日々是好日−つれづれよっぽブログ

ご訪問ありがとうございます。 日々是好日―いつも、きょうが一番よき日である、と信じ、感謝して生きる…茶道の師範だった亡き祖母が教えてくれたことばから命名しました!2016年3月、開設10周年を迎えたブログです。 「よっぽ」は、イタリアのおしゃれなねずみ“トッポ・ジージョ”からとった僕の幼い頃からの愛称です。只今、月に複数回程度の更新頻度となっています。※コメント大歓迎!(但し、記事と全く無関係なコメントは、予告なく削除させていただきます)

音楽

P_20180626_125231


コチコチカッチン おとけいさん・・・
こどものはりと おとなのはりが
こんにちは さようなら コチコチカッチンさようなら
(「とけいのうた」筒井敬介作詞)
童謡 とけいのうた

長針と短針は、12時間に一回しか「こんにちは」ができないのか?
秒針は、仲間はずれなのか?
幼い頃から、お時計さんの歌は、可愛い歌だとは思いますが、不思議な歌というか、子ども心に、納得が行かなかった歌だったんですよ。

(母が使っていた目覚まし時計がこわれたので、新しいのを買いました。31曲のメロディーが、アラーム音として選べるそうです。)



追記)
2018年6月18日、午前7時58分に発生した「大阪北部地震」では、多くの知人、友人の皆様からご心配の声をいただきました。当地の震度は、震度5強でした。
わが家は、僕の寝室の本箱が、斜めになって中身が散乱したり、居間の食器棚の中の食器が割れたり、飛び出したりしましたが、母ともども怪我もなく無事でした。
余震の予期不安から、よく眠れなかったりすることは現在もありますが、生活は、普段どおりに過ごしております。
ブログを通じ、今回の地震に関し、単独で記事化することもできず、読者のかたがたへのご報告と御礼も遅くなってしまいました。この度は、たくさんお声かけいただき、心丈夫で居られました。
ありがとうございました。

コブクロ新アルバム


めったに音楽CDなど購入しない母が珍しく、「コブクロのアルバムが欲しいわね」と取り寄せた。

TIMELESS WORLD(初回限定盤)
 
コブクロがテレビ出演し、歌う『未来』という楽曲が、繊細で、心に残る一曲だったからだ。



こんなにもか細く 折れそうな
枝の先にも 君の未来が生まれてる
(作詞:小渕健太郎)

品物が届き、さあ聴こう、と、わが家のミニコンポにCDをかけたら、全く演奏が始まらない。
10年間使用し、しばらくCDもかけていなかったミニコンポは、ラジオがかろうじて聴こえるだけで、壊れてしまっていた。パソコンでも、CDは聴けるが良い音で聴きたい。

リビングでCDぐらいは聴きたいわね、ということで、急いで手頃なミニコンポも、インターネットで探して注文。

昨日(20日)さっそく届いたミニコンポがこれ。

ミニコンポ


パナソニック CDステレオシステム USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PM250-S


付属のスピーカーや、ラジオ受信用ループアンテナの接続や設定やらで、かなり大騒ぎして、ようやく件のコブクロのアルバムを聴いた。
CMや映画の主題歌として、耳に馴染みのある曲も収録されており、心地よかった。

コブクロは、アップテンポの曲より、バラード調のハーモニーのある曲が、やっぱり聴かせるし、印象に残る。

この商品は、ライヴのDVDと二枚組なので、DVDの方はパソコンの動画再生に頼らざるをえないが、後日ゆっくり視聴したい。

ミニコンポの音質も値段の割にまずまずで、気に入った。
ラジオも、ワイドFM(AMラジオの番組がFMでも聴ける補完放送)対応で、選局の設定もしてあるので、母が簡単にリモコン操作で放送を聴くことができる。
今回のミニコンポでは、カセットテープは聴けない。

母のベッドサイドの、約5年前に買ったCDラジカセが壊れたら、カセットテープを聴くのはもうあきらめたほうが良いかもしれない。メディアも変化しており、プレーヤーを探すのが大変だ。

ともかくも、しばらく楽しめそうだ。

1
オペラ歌手の中島啓江さん急逝(11/23、57歳)のニュースに接しました。 僕は、音楽が好きですが、オペラに親しむことはありませんでした。 25年ほど前だったと思いますが、ある時、テレビを見ていて、一人の女性オペラ歌手の、おそらく一度拝見したら忘れることがないような、大変大きなお体から発せられる声量に、まず圧倒され、そしてその持っている繊細かつ情感あふれる表現力に、魅せられる経験がありました。 その方が、中島啓江さんという歌手であることを知るのは、少し後のことでした。 当時、放映されていた朝日放送の夕方のワイド番組で、ゲスト出演された中島さんが、ご自分のコンサートイベントの告知を兼ねて、心を込めて生うたを披露されました。 その一曲が、「生きる者の歌」と題する、この時初めて耳にした情感豊かな曲でした。 オリジナルは、40年以上前の曲なので、永六輔さんが作詞し歌ったものであったことも、最初は知りませんでした(作曲:中村八大氏、故人)。 僕は、中島さんの歌声に感銘を受け、以来、彼女がテレビ・ラジオに出演されるたびに拝見・拝聴してきました。 学生の頃に中島さんが受けた壮絶ないじめの話や、最愛の亡きお母さんのエピソードなどもテレビで伺い、中島さんの歌の情感の源は、彼女の人生にあったのだな、と感じていました。 「歌をこころで伝えよう」というお気持ちが伝わってくるような歌手でした。 突然の訃報を大変残念に思います。心からご冥福をお祈りしております。合掌。
生きる者の歌 中島啓江(Youtube)
答えは、YES!―ビッグ・ママからのメッセージ
中島 啓江
岩波書店
売り上げランキング: 11,152

弥生・三月に入っています。
本日は「啓蟄」で、地中で過ごしていた虫たちも暖かさを感じて這い出してくる頃、という節気ですが、厳しい寒の戻りの今日となりました。

【どこかで春が】

作詞:百田宗治、作曲:草川 信
どこかで春がうまれてる
どこかで水が流れ出す

どこかでひばりがないている
どこかで芽のでる音がする

山の三月  東風(こち)吹いて
どこかで春がうまれてる

子どもの頃、学校で習った唱歌です。「どこかで春が」とは思えない寒さなのです。
春が来る気配を「芽の出る音」で表現した詩人はすごいですね。

ところでこの歌の「東風」(こち)という表現が、小学生には難しいということで、僕の頃(1970年代前半)の音楽の教科書では、「そよ風」となっていた記憶があります。
両親は、「東風吹いて〜♪」と歌うので、「違うでぇ〜」と教科書を示してクレームをつけたのですが、「東風」が元歌なのでした。
「東風」吹けば春の証。
こんな寒さでも、「どこかで春が」と信じたい。

今夜から明日にかけては、雪の予報が出ています。
ところによっては、大雪になりそうだ、とのこと。
警戒が必要です。

当地では積もるでしょうか。
5日の朝にはうっすら積もりました。

うっすら雪積もる




「白い思い出」という雪にまつわる歌があります。
古い歌ですが、幼い頃から何故か、心に残っています。

足腰が骨まで冷える寒さです。
明るい陽ざしがすぐそこに、と思い、過ごしたいと思います。



白い思い出(歌:鮫島有美子さん)

雪が降ってきた ほんの少しだけど
私の胸の中に 積りそうな雪だった
幸せをなくした 暗い心の中に
冷たくさびしい 白い手がしのびよる

雪が溶けてきた ほんの少しだけど
私の胸の中に 残りそうな雪だった
灰色の雲が 私に教えてくれた
明るい陽ざしが すぐそこに来ていると

灰色の雲が 私に教えてくれた
明るい陽ざしが すぐそこに来ていると
すぐそこに来ていると

(山崎唯作詞・作曲)

いよいよソチ冬季五輪も開幕ですね。
世の中を温めてくれる競技の数々と各選手の健闘を期待します。

九月に入りました。
記録づくめの猛暑、ゲリラ豪雨など、天候不順な今年の夏、残暑も少し一息つくかな、というところ、九月のスタートは台風の接近と、季節を分ける秋雨前線の影響で、降雨続きです。



また、埼玉や千葉などの一部地域では、大気が不安定で、スーパーセルと呼ばれる積乱雲の影響で、巨大竜巻が発生し、大きな被害が出ています。被害の発生した地域の方々、心よりお見舞い申し上げます。今日寝るところの確保からはじまって、どこから手をつけて、生活の建て直しを図るのか、テレビで映像を見ているだけで、途方にくれる思いです。

僕は八月の後半、視力が少し弱い左目に違和感(充血とゴロゴロ感)が生じ、疲れ目+めばちこ(ものもらい)のはしり有りで、駅前のドラッグストアへ、抗菌目薬を買いに行き点眼しました。

八月いっぱいは、パソコンに向かうのを、少しセーブしていました。だいぶマシになったので、ぼつぼつ再開していますが、夏の疲れがあるのか、「体が、目から疲れる」ような感じで、だるい日が多いです。

ブログの記事更新も、毎度のことながら間隔が空き、ご無沙汰しておりますこと、お詫び申し上げます。

今夏は異常気象といわれていますが、暑さや湿度が本当に体にこたえました・・・。特定の年の気象が、従来の統計からみて、「異常」なのではなく、人類は、生物として、亜熱帯のような夏の気候変動に、果たして順応して行けるのか、ということだと思います。

九月は始まったが、雨ばかり・・・ということで、朝、太田裕美さんの「九月の雨」(1977年)を聴きました。
「九月の雨は冷たくて」雰囲気のある曲ですねぇ。

これからは、残暑があっても、朝夕の思いがけないヒンヤリ感や、雨降りの日の蒸し暑さとともに、冷えにも注意が必要です。

当分、パソコンに向かう時間は、休憩を取りながら、少し減らします。




太田裕美 九月の雨(YouTube)

5
本日は、テレビで放映が十数時間に及ぶ音楽番組、『音楽の日』(TBS系)をやっている。
なんとなく、今日は体がしんどいから、リビングの椅子に寄りかかって、昼の放送を聴くともなしに聴いていた。番組は深夜まで続くらしい。


錦野旦さんや水前寺清子さんが、東日本大震災の被災地に赴いて、往年の曲を歌っていた。
ファンが多く、チータなんかは、三陸鉄道の電車に乗り込んで、歌いながら、大勢の人々に握手を求められても、歌やリズムがまったく外れることはなかった。マイクパフォーマンスまで、完璧なこの人らは、さすがにプロで、やっぱり大スターだな、と感心した。

もう一つ、「嫁に来ないか」や僕が好きな「津軽恋女」等で知られる、歌手の新沼謙治さんが、被災した新沼さんの故郷、岩手県大船渡市を思って自作したという、「ふるさとは今もかわらず」は、初めて耳にしたが、本当に美しい歌だった。
新沼謙治さんの朴訥な人柄が、そのまま表現されたような楽曲だった。



ふるさとは今も変わらず−歌詞の最後にある「ふるさと 未来へ続け」というフレーズが印象に残りました。




誰の胸の中にも、「心のふるさと」があるものですからね。

僕が過ごしたり学んだりしてきた、いくつかの「心のふるさと」は、年月を経て形を変えたり、役目を終えたりしつつあります。
いのち、くらし、友達、そして、ふくし等、僕にとって、学問と人間形成の基礎となったところです。
思い出と、「みんなで声を かけあって 力合わせて 生きてきた」出会った人たちとの絆だけが残っています。
このことに改めて感謝するこの頃です。

5
小西コンサート友人でシンガーソングライターの小西達也氏から、「小西達也コンサート2013−51歳の誕生日にどーしても50歳の誕生日を祝っておきたい訳有りコンサート−」の案内ハガキが届いた。

10年ぶりの自主公演だそうだ。昨年、50歳の祝いのコンサートが、自身の入院で延期になっていた。




ホームページに管理人の方が書いていた告知で、それを知り、「来年は記念のコンサートができるように、早く元気に・・・」と本人にメールを送って激励していたけれど、やっと開催できるんやね・・・。
おめでとさん

小西達也の「いちばん星みつけた」



野に咲く花を贈ります。
b54eda39.jpg

マニッシュ(mannish)・・・「男性的な」、女性が男性的な服装をした時に用いる。
ファッションやアパレルの用語としての、”マニッシュ”という言葉を、AKB48の新曲「ギンガムチェック」で初めて知ったのです。

ギンガムチェック
君が着てる
半袖シャツ マニッシュだね
(作詞:秋元康)

という歌詞が出てきて、マニッシュだねってどういう意味かなと思ったのです。

単に、英語の力がなかっただけかも知れませんが、ギンガムチェックの格子柄の衣装に身を包んで、歌番組に出演しているAKB48のメンバーが爽やかなので、マニッシュとは、ボーイッシュな女の子の爽快なイメージを歌詞にしたのかな、とも思いました。

複雑な恋の心模様を、ギンガムチェックの格子柄に重ねているのですね

メンバーのあっちゃん(前田敦子さん)の卒業が、先週は一般新聞やNHKニュースなどでも報道されたAKB48、今や社会現象ですね。
見ていると、こんなオジサンでも、元気をもらうので、メンバー同士切磋琢磨しながら頑張ってほしいものです。

関連記事:卒業(2012年3月26日)

【PV】ギンガムチェック ダイジェスト映像 / AKB48[公式]




4
今年の桜2011


写真は、昨年、万博記念公園で撮影したものです。
過去記事:桜日和2011(2011年04月07日)

櫻の咲いてる わずかなこの時
誰もが束の間 花やぎ生きてる

(作詞:山上路夫)

いくたびの櫻 ふくい舞 歌詞情報 - goo 音楽


昨年(2011年)の「第44回日本有線大賞」受賞曲、ふくい舞さんの『いくたびの櫻』。
歌い方に個性があるけれど、良い曲だなー、と感じました。
「花の命は短くて・・・」というけれど、花はそれゆえに輝くのかもしれません。
命のはかなさも感じさせますね。

ふくい舞 / いくたびの櫻(アコースティックVer.)






↑このページのトップヘ

fx比較