2018年03月28日

逸>グローバルフーズコーポレーションの「あさくち宇宙カレー」

 浅口市鴨方町六条院東にある食品のケータリングサービスの会社です。「天文のまち」のPRで、宇宙をイメージした「あさくち宇宙カレー」を商品化されました。一昨年、浅口市の依頼を受けて、おかやま山陽高校の生徒が3種類(ブラックホール、金星、火星)のレシピを考案し、そのうち今回ブラックホールをベースに開発。宇宙というのは漆黒の黒というイメージが強かったので、黒いカレーをアレンジして作られたとか。

 昨年6月から試作を始め、10月にレトルトカレーの試作品が完成し、市に報告されました。中身の基本は、ビーフカレーをベースに作り、黒色は竹炭を使っています。レトルトパウチはアルミ臭がしないようにという事で、透明タイプを採用し、極力こだわっています。パッケージは黒ベースで映えるように黄色いライスで写真に掲載しています。

 3月24日にリニューアルオープンした市立岡山天文博物館で、土産物として販売しています。浅口市内で他にはきの味と浅口グリーンマーケットで購入でき、今後も産直店を中心に増やしていきたいとか。価格は1個500円(税抜)になります。社長さんから一言「パッケージを開けると、黒いカレーにビックリします。レトルトカレーをブクブク茹でる間も鍋から目を離せられないくらいに気になるカレーです。ぜひご賞味ください」
DSC_0556

グローバルフーズコーポレーション
浅口市鴨方町六条院東2828

TEL:0865-44-1133



yorishima at 20:41|Permalink

2018年03月25日

逸>海神の昼定食とラム肉のジンギスカン

 浅口郡里庄町里見にあるレストランです。「ぶしの花道」のオーナーさんが5年前に姉妹店として当地でオープンされました。
 お昼の昼定食(650円(税込))が人気です。天ぷら、トンカツ、から揚げ、ミックスフライ、お魚、海老フライ、ホタテフライの7種類あります。

 お魚定食は煮魚が1匹まるまるお皿にもってあり、ボリューム感があり、サラダ皿も大きいです。他に香物、吸い物、小鉢の他に名物のホタテのカルパッチョが付いています。

 他には北海道産のラム肉を使ったジンギスカンが人気です。ジンギスカンは生後2年から7年くらいの羊肉で、こちらのお店では北海道から直仕入した最高級の子羊(生後1年未満)肉を提供しています。臭みの無い極上のラム肉で、3人前で5,400円(税込)になります。

 オーナーさんから一言
「低価格なお得メニューを揃えております。ぜひ食べに来てください」
DSC_0439
海神(わたつみ)
浅口郡里庄町里見6475-5
TEL:0865-60-0266



yorishima at 23:22|Permalink

2018年03月02日

逸>ぶし花道の日替わり定食

浅口市鴨方町の国道2号線、天満屋ハピータウン向かいにある和食料理店です。こちらのお店の今一番人気のメニューが日替わり定食です。先日、タウン情報おかやまと、タウン情報びんごで紹介されました。刺身盛り合わせ、汁物、ホタテのカルパッチョ、サラダ、ご飯、香物、茶碗蒸し、天ぷら(3種類)、煮魚の9品あって、価格は1,280円(税込)です。

 

 すべて手作りで、煮魚(鯛、カンパチ、鰆の荒炊き等)は1匹まるごと盛られています。色とりどりの品々で、防腐剤は使わないというポリシーのもと、調味料は自家製。無農薬の野菜が使われています。刺身の魚は北海道や山陰の市場から仕入れる新鮮なもので、刺身の厚さは3cmも厚切り。煮魚は素材の味を生かすために、自家製醤油と水だけで作られています。
 

 100円プラスすればご飯のお代わりができ、食べきれない場合は帰りに折箱で持ち帰りできるそうです。オーナーさんは「持ち帰りも意識している」と言われ、遠慮なく気軽に申し出て欲しいそうです。とにかく驚くべきボリュームで豪快な海鮮定食が味わう事ができ、あれこれ食べたい欲張りさんにピッタリです。

 

 こちらのお店では他に、おまかせコースも人気があります。2〜3千円が一番多く、お得な魚料理が味わえます。基本的にお客様のリクエストに応えてもらえるとか。

 

オーナーさんから一言

「ボリューム満点が一番の魅力です。ぜひ一度食べに来てください」
24301073_1296439740501759_2098664298685302875_n

ぶしの花道

浅口市鴨方町六条院中2151

TEL: 0865-44-0778




yorishima at 23:19|Permalink うちの逸品シリーズ | な・は行

2018年02月28日

逸>手延ダイニング&ライブMacaretの「ランチセット」

 浅口郡里庄町新庄の小高い丘の上にあるレストランで、浅口発祥の備中手延べ麺を使用した創作料理のお店です。店名にもあるように、こちらのお店の看板商品は手延パスタです。作りたて、延ばしたての麺を仕入れていますが、オーナーさんが以前に勤務していた、かも川手延素麺蠅梁生の手延べ生麺(うどん)を使用しています。メニューとしては「マカレのランチセット」が人気で、前菜、パン(オープン時間に焼きあげる)、日替わりの野菜スープ(地元野菜中心)、メイン(パスタ、ピザ中心)、デザート(自家製)、ドリンクという内容です。

 人気のピザの材料として、トマトソース、パウダー、チーズ全てイタリア産になります。手延べの揚げ素麺をトッピングし、塩味が効いてスパイシーに仕上がっています。 メニュー価格ですが、(以下全て税抜き)パスタ単品780円ピザ単品800円 ドライカレー単品680円 うどん単品680円〜

 Macaretランチセットは、1180円〜に変更です。例えばピザのMacaretランチセットは800円+500円(前菜、パン、スープ、デザート、ドリンク)の1,300円と税になります。


オーナーさんから一言
「どこにも無いパスタ、作りたて、延ばしたての手延べ生麺なので、もっちり感と弾力が最高でパスタソースによく絡み最後まで贅沢な食感を楽しめます。是非ご賞味ください」
macaret_setmacaret_pasta_1macaret_pizza










手延ダイニング&ライブMacaret(マカレ)

浅口郡里庄町新庄2998

TEL:0865-64-3453




yorishima at 22:51|Permalink うちの逸品シリーズ | た行

2018年02月15日

海神(わたつみ)さん

 浅口郡里庄町里見にあるレストランです。「ぶしの花道」のオーナーさんが5年前に姉妹店として当地でオープンされました。2年前に夜メニューが変わり、ラム肉のジンギスカンが目玉メニューになりました。


 お昼のサービスランチメニューが豊富にあります。7種類ある650円の昼定食の他に、うな丼やカレー(カツ、海老フライ)、鍋焼きうどん(冬季のみ)、煮カツ定食があります。


 客層はお年寄りなど年配層が多く、サラリーマンもよく来られるとか。オーナーさんの話では、本格的な海鮮料理の「ぶしの花道」に対して、こちらのお店は「リーズナブル」をテーマにされています。他には北海道産のラム肉を使ったジンギスカンも人気です。注文があれば、海鮮メニューも出せるそうです。

そんな、男気溢れるオーナーさんが作った、リーズナブルなレストランに一度足をお運びください。

watatsumi2

海神(わたつみ)

浅口郡里庄町大字里見6475-5

TEL: 0865-60-0266




yorishima at 22:00|Permalink 鴨方地区:商業 | ら・わ行

2018年01月30日

ぶしの花道さん

 浅口市鴨方町の国道2号線、天満屋ハピータウン向かいにある和食料理店です。創業者であるオーナーさんが10年前に当地でオープンされました。若い頃は大阪、その後笠岡の仕出し店で働いた後に独立開業されました。去年、店舗の改装を行い、年配客もくつろげるように個室を増やし、座敷や掘りごたつ席を作られました。また、奥の部屋には、カウンター席を設置し、カラオケ客や、1人客も座れるようになりました。

 

お店のコンセプトは「驚くべきボリュームで、海鮮料理を味わえるお店」であり、魚市場の仕事をしているオーナーさんの父親のルートで、笠岡と寄島のみならず、全国の市場から新鮮な鮮魚を仕入れています。そのため、岡山では見かけないような珍しい魚料理を味わう事ができます。

メニューの中でも特に、全9品で驚きのボリュームの日替わり定食(1,280円)は、何度もタウン情報誌に取材されるくらいに注文が多いです。

 

美味しくて安心できるものを提供するために仕入に一番お金をかけたい、儲けるよりも宣伝費を材料代に回したいというオーナーさんの方針で、驚きの品数とボリュームで豪快な誰もが満腹になるメニューになっています。

味つけとしては、素材の味を生かし、防腐剤が入ったものは使わないというポリシーのもと、自家製醤油と水のみで煮魚を炊き、自家栽培の無農薬など、食材が厳選されています。

 

客層としては、岡山から福山までのエリアになりますが、地元客が中心で年齢も幅広く、接待で使う企業や主婦層、家族連れが多く、仕出し店としても地元の学校行事や、冠婚葬祭で引合が多いです。また、オーナーさんは、広告宣伝をしない分、今流行りのSNSでの口コミの広がりを重要視しています。

 

オーナーさんは普段は、周りのいろいろな人から受ける相談に対応される事が多いそうです。食生活やお金の使い方など生活上の悩みに、豊富な人生経験からアドバイスをしてあげるとか。そんな男気あふれるオーナーさんの、自慢の料理店に一度足をお運びください。

DSC_0459

ぶしの花道

浅口市鴨方町六条院中2151

TEL: 0865-44-0778




yorishima at 11:02|Permalink 鴨方地区:商業 | な・は行

2018年01月15日

手延ダイニング&ライブMacaret(マカレ)さん

 浅口郡里庄町新庄の小高い丘の上にあるレストランで、浅口発祥の備中手延べ麺を使用した創作料理のお店です。創業者であるオーナーさんが、浅口市内の製麺会社に約20年勤務後、昨年6月に独立開業されました。前職で親しんだ手延べ麺を若い方々に伝えたいというのが第一の理由だそうです。店名は嫁いだ次女のフランスの姓から取っているとか。

 父親が大工だったオーナーさんの実家を店舗に改装されましたが、見晴らしが良いロケーションの立地で、閑静な住宅街の中で一人でも多くの方がくつろげる場にしたかったそうです。また、シンガーソングライター千里さん(三女)や、地域の方々の趣味や習い事の発表に場として、地域を盛り上げたい気持ちも強いでそうです。

 

 若い方々に手延べ麺を知ってもらうために、食の入口をイタリアンにした方が受けいれられるというのが、こちらのお店のコンセプトになっており、メニューはパスタ(手延べ麺)、ピザ、ドライカレー、手延べうどんの4種類で、680円(税抜)〜、セットは1,100円(税抜)〜になります。2018.2現在

 

 もう一つの目玉が「ライブ」。出演者も募集中で、現在は月に1回ペースですが、毎週のペースに増やしていきたいとか。金曜か土曜日の夜中心で昼間でもOK。料理とは別にミュージックチャージとして千円(ドリンク付+アーティストによりチャージ変更有)をいただきます。

 過去には「THE虎舞竜」元メンバーの本間氏や、プロによるジャズセッションの演奏の他にも、夏の子供フェスタ等で一般の方々も出演されています。レンタルステージルーム(約20畳)で1時間1,000円で貸出しており、音楽以外の利用もOKです。

 

 オーナーさんの話では、今後は教室(音楽にこだわらず)や展示会(地元企業)での利用を増やし、地元の企業等のPRの場にもしていきたいとか。

オーナーさんは普段は大のゴルフ好きで、キャリアハイで83の腕前だそうです。今も時々お仲間とコースを回っているそうです。そんなアクティブなオーナーさんが経営するこちらのお店に、ぜひ手延べ麺のイタリアンを味わいにお越しください。

macaret

手延ダイニング&ライブMacaret(マカレ)

浅口郡里庄町新庄2998

TEL:0865-64-3453





yorishima at 08:40|Permalink 鴨方地区:商業 | た行

2017年12月30日

逸>タナカ製麺所の「ついに本日、うどんの嫁入り」

 浅口市鴨方町六条院中にある製麺業の会社です。工場兼直売所は、車では国道2号線でマルナカの交差点が目印。電車では鴨方駅から東へ200m歩いたところにあり、古い門が特徴です。

 こちらのイチオシ商品は新商品「ついに本日、うどんの嫁入り」です。食物繊維入りのうどんで、衫啗兇開発した水溶性食物繊維「ファイバリクサ」が配合されています。

 

 このファイバリクサについて、衫啗兇ら材料としての活用について声を掛けられ、商品開発を行いました。2年近くテストを繰り返して、商品化に時間がかかったので、思い入れが強かったのが商品名の由来だそうです。

 

 国産小麦を使用することで美味しく、細麺にすることで優しい食感に仕上げており、食物繊維を手軽に取れるうどんです。1食100gで日本人1日当たり食物繊維不足量7gをカバーし、また一般的な干麺に比べ食塩相当量が半分という減塩にも努めています。1 束200g500円(税込)で、ギフト商品として、特にパッケ−ジデザインからも引き出物に使って欲しいそうです。

 

オーナーさんから一言

「大切に育てた娘のような思いで、麺を作っております。ぜひご愛用よろしくお願いします」

udonnoyomeiri2

タナカ製麺所

浅口市鴨方町六条院中3567

TEL: 0865-44-2563


 



yorishima at 10:53|Permalink 鴨方地区:サービス・工業 | うちの逸品シリーズ

2017年12月15日

逸>東居農園の梨

 浅口市金光町佐方にある梨農家です。労力配分で8月下旬から12月まで10種類の梨を栽培しています。8月に入って愛甘水、盆過ぎから幸水、8月末〜9月が豊水、9月〜10月が命甘水・二十世紀・南水、10月から11月に新高・愛宕、12月に王秋を出荷します。

 こちらの梨の特徴は糖度の高さです。佐方地区の日照時間が長いために糖度が高まり、どの梨を食べても市販の梨とは味が違うとよく言われるそうです。観光農園でお客さんに鍛えられ、農協梨部の役員として果樹研究会で梨栽培についてよく研究された成果だとオーナーさんは言われます。

オーナーさんから一言

「よそに負けない糖度の高い梨がキャッチフレーズの一つです。ぜひ梨狩りに来て、実際に食べてみてください。きっと満足していただけると思います」
toui-nashi
東居農園

浅口市金光町佐方3308

TEL: 0865-42-5578

 

 



yorishima at 13:28|Permalink うちの逸品シリーズ | た行

2017年11月30日

逸>丸本酒造蠅痢屬もみどり熟成純米」

浅口市鴨方町にある清酒メーカーです。「賀茂緑」ブランドとして昔から広く知られていますが、最近は自社管理の圃場において、三黄作りで栽培された酒米を自社調達され、オーガニック基準をクリアした質の高い有機日本酒のトップブランドとして活躍されています。


 約2年前に発売された商品で、自社栽培の山田錦のみ(全量蔵人栽培米)を使った最高級の燗酒になります。米の旨みをじっくり感じる事のできる濃醇辛口純米酒です。常温でも熱燗でも美味しくいただけて、何気なく心と体が休まるお酒です。お肉やチーズなどの味が濃いものから水炊きのようなあっさりしたお料理まで幅広く合います。販売は通常のルートで販売されています。

 
 以前の「純米 農産酒蔵」からブランドを統一するために「かもみどり」ブランドへ変更し、製法の特徴で瓶詰め時に5年物、8年物といった古酒を掛け合わせていく高度なブレンドを行っています。古酒はわかりやすく言えば、焼き鳥屋さんの30年物のタレのような感じでとても深みがあります。商品名はそんな製法と古酒をブレンドしているというイメージを出すために「熟成純米」というネーミングになりました。

 
 社長さんから一言
「飲んでくださる人の体をの健康を思って作りました。ぜひ味わってください」
kamomidori_junmaiginjo 
丸本酒造
浅口市鴨方町本庄2485
TEL0865-44-3155




yorishima at 18:30|Permalink うちの逸品シリーズ | ま・や行