もうすぐ新元号に切り替わると思えば、急に自分が年を取り、昔の人になるという感覚に。
令和から見れば、昭和生まれは昔の明治、大正と同じとらえ方だ。

平成の始まりは、大学院の研究室にいた。
学位論文を懸命に書き、学位を取得した。
その後、縁があって母校大学や、姉妹校である専門学校で非常勤講師として13年間勤めた。
何編か論文やエッセイを書き、福祉教育の一環として、学校講演や、研修会での講師もさせてもらった。
精一杯学び、働き、そして体調を崩した30年余だった。
このブログの開設は、平成18(2006)年の3月。
それも、周囲の人びとの支援あればこそと感謝している。
さよなら、平成。
これからの時代には、何が残せるだろうか。