日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメントは、予告なく削除させていただきます)

Category: 食べもの・飲みもの

鮎


昨日(10日)は、お寺からお坊さんにお越しいただき、わが家で毎年恒例の読経を、亡き父の仏前でしていただきました。

お坊さんのご事情でお越しいただく時間の変更について事前連絡がありましたが、午後、望外にお早い時間のご来宅となり、わが家は少々慌てました。
お経は毎年通りていねいで、夏の暑さや、最近世間を賑わせている「吉本騒動」などについて手短に話されて帰られました。お暑い中、そして大変な中をありがとうございました。
写真は、お盆にこのところ毎年いただいている若鮎のお菓子です。中の求肥が美味しいです。


下の写真は助六寿司です。前日に食べました。

助六寿司

P_20190413_155726_1_1


写真:シベリア
羊羹をカステラではさんだお菓子です。
きょうのおやつにいただきました。
昭和のお菓子ですが、激甘かと思いきや意外とあっさりしています。
青森の工藤パン製の品物でした。
美味しくいただきました。

類似品では、ようかん巻きがあります。





シベリアは、近年では、『風立ちぬ』(2013年、スタジオジブリ)や、
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]
posted with amazlet at 19.04.13
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-06-18)
売り上げランキング: 89


『とと姉ちゃん』(高畑充希主演、2016年、NHK連続テレビ小説)でも出てきたお菓子です。




牡丹餅


牡丹餅を食べました。
昨日(20日)食べたのですが、本当は「春分の日」に食べるのが良いそうです。
ご先祖様に牡丹餅をお供えして邪気を払い、家族の平穏無事、健康、幸せを願う、江戸時代からの庶民の風習だそうです。

春分の日に食べる牡丹餅は、こし餡で、秋分の日に食べるおはぎは、つぶあんにするとのことです。
どちらも美味しいですが、僕はあんこはこし餡派です。
美味しければ、どちらをいつ食べてもいいですよね(笑)。

一昨日(19日)は、ヘルパーさんを伴っての内科通院の日でした。
ヘルパーさんが、辺りのあちこちで、花がほころび始めているのを教えてくれましたが、僕は、車いすの運行に気を取られ、余り花に気持ちが向く心の余裕がありませんでした。
体調が「普段並み」だなぁ、と思うまでには、もう一皮むけないと、本調子とは言えない今年の春の初めです。


5
2019-02-03-19-44-57


きょうは節分。
巻き寿司をいただきました。
2019年の恵方は、東北東だそうですが、方角はわかりませんでした(笑)。
ですが美味しく食べたので満足しています。

近時、体調が今一つで、心の中にも"鬼"を飼いがちですが、この際、心の中の"鬼"は、即刻追い出して健康第一で、福を呼び込めたらとおもいます。

IMG_20190102_224427


毎年恒例、正月2日、神戸に住む母方の従弟が来てくれて会食となりました。

母と僕のノートパソコンの不具合も調べて直してくれて、大いに助かりました。

昨年お金を出して、市内のパソコンサポートの専門の人に来てもらった時に、その人はお手上げで手が出せなかった不具合でした。
少し時間はかかったものの、それを従弟が直してくれました。

「にいちゃん、福祉のことだけでなく、パソコンのことも、もっと勉強しいな。」とハッパをかけられました。

はい、もっと勉強していきます。

美味しいお寿司と和菓子(羊羹と最中)を持参してくれてありがとうm(_ _)m。

IMG_20190102_145244


【とらや】羊羹・最中詰合せ(B)
とらや
売り上げランキング: 27,860



正月も4日となりました。
新しい年もお陰様で穏やかに明け、正月楽しかったです。

本日仕事始めの方もいらっしゃることでしょう。
ウォーミングアップをして、ぼちぼち参りましょう。

5
uribo2019


新しい年が明けました。
旧年のご挨拶もせぬまま、ブログの今年初の更新となります。
昨年は、余り当ブログの内容更新ができませんでした(32本/年)。

今年は、もう少しできたらと思います。

2019年、亥年だからといって猪突猛進せず、落ち着いて過ごせる一年にと願っております。
皆様にも幸多き一年となりますよう祈念いたします。
今年も、当ブログをよろしくお願い致します。

IMG_20190102_111902


(写真中:わが家の元日の雑煮です。関西は丸餅で、わが家は母が長年、具だくさんの雑煮にしてくれます。餅は二つと半分いただきました。)

IMG_20190102_111739


(写真下:正月の祝肴<黒豆、数の子、田作り(ごまめ)>です。)

天然水


『阿蘇の天然水』(550ml×6本、サントリー)
先日『サントリーなるほどクイズ2018』(第9回)のクイズに答え、景品を選んでエントリーしたところ、抽選の結果、天然水(写真)が当たりました。

昨日、心当たりのなかった宅配が届き、判明した次第です。

アルコール類が一切飲めないので、せめて…、ということで天然水を選んでいたのですが、思いがけなくてうれしかった。
ありがとうございました!


きょうは節分。夕食に、恵方巻を準備しました。

P_20180203_184545_HDR


今年(2018年)の恵方は南南東の方角だそうです。

P_20180203_172057


本来は、一本食べするところですが、食べづらいことと、シェアの都合で、切り分けて食べました。

P_20180203_185637


明日は立春ですが、寒さがまだまだ厳しい。

福といっしょに春も呼び込みたいものです。

3
P_20180109_112604_HDR


近くの高齢者施設へボランティアで茶道のお稽古にも出向かれている知人の方から「花びら餅」をいただきました。
「花びら餅」は、茶道(裏千家)の「初釜」(新春最初のお茶事)に用いられる和菓子です。
白味噌の餡と甘く煮たふくさ牛蒡を、半月形の柔らかいお餅で包んである妙味なお菓子です。塩味と甘みのバランスが絶妙だと感じます。

僕の父方の祖母(故人、2006年に98歳で没)は、茶道の師範で「宗辰」という雅号を用いていました。このブログの題号とした「日日是好日」(毎日が素晴らしい日だ、またそうなるように務めることが望ましい、というほどの意)という禅語の意味を、「お茶の言葉よ」と教えてくれました。
僕のことも、孫として公平に遇し、尊重して可愛がってくれました。

以上のエピソードは、このブログでもご披露したことがありましたが、「花びら餅」を頂きながら、とても高潔な人だった祖母のことを思い出しています。

りんごパイ粉砂糖がけ


きょうは、55回めの誕生日。
その記念に、母が「二色りんごパイ」という菓子を作ってくれました。自家製です。
母が参考にさせていただいたフェイスブック上での何方かのレシピによれば、
赤と青の二色のリンゴを使うのがメニュー名の由来だそうですが、
わが家では、赤いサンふじ一種類だけ使いました。

サンふじトッピング


製作者によると、パイ生地の温度管理がうまくいかず、膨らみ具合が気に入らず、出来は、良くなかった、とのことです。

パイ生地というものは、プロの洋菓子職人が、しばしばそうされるように、大理石のひんやりとした台の上で、手早く成型しないと、ダレてしまうそうです。
僕は美味しく頂ければ満足で、多くは望みません。ごちそうさまでした。

五並びゾロ目のバースデイの今日は、フェイスブックの友人知人、先輩、後輩、教え子を中心に、思いがけず温かいお祝いメッセージを沢山頂戴して、とてもうれしい一日でした。感謝しています。

↑このページのトップヘ

fx比較