2015年02月

2015年02月28日

きくや薬局さん【廃業】

浅口市鴨方町で鴨方駅前にある薬局で、現在3代目にあたるオーナーさんが経営されています。祖父にあたる初代が明治の中頃に金光駅前に薬問屋も兼ねて開店されました。父にあたる2代目が分家の形で、昭和25年に鴨方の当地でオープンされました。

そして現オーナーさんは、楽器メーカーから脱サラの形で岡山に帰ってきて、昭和58年に家業に入られました。

 オーナーさんは、中学、高校と金光学園時代はブラスバンド一筋で、岡山に帰ってこられた昭和58年に金光学園のOBを集めてバンド「金光学園音楽部吹奏楽団OB吹奏楽団」を結成され、昭和60年に社会人バンドとして正式にスタートし、平成5年に名称を「金光ウインドアンサンブル」と変更されました。OBメンバーだけでなく、浅口市内および岡山県南各地、広島県東部の同好者を迎え入れ、広域型の地域社会人バンドとして現在活動を行っておられます。

 以来、「オータムコンサート」(定期演奏会)をはじめ、様々な演奏活動を行い、近年では演奏技術の向上を目指すとともに、結婚式の披露宴から地域福祉施設や幼稚園への訪問演奏、鴨方オペラなどの老人施設での社会貢献活動まで、地域に密着した親しまれる吹奏楽団になるべく、日常の演奏活動に力を入れておられます。また、韓国済州市の社会人吹奏楽団「ハンラウインドアンサンブル」との交流演奏会を行い、音楽を通じた国際交流にも励んでおられます。

 また、毎年開催される金光学園の全体同窓会でアトラクションとして演奏され、金光学園の20周年から40周年の時に学生と合同演奏会を行い、OBとして参加されます。

5月には小さい子どもさんも含めて楽しめる演奏会というコンセプトで、玉島文化センターでファミリーコンサート、秋にはオータムコンサートを、里庄フロイデで開催されています。

 現在団員は40人弱で、毎週土曜日の19時半から22時まで、金光学園で練習されており、団員を募集されています。入団条件は、18歳以上の演奏経験者で、週1回の合奏・その他パート練習(随時)に積極的に参加できる方になります。基本的に楽器持参(パーカッション除く)で、楽器をお持ちでない場合も相談に応じそうで、練習見学もできるそうです。

 また、こちらのオーナーさんは手作り模型凝られていて、お店の半分が模型の展示スペースになっています。小学生の頃から作りためた作品が所狭しに並んでおり、船では帆船から旧日本軍の軍艦(1/100スケールの「鳥海」など)まで31隻、飛行機では複葉機からゼロ戦まで26機、車はクラシックカーを中心に13台と、いっぱい展示されています。模型の他にも楽器類の看板などいろいろな飾り物があり、店内を角度を変えて見たら別のお店に見えるくらいです。
 手作り模型やブラスバンドに興味がある方は、お気軽にこちらの薬局に遊びに来てください。
kikuya

きくや薬局

浅口市鴨方町六条院中3244

TEL: 0865-44-2331

 



yorishima at 21:00|Permalink 浅口市鴨方町 | か行

2015年02月20日

たるのどうぶつ診療所さん

 里庄町にある動物病院です。院長夫妻で病院を経営されていますが、元々動物好きという院長さんは津山で3年、笠岡で3年勤務医として勤めた後に去年4月に独立開業されました。

 浅口地域でみなさんの身近な動物病院になることを目指しており、こちらの動物病院では、犬、猫、ウサギ、フェレット、ハムスターの診察をしておられます。

 院長さんの話では、どんな時でも気軽に来てもらえる場所でありたい。を動物に好かれる病院にしたい。お散歩がてらに立ち寄ってもらえるような病院でありたいという病院づくりを心がけており、雰囲気を大事に考えているとの事。診察・治療では、特に「歯科」の分野に力を入れており、歯周病など動物の歯のケアに注目しています。

 歯周病から大きな病気になる可能性もあり、こちらの動物病院には動物(主に犬)の歯ブラシがあるので、歯磨きの指導もしているそうです。今後は歯の方に更にもう少し力を入れて、犬・猫の口の環境を良くするように啓発していきたいと言われています。

 犬はしゃべれないので、日頃から様子を見て、ご飯を食べないとか、少しいつもと比べて元気がないとか、ほんの少しの変化に気付いてもらって、その時に相談して欲しいそうです。猫は特に症状を表に出さない事が多いので、特に気を付けて欲しいとの事。

 院長さんはモノづくりがお好きだそうです。ホームセンターに良く通われ、独学で日曜大工が進化した形で、棚や玄関の塀(外壁・ブロック・塗り土など)を作っているそうで、自宅の玄関も手掛けておられます。ペットで具合が悪くなったら、きれいな塀のこちらの動物病院にぜひお越しください。

taruno

たるのどうぶつ診療所

浅口郡里庄町里見9279

TEL: 0865-64-6505


yorishima at 17:39|Permalink 浅口郡里庄町 | た行

2015年02月10日

備前屋会館さん

 創業70年を迎えた、里庄駅前にある4階建ての宴会・仕出しのお店です。現オーナー(3代目)の祖父である初代が、神戸から終戦後に里庄に帰ってきて、「備前屋」の名前で料理店を開業されました。里庄では一番古い料理店になります。

 2代目(父)の時代に、日本家屋の料理旅館から4階建ての現在のビル店舗を建てられ、「備前屋会館」という名前になりました。その頃から幅広い客層に変わったとか。

 現オーナーは、高校卒業後に大阪の辻調理師専門学校に通われていた後に、東京銀座のレストランで修業され、フランスにも留学されたそうです。26才の時に家業に入り、約10年前に正式に事業承継されました。修行時代の経験から、こちらのお店のメニューの中には洋食が取り入れられています。

 最高の食材と色鮮やかな食器をもとに、華やかに贅沢に誰もを楽しませる料理を提供したいとオーナーさんは言われます。

 店舗では、4階にある大宴会場では立食で60人、着席で50人利用できます。3階には25人利用できる和室宴会場の他、4〜6人利用できるお座敷(小)が3室あります。

 客層としては、仕出しでは慶弔ごと、お弁当や宴会では地域のグループ・団体が利用されます。宴会では3千円(税別)からオーダーでき、内容もリクエストに応えてくれるそうです。

 こちらでは洋食メニューもおすすめです。コース料理で、5人以上で予算は7千円(税別)からで、フランス料理だけでなく和洋折衷でもでも注文できるそうですが、どちらかと言うと和洋折衷の方が多いとか。

 オーナーさんの話では、宴会で喜んでもらえるのを見るとうれしい。お客様同士の交流を深めるやりがいを感じる。今後も更に喜んでもらえるように頑張っていきたいと言われます。

 働き者のオーナーのお母さんも元気に頑張っておられます。80歳になってもまだまだ現役で、和食担当として第一線で活躍されており、自分のできる範囲で生涯現役で少しでも役に立っていきたいと言われています。

 そんなこだわりのサービスとメニューがあるこちらのお店に、一度ご利用ください。


bizenya
備前屋会館

浅口郡里庄町新庄2861-9

TEL: 0865-64-2068

yorishima at 20:32|Permalink 浅口郡里庄町 | な・は行