昨夕(25日)は歯科に行った。
先日、就寝前の歯みがき中に、右下奥歯の一部が欠けてしまい、これはヤバイな、と感じ、通院中の内科と同じ医療ビル内の歯科に予約をとっていた。

直近の歯科治療は30年以上前。
高校生の時に虫歯治療をして、愛知県での大学2年の時、生協食堂で食事中に右奥歯の被せものが取れた。
当時近くに歯科がなく、穴の空いた部分が痛み出しても、患部に詰めたり塗ったりする市販の治療薬でしのいだ。

そうしているうちに何も痛まなくなり、現在に至る。
歯みがき中に欠けた歯の裏を見ると、一本黒い線が入り、虫歯が進行していたようだ。

幼い頃に、「宇宙服」を着せられて歯科治療を受けて以来、痛いこと、怖いことがとにかく嫌いになった。 

過去記事:歯をみがきましょ、シュッシュッシュッ!(2008年6月4日)

そうしたトラウマと勉学や生活の忙しさとで、約30年放置した歯の治療。

今回の歯科受診では、覚悟を決めて臨もうと思った。
「体に力が入りやすいので、ご配慮をお願いします」と問診票に医師への希望を書いて・・・

スタッフの方々がウェルカム・モードで迎えて下さり、問診、歯と歯ぐきの健診、歯のX線撮影、初回の治療と、約一時間弱かかって終わった。

年齢の割に、歯全体のグラつきもなく、思っていたよりはお口の健康度が保たれていた。
しかし、今後、3ヶ所程度の虫歯の、神経に及ぶ治療と、欠損歯の修復、歯肉炎・歯周病の治療に、数ヶ月はかかる見通しである。

一番手がかかりそうなのは、欠けた右下奥歯(残痕)よりも、噛みグセのある「利き歯」の左上奥歯の虫歯。
ここもすでに一部が欠けている。

暑い中、通院が増えるのは並大抵でない。
治療台に車椅子から移乗するのも一苦労。
 レントゲンは毎回撮影するわけではないだろうが、車椅子に座ったままの位置合わせが非常に大変だった。

せっせと通院しますから、 よろしくお願いします、と受付の女性に言って、帰ってきた。 ライオン歯科用DENT.クリップライト2 別売りミラートップ・スペアー 1本入 クリップミラー [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品]