VBScriptでExcelマクロの実行するサンプルを紹介します。

前提条件
c:\temp\test.xls
上記のエクセルファイルに下記のマクロ(サブルーチン)が存在するものとします。
sub update_data(data_type as string)

---------------------------------------------------------------------
Dim objExcelApp ,objExcelBook
Dim macro_path
Dim para1

'エクセルマクロのパスを代入
macro_path = "c:\temp\test.xls"

Set objExcelApp = CreateObject("Excel.Application")
Set objExcelBook = objExcelApp.Workbooks.Open(macro_path, , True)

’エクセルのサブルーチンupdate_dataの実行
'objExcelApp.Run "'" + エクセルファイルパス + "'!マクロ名", 引数

※引数を変数で渡す際にはCstrで変換しないとエラーとなります。

para1="ABC"
objExcelApp.Run "'" + macro_path + "'!update_data", CStr(para1)

objExcelBook.Saved = True
objExcelBook.Close False
Set objExcelBook = Nothing
Set objExcelApp = Nothing