2019年08月31日

Deep Liner 二日間


さて今回は、ゆかいな仲間たちからのお誘いで、室戸岬はDeepLinerに釣行してきました。

数年ぶりのジギングで、しかも二泊二日のたっぷりコース。
ただでさえ予約の取れないDeepLinerなのに、二日間とはラッキーです。

トサバエに行く予定でしたが、天候の関係で急遽岬周りに変更にはなりましたが、室戸には夢があります。

一日目、五時ごろに出発。

メンバーは、Deepメンバーの内田さんはじめ大阪チーム五人とメンバー岡田さんをはじめとする四国チーム三人。

近場からポイントをめぐっていきます。

サバとチビキの猛攻に遭いながら、何とか違う魚をと頑張ります。

DSC_0374

そんな中、ちょっと違う当たりで上がってきたのは、特大のアヤメ


DSC_0376

徐々に、にぎやかになってきます。

しかし、以前チビキ地獄時々サバは続行中。

四国チーム、私の隣でカンパチ。

DSC_0379

この後、ハガツオにマハタに好調です。

私は、レンコ五連発。

ええのほしいな〜。

と思っていると、わけのわからない魚。

DSC_0381

何なんやろ?

まあええか。

頑張ろ。

で。


DSC_0385

小さかったけど、ダメージ大きすぎで、リリースは無理でキープ。

その後、うっかりカサゴ他根魚や大物と思われる魚のばらし等ありましたが、キープに至るものもなく一日目終了。

チビキとサバには疲れましたが、楽しみました。


港に帰って、お風呂に行った後、ヒガシさん推奨の焼き鳥屋さんに集合。

今日誰かが釣ったハガツオを捌いてもらって、腹いっぱい。

DSC_0386


焼き鳥と、締めのラーメン!

超うまい!


そんなこんなで、宿泊予定の宿恐怖の「T」へ。

なんで恐怖かというと、「出る」と誰かが。

一人部屋に帰って布団で寝ころびボーっとしていると・・・

何やらケタタマシイ物音が!

朝だった。

目覚まし止めて、さあ二日目。





  

Posted by yoshibo330 at 18:23Comments(1)

2019年08月15日

関空マリーナ ビルフィッシュトーナメントに参戦

皆様、お久しぶりです!
なかなか忙しく、更新が出来ませんでしたが、どうお過ごしでしょうか?

ぼちぼちと身の回りの状況的が、釣りに行ける感じになってきましたよ。

さて今回は、色々とお世話になっている社長からのお誘いで、8月の3日・4日周参見において行われた関空マリーナのカジキ釣り大会に参加してきました。

前日の2日、熱中症と思われる症状に悩まされていたので、念のため点滴を打って出発。

夕方に、「サンセットすさみ」に到着。


すでに、今回お世話になるVIPER号は到着しています。

DSC_0003


クルーは食事に行っているということで、明日の朝合流すると連絡しお宿に。

名物の温泉につかり、明日に備えます。



翌朝、7時半にクルーと合流。

すでにスタートフィッシングの号令はかかっていますが、時合が午後ということもあって、のんびりと出発。


DSC_0026



仕掛けは、80LBのメインラインにクランクリーダー400LB

DSC_0020

DSC_0021


その下に、ヒコーキとルアー。


左右のアウトリガーから二本、船尾から3本。
ショート〜ロングバランスよく配置します。

DSC_0027

ここからは、のんびり待つしかありません。

ヒットの時に備え、いつでもデッキに飛び出せる状態でリラックス。

お昼12時半ごろ、船がスローダウン。

船長が

    反応がないので、ルアー変えましょか〜

一同、デッキへ出てルアーを回収。

すると、船尾のほうから

    ジジジジーーー

    ヒット ヒット ヒット!

ルアーが止まったところに、バイトしたよう。

慌てて走り寄り、サポートに。

DSC_0033

12時半ぐらいにヒット。

3回ジャンプしたのをハッキリと見てしまいました。(汗)

100キロは確実に超えているカジキ。

実際見るとビビります。

まだ、どこの船も揚げていないので、これを揚げれば優勝の可能性が・・・。

ヒットが不意だったこともあって、かなり走られましたが、慎重に寄せてきます。

一進一退を繰り返しながら、45分が経過。

すぐ近くまで寄ってきたので、モリやらどつくやつやら準備。

しかし、もう見えるで というところで・・・

    ぷっちーん!

クルー一同茫然。

この空気は、何度経験しても嫌なものです。

私も、しばらくポカーンと口を開けたまま言葉が出ませんでした。

回収してみると、ダブルラインが切れていました。



そんなこんなで、15時ストップフィッシング。

すさみ港に帰ります。


狭い港に20隻近くのクルーザーが集結。

圧巻の眺めです。


しばらく談笑し、ホテルベルヴェデーレでバーベキュー&お風呂をいただきます。




私は、次の日用事があったため、二日目には参加できず、船に戻った後、明日の健闘を祈りながら夜中に帰路につきました。

DSC_0039


次の日、どうも結果が気になったので、用事を済ませて関空マリーナへ。

4時の表彰式に合わせて帰港するはず。

船を訪ねると、カジキは釣れなかったけれどキハダを揚げたとのこと。

見せて見せて〜

DSC_0051

私、関係ないけど記念撮影。


初参加で、カジキの顔を見れただけでも良かったかな〜。
いい経験になりました。


次回は、ディープライナー二日間の予定です。

老体に鞭打って頑張ります!


その時まで〜!


















  

Posted by yoshibo330 at 18:22Comments(0)

2016年09月16日

久々にヌッシーと明石界隈へ〜美里丸〜

恥ずかしながら帰ってまいりました!

一年以上の沈黙を破り、遂に復活いたしました!

いつも見に来てくれていた皆さん、長い間すみませんでした。

さかさかさん、コメントありがとうございました!


さて、今回は・・・

たまたま別の用事でヌッシーにメールしたところ、釣りニュースの取材有るんだけど、釣り手で参加しませんか?

とのお誘いを頂いて、重たすぎる腰を上げることにしました。


ただ、フルセジグ縛りで・・・。


なに?フルセジグって?

確か、ヌッシーが作成したジグがそんな名前だったか・・・

o0480064013743046885


まあ、それも面白そうだし、参加することにしました。


お船は、姫路東の木場ヨットハーバーから出港の美里丸さん。

半年前におろしたての、ピッカピカの新船!

また、装備が!えげつない(笑)

毎年、ビルフィッシュトーナメントに参加するという船長なので、そのまんまカジキが釣れる装備(笑)

ディープライナー並みのイカツイ船です。

image


そんなこんなで、がまかつから白塚さん、フルセジグを作っているオザキさん、釣りニュースの人と合流して出発。

明石大橋の西側辺りから。

狙うは青物と神戸沖の太刀魚。


フルセジグ150g赤金を付けてシャクッてみます。

ヘッドヘビーなので、動きはどうなのか?

ワンピッチで様子見です。

強くしゃくると飛んで行ってしますので、次のしゃくりまでに帰ってきません。

しゃくりのタイミングを遅らせるか、弱くしゃくるか・・・

どっちやヌッシー!

やさーしくシャクッて下さい。

分かりました。


しかしこの、シャクるでもなくただ引きでもない、明石特有の感じがあんまり得意ではないのです。

一日やれと言われても、わしには到底無理で、なーんか他のことをしたくなるのです。

最初のポイントは、ジグの感触を確かめたぐらいで当たりもなく、太刀魚に移動。


ここでは、フルセジグ発売元のフィールドデバイスさんの、SAND LANCEを使います。

これが使ってみるとよく当たる。

キャプチャ


最近の私の太刀魚釣法は,たいへん横着(笑)なものです。もう歳なんで(笑)

底から30mから40mに反応有りとアナウンスがあれば、着底後30m急いでただ引き。

30mからは、ロングフォールジャーカーで1回ロングジャーク&ロングフォール、でハンドル一回巻。

それ10回繰り返し。

img_0
img_3 (1)


当日はこれで、1投に1回は当たりましたし、船中最速で釣る事が出来ましたよ。

大小8本位入ったところで、また修行に出るとの船長のアナウンス。


昨日から青物が好調という淡路島の駆け上がり。

ちょうど観覧車前あたり。

フルセジグに戻し、ジギング開始。

また、試行錯誤の繰り返しです。

と、隣の白塚君HIT!

良い引きしています。

80cmは軽くオーバーの立派なサワラをネットイン。

おめでとー!

俄然やる気が出てきたぞー!


と、隣を見るとまた白塚君またなんか掛けている!

しかも結構な大きさみたい。連続のヒットだ!

img_1 (1)


また良型のサワラかと思われたが、70cmありそうな真鯛!

なんとついてる人!

img_2



そんな中、私にも待望のあたりが!

すかさず合わせるが、かる〜い。

引かない。

これは、ハマチ小でした。

img_3



それからというもの、あたりも遠のき、ナブラを追いかけたり放浪したりが続きます。

船長西へ東へ走り倒してくれています。

お昼ごろ、サワラが飛んでいるとの情報が入り急行。

淡路島沖の先ほどよりは南側、左手遠くに観音さんが見えています。



ここでは、少し気分を変えようとスピニングタックルに持ち替えます。

水面には大量のイワシ。

真黒なイワシボールまで見えています。

ベイトがイワシなら、これでも釣れるはず。


ジグを太刀魚に使っていたSLに交換。

アンダーで投げてから、丹後ジャーク。

ハイピッチとロングジャークのコンビネーションで。

1・2・3 1・2・3 1・2・3 ローングジャーク&フォール

ドッスーン!

狙い通り!

気持ちいい〜。

結構なサイズだ!


隣でまた白塚君ファイとしている。

なんと!


ヌッシーにもヒット!


大騒ぎとなった。


私とヌッシーはいいサワラだったが、白塚君は・・・

DSC_0285


僕だよ〜ひさしぶり〜(笑)



ええええべっさん!

img_6


君なぁ〜顔デカすぎやし!

俺の顔にかぶっとるやないか!



と言うわけで、久しぶりのジギング楽しんできました。

DSC_0298


皆さんありがとうございました。


ヌッシーまた誘ってね〜



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 GyoNetBlog ランキングバナー 人気ブログランキング



























   

Posted by yoshibo330 at 22:21Comments(0)