2008年01月29日

吉幸さん

 鴨方の小坂東にある仕出しと会席のお店です。近くには水車で有名なうどんのお店「麺蔵人」も見えます。こちらは創業者であり、長年ホテルや料亭で料理人として活躍されていた社長さんが、H2年に鴨方町内に前店舗を開店されました。社長の奥さんの母親の実家が鴨方であり、今もそうですがこの近辺には家内制の自家製麺所が多く、当時曾お爺さんが小麦粉から麺用に挽いた粉を売って歩いていたそうです。奥さんの曾お爺さんが使っていたその蔵を改造してお店を作られたとか。その「幸七」さんと自分の名字を取って、「吉幸」と名付けたそうです。お店ができる時も「あそこにお寿司屋か何かお店ができるらしい」と地元で大きな話題になったとか。
 平成8年より昼食時の和定食サービスを開始し、昨年11月に土地を確保できたために移転し、本格的な日本料理のお店にリニューアルしたそうです。その時に県の「経営革新計画」という支援制度を利用したそうですが、低金利などいい制度を活用できて本当に良かったと社長さんは言われています。

 今はシンプルに和食メニューをメインにされており、看板の昼定食はいつも列ができて、お昼は本当に混むそうです。店内は5部屋あり、最高58人まで入れる計算なのですが、居住性をアップさせるためにゆったりしたイスを置いたために、やや人数が限られるとか。
 「地元に愛される店づくり」をモットーという事ですが、やはり奥さんの母方の実家があるせいか、近所の人の引き合いが多いようです。敬老会など地元から弁当や仕出しの注文をよくいただくとか。「人間性がいい」と社長さんは、地域の事を言われます。地元の人に助けてもらって、成長していくお店のようですね。
 社長さんの奥さんはパソコンに夢中のようです。経営革新の時も「情報化」の必要性を言われて、知識を持っておいた方がいいという事で、熱心に機械に向かわれているとか。お店のPOPはどれも奥さんの手作りのようです。家族と一緒にもっとゆっくり料理を味わえる店づくりと、鴨方の昔の雰囲気も味わえるお店にどうぞお越し下さい。特にお昼は混み合いますので、よくご確認下さい。
kikkoh
吉 幸
浅口市鴨方町小坂東3518-1
0865-44-4314

yorishima at 10:44│ 浅口市鴨方町 | か行