2014年08月20日

一光化学蠅気

 浅口郡里庄町浜中にある化粧用油と発酵飲料のメーカーです。現在の社長さん(昨年就任:2代目)の父親である先代が、元々は家具メーカーとして創業され、家具を製造販売しながら消耗品商品として化粧用油(馬の油)の製造販売も手掛けられたそうです。S59年(今年創業30周年)に化粧用油の専門メーカーとして原田産業蠅箸靴徳篭箸気譟■咤僑廓に現社名に商号変更されたそうです。

 
専務さん(社長の親族)のお話によれば、主力商品の化粧用油である「馬の油」は、知り合いから紹介された素材で、起源は中国明朝の薬学書に「馬膏」として記されているスキンオイルです。こちらの会社からコンセプトやアイディアを提供しながら協力会社とタイアップして商品開発を行った商品で、スポーツ選手や接骨院向けによく売れています。

 
馬の油は、日本体育大学の山本郁榮先生が提唱する「トータルコンディショニング」に基づき、

プロスポーツ選手にはどういうものが必要なのかをテーマに共同開発した商品で、接骨医やプロのトレーナーにも話を聞きながら開発し、メダリストも使用されているとか。

 
この商品は大手も扱っていますが、会社の方針でトップを目指さないと2番にはなれないという事で、この分野でのトップメーカーを目指しておられます。今ある物の中で一番いいという物を作らないと、その分野に入り込んでいけない。大手さんとは別の路線で、満足できない消費者のお悩みお困りを解決できる商品づくりをモットーにされています。

 また、社是に「三方良しの会社を目指す」という言葉があり、「売り手良し、買い手良し、世間良し」という意味で、消費者からも社内からも見てもいいメーカーを目指す会社として、社長さんがよく口にされるとか。

 
もう一つの主力商品として、発酵飲料「黒酵母」があります。赤ワインエキスのスーパーポリフェノールを配合し、先端のバイオテクノロジーによって作られた体に有用な発酵飲料で、菌株は30年ほど前にサトウキビの原糖から偶然発見され、遺伝子組み換えや化学処理など一切していないために、自然の恵みをそのまま体にしっかり受ける事ができるそうです。

 専務さんは、消費者のお悩みを解決でき、安心安全の商品を世に送り出していきたい。息の長い商品として消費者に喜ばれたいと口にされます。

 
専務さんは、仕事を離れると実家の畑作業で忙しいそうです。大きい畑のために手をかけないといけないそうで、夏野菜の他にビワや柑橘系の樹木からの収穫があり、植えたり、収穫するよりはもっぱら草取りが多いとか、こちらの優れた化粧用油や発酵飲料を一度お試しください。



一光化学

浅口郡里庄町浜中93-59

TEL: 0865-64-2359

ikkokagaku 



yorishima at 15:04│ 浅口郡里庄町 | あ行