2016年09月16日

久々にヌッシーと明石界隈へ〜美里丸〜

恥ずかしながら帰ってまいりました!

一年以上の沈黙を破り、遂に復活いたしました!

いつも見に来てくれていた皆さん、長い間すみませんでした。

さかさかさん、コメントありがとうございました!


さて、今回は・・・

たまたま別の用事でヌッシーにメールしたところ、釣りニュースの取材有るんだけど、釣り手で参加しませんか?

とのお誘いを頂いて、重たすぎる腰を上げることにしました。


ただ、フルセジグ縛りで・・・。


なに?フルセジグって?

確か、ヌッシーが作成したジグがそんな名前だったか・・・

o0480064013743046885


まあ、それも面白そうだし、参加することにしました。


お船は、姫路東の木場ヨットハーバーから出港の美里丸さん。

半年前におろしたての、ピッカピカの新船!

また、装備が!えげつない(笑)

毎年、ビルフィッシュトーナメントに参加するという船長なので、そのまんまカジキが釣れる装備(笑)

ディープライナー並みのイカツイ船です。

image


そんなこんなで、がまかつから白塚さん、フルセジグを作っているオザキさん、釣りニュースの人と合流して出発。

明石大橋の西側辺りから。

狙うは青物と神戸沖の太刀魚。


フルセジグ150g赤金を付けてシャクッてみます。

ヘッドヘビーなので、動きはどうなのか?

ワンピッチで様子見です。

強くしゃくると飛んで行ってしますので、次のしゃくりまでに帰ってきません。

しゃくりのタイミングを遅らせるか、弱くしゃくるか・・・

どっちやヌッシー!

やさーしくシャクッて下さい。

分かりました。


しかしこの、シャクるでもなくただ引きでもない、明石特有の感じがあんまり得意ではないのです。

一日やれと言われても、わしには到底無理で、なーんか他のことをしたくなるのです。

最初のポイントは、ジグの感触を確かめたぐらいで当たりもなく、太刀魚に移動。


ここでは、フルセジグ発売元のフィールドデバイスさんの、SAND LANCEを使います。

これが使ってみるとよく当たる。

キャプチャ


最近の私の太刀魚釣法は,たいへん横着(笑)なものです。もう歳なんで(笑)

底から30mから40mに反応有りとアナウンスがあれば、着底後30m急いでただ引き。

30mからは、ロングフォールジャーカーで1回ロングジャーク&ロングフォール、でハンドル一回巻。

それ10回繰り返し。

img_0
img_3 (1)


当日はこれで、1投に1回は当たりましたし、船中最速で釣る事が出来ましたよ。

大小8本位入ったところで、また修行に出るとの船長のアナウンス。


昨日から青物が好調という淡路島の駆け上がり。

ちょうど観覧車前あたり。

フルセジグに戻し、ジギング開始。

また、試行錯誤の繰り返しです。

と、隣の白塚君HIT!

良い引きしています。

80cmは軽くオーバーの立派なサワラをネットイン。

おめでとー!

俄然やる気が出てきたぞー!


と、隣を見るとまた白塚君またなんか掛けている!

しかも結構な大きさみたい。連続のヒットだ!

img_1 (1)


また良型のサワラかと思われたが、70cmありそうな真鯛!

なんとついてる人!

img_2



そんな中、私にも待望のあたりが!

すかさず合わせるが、かる〜い。

引かない。

これは、ハマチ小でした。

img_3



それからというもの、あたりも遠のき、ナブラを追いかけたり放浪したりが続きます。

船長西へ東へ走り倒してくれています。

お昼ごろ、サワラが飛んでいるとの情報が入り急行。

淡路島沖の先ほどよりは南側、左手遠くに観音さんが見えています。



ここでは、少し気分を変えようとスピニングタックルに持ち替えます。

水面には大量のイワシ。

真黒なイワシボールまで見えています。

ベイトがイワシなら、これでも釣れるはず。


ジグを太刀魚に使っていたSLに交換。

アンダーで投げてから、丹後ジャーク。

ハイピッチとロングジャークのコンビネーションで。

1・2・3 1・2・3 1・2・3 ローングジャーク&フォール

ドッスーン!

狙い通り!

気持ちいい〜。

結構なサイズだ!


隣でまた白塚君ファイとしている。

なんと!


ヌッシーにもヒット!


大騒ぎとなった。


私とヌッシーはいいサワラだったが、白塚君は・・・

DSC_0285


僕だよ〜ひさしぶり〜(笑)



ええええべっさん!

img_6


君なぁ〜顔デカすぎやし!

俺の顔にかぶっとるやないか!



と言うわけで、久しぶりのジギング楽しんできました。

DSC_0298


皆さんありがとうございました。


ヌッシーまた誘ってね〜



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 GyoNetBlog ランキングバナー 人気ブログランキング



























   

Posted by yoshibo330 at 22:21Comments(1)TrackBack(0)

2015年05月24日

復帰戦でいきなり!?丸一日丹後ジャーク!

明けましておめでとうございます。

ってもう5月ですが・・・

永らく更新出来なくって申し訳ありません。 


まあ、人生色々あって・・こういう時期もあるものです。

とりあえずは、釣りに行けたって言うことで、めでたしめでたし。

訪問してくださった方、すみませんでした。


さて、和歌山ではマグロがチョイ盛り上がりでしたが、タイミングが合わずに、結局丹後に行くことになりました。

後輩Uと二人で話し合った結果、VICTORYでブリ狙いです。

何年、いや十年は超えていると思いますが、ブリ狙い一本なんて男らしい釣行(笑)


このところ、経が岬の東にある白石という巨大なポイントで、連日鳥山が立っていると言うこと。

キャスティング&ジギングで狙います。


ゆっくりと8時ごろ宮津港を出発。


DSC_0166 1


VICTORYと言えば、ダンシングマジック。

今では、鰤神様他多彩な品揃えとなったVICTORY工房ですが、実は私・・・

ジギング始めて20年、ダンシングマジック使ったことが無いのです(笑)

黒田船長、ごめんなさい。


船長が、タックルを製造したりしている船は、船長が長年の経験で編み出した理論と言うものが存在します。

それを、形にしたのがジグなりルアーなりの形になるわけですが(室戸のディープライナーもそうですし)、その道

具を使うメッソッドというのも、独特な物があります。

それを観察するのも楽しいし、時にはヒントになったりもします。

引き出しは多いほうが良いですからね。


さて、上の写真は、常連さんと思われるミヨシに陣取った二人連れのお客さんのタックルです。

ロッドは7フィート前後、もちろんスピニング。

キャスティングではありません。ジギングタックルです。

そのうえ、200g前後のアルミジグを付け、そのうえ超早引き!

私のようなオッサンには身体に悪そうです。


船は、9時半ごろ白石に到着。

一旦鳥山の様子を見ながら通り過ぎて、解禁時間まで外れたところで様子を見ます。

朝のうちはスローの方が当たると船長。

ベイトの反応はあるものの、活性はまだ低いようです。

なので、とりあえずスロータックルで。

DSC_0171


時間となり、白石の中に入ると鳥はまだバラケていて、まとまっても移動が早い。

数投キャストしたのみで、ジギングに切り替え。

11時すぎ、やっと後輩Uにハマチが食い、すぐその後に私にも。

この辺のアベレージサイズのハマチでした。


その後も船中しばらく沈黙。


お昼過ぎに、常連さんにメジロが釣れたのをきっかけに、スピニングタックルに切り替え。

  
私は、MCワークス 582EVO に ステラ5000H


丹後定番の早引きストップを数セット繰り返した後、ロングジャークのコンビネーション。

DSC_0168 1


数投でメジロがヒット。

隣の後輩Uも見よう見真似で

DSC_0181


常連さんのロングロッドは、このロングジャークのためのものです。


そうしているうち、私に今日一のあたりが!

ロッドエンドをお腹に据え、ファイト!

ロッドがU字に。

しかし、身切れでフックアウト。


ポイントの上を通過すると、船中バタバタと連れる感じで、一時釣堀状態。


DSC_0183

最後の一流しは、後輩用に用意した

20年前のがまかつジグシャフト 98ステラ5000H

を強奪してヒット!

年寄りにはキッツイよ!


DSC_0188

てなわけで、まああまあ楽しめました。

DSC_0189


大物はすべてダンシングに持って行かれましたが、そこそこ釣れましたよ。

使用したジグは、赤キンが調子良かったので、タックルボックスをひっくり返して見つけた、

ZERO1 / C1 / レクター

の赤系統。


いやー疲れました。

でも、久々の釣りで天気も良かったし、パワーファイト気持ちよかったですよ。


次は浦島かな〜

船長お世話になりました。

次はダンシングマジック、持って行きます(笑)



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 GyoNetBlog ランキングバナー 人気ブログランキング ブログランキング【くつろぐ】




































   

Posted by yoshibo330 at 17:04Comments(1)TrackBack(0)

2014年09月06日

今年三度目のタラアタック!〜シーホーク〜

更新が遅れてしまいましたが、8月24日シーホークさんにお世話になりました。

後輩Yと同僚の還暦ジジンガーと3人での釣行。

前回、victory2での釣行の時、どーもバラシが多すぎ。

しかし、もう何年も通っている浦島でのタラ釣りに、少し掴めた感が出てきたので、万全の準備をしてのアタックです。

前回、victoryの黒田船長との話で、色々アドバイスを頂いたのも大きな収穫でした。

タラなんて目の前に何か落ちてきたら、大概パクッと食べるでしょ…的な考えだったんですが、今回はちょっと真面目に考えてみました(笑)

まず、victoryの鱈神様420グラムを購入。

黒田船長にそそのかされた訳ではありませんが、横にならないジグが欲しかったので、結局これになりました。

カラーは黒。

グローはパスです。

グローについては、肉眼で光っているのを確認出来るのは10分程度。

スロースキップのSGで、約1時間。

水深250メートルのタラ釣りでは、そうしょっちゅう上げ下ろしするわけでは無いので、敢えてグローはパスしました。

フックは大きめに変更。

フックの長さもジグに合わせて調節。

他、色々といじって準備完了。

さあ、どうなりますやら…


還暦ジジンガーは、ジギング初挑戦。

普段は餌釣りのオッチャンです。

タックルは私の物を渡してあります。


ロッド : ポセイドン スロージャーカー#6

リール : オシアジガー2000NRPG

ライン : パワープロ1.5

リーダー : 20lb

ジグ : スパイV (レッド・ヌードスポット)

と、こんな感じで。


私は、

ロッド : ポセイドン ハイピッチジャーカー600

リール : オシアジガー4000

ライン : ファイアーライン #1.5

リーダー: 30lb

ジグ : 鱈神様420 (レッド・ブラック)

とこんな感じです。

一投目、いきなり還暦ジジンガーにヒット。

しゃくり方をレクチャーしていたので、まだ投入さえしてない状態。

合わせて合わせて!

ゆっくり巻いて!

と大騒ぎ。

電動しか使ったことのないジジンガー。

250メートル巻くのに泣いてます。


しかし、強引にジギングに連れてきたので、釣れて一安心。

以後、快調にヒットを続けていき結局4匹をゲット。


私も、次々ヒットします。

しかし、バラシ癖は治っていないようです。

結局5匹しかゲットできず。

バラシも入れたら10匹以上になっていたはず。

課題は残りますなー。


後輩Yは1匹だけ。

まあ、潮下のトモでの釣りなので仕方ないか。


そんなこんなで、タラを終了。


タヌキメバルのポイントへ。


ここでは、タラのポイントで、いい感じに流れていた潮が、全く流れない。

約1時間位アタリすらない。

そのなかで唯一、後輩Yが良い型のタヌキメバルを揚げました。

image


その後、必死のポイント移動を繰り返し、なんとか発見。

ボチボチ釣れ始め。

image


タヌキとドリームのダブルも有ったりして、何とか形にはなりました。

image


港に帰ってから、反省部屋で船長の有難いアドバイスを頂き、家路につきました。

還暦ジジンガーもご満悦だったし、まあまあじゃないですか。

バラシ癖何とかしないと…。




















  

Posted by yoshibo330 at 12:00Comments(1)TrackBack(0)