日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメントは、予告なく削除させていただきます)

診察記録

8月26日は、月例内科外来で、7月に採血していただいた検査の結果を聴いてきました。

肝機能以外は特に指摘されるようなことはありませんでした。
その肝機能の値にも、わずかながら改善の兆しがありました。

今年の冬(2月)に、肝機能の状態が悪く、体調面で、足腰の痛みも重なり、楽しみにしていたことを断念した経緯があり、それに比べれば今回は結果オーライかな、と受け止めています。

医院の帰りに立ち寄ったスーパーマーケットのディスプレイは、すでに夏の雰囲気から、秋仕様に移りつつありました。
外を吹く風も、この日は熱風オンリーではなく、いくらかマイルドに、秋の気配を感じることができました。

P_20190828_192709

写真上:イチジクを食べました。

昨日(18日)は月例の内科受診でした。
喉の痛みなど風邪症状があり、診察してもらい、喉の炎症を抑える薬と抗菌薬の処方(5日分)となりました。
発熱がなかったのが幸いでした。

通院介助でヘルパーさんを得ていた先月までと比べ、午後一番乗りの通院が可能となり、行き帰りに要する時間も、グッと短縮できました。

上手に調節し、疲れが少ないように出来たら、それが最良です。

体調に著しい変化がなければ、内科通院は、平成では今回が最後となりました。
現在のクリニックには平成18(2006)年からお世話になっています。受付の方や、看護師さんの顔ぶれは、何人か変わりましたが、患者としては、常連でお顔馴染みとなっています。

調剤薬局で受けとる沢山の薬袋に印字してある元号も、来月からは、「令和」と表示されるのでしょう。西暦で通せば、システム改修の手間と費用もかからないのに、と考えています。
21日の日曜日は、市長と市会議員選挙の投票に行くので、週末は静養します。

1月16日に、年に一度の誕生月(12・1月)健診を受け、2月12日、内科通院の折にその結果を主治医から聴いて帰ってきました。

肝機能の代表的数値二つが、昨夏の検査よりけっこう悪くなっており、この数日、ちょっとしょげていました。
主治医からは、「まあ、こんなものでしょう」と言われ、引き続き薬治療が続きます(ちなみに肝機能以外の、がん検診や尿検査等の結果は、別条ありませんでした)。

肝機能の数値は、昨夏の結果がよかったので、少し油断したかもしれません。
昨年末頃から、腰痛にあわせ、倦怠感、疲労感、時に食欲不振などが出現し、肝機能数値の悪化を思いましたが予感が的中しました。
肝機能は、この数年、年二回の検査で、夏に数値が改善し、冬に悪化する(あるいはその逆)というような感じで推移しています。

この検査とは別に、主治医から眼底検査をすすめられました。
高血圧の既往があるので、一度受診してみては…、とのことでした。
外から人間の血管の状態を観察できる唯一の器官が目なのだということです。
向こう一か月以内有効の受診券をいただいてきました。
今年から、市の健診結果により、無料で眼底検査が受けられるようになったそうです。
近いうちに、近医の眼科に行ってこようと思っています。

きのう(19日)は夕方、ヘルパーさん同行にて内科通院でした。
先月は薬を受け取るだけでしたので、ひさびさの受診となりました。一時間程度の所要時間ですが、天気も良かったので助かりました。

今月から診療報酬や介護報酬が変わり、事業所さんもサービス利用者やご家族へのこれら変更の説明に追われている、とのことでした。

同等のサービスを使っていて、自己負担額が発生する場合、以前より額が上がる場合だけでなく、数円程度下がるだけでも、ご説明しないと…、とヘルパーさんは話されていました。
まあ、当然のことだとは思いますが、利用者が細かいことを把握するのは、難しいと思いますので、できるだけ丁寧な説明をお願いしたいものです。

診察室から、名前を呼ばれるまでヘルパーさんと話をしていて、そのまま入室し、血圧測定をしたためか、血圧の値が、びっくりされるほど高く出ました。

診察の前は、やはり少しおとなしくしていたほうがいいようです。
気温が上昇しつつあるので、通常は血圧は下がってくるものですが、自宅で測った血圧は、若干高めではあるものの、薬のコントロールもあって安定しているので、主治医から、「よっぽさん、今日はどうしはったん?」と言われ、「別にどうもしてません。さっきまでヘルパーとしゃべってましたのでそのせいかなー?」(笑)と、こたえました。

今日の血圧の値は、やはりちょっと気をつけたい数値でした。様子を見ます。

このブログでも、前に書きましたが、大阪の「障害者医療」では、窓口での支払は、一診療科に付き、一回500円(薬代込み)でしたが、4月から薬を受け取る際にも調剤薬局で500円の支払いが必要となりました。実質、負担増です。なかなか大変です。

昨日(19日)は、内科受診。
先月の検査の結果を主治医に聴く。
心電図の波形異常(軽度ST-T異常の疑い)と、肝障害は、経過観察となった。
肺、胃(ペプシノゲン)、大腸、前立腺の各種がん検診や、血液像は、まったく異常なしでホッとした。
パニックになるような値ではないらしいから、主治医も今のところ特段言及されないが、肝機能だけが、検査のたびにこのところ3回続けて上昇してきているのが気がかり。
軽度安静と投薬治療を継続する。

健診は受けたアトが大切。

P_20180219_134012


甘いものは、もう少し減らす。

P_20180219_133918


昨日(11/10)は、内科外来で、月例の診察と薬の処方に合わせ、こちらも毎年恒例のインフルエンザの予防接種も受けてきました。
今年は、ワクチンが不足している、と、新聞で読みました。
ワクチンの製造が、全国的に例年より遅れ、また、今シーズンは、インフルエンザのどの型が流行しそうか、予測が立てづらく、4種類のワクチンの型の組み合わせを決めにくかったためだ、というような主旨のことが報道されていました。
したがって、ワクチンの十分な供給について、自治体ごとに差があるそうです。

このような事情で、今年の予防接種については心配しましたが、通院中の医院では、例年通り予約なしでも注射していただけました。
しかし、年々、接種費用はかかります。
インフルエンザの予防接種について、市民税等非課税世帯のわが家では、事前に市の保健センターに申請することにより、高齢の母には費用の助成があるのですが、障害者に関しては、一部の要件を除き、居住市では5年ほど前に費用の助成制度が撤廃になりました。予防接種は保険や障害者医療の適用外であり、自分は年齢も、一部の要件にも該当しないので、負担が生じます。

写真は、内科通院の帰りに、最寄りのマーケットで買って帰った「バラエティーサンド」です。
手前には、母とシェアしたコロッケパンがあるのですが、うまく撮れませんでした。
「中のコロッケが美味しいね」と、喜んで昼食にいただきました。

サンドウイッチ

順調に(?)月末の通院予定をこなしています。きょうは、歯科、昨日は、内科への通院となりました。
虫歯治療を完了し、3ヶ月目の検診の歯科では、口の中の状態が良好で安心でした。このコンディションを長く続けましょう、とのこと。コーヒーや紅茶等をよく飲むことによる、歯の着色汚れを、検診で毎回指摘されるのですが、ホワイトニング効果のある市販の歯磨きペーストを使うようになり、効果があったのか、今回は同様の指摘を受けませんでした。

薬用シュミテクト やさしくホワイトニング 90g 【医薬部外品】
グラクソ・スミスクライン (2010-03-05)
売り上げランキング: 483


●肝機能の数値が…

内科では、7月の採血による検査の結果を医師から聴いて帰ってきましたが、肝機能数値のみが、あまり良い結果ではありませんでした。ちょっと凹みました。
一歩後退の今年の冬の状態より、さらに20程度上昇していました。

治療中の「肝機能障害」(非ウイルス性、非アルコール性肝疾患)は、「一歩前進、二歩後退・・・」といった様相です。

今回は、(特に8月に入ってから、)ここしばらく頭痛の頻発と、疲れやすさ・倦怠感が強かったので、それも主治医に報告しました。
やはり「暑さによるものだろう」との意見でした。
肝機能について、医師は、「何年か前にも、同じような数値だったことがあり、その後、回復してきてはったので、もうしばらく経過を見ましょう、肝臓以外は、心配がないので、ぼちぼち行きましょう」とのことでした。
過去の検査で、2回続けて数値が悪化したとは、さすがに少し心配ですが、引き続き、軽度安静ということで生活して行きます。
母が、「あんたは、このところ、『疲れた』『しんどい』と連発していたので、また肝臓の数値でも上がっているんじゃないか、と思っていたけれど、その通りだったわね。」と申します。暑さに伴って、何もしていないのに体がだるく、しんどかったので、今回もたらされた数値も、多少、影響していたかもしれません。「病は気から…」とも申しますので、無理しない程度に気力を保って、過ごして行こうと思います。

最新版 肝臓病の基本の食事 (まいにちの健康レシピ)
大越 郷子
学研パブリッシング
売り上げランキング: 98,457

3
9月21日から、体調に変化がありました。
朝、起床前に、タブレットPCを開いて、ネットでニュースなどをチェックして、体を起こすのが最近の習慣なのですが、その日は、タブレットの文字が左右に揺れ、まともに文が追えなくなって驚きました。

体の向きを変えただけで周囲がグルグルと回転するような、フッと気が遠くなるような感じがするのです。

目をつぶって5分間ほどじっとしていたら、タブレットの画面の揺れも治まり、内容が把握できるようになりました。
血圧は安定しており、吐き気などはないし、食事も普通に摂れました。
ただ、座っていてもごく軽い頭のふらつきが残っています。
めまいはめったに経験しないので、びっくりしました。

めまいの経験は、振り返れば、学校の授業の合間を縫って、自動車の運転免許教習に通っていた大学4年の夏(1987年)、そして、十数年前(2004年)に教室で授業をしているときに少し気分が悪くなり、血圧が上がってしまって、翌日の授業を休講にさせてもらった時以来です。

24日の月例の内科クリニック受診で、めまい感などの症状について、医師に報告しました。
軽度な「良性発作性頭位めまい症」であろう、という診断でした。
よくある回転性のめまいではないか、めまいの中には脳疾患などを心配するものもあることはあるが、症状を聴いている限りでは、該当しないでしょうとのことでした。

10日分、薬が処方されました(写真)
症状が治まったら、薬は漫然と服用せず、途中で断薬してもよいそうです。

めまい薬


しばらく様子をみます。

めまいの9割は、自分で治せるそうですから。

9割のめまいは自分で治せる (中経の文庫)
新井 基洋
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 113,855


「めまい体操」ってあるのですね。

日めくり まいにち、めまい体操 ([実用品])
新井 基洋
扶桑社 (2016-05-29)
売り上げランキング: 51,381

聴診器






























本日は、1月20日に受けた健診の結果を内科で聴いてきました。
肝機能の数値は、相変わらず基準値を逸れ、良い結果とは言えませんでした。
極端に悪い値ということではないものの、昨年夏の定期検査より、さらに上昇していたので、よい結果とは言えないでしょう。

肝臓のケアには気を配ってきましたので、残念です。
よかれと思い、気に入って利用していた肝臓のためのサプリも、長く飲んでいたけれど、費用対効果で、定期購入の甲斐がないと思い、会社に解約の連絡をしました。

尿潜血も、今回生まれて初めて、±が出ました。
オイタが過ぎた訳でもないのに驚きです。
こちらの方は、まあ経過をみるだけでよい、とのことでした。

オプションの各種がん検診(肺、大腸、前立腺)は、異常なしで、さしあたりホッとしました。
一病息災、ではありませんが、血圧も肝機能も、基準値からは外れ、高め安定が続いているので、主治医も、「まあ、こんなものでしょう 」といって、経過観察と投薬を続ける旨、おっしゃいました。

2月に入ってから、日常動作をこなす上での困難がいや増し、疲労度が大きいことを感じています。
パソコンの作業も、長時間は苦しくなってきました。

先日も、暖房を利かせた、自分の寝室兼書斎のパソコンの前で、うたた寝から目覚めたら、突然気分が悪くなり、後は夕食をはさんで就寝まで、ずっと横になっていました。
色々書いては、キリがないし、愚痴になりますので、止めておきます。
休み休みやりたいと思います。 

実は、この間、楽しみにし、心待ちにしていることもありますので、それを励みに、体調不良を乗り切りたいと思います。 

昨夕(25日)は歯科に行った。
先日、就寝前の歯みがき中に、右下奥歯の一部が欠けてしまい、これはヤバイな、と感じ、通院中の内科と同じ医療ビル内の歯科に予約をとっていた。

直近の歯科治療は30年以上前。
高校生の時に虫歯治療をして、愛知県での大学2年の時、生協食堂で食事中に右奥歯の被せものが取れた。
当時近くに歯科がなく、穴の空いた部分が痛み出しても、患部に詰めたり塗ったりする市販の治療薬でしのいだ。

そうしているうちに何も痛まなくなり、現在に至る。
歯みがき中に欠けた歯の裏を見ると、一本黒い線が入り、虫歯が進行していたようだ。

幼い頃に、「宇宙服」を着せられて歯科治療を受けて以来、痛いこと、怖いことがとにかく嫌いになった。 

過去記事:歯をみがきましょ、シュッシュッシュッ!(2008年6月4日)

そうしたトラウマと勉学や生活の忙しさとで、約30年放置した歯の治療。

今回の歯科受診では、覚悟を決めて臨もうと思った。
「体に力が入りやすいので、ご配慮をお願いします」と問診票に医師への希望を書いて・・・

スタッフの方々がウェルカム・モードで迎えて下さり、問診、歯と歯ぐきの健診、歯のX線撮影、初回の治療と、約一時間弱かかって終わった。

年齢の割に、歯全体のグラつきもなく、思っていたよりはお口の健康度が保たれていた。
しかし、今後、3ヶ所程度の虫歯の、神経に及ぶ治療と、欠損歯の修復、歯肉炎・歯周病の治療に、数ヶ月はかかる見通しである。

一番手がかかりそうなのは、欠けた右下奥歯(残痕)よりも、噛みグセのある「利き歯」の左上奥歯の虫歯。
ここもすでに一部が欠けている。

暑い中、通院が増えるのは並大抵でない。
治療台に車椅子から移乗するのも一苦労。
 レントゲンは毎回撮影するわけではないだろうが、車椅子に座ったままの位置合わせが非常に大変だった。

せっせと通院しますから、 よろしくお願いします、と受付の女性に言って、帰ってきた。 ライオン歯科用DENT.クリップライト2 別売りミラートップ・スペアー 1本入 クリップミラー [ヘルスケア&ケア用品] [ヘルスケア&ケア用品]

↑このページのトップヘ

fx比較