育毛シャンプー、湿布薬、そして今回のスポーツ飲料のサンプル等、インターネットでの懸賞に応募し、思いがけず何回か当選しました。

しんどいことや、心配事も多かった今年ですが、この点はよかったかなと満足し、感謝しています。

燃やしま専科
燃やしま専科
posted with amazlet at 16.12.18
エナジークエスト
売り上げランキング: 72,912

今季のNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』。
神戸が舞台で、有名な子ども服メーカーを創業した女性の一代記。
僕は、乳児期、幼児期と、このドラマのモチーフになった会社の肌着やベビー服を着て、育ちました。

大阪の老舗百貨店に「キアリス」の支店を出すことが決まるなど、物語は折り返し点を迎えつつあり、面白くなってきた。
主人公のすみれ(演:芳根京子)が健気で、うれしくても悲しくても、目にうっすら涙を浮かべていない日がない。
何か、応援したくなる。
Mr.Childrenが歌うテーマ曲の「ヒカリノアトリエ」は、朝ドラにふさわしく元気が出る曲だ。
しかし、何と歌っているのか、テンポも早く、歌詞の半分以上が聴き取れない。
それで困っていたら、今日(12月13日)の放送回の最後の一分間で、今までのダイジェスト映像とともに曲が流れ、歌詞のテロップが流れた。
ようやく、何と歌われているかが把握できた。
「太陽の防腐材」なんて面白い発想だなぁ。
いろいろな視聴者がいると思うので、こういう工夫は有り難い。
きっと、歌詞が聴き取りづらい、と多くの視聴者から、要望がよせられたのかもしれない。
ドラマは、今まで見てきた何作かに比べたら、ストーリーに地味さがあるが、丁寧に作られているので、今後も視聴していきます。

連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
渡辺 千穂
NHK出版 (2016-09-26)
売り上げランキング: 60,382


ヒカリノアトリエ
ヒカリノアトリエ
posted with amazlet at 16.12.13
Mr.Children
トイズファクトリー (2017-01-11)
売り上げランキング: 28


坂野惇子 子ども服にこめた「愛」と「希望」 (中経の文庫)
青山 誠
KADOKAWA (2016-09-15)
売り上げランキング: 19,581

5
昨夜(11日)NHKスペシャル『自閉症の君が教えてくれたこと』(21:00〜21:50)を視聴し、作家の東田直樹さんのことを知りました。

対人でのスムーズなコミュニケーションには困難が伴う直樹さんですが、パソコンのキーボード仕様の文字盤を介して、彼が紡ぐ言葉には、大変迫力があり、彼は、自分なりの世界観や哲学を持って生きていることがよくわかりました。

障がいのある人本人が、文学や芸術など表現活動を行う際、その持っている「障害」を相対的なものとして一定の距離をとって行うのか、その人と「障害」を切っても切れないものとして捉えるのか、という問題は、「障害」とは何か、について論じる際、いつもテーマになります。

「文化」の問題として「障害」を捉える潮流が、近年(1990年代以降〜)出てきたことで、その中に答えのようなものを見いだせる気がしました。

作家として、既に20冊を越える著作を持つ直樹さんも、重度自閉症者としての彼の生きづらさに着目する番組ディレクターに、「あなたは何故そこにこだわりを持つのですか?」と反問していましたが、彼の表現活動も、そこを原点に出発しているので、一人の作家として見てほしい、という自分の願いとの間で少し「揺れ」が見て取れました。

東田直樹さんは、いのちというものは、大切であればこそ、バトンを引き継ぐようなものではなく、「生ききる」ものだ、と、記述が紹介されていました。

ガンを患い、自らも「ハンディー」を抱えることになったと考えている番組ディレクターとの心の交流のなかで直樹さんが発した鋭く深い言葉です。大変印象に残りました。

「文章を書くことは、生きることそのものだ」と直樹さんは言っていました。
そう多くはないけれど、いくつか文章を書いたり発言したりして過ごしてきた僕でしたが、自分に足りないのは、直樹さんのこの境地だ、と反省し、幼い頃から文を書くのが下手で、表現力が乏しくて悩んでいる僕には、ピンとくるものが多かったです。

Facebookとは別に、ViberというSNSで、最近交流するようになった、大学の後輩が、東田直樹さんとその著作、そして、昨夜の番組のことを知らせてくれ、視聴に至りました。そのことも、とても嬉しく思っています。

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること
東田直樹
イースト・プレス (2014-09-05)
売り上げランキング: 8

5
パーカー筆記具2


欲しかったパーカーの筆記具、自分用として購入しました。

パーカー 5th アーバン プレミアム エボニーメタルCT S09759300 正規輸入品


大変なめらかな書き心地で、軽い力で書けます。
いわゆるペン疲れも、少なくてすむでしょう。
万年筆と水性ボールペンの中間という感じの筆致となります。

ペン軸にリフィルを装着する際、少し力がいります。

パーカー筆記具1




当面、年賀状の作成に生かそうと思います。

3
骨付き鶏唐揚げ


12月2日、誕生日を迎え、54歳となりました。
当日の夕食の写真をUPします。
骨付き鶏唐揚げ(写真上)と、鯵の刺身(写真下)
和洋折衷の好物メニューとなりました。

P_20161202_191402_1


今年も、SNSを中心にして、思いがけずたくさんの友人、先輩、後輩、元教え子の皆さんから「おめでとう」メッセージをいただきました。

昨年の同時期よりは、体調が安定しない昨今ですが、その中にも沢山の気づきや学びがあるものだ、と再確認することしの誕生日でした。

だんだん「おじいさん」になっていくのだろうか

肉体的衰えは避けられないだろうが、精神の自由さを保ち、できるだけ発想の柔軟さを担保できるような思考を持ちうるよう、務めたいと願う。

夕食ごちそうさまでした。

5
IMG_20161119_124752


母校に勤務していた頃に自分で購入した腕時計(写真右、ソーラーバッテリー駆動の電波時計)がどうやら寿命を迎えた。
時計が先月の28日で止まっており、リビングの蛍光ランプの下でやや充電できたのか、秒針が飛び飛びで動くようにはなった(これは時計への充電不足のサインらしい)。

ベランダで時計を日光に当ててよく充電し、正確な時刻に合わせようとしたが電波の同期ができず、ついにまともには、時を刻まなくなった。
12年前(2004年)の夏に購入し、5年目に不調となり、近くの大型スーパー内の時計専門店に修理を依頼した。

当時の修理代の見積もりは、安価な腕時計なら、2本は購入できるほどの額だったが、この腕時計で、時間配分もしながら授業もしたので、品物に愛着があった上、「修理の金額では、同じ機能の時計はお求め頂けませんのでね・・・」と、女性店員さんにも励まされ、修理して使ってきた。

それから更に7年。もうそろそろこの時計を手放す時が来たものと悟っている。
長い間、よく役立ってくれてありがとうな。

この機会に腕時計を新調するかどうか、しばらく思案していたが、通院などで外出する際、常にスマートフォンを持ち出すとは限らないことを考えると、時間がわかる手段はあったほうがよい、と考え、現在の自分の生活に見合った価格と機能のものを・・・とインターネットで調べ、気に入った物を手に入れた(写真左)。

腕時計の新旧交代だ。


3
車いすバッテリー


簡易型電動ユニット付き車いすの修理も完了し、配送の関係で後日となる交換用バッテリーを待つばかりとなっていた。

昨日(10/27)、新品のバッテリーを持って、車いすの会社の担当の人が来てくれた。
「これからは日暮れが早いから、夜道に気をつけて車いすに乗ってね」と親切な言葉を残し、担当の人は帰った。ありがとうございました!

電動ユニット付車いすの新しいバッテリーは、灰色から黒色に変わりました(後継機種のバージョンUPに連動して、写真)。
背面のボックスと一体化して、違和感がない様子で喜ばしい。

158ae98c


これで今般の車いす修理についての案件は、ひとまず終了し、申請の最初から一ヶ月とすこしかかりましたが、ホッとしているところです。

↑このページのトップヘ

fx比較