2007年05月30日

簡単にブログを作成してアフィリエイトで儲ける

先日、知り合いの方からすすめられて購入したのですが、内容がGoodです。

マーケティングの要素、キーワードの選定、それから.....

95%のアフィリエイターが月1万円も稼げないと言われている中、この商材でその壁が破れのではないでしょうか。

とにかくおすすめです!

インスタント・ブログアフィリエイト

2006年05月24日

wwwをつけるか、つけないか?

ホームページのURLに「www」をつけるのいいか?省略する方が良いのか?

 http://www.○○○.com
 http://○○○.com

どちらが得なのかを考えてみましょう。

まずは、どちらかに統一する事が重要です。

検索エンジンに対して考えると、wwwがついているサイトとついていないサイトを別で認識します。

Yahooの検索窓に link:http://www.○○○.com と link:http://○○○.com とそれぞれ入力してください。

リンクされている情報が表示されますが、結果は違います。
と言う事は、アドレスをどちらかに統一しておかないと、被リンクが分散されるので、損する事となります。

検索エンジンに評価されるためには、リンクされる事が重要ですので。

例えば、http://www.yahoo.co.jp と http://yahoo.co.jp で見てみると、wwwありはページランク「8」に対して、wwwが無い場合は、ページランク「6」です。

※ページランクについては以下を参考にしてください。
http://www.google.co.jp/intl/ja/why_use.html

※ページランクを確認するためには、Googleツールバーをインストールしてください。
http://toolbar.google.com/intl/ja/index_ie.html

wwwがついていないと、URLが短くなって名刺やカタログ、チラシなど紙媒体に印刷すると見栄えはいいですよね。

統一した方がよいと言う事はわかったが、じゃあ、wwwついているほうがいいのか、無いほうがいいのか?

個人的な見解では、wwwをつけた方がよいです。

一番の理由は、最近のサーバーなどの設定で、wwwがついているアドレスでもないアドレスでもサイトのトップにはつながることが多いともいます。

Yahooにカテゴリ登録する際に、wwwなしのアドレスで申請しても、www付きのアドレスでページは表示される場合は、Yahoo側で、勝手にwwwを付けて登録されます。

wwwなしで、統一してもYahooにはwwwがついた状態で登録されるので、被リンクとしては分散される事となります。

これはSEOを少し分かっている方なら、損だとわかると思います。

ですので、wwwをつけた方がいいですよ。

この記事がお役に立ちましたら
人気blogランキングへ、1回クリックをお願いします。


2006年04月29日

ホームページを資産と考える

中小企業や個人事業者は、ホームページに、お金と時間をかけない!
ひとが圧倒的に多い。

理由を挙げると、収益を上げる効果が、具体的な形としてイメージできないのだろう。

いくら売り上げるかわからない営業マンを雇う金があっても、ホームページにお金は使わない。

300万円の給与で会社が負担する額が600万円としても、ホームページには50万円の金も使わない。

1年で営業マンが会社をやめて、600万円損しても、会社を辞めないホームページにはお金をつかわない。

新しい営業マンに時間をかけて育てても、ホームページを育てる為の時間をかけない。

一回くばれば終わりのチラシにお金をかけても、継続し存在するホームページにはお金をかけない。

ホームページをうまく育て、収益をあげるホームページを作ること。

それは、会社の資産となります。

営業マン、社員を一人雇うつもりで、ホームページ作り、運営に時間とお金をかけてみてはいかがでしょうか?

うまくいけば、営業マンの何人分もの働きをホームページはします。

ホームページをうまく活用できる会社とできない会社を見てきて、つくづく感じるのです。

この記事がお役に立ちましたら
人気blogランキングへ、1回クリックをお願いします。


2006年03月08日

お客さんのターゲットを絞ってホームページをつくる

ホームページを制作する時に、商品、サービスを購入するお客様を明確にする。

よく言われていることです。

すべての対象となるお客さんに興味を持ってもらおうとして、ページをつくると、逆にすべてのお客さんに向いてもらえない事があります。

商品、サービスの属性によっても変わりますが、思い切ってターゲットをしぼってページをつくると、その属性のお客さんの反応を得られる可能性が高くなります。

そのためには、そのような人が、うちの商品に興味を持って買ってくれるのだろうと、日頃から、そのような視点で見ていると少しずつ、具体化されます。

私のクライアントで、対象のお客さんを絞って、アナウンスしている会社があります。

デザイン性を重視した住宅を提供しているのですが、建て替えのお客さんを集客する際に、うちの住宅は、こんな感じの人がお薦めですと、言い切ってしまってます。


具体的には、

 ・どんな建売住宅を見ても、すべて同じに見える方。
 ・人と同じではなく、独自のライフスタイルを求めている方。
 ・大衆車に乗るより、誰も乗っていない外車に乗りたいと思っているような方。
 ・建売住宅より少し高く、ハウスメーカーのプレハブ住宅より安いデザイナーズハウスを求めてる方。
 ・坪単価いくらよりも、価値>価格だと考える方。
 ・何でもカッコ良くなくちゃ、イヤだという方。


こんな感じです。


逆に、言い切る事により、お客様も私の事だと具体的に認識するようになり、質の高い問い合わせが来ているようです。


皆さんも、おもいきって、こんな方がお薦めですと具体的にお客さんのターゲットを絞ってみてはいかがでしょうか?

参考までに、

ア・ルアソシエイツ
建て替えのセールスページ


この記事がお役に立ちましたら
人気blogランキングへ、1回だけクリックお願いします。


2006年03月01日

外部リンクの重要性

検索エンジン対策でとても重要なのは、外部からリンクされるということ。

GoogleやYahoo、MSNなどの検索エンジンは、外部からリンクされることで、そのサイトを評価します。

相互リンクするということは、私もリンクするので、あなたもリンクしてくださいねという事ですが、リンクされる為の手段です。

相互リンクのメリットは、リンク先のサイトからのアクセスをよりも、外部からリンクされている事により、検索エンジンからの評価があがる事の期待値が大きいでしょう。

Googleに関してサイトの評価をページランク(10段階)であらわされます。

ページランクを知りたい方は、Googleツールバーをインストールすれば、確認することができます。

Googleツールバーはこちらからダウンロードできます。

ページランクが高いといって、どんなキーワードでも検索上位に表示されるわけでもなく、あくまで、サイト内のテキストマッチと、リンクされているテキスト内容によります。

例えば、「18歳未満」でGoogleで検索すると1位にYahooが表示されます。

これは、アダルト系サイトが、18歳以上か未満かで確認ページを設けています。
18歳未満のリンク先に、多くのサイトはYahooのサイトにリンク先を設定する事が多いので、このようなことになります。

という事は、外部リンクされる時に、テキストリンクされるサイト名も重要になります。

ターゲットとなるキーワードを含むサイトタイトルにすると、効果的ですよね。



この記事がお役に立ちましたら
人気blogランキングへ、1回だけクリックお願いします。