「上腕骨外上顆炎」は硬式テニスでフォアハンドやバックハンドなどを繰り返し行うと発症することが多いことから、別名「テニス肘」と呼ばれています。日常生活では重いものを持ったりすることで発症し、特に40代の女性に多くみられます。肘の曲げ伸ばしはできるが、ポットを持ったりタオルをしぼるような動きで痛みが誘発されるのが特徴です。

さてこのテニス肘ですが、当院では前腕部、肘、上腕部、そして遠く離れた前胸部(大胸筋、小胸筋)のレベルまで丁寧に触診します。「肘の痛みなのに大胸筋?」と思われる方も多いと思いますが、なんと押すと飛び上がるほど痛かったりします。正にここがトリガーポイントだと確信する瞬間です。そこから上腕二頭筋、前腕の長・短橈側手根伸筋の起始部周辺(曲池、手三里などのツボ)、肘関節外側上顆から伸びる硬結部に沿って順番に緩めていきます。きちんと治療すれば、施術後「あれっ」と思うほど簡単に痛みは取れることが多いです。

ゴルフ肘は反対に肘の内側の痛みで正式名を「上腕骨内上顆炎」といいます。ゴルファーや野球の投手などに多いのが特徴です。頻度はテニス肘ほど多くはありませんが、テニス肘と同様、慢性化するとなかなか治りにくい病気です。ゴルフ肘のトリガーポイントは前腕内側にあります。そしてやはり離れた場所「肩甲骨周囲」にもトリガーポイントは存在します。ここを押すと肘まで関連痛が響くこともあり、見逃せないポイントとなります。

テニス肘、ゴルフ肘のいずれにしても、トリガーポイント治療が非常に奏功する場合が多いので、試してみる価値はあると思います。