2017年05月15日

逸>虫明製麺の寒素麺

 浅口市鴨方町小坂東にある手延べ麺メーカーです。こちらのイチオシ商品は、何といっても素麺で、極寒の1〜2月の時期しか作らない「寒素麺」です。製法の特徴としては、江戸時代にこちら鴨方町小坂地区に伝えられた揖保の糸の手延べ麺の技術がそのまま続いている点で、天日干しと二日製造、そして厄工程になります。

 

・天日干し:

 日光と寒風に当てることにより白さが増してきれいな色(純白)になり、風味良く仕上がる効果があります。天日干し製造を導入しているのはこの地区でも2社のみになりました。

・二日製造:

 江戸時代に伝わった本来の手延べ製法であり、機械化等で時間短縮化の結果、現在は一日製造が主流となっています。こちらでは機械化せずに昔ながらの製法を守り続けたために、地区ではこちらだけとなってしまいました。

・厄工程:

 昔から優先している製造法で、木箱に詰めて、梅雨時期を過ぎるまで倉庫内で熟成させる工程です。油臭さが消えて、シャキっとした食感に変わり好まれています。

・太麺:

 手延べ素麺の太さは通常は0.8mmが中心ですが、こちらの商品は1.01.2mmです。しっかりとした食感もあり、昔から太目の麺が好まれています。

 

店長さん(3代目)から一言

「天日干しや二日製造で冬に作った寒素麺は自信があり、風味とのど越しがいいです。厄工程をしているので、一際味と香りがいいと思うので、ぜひ食べてみて下さい」

kan-soumen

虫明製麺

浅口市鴨方町小坂東2268

TEL: 0865-44-8258

 



yorishima at 19:45│ うちの逸品シリーズ | ま・や行