2012年03月25日

第11回開催『はじめまして、天神祐耶です。名前だけでも覚えていってください』

第11回の夜活@東部のテーマは、
『はじめまして、天神祐耶です。名前だけでも覚えていってください』

IMG_1919


進行役は、天神祐耶(てんじんゆうや)さん。
IMG_1921


日時:平成24年2月22日(水)19:30~21:00
真成寺会館で開催しました。
当日は大雪にもかかわらず、21名の方にご参加して頂きました。
今回は、劇団を旗揚げし、俳優業を営んでこられた天神氏をお招きし、お話をお聞きしました。


   
先ずはプロフィール♪
天神祐耶(てんじんゆうや)
1981年6月22日生まれ
本名は寺島祐也

黒部市出身
桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻卒業

卒業後
短大同期で新進気鋭のライトノベル作家内堀優一と共に演劇企画ハッピー圏外を旗揚げし、作品に制作、演出助手、出演すると共に2008年春まで代表を務める。自身も作品プロデュースや客演など多数出演。2011年4月に活動拠点を富山に戻し、2012年3月まで魚津市に所在を置く新川学びの森天神山交流館にて音楽お届け事業を担当
2012年度より俳優活動を再開予定。

出演作品

TV
ごくせん卒業スペシャル(1st)
池袋ウエストゲートパーク

舞台

演劇企画ハッピー圏外
(脚本は全てライトノベル作家の内堀優一氏が担当)
旗揚げ公演
【師走の風、またはカノン】
2002.10.17(木)~20(日)
こまばアゴラ劇場

第3回公演
【僕らは世界に片目をとじて・・・】
2005.9.9(金)~11(日)
吉祥寺櫂スタジオ

第4回公演
【またねと君は言った、でもサヨウナラ】
2005.1.13(金)~15(日)
吉祥寺櫂スタジオ

第6回公演
【ニコニコさんが泣いた日】
<東京公演>
2006.11.16(木)~20(日)
吉祥寺櫂スタジオ
<長野公演>
2006.11.25(土)~26(日)
丸子町市民会館セレスホール

第7回公演
【今、此処より、明るい夜をこえて】
2007年5月11日(金)~15日(火)
TACCS1179
番外公演
【石の音~きみのこえ~】
2007年8月24(金)~26日(日)
吉祥寺 櫂スタジオ

第8回公演
【この道の果て、花の咲く場所】
2007年11月9(金)~13日(火)
TACCS1179 

第11回公演
【今、此処より、明るい夜をこえて】
2009年9月16日(水)~20日(日)
TACCS1179


天照☆Shock(天神祐耶プロデュース 演出 出演)
新春一発公演
【ぼくらは世界に片目をとじて・・・】
2009年1月8日(火)~1月12日(月)
TACCS1179


サウンドオブミュージックをみんなで創る会
【ゥオズの魔法使いⅡ~ジンクスランドのグロリア姫~】
2011年8月27日(土)~8月28日(日)
新川文化ホール大ホール

その他映像、舞台多数出演

以上ですが、にいかわにもこんな人が居たのか~という感想です。

IMG_1927


話の内容は、
演劇の道に入ったきっかけ

小劇団の演劇での位置(ピラミッドの底辺)

その位置だからこその苦労

今後の富山での活動展開♪

時間を超過して熱く語って頂きました。
天神氏曰く、富山でも演劇を広めたい。

小劇場で見る演劇の素晴らしさを多くの方に分かっていただきたい。

富山から将来のスターを!

後輩の指導をしたい。

富山での夢をいっぱい語って頂きました。


IMG_1928


今後の天神氏の動向に目が離せませんよ

ではでは、次回の夜活@東部もどんな方が登場するのか!!お楽しみに~



yorukatutobu at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月05日

第10回開催 難病と闘う!潰瘍性大腸炎と入院とストーマと・・・・ 講師:岡島靖幸氏

第10回の夜活@東部のテーマは、
「難病と闘う!潰瘍性大腸炎と入院とストーマと・・・・


IMG_1842





岡島靖幸 氏(富山IBD事務局長) が進行役で平成24年1月25日(水)19:30~21:00
魚津市の真成寺会館にて開催いたしました。
参加者は21名。
大雪の中、多くの方に参加して頂きました。

「人を見た目だけで判断しないでください
岡島さんからのお願いだったんですが、
私はこの格好から初対面の時は、パンクロッカーだと思いました
みなさんはどう思います??

このルックスと病気のイメージと全く合わず、話も・・・

IMG_1839

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜にびらんや潰瘍が出来る大腸の炎症性疾患で、下痢と腹痛の症状が起きる病気だそうです。

IMG_1848

そして現在、炎症性疾患者の会である富山IBD事務局長をなされていて患者同士のネットワークづくりと病気を理解をしていただくために各地で活動をされています。

IMG_1844


岡島さんは、27歳の時に痔ろうで入院し、そこで潰瘍性大腸炎が発覚し闘病生活が始まったんだそうです。
仕事中にただの下痢と腹痛かと思われていたそうですが、その回数が多いので病院へ行ったそうです。
そこで一生治らないと宣告。

そこから何回もの手術・入院を経験し、

多くの伝説(笑)を作ってこられたそうです。(内容は参加された方なら分かっていただけると思います)

始まる前は、相当シリアスな話になるのかと思いましたが、深夜の死闘!役満伝説・・・、まさか?俺を好きな看護婦さん、羞恥!!個室での・・・など

笑いもあり楽しくきかせていただきました。(話が面白く惹きこまれてしまいました)

IMG_1847

話を聴いてみての感想です。
暗くなりがちな闘病生活。
前向きに病気と付き合っている岡島さん、すごく輝いて見えました。
ドライブが好きという岡島さん、
公演中に車の移動が必要になり運転させていただいたのですが、ドライブ好きなのがすごく分かりました

最後に進行役をしていただいた岡島さん、

大雪の中にもお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

そしていつも夜活@東部をご支援していただいている皆様、感謝です。

次回も面白い方が来てくれます。

今後ともよろしくお願いします。


講師の簡単な自己紹介&戦歴(病歴) です。

27歳の時「痔ろう」で某富山労災病院に入院、検査の結果「潰瘍性大腸炎」と診断される。
以後、17回の入院と10回の手術を経て現在も闘病生活を満喫中!!??
2004年に富山県の潰瘍性大腸炎とクローン病の患者&家族会「富山IBD」に入会。
事務局長として活躍中。
アップルヒル内の文房具店「オフィスヴォックス魚津店」でひっそりと仕事をしています。

魚津市在住

2011年4月24日~4月28日まで北日本新聞にて岡島さんが紹介されました。
連載記事「生きる力 第4部 光明を求めて」

内容は、北日本新聞Webunで見ることが出来ますよ。













yorukatutobu at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月25日

第9回夜活@東部 「整体師の知ってもらいたい話のツボはここだ!」

9回夜活@東部

日時:平成231122日(火)19:3021:00

場所:真成寺会館(魚津市)

題目:「整体師の知ってもらいたい話のツボはここだ!」

講師:小林 朝美(こばやし ともみ)氏

内容:

今回は場所を商工会議所ビルから商店街に移動して開催

外は既に暗い商店街シャッター通り(すみません)

その商店街において店内から照明が漏れ、人が続々入っていく。

想像してみてください


前を通る全ての車や人が立ち止って見ていく姿。 

「何始まるんやろ

そんな声が聞こえてきました。

当初は、場所変更で上手くいくか心配しましたが、24名の参加で成功裏に終えることが出来ました。

ありがとうございました。


前置きはさておき本題です。

「整体師の知ってもらいたい話のツボはここだ!」
を題してリフレッシュ整体〝ぐーにゃん。〟の小林朝美さんにお話ししていただきました。

IMG_8865

「体に携わる仕事の意外と知られていないホントのところ」
と言うことで、資格のお話に始まり、施術を受けるタイミングはいつがいいのか


そして、ライフスタイルとともに変化しているコリについて!
ホワイトボードを使ってわかりやすく解説していただきました。


IMG_8866

客層が低年齢化して小学生の方もにはビックリ

そして最後に全員で肩こりをほぐす体操をして終了しました。


IMG_1718

終了後も会館2階に場所を移し、日にちが変わるまで熱く語り明かしました。

さて次回、来月12月はお休みして1月開催です。

次回もお楽しみに~



 


 





 



yorukatutobu at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)