今日はいよいよ阿知賀編14話のニコ生、バンダイチャンネルの配信日ですね

たかみーのハーベストタイムはどうなるのか?
憧の頑張りはどうなる?
そして副将戦へ突入-
灼は強豪三校を相手にどう戦うのか?

といったところが、単行本組、アニメ組の見どころでしょうか?

連載組としては

新道寺高校のあれがメインになるのですかね。
他には憧ちゃんや灼、
それから本編に出てくる方々プチ出演とかかな。
皆さんちゃちゃのん音頭彼女の歌は予習済みですか?
覚えてない?管理人もです。



それはさておいて、昨日の記事との関連から今日は白糸台高校のチーム編成について考えてみようと思います。
正直今日は昨日よりも資料が少なく漫画の巻末とかでたまにある「僕が考えた○○」レベルの考察ですが…


では始めていきましょう。
まず白糸台への風当たりを一層強くしたレジェンドのこの言葉

a19_02-300x89

これのせいで亦野さん含め白糸台のへの怒りが爆発した人も多く見られました。


ではなぜ白糸台はこのようなチーム編成を敷いているのでしょうか?


白糸台高校での力関係ですが
当然一軍でもあり団体戦で今なお健闘中の「チーム虎姫」が最も強く
その他のチームが二軍になるわけですが、
こちらの画像

f64e65a1-s

もの凄い人数ですね。しかもみんなかわいい

これだけの人数全てでチーム編成したらもの凄い数のチームができてしまいます。
そんなものにいちいち名前をつけていたらきりがありませんし、
それぞれで考えさせても被ったり、変な名前が出てきたりする可能性があります。
もし某戦車アニメの主人公がここにいて一軍を勝ち取ろうものなら
「カバさんチーム」「アヒルさんチーム」とかいまいち締まらない名前でインターハイ出場なんてこともありえます。

そう考えるとやはり千里山高校のように三軍もしくは四軍という存在が必要になってくるでしょう。

というわけでここまでで考えた結果が

一軍 : 二軍での対抗試合を制したチームがなれる+インターハイ出場

二軍 : 三軍での成績もしくは入学時、二軍チーム編成時にテストで昇格
     どこかのチームに所属できる

三軍 : 二軍落ちの選手
     照と菫を迎え入れていたのもここか?
     所謂雑用となる荷物運びなどはここの仕事

という上下関係が成り立つのではないかと考えられます。


次は一軍はほとんど二軍と変わらないので二軍について展開していきます。


まずは皆さん亦野さんのこのセリフを覚えているでしょうか?

BlogPaint

そして白糸台高校が初めて登場したシーン

tumblr_ksp47iQm5a1qzld49o1_500


この二つから二軍で編成されるチームは県代表レベル、そして少なくともエースに関しては亦野さんと同じくらいの力があると思われます。
実力的にはそこは強豪白糸台、二軍2、3位くらいだと準決勝進出、うまくいけば決勝に残れるかというくらいでしょうか。


さてさてようやく話の中心までこれましたが、
なぜ、白糸台はこのようなまどろっこしい決め方をしているのか。
理由としては「強豪校」これに尽きると思います。


盛者必衰の理という言葉がある通り、栄えたものはいつかは衰退するもの…
いくら毎年強力な選手が入ってくるといっても照や淡のようにそう都合よく牌に愛された者がやってくるとは限りません。
どうしても不作の時期というものがやってきます(現に2年生ではそういう人間は現れなかったようですし)。
3年生が抜けて弱体化していく学校も珍しくありません。

thCAZS68IP


そこで導入されたのがこのシステム
複数のチームを作ることで部内練習でもより実践に近いかつレベルの高い練習が普段からできるというわけです。
こうすることで不作の年でも選手の成長を促すことができますし、固定メンバーにすることでチームとしての連帯も強化することができます。


そしてもう一つ、学年別に見た場合、
虎姫は3年生2人、2年生2人、1年生1人と非常にバランスのよい配分になっています。

もちろんレギュラーは実力で選んでいるでしょうからたまたまこうなったとも考えられます。
しかし、強豪校ともなればこの後に控えている秋季大会の存在も忘れてはならない大会。
秋季大会では3年生が抜けることになるので当然IHで3年生が少ない学校ほどより有利になります。

目先の勝利だけでなく次の勝利まで考えてこその強豪校、その場その場の対応ではいつか大崩れしてしまいます。

thCAZFR817


こうなるとメインメンバーのほかに補欠の存在が浮かび上がってきます。
しかし、白糸台の回想では補欠の存在は全く出てきません。
では秋季大会はどうなるのか、他のチームから抜けた分をまた一からチームを編成しなおすのか?
今年は照と菫が抜けるだけなので2人の補充で済みますが、
もし一軍のほとんどが3年生、他のチームも3年生中心となった場合、これでは対応が間に合いません。


ではメンバーの補強はどう行うのか?
考えたものとして「二軍の二軍」の存在
つまり二軍チーム編成時に1、2年生だけの同じ系統のチームをもう1チーム作るということです。


こうすることで、IHが終わった後すぐさま3年生の抜けた穴を埋め、チームのバランスを崩すことなく秋季へと繋げられます。
さらに早くに方向性を定めることで強化もしやすくなりますし、下級生のチャンスもぐっと上がります。
恐らくたかみーと亦野さんもここから入ってきたのではないでしょうか。


というわけで白糸台のチーム編成には強豪校であり続けるための仕掛けが隠されていたのです。

d04ecfbc-s


ここまで書いてきて自分でもかなりひどいなと思います。
ただただ長くなってしまっただけで、考察ではなく完全に妄想です。申し訳ない。

白糸台をフォローしようとした結果がこれだよ!





------------------------------------------

以下コメント返し


はるさん
 
2回線では、マイルさん相手に1位とってるんだぜ!!


よくわかってらっしゃる。
やっぱり目に見える部分が大きいのは仕方ないですね。


あさん
  声優さんの鳴きの声と点数申告の声がすごく良かった


今日の放送が楽しみですね
麻雀で言えば咲さんの「嶺上開花」が好きですね



グリグリさん

  俺も亦野さん結構好きだぜ
  管理人とは気が合いそうだな
  てかほんと、超便利な能力持ってる亦野さんをあんな露骨な点数調整に使ってまで接戦にする必要あったの か…

  

ありがとうございます。
キャラが多くなるとそういうキャラが出てくるのは仕方のないことだと割り切ってます。


なななしさん
  誠子ちゃんは応援したくなるキャラ 副将戦を糧に決勝では活躍するって信じてる


お前の信じる誠子を信じろとかなんとか


前回の記事では亦野さんへの好評価を持っている人がいてくれて良かったです。
亦野さんへの理解がある人がいると分かっただけでも意味のある記事だったかなと思っています。