2007年05月08日

試練の時

今日仕事上がりに怒られた。いゃ、指摘を受けた。

「もっとはきはきとやろうぜ」

「端から見てやる気ね〜って感じに見える」

「ダラダラ〜ってしてるように見えっから。金もらってんだしさ」

などなど。

どうやらテキトーにやっているように思われているようだ。

指摘された事の半分以上は反論できた。だけど言いたくなかった。だから黙って「すみませんでした」とだけ繰り返した。

確かに納豆の積み方は効率が悪かった。自覚がある。認める。

でも、並べる時は綺麗に並べたくなっちゃう性格だから、効率の為とはいえ乱れがあるのは嫌だ。ましてやそれが自分が担当したものなら尚更。

でも早さは改善する。もう注意なんてされたくない。

今回は少しがっかりしている。真面目に働いているつもりなのに周りから そんな目で見られていたとは…。

次から次えと仕事が言付けられる。言われる順に仕事をこなす。

しかし、僕は一人しかいない。いくらなんでも牛乳を扱っている時の話で「卵もガタガタじゃんか」納豆を扱っている時点で「発注もすんでないじゃん」は無理でした。

誰であっても売り場で働きながら同時に事務仕事を遂行する事はできません。作業が全くの別物なのだから。

ちなみに、「納豆に30分以上かかってたよね?」は明らかな誤解です。僕はかかっても10分程度しかやっていません。他の人のヘルプも行ってたし、お客の案内も多かった。

何が言いたいか。文句ではなく、【タイミング悪く見られていなくても、人はちゃんと働いている】です。

今日の指摘は一部だけを見た意見にすぎない。

お金をもらって仕事をしているという自覚はすで教わっている。そして自分でも意識している。

今日は周りの意見も含めて代弁するって言われたけど、正直この先どうしていいかわからなくなってるのも事実。だって加工さんだって裏で携帯いじってるじゃないですか。僕はとある一件以来触れてないですよ?(例え)

まだ周りとの息が合っていないのかなぁって思う。もしくは向いてないのかもしれない。

自分のせいで周りに迷惑をかけ、かつ士気を損なわせているのであれば僕はすぐにでもやめます。

だって、まわりの足を引っ張るのはやっぱり嫌だから。

でも今回の一件は自分への一つの試練として真摯に受け止めている。

これこそが僕が求めたバイトの経験、ひいては社会の経験と思うから。

*fin*
yoshi_1647 at 23:59│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔