2006年09月16日

続・ブランド

 前回の続きです。ブランドイメージは強力な販売の力ですが、売れる商品を探す場合と売りたい商品がまだブランドイメージを持たない商品の場合はどうすれば売れるのかを考えてみます。

 アフィリエイトで売りたい商品は様々ですが、情報商材の場合は以前も書いたように非常に寿命の短い商品ですので、やはり『今一番売れているもの』でないと売ることは難しくなります。常にインフォカートなどの売れ筋ランキングに目を通すことや、メールで毎日送られてくる情報商材の販売案内などをチェックしているといち早く売れる商品は見つかるでしょう。既に今売れているということは、情報商材では『ブランドイメージを確立している状態』と言えます。そして、情報商材の特異なところは、『商品そのもののブランドイメージがすたれるのは早い。』という点です。

 名前の通った情報商材の作者は数えるほどしかいません。作者自身にブランドがある場合は、悪意ある中傷でそれが傷つけられない限り、その作者の作る情報商材はまた売れる確立が高くなります。彼らの動向に網を張っていれば、売れる商材を探すのは決して難しくはないでしょう。


 次に、自分の作った情報商材を売る場合はどうすれば良いのかを考えます。


 基本的にアフィリ・サイトを訪れる客は、『アフィリエイトで収入を得たい。』と言う欲求があります。今現在、収入を全くあげられていないアフィリエイターや思ったほどの収入の無いアフィリエイターは、何故思ったようにうまくいかないのかの答えを探しています。そして、アフィリエイトで成功するには何か自分の知らない秘密があるのではないか、と漠然と感じているのではないでしょうか?(かく言う私もその一人ですが。)

 アフィリエイトでは、アフィリエイター自身が一番商品を買っているというデータもありますが、売れる商品の基本的な条件は、タイトルや価格もさることながら「秘密があるのでは?」と感じている客の感じているであろう様々な疑問に対して、商品の紹介文でいかにきめ細かくサポートした商品であるかを、販売に支障のない範囲で具体的に少しだけ教えてみせることが効果的だと思います。

 「これこそ自分の疑問に答える商品だ!」といかに多くの客に思わせる事ができるか。売れる商品になるか、売れない商品になるかを判断するには、販売前にある程度情報の中身を見せて反応を探ることも必要になると思われます。

※ このブログを読んで頂いたあなたのご意見や感想など、気軽な気持ちでコメント下さい。全てはブログの糧となりますので。

 
人気blogランキングへ 

FC2 Blog Ranking





yoshi2924 at 23:47│Comments(0)TrackBack(0)clip!購買行動 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔