昨日は親父の命日だった。










毎年この日を機に気持ちを切り替える。










今年は親父が亡くなってからちょうど10年の節目の年。。










10年経った今、










俺も親父になった。










親父が死ぬ前、










俺は何もかもが中途半端だったと思う。










親父が死んでわかったこと...










両親からもらった命、とにかく一生懸命になにかを頑張り生きぬいていくこと。








人はみんなそのなにかが違う。









俺はボクシング。










動機は不純で初めはボクシングのボの字もルールも知らなかったけど、








今では仕事以外はボクシング漬けの日々。










そりゃ辛い時だってある。








でも辛いことやキツイことも強くなるためには絶対に必要なこと。









まだまだいっぱい親父が死んで学んだことはたくさんある。









10年経っても、親父が死んでプロボクサーになってチャンピオンになるという夢は変わっていない。









初心忘れずに、日々努力。









これから先もきっとその気持ちは揺るがない。









親父、、、









そろそろ花咲かせるよ。










親父、、










アリガトウゴザイマス...