Q’z★Mano Meile★

〜まの・みりゅう〜

axes femmeとかロシヤとか。
ぐでたまにも夢中!

039a


今年も冬っぽいデザインのニベア缶が出た
キラキラでキレイだけど、寒々しいねwww

DCIM5606 (4)a


先日のブログ用写真を撮っていたら、
後ろに下の息子が写ってた(;・∀・)

忘年会から持ち帰った毛ガニを必死に掘って食べているの図www

DCIM5610 (3)a
ぴょんぴょん舎の冷麺と石焼きビビンバ。
どちらもハーフ。
好きなものを同時に食べるーーーー!!!

あああ至福ーーー(ΦωΦ)♡♡

夕方、いつもの通り晩ごはんの支度をしていたら、宅急便が届いた。
開けて見ると・・・




011a
ばばーーーん!!!
妹が誕生日のプレゼントを送ってくれたーーーーーー(*゚▽゚)ノ

うわーーーーん!!!










3枚にもわたる手紙とともに、今年はヘアケアセットをもらっちゃったー(*゚▽゚)ノ
うふー
DCIM5606 (5)a
シュワルツコフのヘアケアアイテム2コは、まあ、読んでわかったけど
1番左のやつはなに?って思ったら、
「タングルティーザー」という人気のヘアケアブラシらしい。

おお、ステキ
髪がからまずするする梳かせるようー

詳しくは→ 「タングルティーザー」


自分の誕生日なんて家ではなにもないので
よりうれしかったね。
ここから離れて約半年になるけど、それでも気に掛けてもらってるような感じで
ホント、涙が出るくらいうれしかった。
ありがとう、妹。

だってダンナはいつもの趣味の卓球に出かけてるし、期待するよすがもないから。
毎年のことだけどね。

近いうちにどこかへスイートなものを食べに出かけて
自分でお祝いしよっと

007a

新しいまな板を買った。

真っ平らだから食材が繋がって切れないのが、うれしい。
(いままでどんなまな板だったんだって話だ。)


ちなみにこれからオムライスを作るところ。

DCIM5603 (2)a
本日は職場の忘年会。
市内の某所で数ヶ月ぶりに酒を飲んだ( ̄∇ ̄;)
DCIM5601 (2)a
サザエとかホヤが出てきても、食べれないオレ・・・(´・ω・)

ほかにも鍋とかいろいろ次々出てきて、すんごーいお腹いっぱい。
すんごーい楽しいわけでもなく、例年通りまあまあな感じで会はお開き。
ごちそーさまでしたー。
002a
おみや。
今回はブランデーケーキが入ってた!
うふー、食べるの楽しみーー

001a
今週末に行われるシクレの案内が来たヽ(゚∀゚)ノ

今週なら土曜日にショップへ行ける!
ただ、もう県内のショップは全部閉店してしまったので、隣県まで遠征しなければ。

盛岡へ行くときは高速を使わないで行くんだけど、
何度も行ってるうちに遠いとか時間がかかるって気がしなくなってきてる(爆)
慣れってすごいなーwww
もちろん自分で運転していくよ
ダンナは卓球あるから行かないよ。

とにかく当日は、雪が降ったり道路が凍らなきゃいいなー

DCIM5624 (3)a
先日の映画と買い物の帰りに31で休憩。

今となってはなんでコレを頼んだ?って自問自答。
クッキー2枚の間にアイスを挟み込んでいる。

非常に食べづらかったし、こんなありがちなクッキー2枚食べるより
どうせならアイス2コ食べた方が良かったと思った

71oF-EmXKrL
百田尚樹の「永遠の0」を読んだ。
先日読んだ「海賊とよばれた男」からの百田つながりで(笑)

映画にもなってそこそこ評判だったと思うんだけど、そっちは見たことないオレ。
なので先入観無しで読み始めたんだけど、
うん、こっちも「小説なんだなー。」っていう読後感。
お話としてはおもしろかったし、程よい長さで飽きる前にすべて回収されて丸く収めたなーって思った。

まあ、戦争の話だし本当のことっていうのは今との価値観の違いや、
様々な出来事が多岐にわたっていて一概に1冊の本の中ではとうてい語りきれないと思うから
こういう小説という方法で一部分を切り取って、今の私達に語るのは、ありなのかもしれない。

映画版のDVDの方はどう作られてるのかな?っていう興味で、
ちょっと見てみたい気になったけどね( ̄∀ ̄*)

DCIM5621 (3)a

エキセドリンを切らしてしまった。
かわりにカロナールを飲んだけど、全然効かなかった。

八戸のマツキヨで購入して、2階のフードコートで震える手で箱を開けて貪り飲む。
ああ、これでよし・・・。


ちょっと盛った書き方だったwww
手は震えてなかったし、ちゃんと決められた2錠をお水で飲んだよwww

3a184239655895c0

「神様の思し召し」というイタリア映画を観た。
ポスターや予告では「最強のふたり」の笑いと涙、再び!なんてふれ込みだったけど、
全然別物だったよ。
どちらもおもしろかったけどね(´∀`*)

ただストーリー展開が雑な感じで、そこがちょっともったいない・・・。
1コ1コの場面をもっと丁寧に描いたらなーって思った。

登場する牧師は身の上相談や悩みを聞いてアドバイスやその人たちの面倒を見ても
決して変にべったりしないのは、イタリア人の特性なのかなって思った。
でも決して冷たいわけではなくて、温かいんだよね。
やっぱ普通にハグする習慣というのは、言葉や態度で足りない部分を無言で補えるのかなって思う。

不覚にもこんな深いけど明るい映画で、泣いてしまった。
今まで映画館で泣くなんて、一度もなかったのに・・・。
思ってるよりも精神的に疲れてて、弱くなってると気づいた。

DCIM5617a
新装オープンしたユニバースでペッパーが働いていた。
息子達は年齢当てクイズをして遊んでたけど
下の息子は45歳と言われてて、なにを基準にしてるんだろ?と謎www

DCIM5616a
私がへそ曲がりなせいかもだけど
顔が小憎らしい感じがして、苦手・・・(´・ω・)

81--H4S0S4L

51iqx-J500L

職場の同僚に勧められて百田尚樹の「海賊とよばれた男」を読んだ。
厳密に言うと、同僚の旦那のお薦めだけど( ̄∇ ̄;)

感想としては、ひとりの男の一代記なので戦争もはさんでかなり長い期間のお話しなせいか
出来事を追うのがいっぱいいっぱいで人物描写がままならなくて、ちょっと物足りない感じ。
出光興産を興した出光佐三(国岡鐵造)の話なんだけど、「伝記」というより「小説」だったと思う。

戦前、戦中、戦後を戦い続け、悲願を成し遂げた国岡(出光)はたしかにすごい男だとは思うけど
それは読んだ結果であって、いまいちその熱さが伝わりづらい。
部下達もひとりひとりの人物描写が浅すぎるというか、ないので、
タンク底の廃油浚いのときも、イランとのイライラするような交渉のときも、困難さが伝わらない。
この著者にはこの題材が大きすぎて、描ききれないのかな?
知ってみるとこんな興味深い題材なのに、なんかもったいない気がした。

でも文章自体はとっても軽くて読みやすいので、さくさく読み進めれたよ。
そこはよかったwww

で、これも岡田准一主演で映画化されるとか。
見ようかどうしようか、思案中・・・(;・∀・)

DCIM5614a

駅そばを食べた。
食券を買うときにどれにするかいつも軽く悩むわりに
最終的にはいつも同じものを頼んでいるという・・・www

つーか、その場では前に何を注文したかは忘れてるんだよね。
で、後で気づくという。

老化してきたぞーーーヽ(゚∀゚)ノ

111a
注文してた来年のカレンダーが届いた!ヽ(゚∀゚)ノ

かっこいい!
プーチンカレンダー、欲しかったのーずっと。
毎年ロシヤ雑貨のサイトで見てて、欲しいけど代金と送料を考えて躊躇してたけど
今年はLOFTの通販で適価で注文できたし、セブンイレブンに取りに行くと送料もかからない!

ああ、なんてステキ!
おーちん・はらしょーーーーー
113a
飛行士とかスーツ姿もステキだけど、
私は断然犬と戯れる彼の姿がお気に入り

114a

微妙に目が合ってないけど、犬を怖がらせないためなんだろうと推測する(笑)
やっぱこういう男のひとの意外性に惹かれてしまうのよう・・・www

このページのトップヘ