ブログネタ
面白い映画を教えてください。 に参加中!

[キック・アス] ブログ村キーワード

正義の心で悪をKILL
特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救う

キック・アス
(原題:Kick-Ass

満足度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

キック・アス 映画
  • 製作国:アメリカ/イギリス
  • 製作年:2010年
  • 製作会社:マーヴ・フィルムズ/プランBエンターテインメント
  • 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
  • ジャンル:アクション/コメディ/青春
  • 上映時間:117分
  • 映倫:R15+
<キャスト>
  • アーロン・ジョンソン
  • クリストファー・ミンツ=プラッセ
  • マーク・ストロング
  • クロエ・グレース・モレッツ
  • ニコラス・ケイジ
  • クラーク・デューク
  • エヴァン・ピーターズ
  • リンジー・フォンセカ
  • ソフィー・ウー
  • マイケル・リスポリ
  • オマリ・ハードウィック
  • and more…
<スタッフ>
  • 監督:マシュー・ヴォーン
  • 製作:マシュー・ヴォーン、ブラッド・ピット、クリス・サイキエル、アダム・ボーリング、タルキン・パック、デヴィッド・リード
  • 原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr
  • 脚本:ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン
  • 撮影:ベン・デイヴィス
  • プロダクションデザイン:ラッセル・デ・ロザリオ
  • 衣装デザイン:サミー・シェルドン
  • 編集:ジョン・ハリス、ピエトロ・スカリア、エディ・ハミルトン
  • 音楽:ジョン・マーフィ、ヘンリー・ジャックマン、マリウス・デ・ヴリーズ、アイラン・エシュケリ

<ノミネート>

【放送映画批評家協会賞】
  • 若手俳優賞:クロエ・グレース・モレッツ
  • アクション映画賞
キック・アス 解説<解説>

「ウォンテッド」の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードなアクション・シーンと軽妙かつブラックなユーモアを織り交ぜ描き出す。本国のアメリカ、イギリスでは、あどけない少女による殺戮シーンをはじめ妥協のない過激なバイオレンス演出が物議を醸す一方、多くの映画ファンからは熱狂的な支持を集めるなど賛否両論渦巻く問題作として大きな注目を集めた。主演は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」アーロン・ジョンソン。共演は、一躍ハリウッド期待の新星となった「(500)日のサマー」クロエ・グレース・モレッツとオスカー俳優ニコラス・ケイジ。監督は「レイヤー・ケーキ」「スターダスト」マシュー・ヴォーン

映画 キック・アス あらすじ<あらすじ>

アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)。ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールでチンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。ところが、その治療で体中に金属を埋め込み、神経の損傷で痛みにも鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。そして、懲りずにパトロールを再開したデイヴ。すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことからキック・アスの名はたちまち知れ渡り、一躍時の人に。だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアのボス、ダミコ(マーク・ストロング)は最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、キック・アスの抹殺へと乗り出す。ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)と、彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)だった。やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に巻き込まれていくのだが…。(映画 キック・アス - allcinemaより抜粋)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
人気ブログランキングへ←続きを読む前にポチットしていただけると嬉しいです♪

映画『キック・アス(Kick-Ass)』感想/レビュー

映画 キック・アス 感想/レビューやたらと賛否両論あり、既にカルト・ムービーの匂いを漂わせる『キック・アス』を、観たい観たいと思いつつ映画館で観れなかったので、ようやくと言った感じでDVDで鑑賞。(Blu-rayも勝ってしまった!)

弾丸が曲がったりするアンジェリーナ・ジョリーの出演で知られる『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーの原案を基に、コミック執筆と同時に、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011)』でも監督を務めるマシュー・ヴォーンのメガホンのもと、アーロン・ジョンソンクロエ・グレース・モレッツ、そして大のアメコミ好きで知られるオスカー俳優のニコラス・ケイジ出演で贈るバイオレンス・アクション・コメディ。
製作にはブラッド・ピット

ニューヨークの何処にでもいそうな青い春をそれなりに満喫するアメコミ大好きオタクの高校生デイブ(アーロン・ジョンソン)が、本物のヒーローに憧れて『キック・アス』の衣装をネットで買い、妄想しながら本当に街に繰り出してしまうという、まさしくB級映画の匂いがプンプン漂う。
最初のコスプレした男がマンションの屋上から飛んで、野次馬が拍手を贈ったかと思えば、案の定そのままタクシーに突っ込むというシーンで掴みは完璧!期待を裏切らないとはこのことです。

まず色んな映画、例えば『ジェイソン・ボーン』シリーズとか、『タクシードライバー』とか『スカーフェイス』とか『サンセット大通り』『シンシティ』『アメリカンビューティー』など、色んな映画のタイトルや名台詞が飛び出します。

キック・アス2映画のタイトルや名台詞のみならず、実際バッドマンの姿をしたビッグ・ダディことニコラス・ケイジが出てきて物凄く楽しんでいたり、スパイダーマンXメンの描写も多数あったり、終いには思いっきりタランティーノが好みそうな描写や、音楽でセルジオ・レオーネ監督の『夕陽のガンマン』の、エンニオ・モリコーネによる名テーマソングが効果的に使われていたり、映画ファンなら涙ものの演出がいたる所に散らばっています。この名作映画やアメコミに対するオマージュともアンチテーゼともとれる最大級の賛辞が本当に最高です。

結構というかだいぶバイオレンスな描写が飛び交うのですが、それがイチイチやりすぎくらいにぶっ飛んでてかっこいい。
手やら足が切り落とされたりするのは当たり前だし、兎に角終始血が飛び交って思いっきり残酷描写のはずなんだけれど、登場人物達のカラフルな衣装のお陰か、残酷描写すらもポップに仕上がっています。

そしてアクションシーンが滅茶苦茶かっこいい。
クロエ・グレース・モレッツ扮するヒット・ガールのアクションは素晴らしいの一言につきます。
ストロボがたかれる中での緊張感ある銃撃戦、色んな仕掛けを使って、最終的に自ら手を下しているわけでなく、自殺を手伝った形になっているギャング達との壮絶(というか一方的)なバトル。
FPS(ファーストパーソン・シューティング)視点での暗視ガンアクションはゲームのようだけれど妙にカッコイイ。

映画 キック・アス ヒット・ガールそんなヒット・ガールのかっこよさとは裏腹に、キック・アス自体がゲイに間違えられてみたり、妄想だけで全く頼りにならない間抜けというのがシュールな笑いを誘います。
個人的にラブコメみたいなノリはいらんかったかなぁとか思いつつも、コメディやアクションシーンはホント完璧と思われる素晴らしさのうえ色んな映画のオマージュが出てくるという贅沢さ。
更に撮影の仕方や、要所で実写の中にアメコミ入れてみたりと、編集の仕方も神懸り的に巧い。使われている音楽も絶妙すぎます。
そして字幕監修はアメリカ在住の映画評論家、町山智浩さん!
本当に最高の一本ですね。Blu-rayの特典が楽しみです!

映画 キック・アス ミンディ<総評>
完全にB級映画臭い映画ですし、賛否両論あるのもわかりますが、これはカルト映画になること間違いないでしょう。
空を飛べてガトリングも撃てるジェットパック、二丁拳銃、空中リロード、ストロボ、暗視SPF視点、自殺の手助けといったかっこよすぎるガンアクション。
中途半端じゃない過激なバイオレンスシーン。
爆笑できるコメディ要素、そしてブラックなユーモアセンス。
過去の名作映画やコミックへのオマージュ等々、見所がいくつもある最高の映画です。
ニコラス・ケイジは見たことないくらい楽し演じているし、何よりヒット・ガールを演じたクロエ・グレース・モレッツが可愛い顔して滅茶苦茶カッコイイ。
オススメというよりは必見の一本です!

キック・アス 予告編
キック・アス オフィシャルサイト

映画の名言・名台詞

お前らの暴力を みんな黙って見てる それが許せないんだ 僕は死んでも構わない かかって来いよ

映画『キック・アス』よりキック・アス(デイブ=アーロン・ジョンソン)の名台詞

映画 キック・アス DVD/Blu-ray
【キック・アス関連商品】

キックアス Blu-ray(特典DVD付2枚組み)
<DVD/Blu-ray>
キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
キック・アス DVD

<ミュージック/サウンドトラック>
Kick-Ass Music from the Motion Picture
Scott Pilgrim Vs the
KICK-ASS!

<本>
キック・アス (ShoPro Books)
Kick-Ass: Creating the Comic, Making the Movie

<おもちゃ/その他>
映画『KICK-ASS/キックアス(HIT GIRL)《PPC-061》』ポスター☆アメコミシネマPOSTER通販☆
Wacky Wobbler - Kick-Ass: Hit Girl

【マシュー・ヴォーン関連商品】
【マーク・ミラー関連商品】
【ブラッド・ピット関連商品】
【アーロン・ジョンソン関連商品】
【マーク・ストロング関連商品】
【クロエ・グレース・モレッツ関連商品】
【ニコラス・ケイジ関連商品】

【ニコラス・ケイジ関連映画記事】

『キック・アス』の映画レビューが参考になったとか共感できたという人は、下記のランキングバナーをクリックしていただけますと、大変嬉しいです♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
ありがとうございました♪