2014年04月12日

オフラ その2

DSCN2407

ワインを製造していたところのようだ。
DSCN2410

地下には、ワイン保管の部屋。
DSCN2411

ぶどう畑も。

DSCN2418

この高層住宅は、ハトのアパート。

藁ぶきの建物を内側から覗いて見ると・・・
DSCN2421

DSCN2422

こんなふうになっていた。

DSCN2426

イースターの装飾卵?(ピサンキ)作りの体験をするコーナーもあった。
DSCN2423

これらの液に浸して、卵に色を付ける。
DSCN2427

洗濯で苦労しているせいか、昔の洗濯機?が気になった。
DSCN2428

意味とかいわれとか・・・は?
こんな像が、かなりの数あった。
DSCN2429

天気がよくて、よかった。

yoshi_nohon at 20:48|PermalinkComments(0)ジェロナグラから 

2014年04月07日

オフラ その1

昨日(日曜)、オフラ村の野外博物館?でイベントがあり、行ってきた。

27番のバスで行く。
市内のバス代は3ズウォティだが、市外に出るので4、4だった。

バスの中も、会場も、たくさんの人が。
子供連れ、家族連れ・・・天気も良くて楽しそうに。

この地域は、リトアニアとの関連が強くあるのだとか・・・
案内役をしてくれた日本語クラスの生徒が一生懸命説明してくれた。
が、半分も理解できていないだろう・・・

まずは、入場券を買うのに行列ができていた。
DSCN2395

並ぶのは、ポーランドでは当然?のことで、イラッとしてはいけない。
結局、20分は並んでいた。

DSCN2402

古い家屋は、木造で藁ぶきの屋根が多かった。
DSCN2403

靴屋さんのようだ。
DSCN2412

DSCN2413

店もたくさん並んでいた。
DSCN2416

DSCN2406

DSCN2399

イースターの前なので、関連したものが目についた。
中には、
DSCN2398

楽しそうに・・・

(続く)





yoshi_nohon at 20:09|PermalinkComments(0)ジェロナグラから 

2014年03月31日

ワイン・パーク

昨日ほどの「サンサンほかほか」まではいかなかったが、
今日も「まずまず・ほかほか」な日だった。

ワイン・パークまで行ってみた。
DSCN2349


ジェロナグラの街を見下ろすようなブドウ畑は、
DSCN2346

DSCN2347

こんな感じで・・・

DSCN2348

ワイン・パークらしい、ベンチ。これからは、屋外ベンチの忙しい時期に。

日本からのパックツアーに、ここジェロナグラのワイン・フェスティバルが組み込まれたものが登場したようだ。
時期は、9月上旬。かなりのにぎわいになるらしい。
パレードの写真をよく見かける。
そういえば、ここは「通り」が、パレード向きのような気がする。

yoshi_nohon at 21:10|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年03月28日

広々・・・

もう3月もあとわずか。
ポンポン休んでいると、あっという間に日々が過ぎて・・・

街中は、すっかり春モード。
DSCN2331

大学から歩いて15分ほどのところにある教会。
ポーランドでは絶大人気の法王の大きな像が。
比較的に新しい住宅地ゾーンにある、新しい教会。

DSCN2332

その近くには、こんな景観が広がる。
DSCN2335

道路も広い。

教会は、その広い道路の交差するところにある。
広々とした空間は、晴れた日には、陽光浴び放題。

以前は、果樹がたくさん並んでいた地域だったらしい。

yoshi_nohon at 21:42|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年03月14日

街中に・・・

今日も、いい天気だ。
このところの陽気っぷりは、どうしたわけ?

この週末は雨模様らしいが・・・

街中の大型ショッピングセンターのすぐ近く、歩いて2,3分のところに・・・
DSCN2321

こんな建物がある。
DSCN2324

DSCN2323

わかりにくいかも知れないが・・・
RSCN2327

金網のようなものが見えるだろうか。
RSCN2326

ここは、刑務所(でいいのかな?)。逮捕された人を収容する施設で、今でも使われているとのことだ。

「なぜ、こんなところに?」と、思わずにはいられないが、ここができた当時は、この辺りは街はずれだったとか。
今では、周辺に店や高層住宅が並んでいる。
すっかり、「街中」になっている。


yoshi_nohon at 10:32|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年02月23日

赤ちゃんポスト

2月はこれまでのところ、信じられないほど、寒くない。
皮肉というか、部屋の暖房が直ったら暖かくなった?

DSCN2286

以前、ふれたことがあるが、ポーランド版”赤ちゃんポスト”。
窓のところに、「命の窓」という文字が・・・(文字は一部写真では見えないのだが、多分そうだと)

窓の写真を撮った場所で、グルッと後ろを見ると、
DSCN2287

バス停で、バスを待っている人たち。
その後方には、教会の塔や広場の市庁舎の塔が見えている。



yoshi_nohon at 21:21|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年02月16日

半分終了・・・

1ヶ月も、ポンポンしなかったことになる。

その間に、前期が終了し、試験期間も終わった。
明日からは、後半の新学期が始まろうとしている。

ポーランドの冬が、雪が少なく妙にあたたかく・・・と思ったら、
日本では、毎週のように大雪とのこと。

先月まで、暖房があてにできなかったが、今月は今のところ万全。
ネット接続が切れてしまうことは、相変わらず1日に数回も・・・
下着類は毎週手洗いで洗濯。仕方なく、もう慣れたというしか。
他の洗濯物運びは、毎月3回ほどの定期的運動?

DSCN2289

この寮に、洗濯物を運んでいる。
DSCN2290

寮の前から、大学校舎はこんな感じに見える。



yoshi_nohon at 20:57|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年01月16日

雪化粧

昨日、ジェロナグラで今年初の積雪。

DSC_0094

冬にむき出しにされたままの姿で放置状態だった「街路樹」。
やっと?雪化粧。なんだかうれしそう?に見えて・・・パチリ。

カメラがまたおかしくなったので、ケータイで撮影。

DSC_0095

広場は、雪がきれいにどかされていた。

さて、この雪はいつまで・・・
これからは、連日の雪姿?

yoshi_nohon at 21:51|PermalinkComments(0)ジェロナグラ 

2014年01月11日

つぶや記・ぼや記

どうやら、ひとつのブログは、ポンポン不可能状態に。
ポンポン・ページにたどりつけなくなってしまったまま。

そういうわけで、ここでもこれから、写真無しでの つぶやき・ぼやき が増えるかも。

時には、あ書き
時には、も書き
青息問記。

悪意悪食。
明日の転記。

汗書き
恥書き
当たり記斜理記

どこまで行くのか 足摺岬。

yoshi_nohon at 21:25|PermalinkComments(0)ジェロナグラから 

2014年01月02日

ポズナン歩き 2

12月30日(つづき)
午後4時になれば、こんな感じだ。
DSCN2226

広場には、大きなツリーがあるだろうと思っていたが・・・
DSCN2227

DSCN2228

ツリーは、見当たらなかった。

暗くなっても、寒さはそれほどでもなかった。
DSCN2229

DSCN2230

大劇場(オペラハウス)。
DSCN2235

文化宮殿。100年ほど前にドイツ皇帝の居城として建設されたとか。

DSCN2236

こちらは、できてまだ2,3年?の新しいポズナン本駅のビル。
DSCN2237

DSCN2238

ビルのこちら側の外壁は、次々にいろんな光をうけて、変色していった。
DSCN2240

ここで、ダレクと待ち合わせて、彼の車に乗せてもらい、ジェロナグラへ帰った。
DSCN2242








yoshi_nohon at 12:21|PermalinkComments(0)ジェロナグラから