2008年10月

2008年10月24日

逸>田辺薬局襪痢レオピンロイヤル」

「うちの逸品シリーズ」です。こちらは2回目の登場です。
鴨方駅近くにある薬局で、こちらでお客様から一番多い相談向けのお薬です。

 その商品とは「レオピンロイヤル」という滋養強壮剤で、濃縮熟成ニンニク抽出液とニンジンエキス等5種類の生薬が配合されています。冷え症や血色不良などに効果てき面です。
 中年以降の人で、これからも元気で年を取りたい、健康で毎日を暮らしたいという人には特におすすめです。特に健康に関心があるお客様がよくお求めになられるそうです。こちらの社長さんも「ご自分の健康のために投資をして欲しい」と言われています。

 漢方で言う五臓六腑に「腎」というものがあります。泌尿器、生殖器、ホルモン、耳、目、脳、血液、免疫系に関する骨髄、骨、関節などのことです。その腎が弱る(腎虚)と、足腰の冷えや貧血、頻尿、皮膚のカサカサ感など多くの悪い症状が出てくるそうです。その腎虚のつらい症状に非常に強く作用する薬だそうです。
 社長さんは「お体が気になったら、まずは来店してご相談下さい。来ていただければ、お客様のつらい相談にも真剣にお受けできます」と言われています。お客様の顔が見える対応をしたいとも言われます。
 最近の社会では、食の安全など何がいいのか、どの薬が信用できるのかわからずに迷っている人が多いそうです。そういうお客様相手に1ケ月に1回、顔を見て話をしながら安心感をお届けしたいと言われています。いくらTV等でよく名前が出ている商品でも、こちらのお店には置いていないということがよくあるそうです。社長さんは自分で納得しないと置きたくないとか。「自分も飲んでいる」とオススメしています。それらに悩む方はぜひ一度こちらのお店へお立ち寄り下さい。
社長さんから一言「50年近く変わらず自信を持っておすすめしています」
田辺薬局襪気鵐僉璽硲院http://blog.livedoor.jp/yorishima/archives/64677411.htmlkyoreopin
田辺薬局
浅口市鴨方町六条院中3233-1
TEL: 0865-44-2871

yorishima at 21:11|Permalink うちの逸品シリーズ | た行

2008年10月17日

螳賣篭酋箸気

 寄島にある建設業の会社です。今の社長さんは2代目。S41年頃に先代がハンカチ製造の会社を個人事業所として創業されました。S56年頃に建設業(土木、鳶工事、プラント工事)の会社に変わり、S59年頃は鳶工事をメインにされていたそうです。
 H4年に2代目に事業承継されて法人化し、、鳶工事に加えて公共工事に参入することになりました。H10年には仮設部(鳶)と工務部(管工事、建築、舗装、水道、塗装防水)と部門を2つに分けて本格的に土木建設をやり始められたとか。公共工事への参入から3年目に土木がA級ランクに昇格し、この頃に襯汽モトという会社(弟さんが社長)を別に設立されています。

 建設業ですが、国の方針が変わって、その流れで県から市も変わってきており、新しい時代になってきている実感があるそうです。鳶工事の方は、大手ゼネコンや工業地帯の仕事が多いそうです。S56年頃からは釣りのお店と渡船の仕事もされていて、現在も釣りのお店(釣り餌と道具)があります。

 社名の由来ですが、2代目のひいお爺さんが現役力士で、その四股名から取ったそうです。当時は東西別々に相撲興行が行われており、ひいお爺さんは関西相撲の大関(当時一番上)に君臨されていたそうです。柔道も免許皆伝であり、未だに年配のお得意先から「寄島に強い相撲取りがいて、そのお相撲さんと名前が一緒だけど、おたくの会社と何か関係あるの?」とよく聞かれるそうです。
 社長さんは趣味が多彩で、若い社員さんと余暇を過ごすのが一番お好きのようです。夏は毎週や墨には水上バイクを乗せて、船で真鍋島や六口島まで行ってバーベキューをしたり、ゴルフにみんなで行ったり、冬は社員有志でスキーに行ったりと、福利厚生に厚い会社です。船舶免許を取得したい若い社員がいたら、会社で支援されるそうです。建設業でもご活躍ですが、寄島に来て釣りをしようと思われる方は、こちらの釣りのお店でいろいろと相談されてはいかがでしょうか。
ichiriki
螳賣篭酋
浅口市寄島町16021
TEL: 0865-54-4500

yorishima at 15:42|Permalink 浅口市寄島町 | あ行

2008年10月03日

ビジネスホテルにしなさん

 里庄にあるビジネスホテルです。H10年に先代社長が創業者として開業され、以来里庄地区のビジネスホテルとして営業を続けてこられました。ほぼ同時にさんき若よしさんが、少し遅れて鉄板焼くりやまさんがテナント開業されました。H11にはサークルKさんも目の前にオープンされ、宿泊客に便利になっています。
 今年亡くなられた先代会長の後を継ぎ、長女さんが総支配人、次女さん、三女さん、先代の奥さんなど女性ばかりの家族経営でされています。

 こちらには1Fに美術画廊があり、先代がコレクションとして収集された美術品が展示してあります。そして玄関の壁には、奥様が寄島出身で現在東京で活躍されている村上さんという画家の大作絵画が飾られています。部屋のあちこちにも絵画が掛けられており、いい雰囲気を醸し出しています。
 利用客はやはり里庄の工業団地企業の関係で、ビジネス客が多いそうです。他にも金光教関係、試合に来た学生さんなど。数年前に鴨方巡業に来た力士など大相撲関係者が何人も泊まられたそうです。力士は曙関と水戸泉関が泊まられ、写真も残っているとか。行司さんなど運営スタッフが1〜2週間ほど泊まっていかれて、浅口市内あちこちに出かけられたそうです。

 利用内容はシングル:5,250円、ツイン:9,450円、和室で3名:14,175円、4名:16,800円、5名:21,000円の宿泊料金。朝食は和洋食で525円、夕食は予約制で1,260円だそうです。
 10月4日(土)にこちらでミニコンサートが開催されるそうです。10周年記念行事ということで、宇宙からのメッセージを届ける会の主催で、MINEHAHAさんという歌手のハートフルコンサートという催しになります。興味がある方はぜひどうぞ。
 先代の奥さんは、漬物作りが大好きだそうです。お客さんに提供したらよく褒めて下さるとか。売っていないのかとよく聞かれるくらいに好評だそうです。胡瓜の焼酎・辛子漬、茄子の辛子漬、ゴーヤの佃煮、カブの千枚漬、大根の浅漬の5品です。里庄町にご出張の際はぜひ、こちらのホテルを利用していただき、こちら自慢のお漬物をご賞味下さい。
nishina
ビジネスホテルにしな
浅口郡里庄町里見6070-1
TEL: 0865-64-7247

yorishima at 23:50|Permalink 浅口郡里庄町 | な・は行