Google

鬱病持ちのライオンキング

終末日記

終末というよりも今週の日記。

5/16
新しい頼まれ仕事。
豊洲で始まる。
まず、驚いたのは有楽町線が思った以上に混むこと。
銀座線の枯れた感(座れます)に比べたら凄い落差。

初日は、歓迎会などやっていただいたり。
それなりに楽しむ

5/20.金)
通常は豊洲勤務なのだが、この日は昭島勤務。
朝は起床に2時間の差があり。
都心から1時間以上の場所。
まあ、行きたくない。

1日の勤務を終えて戻ってきて、神田の餃子やで食事とか。
あまりうまくなし。

稲荷町に帰ってきて、ビデオを見て寝るなど。


5/21.土)
昼過ぎに起床
ってか、午後2時におきるとか、どういう体たらく。

野球見て、マンションの1階の風呂に入って、お大尽。
しかも、そのあとに馴染みの焼き鳥屋に行くとか。
ほどほど楽しい日。
夜中は誰にも言えない事で楽しんだり

5.22.日)
12時起床。
午後から野球を見つつ、晩酌とか。
ドミノピザを頼んだ。
なんと、15分で到着。
早いなあ

その後は1日中、映画やディスカバリーチャンネルを見たりなど。


さて、明日はどうなるか。
新職場、2週目ではある。




 

こんな夜中に週末日記

この1週間、大してやっていることもなかったのだが、覚えている範囲で書いていこう。

5/11.水)
夕方から、取引先と打ち合わせ@秋葉原。
自転車で15分。
契約的な事項の確認。
5月の後半から始まる事項についてお金の話とか。

5/12.木)
昼前に通院。
これはいつもの心療内科ではなく、腹痛のため内科へ。
飲みすぎのせいで腹痛ひどし。
整腸剤を貰う。
しばらくは、禁酒だな。

5/13.金)
頼まれ仕事で柏まで。
上野から30分と遠いのだけれど、我慢していった来た。
実質稼動1時間。
これは、オイシイというやつなのか?

5/14.土)
腹痛のため、自宅で寝る。
前日に無理して柏まで行ったせいでボロボロ。
当然酒は飲まずに、大人しくしている。

5/15.日)
朝からパソコンの組み立て。
先日、ヤフオクで落としたPC。
どうも動きがおかしいので、マザボ交換で対応することにした。
半年ほど前に、マザボだけは買ってあったので、足りない部品をamazonで購入。
クロネコが届けてくれたので、午前から組み立てに入ったが、マザボのソケットとCPUのソケットが合わないという、初心者のミスを犯す。

どうするか?

CPUをもう1個買うと高いし、悩みどころではある。
どうせ大したことはしないので、安くつくろうとは思っていた。
でも、マザボのスペック高すぎ。
対応しているCPUはどれも高価だ。
ヤフオクでも高いよ。

まいったなあ 

そういえば、この週末は三社さんのお祭り。
蔵前に居たときは街が賑やかだったけど、稲荷町は静か。
上野よりということか。
先週は下谷神社のお祭りで騒がしかったからね。

先ほども言ったけど、明日から新しいタームに入る。
何をどこでするかは、少しずつ話していくよ
 

稲荷町の定番ラーメン@喜多方食堂「麺や玄」

稲荷町は、実は飲食店が少ない。
上野の街に程近いので、飲んだり食べたりというのは、そちらで済ませている方が多いのだろうと思う。

だから、駅前には定番の「すきや」とか「日高屋」に加えて数件ある程度。

そんな少ない中から、美味しかったラーメン屋を報告。

引っ越して来た当初から、店の前は何度も通っていたのだが、チェーン店だと思っていて入らなかった。
「喜多方ラーメン」と大きく書いてあったし。
実は全くの独立系のようだ。

この店、朝7時から朝ラーをやっていて、夕方には閉まってしまう。
そのため、朝の10時頃に朝食を食べるつもりで行ってきた。

食べたのは、定番の醤油ラーメンに背脂・たまねぎ入り。
何が素晴らしいかというと、1杯600円という値段。
やはりラーメンという食べ物は、このくらいの値段が一番相応しいと思う。

一部の勘違いしている最近のラーメン屋店主は、自らをアーチストなどと称し、1杯850円とか1000円とかいうラーメンを出しているが、それはラーメンではない。
ラーメンは安く気軽に食べられるものであって欲しい。
だから、この店の600円というプライスは最高にOKでリスペクトだ。
(味噌味も600円という豪気さ。気に入りました)

味の方は、あっさり醤油味。
後日、背脂なしも食べたが、背脂・たまねぎありの方が味の深みと食感も楽しめると思う。

背脂いりでもベタつかなく、重くないのがすばらしいと思う。

image

麺は手打ちなのか?
もしくは特別注文かと思う。
縮れたやや太い細麺で美味かった。
食べていてシコシコするいい麺だ。

また後日、極太平打ち麺も食べてみた。
味は、この極太平打ち麺の方が美味いかも。
スープが麺によりよく馴染んでいる気がした。

チャーシューも3枚載っているし、量も程よいし、値段も安いしで文句なし。
お腹にももたれることがないから、朝のラーメンに相応しい。
いや、夜にもやってもらいたい。
そしたら、〆のラーメンはここでもいいだろう。

稲荷町に引っ越してきて約1ヶ月。
急ぐことなく、この周辺を調べるように食べ歩いていこう。

既にチェック済みの店は何店もあるぞ。

実は今回は
いつも見ている断腸亭さんのページがきっかけ。
食通でいらっしゃるし、ご近所でもあるので断腸亭さんのご推薦店を順に歩いていこう。


 
喜多方食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.8

関連ランキング:ラーメン | 稲荷町駅田原町駅新御徒町駅

GW日記

なんか、ここ数日見にに来ている人が多いようで気になるのだが。

気にしても仕方ないので、いつものノリで思い出せる範囲で書いていく。
節操がないからキャバの話も書くよ。

4/28
日中は伝票処理とか。
そういえば、弥生会計を本格的に導入することに決めた。
日常の領収書とか、入金票なんかは全てノートに貼って、パソコンには費目ごとに入力していく。
どの費目になるのか微妙な科目もあるのだが、ネットで調べると殆ど解決する。
どうしても分からないものは、税務署に電話すると、丁寧に答えてくれる。
意外に困らないものだ。

私が導入したのは、弥生の青色申告クラウド
 

意外に使いやすいソフトで合格点。

夜は、湯島~上野~蔵前~稲荷町で軽く徘徊。
意外にどこも混んでいたな


4/29
この日は思い出せず。

4/30
AMAZONで固定電話を買ったので受け取り。
モトローラのコードレス。
デザインが気に入って購入。



今更。固定電話もないだろうが、自宅から諸方面に電話をかけるのに重宝できるだろう。
事業も始めたし、固定電話があるというのは重要だ。
回線は、JCOMでセットで加入しているので、それを使う。
今まで基本料金は払っていたわけやね。

午後から通院。
心療内科@浅草橋

自宅から病院が遠くなってしまった。
でも、チャリで10分。
雨の日は気になるが、当分、変更なくこのまま通おう。

5/1
既に何をしたか思い出せず。

5/2
夕方から。
バスに乗って菊川へ。
銀座線で京橋まで出て、そこから東京駅八重洲南口まで徒歩。

途中、足柄サービスエリアで休憩があったが、ここはエヴァの町となっているのな。
第三新東京市なのね。

image

image

image


バスはそれほど混まずに到着。

バスの中で「MIB」をタブレットで見るなど。
以前に比べてタイトルも増えているし、ダウンロードして見れる映画も増えた。
回線状況に関わらず、動画を楽しめると言うのはいいことだ。

5/3
親戚衆と飲み会。
相当悪酔いして、昼から飲んだのに、夜の9時まで眠り、そして吐くなど。

5/4
一日中ダラダラねむるなど

5/5
会社の仕事を小さく。
一時、週のうち半分を静岡に居て、残りを東京で過ごすことができないか?
真剣に考えたことがあった。

でも、それはやはり無理。

事務仕事もシステム仕事も集まってやった方が効率は上がるし、管理もしやすい。
「週3日自宅勤務」は次の世代の命題にしてもらおう。

5/6
昼過ぎに菊川を出て電車で御殿場へ。
約2時間半。

この日は以下の映画を見ていた。
 


もう笑っちゃうくらいB級で人が死ぬシーン多数。
悪いのはイスラム世界と朝鮮人という、人種差別的なストーリー。

そりゃ世界からテロの標的されますよ、アメリカは。

この映画を見ている際、ヘッドフォンの音が小さすぎるのに今更ながら気づく。
たぶん、インピーダンスが合っていないんだろうな。

電車の中でこれをポチッた。
 

インピーダンスとか気にする必要ないし、面倒なコードもない。
耳元で再生・ストップ・音量調節もできるので便利だ。
値段も安いので、もう1本買ってもいいかもだ。

御殿場では父親とあって食事など。
御殿場からは、小田急の箱根高速で帰宅。

池尻大橋で降り、田園都市線、銀座線で稲荷町まで帰宅した。
このルート最速ね。

5/7
嬢とお遊び。
お気に入りのイタリアンの
「ラ・チャウ」で食事。

そろろそろ、この店には10回来たことになるのか?
上手い食事と田町という都心に近い街。
便利に使わせてもらっています。

そのあとは、芝の増上寺に行ったり。
誰にもいえないところに行ったり(大したことはしてません)

夜もそれなりに遊んで豪遊でしたわ。

5/8
昼前まで眠る。

外からの祭りの声で目覚める
そうか、昨日から下谷神社のお祭りだもんな。
お近所さんだ。

image

下谷さんは、縁起も古いのでお祭りもにぎやか。
出店も人もたくさん出ていたわ


昼から
撮り溜めたビデオを見るなど。

スターウオーズのスピンオフシリーズ
「反乱者たち」のシーズン2を一挙放送していたので、ビデオに撮りまとめてみていた。

夕方から、「やきとん まーちゃん」で軽く飲む。
ここに来るのには、蔵前からと距離はあまり変わらないか。

戻ってきて、映画を見ながら眠るなど。






 

客席で号泣している痛い爺がいたら私です@中目黒キンケロシアター「DAICHI」

Scan0037


4/24 「DAICHI」@中目黒キンケロシアター


中目黒というとある意味、私のなかでは鬼門である。
いや、鬼門というよりも親の敵に近いかもしれない。

昨年一杯まで担当していた、某巨大銀行の国家プロジェクト。
総本部が中目黒にある。
午前は中目黒で会議、午後はお台場に戻り作業指示。
逆のパターンも多くあった。
午前にお台場で作業指示してから、午後は中目黒で会議。
午後8時まで会議してから反省会、そして終電まで翌朝の準備とかもあった。

たくさんの人に怒られたよなあ、、、、、、

そんな恨み満載の街が俺の中での中目黒である。


ここから本題であるが、ミュージカル「DAICHI」を中目黒でやるという。
再演であるが、初演時は忙しくていけなかった。
初演時はチケットも初日前に完売するほどの好評の舞台だった記憶がある。

我家の家訓に
「見たい舞台は見れるうちに見ておけ
同じ舞台は2度とない」

というのがある。

初演時と同じとはいかないまでも、それなりには楽しませてくれるだろうと、
上から目線で出掛けてみた。(これがいい意味で裏切られるのであるが)

4/24の初日に運良く出掛けられた。
まあ、暇だからね。平日にも芝居は見に行くよ。
場所は中目黒のキンケロシアター。


IMG_20160424_163251


舞台のストーリーは、公式ホームページから、軽くコピペさせてもらおう。
------------------------------------------
農家の娘として生まれた早苗は、
夫の貴男とともに農業を継ぐが

「無農薬をやりたい」

という早苗たちの想いは、
父母や周囲との対立を生む。

そして、ある日突然失ってしまった、大切な命。

絶望の淵にいた早苗たちを救いあげたものはー。

北海道・洞爺湖のほとりに実在する
「佐々木ファーム」の奇跡の物語をミュージカル化。

『人が食べるものを作る』ことに生きる人達の、
愛にあふれた物語。

-----------------------------------------

有機農法の話というと「北の国から」を思わず思い出してしまうけど、
それ以上に別世界で、家族とか親子の世界を感じさせてくれた。

キャストの話をしながら、感想を書いていこう。

Scan0038


なんと言っても、五十嵐可絵。

IMG_20160424_163412


彼女、私にとっては15年ぶりくらいの舞台だ。
いつ以来かというと、
「二人のロッテ」以来。
え?そんなに前か、、、、、

ふたりのロッテ(2007/8/18)

すいません、9年ぶりくらいでした。

マンマで3人娘をやって来て以来、彼女をウオッチしていた。
松山でいい芝居をしているという噂も聞いていた。

見学商売
坊っちゃん劇場「幕末ガール」五十嵐可絵は今日も愛媛に生きて歌っている

そして今回、吉沢梨絵の後任としてバトンを受けたのである。

9年ぶりに会った彼女は全くマンマ時代の面影なく、普通に大人の女性であるが、今回の二人の子持ちの農家の主婦という役柄とマッチしている。

元々、四季時代も吉沢梨絵と同じような役柄を演じてきていたせいもあるが、初演時と違和感のないバトンタッチだったに違いない。
役柄中、「ミニ梨絵?」ともとれるような吉沢梨絵を意識したような芝居もあったが、しっかり役柄を掴み、子供を失った母親の思いを描いていた。

「大地、、、、母ちゃん、寂しいよう。たった4年だけで逝っちゃうなんて、、、」

の台詞には、最前列で見ていた俺はボロ泣きで嗚咽どころか、内蔵が飛び出るかと思うほど泣いてしまった。
(書いている今でも涙が溢れてくる。この感動ってなんだ?)

吉沢梨絵バージョンは見ていないが、
五十嵐可絵の芝居は決して負けていないと俺が推薦する。
吉沢梨絵ほどではないだろうと、上から目線で行ってみたが、
いい意味で裏切られた。
彼女もまた、いい女優だ。
今後は彼女の芝居もストーカーのように追いかけて見に行こう。

あと、触れておく勘所としては、お笑いコンビの「アップタウン」であろうか。
重くなる話のなかで、ネタを盛り込んで笑わせてくれた。
昨年末に彼らのライブを見に行ったが、
失礼ながらその時よりも数倍いい。
あまりにもよかったので、閉演後のロビーで
「年末のライブよりよかったです」
と声を掛けてしまった。
俺も本当に失礼なやつだよ。

他の役者で気になったのは、旦那さん役の小林元樹。
農業改革で義親とぶつかるところから、子供を亡くして壊れていくところ、そして立ち直って全てに感謝をして働く姿。
2時間の短い舞台の中で違和感を感じさせることなく、大きな変化を見せてくれた。

大地役の内藤大希君もよかった。
幽霊?いつもそばにいる、無言の亡くなった息子という難しい役どころ。
上手く演じきった。

他に気になった役者はadam
気になったのでwikiしてみたのだが、漠然とした芸名なのか?
上手く見つからない。
どういう来歴の人なのか、興味があるな。

彼は作品中では、裸の大将みたいな役柄で出てきたが、歌い出してみると高く伸びる声で綺麗な歌声でよかった。
ソロナンバーが1曲だというのが勿体ない存在だ。

他には美人どころで、中村百花
札幌の風俗で働いていたという設定。
(来月、ウィキッド見に札幌に行くけど
こんな美人が札幌にはたくさんいますか?)
存在感のある美人で、ニヤニヤしながら見てしまった。
彼女も活動はアクティブであるようだ。
機会があれば彼女のほかの作品も見に行きたい。

他の役者も全てよかった。
龍平劇団で出会った岡田静さんも嫌な姑でよかったし、義父の森田さんも子役さんもよかった。

みんながよかった舞台だった。

そして客席もよかった。
私に限らず、客席全体から嗚咽の声多数。みんなが泣いていた。
でも、そんな涙は「悲しい」から「ありがとう」に変わっていって、劇場から出てきた人たちは、みんなが温かい気持ちに、なっていたのではないか。

そんな
「ありがとう」と「温かい」が詰まったいい芝居だった。
再々演も見に行きたい、そんな気にさせてくれるいい芝居だった。

帰り際に、目黒川に沿って歩いたり。
ドラマ「最高の離婚」に出てきた舞台。

IMG_20160424_163119


IMG_20160424_163107


IMG_20160424_162458


つい先日までは、桜が満開だったであろう場所。
葉桜を通り越し、新緑にになっていた。
周辺には、お洒落カフェとかたくさんあり。

今までは、中目黒というと仕事での嫌なイメージでいきたくない場所ナンバーワンだったが、これからは認識を変えていこうか。

昨年末までの中目黒での修行は苦行ばかりではなく、得たものも大きかったわけだし。

いい町だとは思います。
中目黒。

「ありがとう」の気持ちを込めて。

無題

引越し完了

本日、新しいソファとかベッドも届いて引越し完了。

人をダメするソファなども買ったりしてみた。
これが、いい感じに溶けていく。

稲荷町への引越し。だいぶ吉に出ている。

新居、快適です。
 

だいたい終わった

蔵前から稲荷町への引越し作業

大体終わった。

まだ、旧不動産の立会いとか、新居の家具搬入とか残っているけど、今日の時点でほぼ終了。

新居には、ウオッシュレットも付けたし。
ほぼ問題なし。

部屋も3倍くらい(シャア専用) 広くなったし。

不満はないなあ。

今回はいい引越しでした。
 

北の国から。95秘密

image


すっごい前に、CSで撮った北の国からをさっきから見ていた。

95秘密は初見。

でもね、これ、笑っちゃうくらいにいいの。

image


昭和の残り香があったり、宮沢梨絵が可愛かったり。
お約束で、尾崎がかかったり。

そんな素敵な思いで路線のフィルムです。

image

 

寿司食う俺

上野のユニクロで服など買ったり。

ズボンの直し頼んだら、1時間待ち。

仕方ねぇ、待ってやるか。

で、近所の馴染みの寿司屋で飲むなど。
昼間から酒飲むのは、俺は悪くない。
ユニクロが悪いんだ。


寿司屋のオヤジには
「今日は休みかい?」
と聞かれるが、面倒なので
「失業中だよ」
と模範解答。

はぁ、蔵前に帰るの、面倒だわ。

image


image

image

終末日記

思い出せる範囲で書いてみる。

4/8.金)
昼過ぎに菊川をバスで出発。
3時間半。
ダラダラと乗って帰ってきた。
バスの中では「オカンの嫁入り」を見てホロリと泣いたり。

東京に戻ってきて、いったん蔵前に帰宅。
着替えて顔を洗って宝町経由で銀座へ 。

この日は昔のお嬢さんたちと会食。
ワインって、美味しいとは思うのだけど、宵が回るのが早くて。
ベロベロに酔って、JRで帰宅。
と思ったが、秋葉原の乗り換えで降りてしまい、軽く1時間嬢と会談。
何にも面白くなく。

女の子のいる店は、事前に計画を持っていったほうがいいね。
突発は遊ばれているようなものだ。

午前1時頃に帰宅。
たぶん、タクシーで戻ってきたのだろうが、詳細は思い出せず。

4/9.土)
既にこの日から記憶が曖昧。
自宅に居たのかな?
午後に、CSで巨人戦を見たのを覚えているが。

4/10.日)
この日も記憶が曖昧だ。
確実なのは、家から一歩も外へ出ず。
撮り溜めたCSの映画を見ていた気はする。
でも、夜は久しぶりに床に布団を敷いて寝た。
はあ、これが一番落ち着くわ。
日本人だね。

 

芝の増上寺は都会のど真ん中で何をしているのだろう

あいかわらず、ウロチョロあちこち歩いているので、画像を中心に出歩いたときの記録。

3/26(土) 
芝の増上寺に寺社内見学ツアーに行ってきた。
東京の港区のど真ん中に、広大な敷地。
おまにけに、港区なのに清閑な寺内。
いい場所だと思う。

都内の嬢との、同伴前のデートコースに調度いい。

この日は浅草線で大門まで。
大門の駅から西側に100mほど歩いたところ。

IMG_20160326_154649
この大きな門は、みんな見たことはあるんじゃないかな。

ここから入ると、本殿がある。

IMG_20160326_155520
こちらが本殿。
こちらのお寺も、戦争で殆どが焼けてしまい、江戸期から残っているのは、山門くらいらしい。
本殿は戦後の建築のようだ。

角度を変えると、上手い具合に東京タワーも見える。
IMG_20160326_155214

桜も枝垂れは満開だったが(枝垂れってソメイヨシノの後に咲くんじゃなかったか?)、オキマリのほうは4部咲き程度。

IMG_20160326_155353



IMG_20160326_162323

増上寺、気になったのでwikiしてみた。

古くは空海上人の時代までさかのぼるみたいね。

この日、寺の坊主に縁起を聞いたところ、一番のクライマックスは徳川家康の江戸入りの時代らしい。

--------------------------
府中(静岡)から、江戸入りする徳川家康が、紀尾井町で休憩を取った際に、寺の坊主と話をしたのがきっかけらしい。

家康「静岡から江戸まできて、最寄の菩提寺がなくなってしまった。戦で死んだ多くの仲間を弔いたい」
坊主「では本寺でお弔いを」

みたいな感じ。

この際に日比谷に場所を移したが、江戸城の拡張工事に伴い、今の芝に移転。
今で言う芝公園全体までが寺の領地であり、小大名ほどの力があったようだ。

------------------------------
徳川家の菩提寺と言うと上野寛永寺だが、実は増上寺との間で微妙に分けているようだ。
簡単に言うと、半分は増上寺、半分は寛永寺。
政治量の関係かな。

IMG_20160326_162442

ということで、水地蔵の路を抜けて本殿の裏側に行くと徳川家の霊廟がある。


IMG_20160326_162647

IMG_20160326_162801

一般公開もされている。金は取るけどね。

IMG_20160326_163742

IMG_20160326_163821

中は基壇が並ぶ。

犬公方さんとか暴れん坊将軍は、寛永寺みたいね。

増上寺は地味な将軍様の墓が並んでいた。

たとえばこの人とか
IMG_20160326_164137
IMG_20160326_164141


そうそう、意外な人のお名前でいうとこちらの方も。

IMG_20160326_164025

大河ドラマの篤姫で宮崎あおいがやったのって、この人だっけ?間違っている?
だんなの将軍様と並んでいらっしゃりました。

-------------

こちらの建物を出た後は、本殿の横の和室の会合所へ。
お茶とお菓子のおもてなしを受けて、そこに音楽の時間と言う構成。

音楽はもうひとつかみっつだったな。
お茶はそれなり。

寺内見学ができたのは良かったけど、これで3000円はちと高い。
芸大を出た若手のミュージシャンが、死ぬ気で頑張って3000円のライブをやっているのに、同額とは坊主丸儲けだね。

なにしろ極楽の時間ですから。
もう少し、頑張っていただかないと浄土まで辿り着けない・

IMG_20160326_170518

帰りはそれなりの時間。
夜の芝もまたいい。

何しろ東京タワーの電飾が綺麗だ。 

IMG_20160326_183331

これから、都内の寺社見物でも定期的にしようか。
それなら、大学時代の友人で日本建築史ゼミのお仲間でもあるキーさんを誘わないと。
 

一和洋輔を今更認識だ「ICHI&AKAcafe live」

3/30(木)
「ICHI&AKAcafe live」
一和洋輔&谷口あかりのライブ。

谷口あかりのライブは何度も来ているけど、一和君のライブは初めて。
ライブ効果もあったのだが、彼の歌の上手さに今更ながらに驚いた。
元々、四季に入る前からボーカル系には定評があったようだ。
でも、四季在団中はあまり歌を聞かせる役柄についてなかったみたいだね。
 
私も名前をイメージ的に覚えているのみで、歌が記憶に残っていなかった。
で、自分のサイトを検索したら、何本も見て
いる。

マンマのペッパーで2回。
リトルマーメイドのフロットサムで3回。
彼に会っているのだな。

2014/2/12
「ウィキッドとマンマの連チャン」

2014/1/3
「マンマミーア!は最高のミュージカルだ!」

2013/4/28
「ベテラン3枚当番だ!!ミュージカル。リトルマーメイドは四季の定番になれるのか?」

意外なところで出会っていたわけで、その当時は彼の才能を見出せずにいた。

マンマのペッパーは、大塚道人さんの後継かな。
ペッパーは歌と言うより、ダンスが魅せ場の役だし。
フロットサムは歌うナンバーが1、2曲じゃなかったかな?
被り物もしていたし、記憶に残っていないのは仕方ない。不可抗力だ。

しかし、今回のライブで彼の歌を聞いてみて、
「辿り着いたな(俺が)」
と思った。

彼の歌声はとても柔らかい。
力任せでもなく声量に頼り切ることもなく、柔らかく歌いかける。
だから、聞いていて疲れることもなくリラックスして聞ける。

この数年、若手の男性ボーカルで上手い人に出会ってなかったので、染様(染谷洸太)以来のヒットだ。
地道に追いかけていこう。

一方の谷口あかり。
彼女、相変わらず上手だ。
それに一和君とのコンビネーションもいい。
デユエットするのに調度いい組み合わせの音域なのかもしれない。
デユエットは魅力度が3倍だ。

当日の曲目は、四季時代の歌が半分程度。
それにディズニー系とか、ミスサイゴンからとか、ジキルとハイドとか。
これから始まる舞台のvioletからとか、、、、



ごめん、既に相当忘れている。

それと、当日は四季の役者さん(48期の同期)の飯田達郎君、手島章平君が来ていて、何とびっくりな、、、、

これ以上は言えないけど。

私は「春のめざめ」は見る機会に恵まれなかったが、この舞台が48期に与えた影響は莫大なものがあったのだと想像できる。
同じ釜の飯を食い、伴に笑い、伴に育っていったのだろうな。
劇団の巨匠たちが大盛りの他の舞台と異なった種類の連帯感がそこにあるのだろう。

この
「ICHI&AKAcafe live」
定期的に月に1度の日程でやっていくらしい。
なかなか難しいことだけど、頑張って続けて欲しい。
木村花代ファミリーも最初は月に1度だったけど、上手く収斂していったよね。
時間をかけて、新しいものを見つけてほしいと思う。


一和洋輔君のオフィシャルブログ
一和洋輔君のtwitter
こちらで、告知が出ます。

この日は、歌う前に一和君と谷口さんが、全てのテーブルを回って、観客に声を掛けて次回公演のチラシを配ったりなど。
まさに「手売り」
こういう地道な活動を続けていけば、新しいものを創り出していけるんじゃないかな。

今回のライブ。
苦言を呈すなら、
「会場は山手線の周りにしてね」
ということかな。
今回の会場の世田谷の尾山台って、とんでもなく不便な場所だよ。

次は頼みます。

本当は、このライブの感想記事。
書き出すタイミングが掴めなかったので、4/2に見た水野貴以ちゃんと小此木まりちゃんのライブとセットで書こうと思ったけど、書き出してみたら意外に膨らんだ。

水野貴以ちゃんのライブの感想は別途にしよう。
 

最近見た日本映画から良かったものを2本

amazonプライムとケーブルテレビの録画機能のおかげですっかり映画を見る習慣が戻ってきた。

3月は稼動はしていたものの、帰宅時間は20時前になることが殆どだった。
でも、意地になって1日1本映画を見ようと思っていた。

普段はハリウッド系のB級アクションとか見ていることが多いのだけれど 、日本映画もたまには見る。

その中でよかったものを2本紹介。




「オカンの嫁入り」
母と娘の心の機微を丁寧に描いている。
京都の街屋が舞台でとても映像が綺麗だ。
生活感もあるし、地に足の ついているいい映画だ。

おれはこれを静岡から戻ってくるバスの中で、FIREタブレットを使って見た。

バスの中でハラハラと泣きながら見たよ。

 

「プリンセス・トヨトミ」
現実感のない途方もなく大きな話を、真実的な説明を付けて語っている。
小説が原作みたいだね。
まだまだ面白い話を書ける小説家は日本に居ると言うことだ。
綾瀬はるかが可愛く描けていた。
最近の彼女の映画はみんな同じキャラクターで演じさせているなあ。
たまには、彼女の違う顔も見てみたい。
 

平ちゃん、沢山喋っているなあ

石坂浩二が沢山喋っている「どんべえ」のCM

気になったので、載せてみた。

今回も自分のGoogleアカウントに持ち込んでのup

画像なんていつ消えるか分からないから



にしても、平ちゃん、イキイキと喋っているねえ


 

今日はなんもしとらん

朝はいつもどおりに、7:50に家を出たのだが、
マンションのゴミ捨て場で手間取り、いつも乗る電車を乗り過ごし、5分後の電車に乗る。
 
朝の浅草線って、蒲田方面と西馬込方面が1本おきに来るから、最大6分ほど差があるんだよね。

蒲田では、いつもにも増して緩い時間。
大体やることは終了していて、ネット見たり、スマフォで連絡したり。

そんな状態で、18時キッカリで帰宅。

蔵前に戻って、19時。

家で晩酌しつつ撮り溜めたビデオとか見ていると、ケーブルテレビ会社から連絡。
なんかもう、むかつく対応だったので、クレーマーモード100%の対応で打ち返し。

文句言ったら100倍面白くない。

イライラするわああああ 

そもそも、J-comって携帯会社以上に縛りがきつすぎる。
自分たちがお金をもらえる契約に対しては、契約変更料を取らないのに、減ることに対しては違約金ばかり。

不満も100倍だわ。
 

今日の出来事

今日は何があったわけでもないけど。

日中、不動産屋からアパートの件、正式に審査が通ったことを知らされる。

そこから、
^越し日程を決めて、引越屋に連絡
▲院璽屮襯謄譽咾飽楡澆力⇒蹐鯑れ
今のアパートの管理会社に、退去連絡して


意外に忙しかった。

つまり、午後は殆ど仕事してないのよね。
まさに、給料泥棒。

新しいアパートの稲荷町は上野の裏町。
上野駅から徒歩10分とか。
寺とかも多いので静かことは間違いない。
銀座線しか通ってないので、益々池袋とか新宿は遠くなるのかな。
渋谷とか銀座は近くなるのか?

今までの蔵前での生活と切り離されるのも、小さく寂しいことだ。

しかも、これから上野駅から徒歩10分のところに住むと、俺はどれほど夜遊びしてしまうのか?

自分でも怖さがある。

引越しは、4/19。

今、大いに断捨離ちう。

その反対に、新しいアパートで買うものリスト。
全てAMAZONからだけど

 まずは尻関係
加齢とともに、お尻のゆるさは止まらない。
新環境には準備がなかったので、自分でセット。



これも新環境に準備のなかったガスレンジ。
昔、沼津で使っていたものを使いまわすという手もあるが、古くもなっているだろうしどうだろう?



ラスト、ソファ。
蔵前に来たときに買ったけど、3年半いるうちに、ボロボロになってしまった。
とりあえず、こんなローソファがほしい。



新居は35平米ほど。
今より10平米広くなる。

稲荷町、気になったのでwikiしてみた。

稲荷町

林家彦六師匠(八代目正蔵)のおひざもとだったんだね。
おれも、少しは落語を見直そうかなあ。

落語家って、どうも必死さが足りなくて見ていて物足りないんだけどね。
自分たちのことを伝統芸能だと も思っているのかね?

 

そういえば、私、引っ越します

来月中に、上野の裏町の
「稲荷町」に引っ越します。

今よりだいぶ広くなります。

とまりに来る人はどうぞ、おいでくださいまし。

家賃上がったから、頑張って稼がないと!!!! 

週末日記、忘れそうになりながらも

もう、金曜日のことなどだいぶ忘れているけど、覚えている範囲で。

25日。金)
オフィスを21時過ぎにでて、京急蒲田の駅前のLIFEで買い物。
最近はこれが蒲田での定番かな。

自宅に戻って。買ってきた惣菜で晩酌。
ほどほど満足。
2時か、3時過ぎに眠る

26日。土)
前の晩に強めのクスリを飲んだのもあり、昼まで眠る。
その後、16時から芝の増上寺へ。
都心にこんなすばらしい空間があるなんて信じられん。
これから騒いでツアー化しよう。

増上寺で は坊主のつまらない話がはじまったところで、上野の嬢からメール。
仕方ないなあ、いってやるか。ukuki

上野では、騒いだ。

まず同伴でメシを食ってそこから2時間半。
よく遊んだ。

店を出た後に、よく覚えていないながらもラーメンに行った様子。
自宅に戻って、気持ち悪かった。
上野からはタクシーで帰ってきたんだろうなあ。
殆ど記憶なし。

27日。日)
10時から頼まれ仕事4時間@新宿。
まあ、ほどよい時間。

 
戻るときに、有楽町の交通会館でパスポートの受け取りとか。
これで、日本脱出準備の最初の工程をクリア。

さて、どこに行くかな?

IMG_20160327_214952

 

天麩羅「みやこし」@新御徒町三筋

俺の中で天麩羅といったらここ。

何度か嬢たちとも来ているけど、そのたびごとに満足させてくれる素敵な店。

三筋と言うか、蔵前で天麩羅の美味しい店といったらここ。
伊勢屋も美味いと思う。

ただし、伊勢屋は江戸前てんぷら。
もっちり、もったりとした昔風の味だ。
嫌いな人は嫌いだろうし、好きな人は好きであろう。
昔の天麩羅である。

一方のみやこしの天麩羅はからっとあがっている。
現代風だ。

 浅草を除いて、上野界隈ではここが一番美味いのではないかな?

天麩羅コースと言うのが、3000円くらいから頼める。
そこに、お好みで揚げてもらったり、飲んだり、食ったりして
「は!!」
と気がつくと、1万円を気持ちよく越えている店です。

でも、浅草の名店よりは美味いかな。
やはり、目の前で揚げる天麩羅というのは、無上の美味さだし、変に威張ったところもない。
 
季節にもよりますが、ここでは野菜系の天麩羅が美味いかと。
私は、「うど」のてんぷらが好きです。

あと、ラストに食べる天茶もいいですね。
これぞ天麩羅屋みたいな。

この店、三筋と言う非常に不便な場所にあるので、上野からタクシーがお勧めです。
もちろん、予約してから行くのがセオリーです。
私は突発して、何度も振られています。

地元的には、目の前の三筋湯で風呂に入ってから行くのが江戸っ子流らしいです。

ちなみに、
この店の弟子が入谷で出している「大塚」という店も、師匠を凌ぐ美味さと値段みたいです。


天婦羅 みやこし
夜総合点☆☆☆☆
昼総合点☆☆☆☆

関連ランキング:天ぷら | 新御徒町駅蔵前駅田原町駅

ラーメンネタ、連続投稿3本目@秋葉原 汐屋まる長

秋葉原の周辺のラーメン店って最近はかなり凄い。

有名店も出てきているし、個人店で強気でやっている店も多くある。

秋葉原と言うと言葉は広いが、万世橋のあたりから末広町、西は御茶ノ水の手前、 東は浅草橋の手前の三井記念病院周辺まで。
意外に言葉の定義は広い。

この日私が行ったのは。秋葉原の南。
「汐屋 まる長」

image


この日、秋葉原で仕事の打ち合わせを10時から1時間半した後に、気持ち早い昼飯を食うために入ってみた。

昭和通りからだと、かなり目立つ看板に惹かれた入った。
看板メニューは塩ラーメン。

塩って難しい。
よほど旨くないと特徴づけできない。

この店もやはり、上手くできてはいるけど特徴までは至らなかった。

でも、それなりには旨いし。
コスパもいい。

大盛り無料で700円。
土地代の高い秋葉原では、かなり良心的だ。

最近は自らを「アーチスト」と名乗るトチ狂ったラーメン屋が多い中、しっかりと足元を見てやっていると思う。

味も、凡庸は言わないけど、基本を抑えたいい味だ。

image

縮れ麺にあっさりの塩スープはシミジミとくる。

次回は、チャーシュー丼とか食べてみようか?
それのほうが、特徴は感じられるかもしれない。

秋葉原の周辺のラーメン屋。
早い時間に閉まる硬派が多い。
この店は平日4:00まで!!
これは、嬢を口説いてフラレタ後にぜひとも行かないと!!



 
汐屋 まる長
夜総合点☆☆☆☆ 1.0

関連ランキング:ラーメン | 岩本町駅秋葉原駅神田駅

ラーメンネタ、3本連投2本目@浅草橋「らーめん 山笠ノ龍」

かなり酔っていた日に訪問。
だから評価は宛てにできず。

この店は浅草橋の駅前。
かくやとか、千年蕎麦とかのある並び。

前から夜中に浅草橋でちゃんとやっているラーメン屋がないと不満に思っていた。
で、この店はできてまだ日が浅い。
だから、やるき十分で朝の4時までやっている。

この日はここで、トンコツ系のラーメンを食べた。
普通に美味しい。

image


この周辺で飲んでいる仲間だと、飲んだ後のラストをここにして歩いて帰る連中が増えてきた。

いいことだと思う。

浅草橋のラーメンはチェーンか、中国人だから、本当のラーメンを食べさせる稀有な店だ。

次回は醤油を食べよう。

本当の評価はそれからだ。

ちなみにこの日、ムチャクチャニンニクをかけて飲み屋で怒られたのは秘密だ。

 
山笠ノ龍
昼総合点☆☆☆☆ 1.0

関連ランキング:ラーメン | 浅草橋

最近食べたラーメン@秋葉原「ごっつ」



連続で3本書こうと思う。
今日はプロ野球の開幕戦。
そんなこととは関係なく、最近食べたラーメンを3本まとめてUPしよう。

「ラーメン ごっつ」@秋葉原

image



もう、脂が濃いというかキツイ。
これを夜中に酒を飲んだ後に食うというのは、かなりの根性だ。

知り合いのキャバ嬢で、秋葉原の昭和通口で働いていた子がいたが、

「あそこに半月、仕事が終わった後に食べて帰ったら10キロ太ったわよ。
でも、胸は増えないけどね」
と、
 いった子がいた。

そんな素敵な店です。

早い時間は行列もあるし、やはりこの店は夜中かな。
電車が出た後の時間にここで食べるラーメンは至福です。
人生を後悔する瞬間の慶びです。

ちなみに、次の日は脂でやられて後悔します。
胃の丈夫な人向きですね。



 
ごっつ 秋葉原店
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

戯れに載せておくか

なんか思わずyoutubeで見てしまったので、
自分のyoutubeア」カウントにコピーをとって
載せてみる。

貴重な画像とか動画とか、結局は自分の手元に
ないと消えてしまう。

リンク先とか勝手に消えていることがよくあるし。

でも、そうやって儚くきえてしまうと、思い出だけが
美しく残って、いい面もあるのだけれど。

牧瀬里穂



深津絵里
 

オチ


だいぶ酔ってきたな。

自分の引き出しを開けるような話しをする前に
寝るかな。

 

明日は秋葉原からスタート

BHsp41yCUAIPyf5


明日は朝9:45に秋葉原で待ち合わせ。
だから、今夜はゆっくりとできるなど。 

秋葉原って思った以上にビジネス街なんだよね。
UDXビルとかダイビルは当然なんだけど、昭和通側のエリアは岩本町が近いので意外に中小のビルがある。

貝印剃刀の本社ってここだよ。
この間見て驚いた。なぜ、ここに?みたいな。

昭和通と言うと歓楽街のイメージだけど、秋葉原という便利な土地柄、意外にビジネスマンも多いよ。


BHslBn9CYAAJqsS


火・水と会社に行っても午前中、死ぬかと思うほどに眠かった。
当然、前の晩に深酒して3時頃に寝るから、午前中がきついのである。
でも、お台場に行ってた頃は、それでも眠くなることなどなかった。
頭が重いなあ、とかは思っていたが、机で寝てしまうことはなかった。
昨日と今日は、完全に机で船こいでました。
反省。

 BHskQr2CMAAP18N

今夜は、twitterから気になったリンクなどを紹介。
みんな既に知っているか?

https://twitter.com/hanyazou/status/710924824697184256

ある中学生の女子に「音楽はどのようなものを聴くのか?」と尋ねたところ「音楽を聴くとデータ量かかるから聴かない」といわれた。彼女は音楽を聴くための手段をスマホのストリーミング以外知らず、月々のデータ通信量に制限があるから自分の好きな音楽を能動的に聴くことはないと言っている。

-------------
結局、日本の電話屋も電話を作っている会社も目先のことしか考えてなく、文化のことなど何も考えていないということだ。

CeMFUA5UAAAaUz2

ヲタク川柳。
まあ、面白い。

d350bd6c

 とりあえず、あしたからこれを私のFBの待ち受けにします。

今日は2時には寝るよ。
 

3連休フィニッシュ日記

3/21

3連休、三日目


昼過ぎから各方面に電話したり。
主に不動産関係。
新しいアパートが決まらずに困る。
もうこのままでいいか?

今のアパートの隣のアパートの部屋が空いていると言うので内見。
エレベータとか、廊下とかボロボロなんだけど、中はかなり綺麗。
もう、ここで決めちゃおうかな?

そのまま、予約をしていた浅草で内見(別業者)
安いんだけど、これは中までボロボロさすがにこれでは、、、、、、

17時~
上野の幸寿司でアキバの嬢と寿司を食うなど
えらく満足してくれた。 
桜が咲いたのもあり、店も混雑。
何しろ、上野公園での花見にオミヤで持っていってしまうので、ネタ切れ状態。
去年は15時にはオーダーストップだったが、今年は18時過ぎまでなんとかもった。

19時~
アキバへタクシーで移動
1時間半ほど軽く騒ぐ 

この娘、なかなか面白い。
もっといってしまいそうだ。
嵌らないようにしよう。


21時前
浅草橋に戻ってきて、いつものバーとか。
もう、他のバーの悪口大会とか 

23時前
帰宅。
風呂に入ってパソコンを見ている間に堕ちるなど。
目が覚めて、朝の6時前。
あら、びっくり
 

ここ数日日記(3連休日記と並行中)

3/18.金)

最近、土間で食っている昼飯。
オニギリ2個に、ほうれん草の和え物。
かなり満足できます

image


土間を18時調度に出て、京急で大門まで。
そこで、1時間打ち合わせ。
どうにも話がかみ合わず。

そこから浅草橋に行き夕食。
3連休前の金曜日と言うこともあり、大いに混んでいた。

軽く食事してから歩いて近所のバーへ。

したたか飲んでいる間に雨も降ってきて、もう帰ったほうがいいよう時間に、嬢から悪魔のような電話。
上野までタクシー&1時間20分のお付き合い。
店のほうも雨の影響もあり、大いに空いていた。
でも、なんの話をしたか覚えていず。

上野からは歩いて帰宅。

タクシーを歩きながら捜しているうちに、意地になってきてそのまま蔵前まで。

風呂に入って眠る。

3/19、土)
昼ごろ起床。
不動産の内見へ。
なかなか、これぞと言う物件がみつからない。
2件見たうちの1件がそこそこの内容だったので、本気で検討することにしていったん帰宅。

夕方から、銀座で「ジェイコブのラジオ」 を見たのは前述の通り。

銀座から戻ってくるときに、秋葉の嬢からの呼び出し。
未だ早い時間なので、焼き鳥屋で飲んだりして時間調整。
12時前後に近くなったので、嬢のいる店へ。

ここではいつもより長め。
2時間弱。
女の子のいる店はいつも1時間と決めているのだが、よくないな。

帰り際にラーメン「ごっつ」など
やはり最後まで食えず

image


アキバから帰るときにはタクシーで、買い物をしようと思って浅草橋で降りたのが間違い。
もう1件、BARにいってしまい、そこで昔の美人3人につかまりオモチャにされてしまう。

結局自宅に戻って4時前

3/20.日)
明け方、6時頃に目覚める。
凄い腹痛。
トイレで唸って吐いて、1時間。
なんとか、死に損ねるとこまで戻す。
そのまま昼までリビングで眠る。

午後から、多方面に電話。
主に引越屋に電話したのであるが、値段の幅が多いのに驚く。
結局、台東区内の 引越しならということで、2万円で引き受けてくれる先をみつける。

で、土曜日に見つけたそこそこの物件の申込書を書いているところで、入電。
他の申込者に持っていかれた様子。
まあ、しかたないか。
他を探すしかあるまい。

でも小さなショック。

夕方から、近所のスーパーまで買い物。
・豚の角煮
・ホッキサラダ
・レンコンの揚げ物

で帰ってきてから夕食&晩餐
 朝、死ぬほど苦しい思いしたのに何も懲りていない。
困るね、酔っ払いは。

食しつつ、ビデオをみていたら眠ってしまった。
気持ちよく眠ったようで6時間ほど。
平日の睡眠時間より長いな。

で、夜中に起きてブログ更新したり、引越し先の新しい候補を探したりなど。

引越し先はできれば、そのまま蔵前がいい。
住み慣れているし、気に入っている。
ただし、チョイスとしては稲荷町・田原町・浅草・入谷・浅草橋も見ている。

広さも35平米程度はほしいな。

今より(25平米)、2平米程度広くなるレベルなら、引っ越すほどの価値はないし。

今のアパートには、広さ意外は不満はない。

<今のアパートのメリット>
・静か
・日当たりよし。
・7階建ての7階
・24時間ゴミ捨て場
・宅配ボックスあり。
・浴室乾燥機
・広いベランダ 
・駅まで徒歩1分

狭いことのみがデメリットです。
6畳一間はさすがに狭いわ

そういえば、LINEで嬢から
「お花ありがとう」 のメールが来た。
彼女は先週で卒業。
卒業祝いでお花贈ったんだ

たまには貼っておくか

image


 

朗読劇ジェイコブのラジオ・幸福の王子


3/19 銀座で朗読劇を見てきた。

image


これは既に3回目のお芝居で、私はそのうち2回参加している。
1回目はジェイコブのラジオだけだったようだが、2回目からは、幸福の王子も入り、SHOWとして楽しめる構成になっている。


image



最近、銀座周辺はこまごまとした用事で来ている。
しかも、宝町でおりて5分も歩くと銀座の周辺街に出ることを覚えてしまったので、これからの開拓ポイントだ。

会場は「BEER GAUDIUM
20人くらいで満席になるような小箱というか、
ビール居酒屋だ。

ビール以外のウィスキーも豊富においてある。
以前きたときは食事は頼まなかったのだが、今回はチキンステーキを頼んだ。
単純な料理ではあるけど、外側がこんがり焼けて中はジューシー。
美味しかった。
もっと前から食事がてらに来ればよかったと思った。

だけど、この店、閉店してしまうのだな、今月いっぱいで。
お店の女の子も可愛いので残念だ。

店の音響のほうも手は抜いていない。
「BOSE」の比較的大きなスピーカーで、さらに壁面には雑音を吸収する緩衝材のようなものも配置されている。
単純に居酒屋の宴会場でライブやってます、の音質ではなかった。

お芝居のほうの話

<今回はこのメンバー>
出演:青木結矢、小西のりゆき、高橋航大、塚越恭平(ピアノ)

ジェイコブ熊


ジェイコブのラジオは映画が出ているようだ。
「聖なるうそつき、その名はジェイコブ」
ロビン・ウィルアムスの主演のようだ。

私は知らなかった。
例によってストーリーはリンク先からパクろう。
長いので裏に貼っておきます。

ジェイコブを青木、ジェイコブに助けられた少年を小西が演じた。
前回と、役柄は逆。
こういうチェンジがあると、同じ作品でも見ていて面白い。
小西は最近は「いかにも小西的」な役割ばかり演じていたから、たまには少年の役もいいと思う。
新しい小西の顔、気弱な少年も見れて良かった。


またピアノも連れてきているので、小さなミュージカルでもある。
随所に小さく歌が入っていて、お手軽ミュージカルとして楽しめる。
ストーリーとしては難しい部類に入るので、うまく受け止めるのは難しいが楽しむことはできた。

幕間と言うか、ジェイコブの後に小さなライブをしてくれた。
高橋航大君は今回SEで来ていたのだが、彼が4月から四季の研究生になるというので、それのお祝い。

四季の曲から3曲ほど、「夜来香」「(昭和3部局の何か)」「二人の世界(夢さめ)」と歌ってくれた。
そう、どれも女性パートの部分なんだよね。
これを男二人が歌うと言うのも新鮮だ。

2幕は「幸福の王子」
どこかにストーリーあるかな?
あった、でもなげー
時間のある人、見ておいてください。

これは童話と言うか、ファンタジー。
原作は見てないが、大きな脚色はしていないだろう。
ツバメと銅像になった王子 の心温まる話だ。

これは、話の分かりやすさもあり、よく伝わってくる。
俺は話を聞きながら、ほろりハラリぐわりと泣いた。
泣いてしまったから、テキーラを3杯飲んだ。

いい話だと思った。

朗読劇、面白いと思う。

こういう小箱で、役者さんたちもスタッフ入れて3人くらいで、チカラを入れずにやってもらえると見ている方も気軽にこれて楽しい。

3作上演して1作は新作とか、上演は前半1作で 後半はミニミニライブとかが面白いだろう。

↓前回の公演リハからの動画
音が綺麗です。



--------------------
番外編

この日、カウンターに座ると2席横に
塚越真夏ちゃんが来ていた。 

最初は「ちょっとだけ可愛い子がいるな」 のイメージしかなかったのだが、舞台上から小西さんが紹介してくれてようやく分かった。

彼女、俺の中では印象度180%の女優だ(でも顔は覚えていなかった)

2年位前に、龍平劇団で文七をやったときに、彼女のお久を見た。
お久がエンディングで出てくる一番の見せ場で、彼女、大ごけしてしまった。
このときだね。

同じ年の年末では平川めぐみちゃんの
「あいのおはなし」のアンサンブルで出てきていたけど、最終的に四季に入れたようだ。

四季の週間キャストにもチラホラ名前が出てくるようになった。

よかった。

龍平翁の逆鱗に触れて、演劇界から抹殺などと言うことにならなくて良かった。 

----------
今回は、細々としたもの、裏に貼りました。
気が向いたら見てください。

リンクで飛ばしていいけど、リンクって簡単に切れることに今更のように気づいたり。
 続きを読む

保育園作ったほうがいいんじゃないの?安っぽいジャーナリズムはいりません。イスラム国の平和のために

私はマスコミ嫌いである。

だから、こういう安いジャーナリズムは3倍嫌いだ。

危険な国に行くなら自分の責任で池。

死にそうでも助けを求めるな。

お前らに取材は頼んでいない。

必要な情報は、ネットでもメールでも十分手に入る。

ジャーナリストの存在価値は低い。

お前らの無責任な自由ジャーナリズムに金を払うなら、保育園作ったほうが3倍まし。

----------------

世論(3バカ新聞じゃなく、twitterとかみても、100:1の割合で「こいつ死んでよし」と言っている。

数年前にも、身代金を政府に払わせて救ってもらったにもかかわらず反省も返済もなし。
今回、身代金を払えば、また次もやらかすだろう。
未来に対する大きな負債だ。
自分の子供に支払わせるつもりか?

俺の払っている税金がこいつの無謀のために使われるかと思うと居てもたってもいられない。
500円の弁当を買うのに我慢して450円の弁当を買った結果がこの爺に使われるのは納得いかない。

そもそも、盗んだバイクでノーヘルで走り回った挙句、事故を起こしたようやつをどうして国が守るのか?

大阪の今成で夜中に短いスカートで女の子が一人で歩いていたら
「奥さん、あんたが悪いです(by みの
もんた)」

でしょ?
ちょっと古いけど。

それくらいに、おれには不愉快な話だ。

身代金を払うとか払わないとかいう以前に、

「シカト」

で十分。

政府要人の人件費対応も只じゃない。

しかも、これを安倍政権の怠慢とか言うやつに、

「お前は何でも政権のせいにする馬鹿か?明日の雨も安倍政権が悪いのか」
と聞きたい。

特に、3大赤字新聞。
お前ら、まともな意見を言ってみろ。

シングルマザーに聞いたら絶対に保育園が欲しいというに決まっている。


前にも言った。

マスコミ、お前らは今の時代に要らない。

 続きを読む

恩田スミレさん、好きだああぁ

最近、家に帰ってからケーブルテレビを録画で見ていることは話した。

普段はディスカバリーチャンネルで、蛇とか毛虫を食べるシーンを見ているのである。

ところが、この数日は戯れに昔の「トレンディードラマ」を見ている。

見ているのは
「恋ノチカラ」 

深津絵里と堤真一が出ている。
矢田亜希子もお嬢様役で出ている(彼女もまさか、この後に押尾学に騙されるとは夢にも思わなかっただろうなあ)

せっかくだからwikiしてみた。

取立てていい話は書いてないが、最高視聴率が20%。
時代のせいとはいえ、よく稼いだ番組だ。

ドラマのセットの生活感のないアパートとか、アフターバブルの匂い満載である。

でも、俺の好きなスミレさんいや、深津絵里ちゃんがでている。 

こういう、少し気が強くて不器用な女性って、見ている分には大好きだわ。
深津絵里については、彼女の出てくる作品世界が好きだと言うのもある。

踊る大走査線、素敵な金縛り、ザ・マジックアワー、、、

伝える魅力に満ちている女優さんだと思う。

今日は「恋ノチカラ」 の2話までみた。
明日は3話。
毎日1話ずつ放送 というのも、ケーブルテレビのいいところだ。
家に帰ってくる楽しみだ。
ストーリーは どうでもいいかれた話だけど、美人を見るのは楽しい。

今夜は気の強い美人に乾杯しようじゃないか。


image
 
ところで、俺の好きな理想の女性というのは、
石田ゆり子だって、皆は知っているよね ?

愛人キャラが好きです。

 

浅草橋でそばを食うなら「かくや」だ

浅草橋というと、私の夕飯スポットだ。
仕事帰りに途中下車して、居酒屋で飲む日もあるし、
休日の昼間に飯だけ食べにい来る日もある。

そのうち、「かくや」 は昼でも夜でも来る店。

一番好きなのは、看板メニューの
「鶏つけそば」だ。
ここの麺はかなり腰の強い蕎麦。
それを、この味の濃い鶏の入ったつゆで食べる。
大盛りも無料だし、200円追加すれば夜はビールも飲める。

他にお勧めは
・ぶっかけ(小ぶりなので、軽く食べたいときに )
・冷やしたぬきナス天(揚げ物、その場で揚げているので旨いです)

見た目は、立ち食い蕎麦なんだけど、浅草橋で一番旨い蕎麦屋だと思う。
だって昼はいつも行列だし。

ここで、うどんも出しているらしいのだが、怖いもの見たさで食ってみたい。
どんななんだろ?

image
 

 
かくや 浅草橋店
夜総合点★★★★ 4.5
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅

蒲田で飲むと言うこと

最近、蒲田に日参している。
蔵前からは1本、3分でいける。

土間は、18時に終わることが基本なので、終わったら早々と立ち去るのだが、街のネオンにご挨拶は忘れない。

まだ、何にも行ったわけじゃないのだが、ここ数日で行った店についてレポート。
基本的に、京急蒲田周辺ね。

-----------
角打ちワインバル ドンピノ


立ち飲み。1杯400円くらい。
つまみは旨い。300~500円ほど。
立ち飲みにしては高いかな。




------------------
立ち飲み とっちゃん

これぞ由緒正しい蒲田の立ち飲み。
サワーが290円、焼き物が1本90円と、大衆飲み屋だ。
お客さんも、飲んだらサッと帰る人が多い。
歯の抜けたじいさんとか、アル中寸前のサラリーマンとか(俺か?)風景は十分場末だ。

----------------------------

パンダ乾杯楼


ハイボールセットが餃子とハイボール(薄いんだな)で500円。
味は悪くない。
値段も全体的に安いし、いいんじゃなj¥い?


-----------------------

番外:スーパーLIFE

このスーパーの惣菜コーナー。
美味しいものがたくさんあって安い。
しかも、京急ストアを意識して値段を下げている。
つまらないものを食うなら、ここでかって帰ったほういいかも。

---------------------

現在、未開発条項
・夕方に600円で食べられる定食屋(3件ほど発見)
・JR蒲田側の歓楽街
JR蒲田駅北側の歓楽街。
・もちろん、みなさんお好きなお姉さんのいる店。
一説によると1時間3000円とか?

3月末までにどこまでいけるかな?

 







 

をーい!3TBは認識しないのかい!?

私は自宅でケーブルテレビを見ている。
地上波は殆ど見ない。

どれほど見ないかと言うと、朝のニュース系番組も
見ないほどだ。
だから、目覚ましテレビとか、ZIPとかも見ない。

2年ほど前かな?
朝は
・マインちゃん見て
・0655見て
・おはすた見て
・ZIPで清楚系の女の子を視姦 して
・もこみちのオリーブオイルを見て

という時期があった。

お台場で働くようになってから、朝のサイクルが早くなり、起きてテレビを見ることなく身支度して出かける生活に切り替わった。

朝の番組って、多かれ少なかれせわしない。
マインちゃんまではいいけど、ZIPは明らかに朝の様相だ。

-----------

話が朝のテレビ番組になってしまった。

朝も見ないと言うことは夜も見ない。

だから、自宅でテレビはケーブルテレビで、ディスカバリーチャンネルとか、アニマルプラネットとか、ヒストリーチャンネルとか映画系の番組ばかり。

あと、これからは野球が始まるから、野球を見るよね。
しかも、その日の再放送とか最高にぬるくていい。
(結果の分かっているスポーツ中継ってゆるく見れるよ) 

それほどまでにケーブルテレビラブなわけだが、STBボックス(チューナー)が切り替わってから、STBに直接HDDを接続できるようになった。

最初のうちは、古いパソコンから外した150GBくらいのHDDを繋いでいたが、映画を撮りだめるうちに、さすがに容量が足りなくなり、先週末にamazonでポチッとした。

ところで、私の家には家訓がある。
俺が作った。
守るのも俺だけ。


<家訓>

1.大きければ大きいほどいいもの
おっぱい、HDD、メモリー 

2.食えるときに食っとけ

3.見たい芝居は見たいときに見とけ
  同じ芝居は2度と来ない

4.部屋の空間は天井まで使え

5.後悔はやってからしろ

などなど

そのうちの、第1条項に従い、AMAZONでは3TBのHDDを買ったのである。

ところが、STBにつなぐと、750GB程度しか認識しない。
昔のFAT32だっけ?WIN−XPベースのHDDのパーティションのきり方だ。

これじゃ、何のために3TBにしたのか、、、。

しょうがない、週末にアキバでジャンクの1GBのHDD買ってくるか。

まったく、J-comめ、、、、、!! 

ムーチョライブは3段落ちだ@武藤寛ライブ

3/12 横浜で武藤寛ライブを見てきた。

image

ここ最近、蒲田参りが続いている。
3月末までの期間限定なのだが、1ヶ月定期を買って通っている。
だから、横浜までは心理的距離が少し縮まった。

そうは言っても、蒲田がまず遠い。
蔵前から1本だけど30分。
この数年、蔵前を起点にして移動することが基準になったので、30分の電車移動って、大きく遠い。

でも、横浜は蒲田からさらに15分ほど。
京急が繋がっている分、横浜までは我慢の範囲なのだが、そこから先は乗り換えも含めて遠いなあ。

会場は関内の梟の歌。
毎度おなじみ。
花ライブでも何度も来ているし、それ以外のライブでも何度も来た。

今回は3段構成。
1幕ゲスト:高橋航大君 
2幕ゲスト:平川めぐみちゃん
3幕ゲスト:小川信太郎さん(え?ライブだよね?)

1幕ゲストの高橋航大君 
今回は歌を聞かせてくれた。
4月から四季の研究生だという。いい役者になってこれからも楽しませてほしい。
あと、カツゼツの悪い人のコントは封印したほうがいいんじゃない?
もしくは、母音方を練習するカツゼツの悪い人とかに変化させてみたりとか、、、、

2幕ゲストの平川めぐみちゃん
パート・オブ・ユア・ワールドを歌ってくれた。
彼女、ドンドン歌が上手くなっていく気がする。
そして「君よ生きて」からは、茶店の娘の歌(いい加減曲のタイトル覚えろよ>俺)
 
めぐちゃんが歌っていると、途中からダブルキャストの谷口あかりさん登場というベタなネタで観客を喜ばせるとか。

3幕ゲストの小川信太郎さん 
なぜか、ムーチョと手品対決とか。
このオッサン、鏡の法則以来だけど、インチキ臭くていいわ。
コメディがよく似合う稀有な人物。
客いじりも上手いし(俺のことを「疑り深そう」などといったり凸)

意外というかあたりまえというか、ムーチョさんのピアノを聞けたのも良かった。
失礼な言い方だが凄く上手。 
さすが、音大のピアノ学科卒業だ。
(昨年の「君よ生きて」 は日高隊長については、ダブルキャストも検討されていたらしい。でも、ピアノも弾けるキャストということで最終的に見つからず、ムーチョのシングルとなったらしい)

3幕の小川さんのイメージが強すぎて、先週末なのに何の曲があったのか、よく覚えていないライブでしたわ。
でも、よく笑いました。

そういえばこの日は、梟の歌のオーナーの誕生日だったらしい。
いつもお世話様です。
そんな感謝の意味もあって、私はハイボール3杯飲んできました。


image

------------------

関内でのライブ後は歩いて石川町まで。 
友人がオーナーシェフの「NAVIGANTE」へ。

この日は、

豚のパテ(リエッタ?)
image

image
赤紫のオニオンがピクルスになっていて
いいアクセント。

アサリのソテー(写真ないけどスープがムチャウマ)

生バジルのパスタ
image

image

image



ラザニア(これも写真なし。すまん。)
ミートソースとチーズがたっぷりで旨かった。

と気分よくよく食った。

おかげで京急の終電逃すし、 上野からタクシーで帰るし、食いすぎて胸焼けで眠るしで、だらしない夜だった。

横浜方向からの上りって意外に早く終わる。
特にラストが地下鉄だと早いよ。

次は四季を篭絡しろ!東京FC卒業公演「マンマミーア!」

mmkyoto-263x300


このブログではよく書いているが、私のベストミュージカルはマンマミーア!だ。
ストーリー的にもよくできているし、ABBAのサウンドとのコンビネーションも絶妙だ。

私のミュージカルライフの中では、ライオンキングでズッポリと嵌り、マンマでは悶絶した。

たぶん、マンマは40回は超えていったと思う。
人を連れて行ったのも加えれば、60回は超えている。

もちろん、そこから派生して吉沢梨絵ちゃんは大好きだし、保坂千寿さんも大好きだ。
でもナベサムは大嫌いだけどね。

話の枕がつまらないネタになってしまった。

3/10 俳優さんの専門学校である東京フィルムセンターアカデミーで「マンマミーア!」をやるというので、見に行ってしまった。
もちろん、四季の舞台ではなく、学生さんたちの卒業公演だという。
でも、龍平ファミリー(望月龍平氏、柴田桃子氏など)が全面バックアップしての公演だという。

それなら見に行こうではないか!!
と、いそいそと手土産持参で行ってみた。
(誰が差し入れたか分からない40個のお握りは私です。こういう、隠れてタニマチみたいなことするのが好きになってきました)

舞台の話をしよう。
今回、行ってみて驚いた。

四季版マンマのコピーではあるのだが、コピーすること自体が難しい四季の舞台を上手く築いている。

そしてそこに、若さのパワーというのだろうか?
グイグイ来る。

特に最初の
「MONEY MONEY」は飛び出してくるようだった。
「マンマミーア」「ダンシングクイーン」はしっかりミュージカルで四季に引けをとらない。
1幕最後の
「ヴーレブ」は狭い舞台の中で巧みに円を描いて踊っていた。

2幕もいい。
「この手をすり抜ける」は泣かせ場だ。しみじみといい芝居が出ていた。
ラストの「I do, I do, I do」では、もう四季を超えていた。

踊りについては、全体的によく踊れていた。
いや、問題点はなかった。
歌は、ソロになると歌いきれない部分もあったが、何年も稽古を積んだ四季の役者と比べるのは酷だ。
でも、それを補うほどのパワーがあった。

主役のドナを演じた網倉さんは、声に芯がありこれからに期待が持てる。

ソフィを演じた宮路さんは、まさにソフィのイメージぴったりの20歳の女性の可愛らしさだった。
やはり、ソフィはこれくらい可愛い子でないと、江畑さんでは、、、、(以下自粛)

そして、サムを演じた荒木君は、当たり前のようにナベサムを超えていた。

なお、スカイを演じた上本君は既に今年の「君よ生きて」でトモキ役が決定しているようだ。
いや、龍平劇団すっ飛ばして、そのまま8月に四季のマンマでスカイデビューしてもいいんじゃないの?
四季でも全然問題なし!

アンサンブルも良かった。
舞台の左袖で生コーラスをしてくれた。
四季の舞台では、舞台裏からのマイク越しでのコーラスになる部分。
いいね、生コーラスは。

当日のキャストとスタッフリスト。
貼っておきます。

Scan0023

Scan0024

---------------

以前、吉沢梨絵ちゃんのライブで、浅利将軍の話が出ていた。
「息も絶え絶えになって、必死になって演技をする人が好きみたい」
と言っていた。

他にも、テレビの特番で四季の稽古場が映ったときに
将軍様が「上手くやろうとするなよ!!」と叱咤されていた 。

------------------

四季の舞台が手を抜いていると思ったことはないが、必死の演技というのがどれほど人の心を打つのか?ようやく分かってきた気がする。

少なくともこの日の東京FCの生徒さんたちの公演は、1年前まで東京でやっていた 「四季マンマ」より数段良く、私の心をブルブルさせてくれた。

カーテンコールの後、出演者から一部の観客(ご家族かな?)に感謝のお花のプレゼント。
そして
「この手をすり抜ける」の合唱。
そりゃ、父兄はボロ泣きですぜ、龍平さん。

ちなみに、この日、私はこれを持っていったのですが
出番なし。

image
↑↑↑不完全燃焼で燃え上がるマンマスティック
名古屋で1度使ったのみ

はい、自分をわきまえることが大事ですね。

当日の様子はこちらから。
とてもいいマンマでした。
2、3箇所、龍平演出が混じってましたが、、、、。
それもまたよしですわ。


 

週末日記

復活した週末日記

3/11(金) 
19時過ぎに土間を出て、蒲田の町へ。
どこかで美味しいものでも食べて帰りたいと思いつつ、いい店を見つけられず中途半端な焼き鳥屋に入る。
味は、まあいいけど、焼き鳥屋にしては少し高いかな。

その後、駅までの間に立ち飲み2件発見。
次回はここに来よう。

自宅に戻って、だらだらとゲームなどしていたり。
朝の5時頃に就寝

3/12(土)
昼頃に起床
軽く食事してから、横浜まで出かける。
横浜(関内)では武藤寛ライブ。
面白かった。これは別途感想を書こう。

ライブの後に、石川町の友人のイタリアンで食事。
ダラダラと食ったし、大量にも食った。
明らかに食いすぎ。
しかも、京急の終電も微妙に逃す。

石川町から御徒町までJRで戻り、ラストはタクシーで。
京急蒲田までの定期は有効活用できず。

3/13(日)
一日中寝ていた。
少し強い薬を前日夜に飲んだのもあり,昼過ぎまで眠る。
起きてから軽く酒を飲み、テレビでオープン戦など見ている寝落ち。
20時前に起き、パソコンメールのチェック。

最近は、引越しを本気で考えている。
各所から物件の案内が来ているので、目を通して返信するなど。



 

あの日

あの日から俺はあまり変わっていないみたいだ。
みんなの尻馬に乗り、俺もあの日のtwitter追っかけてみた。
-----------------------
俺が覚えていたあの日

当時は静岡の銀行にお勤めしていて、昼過ぎから外にパソコンの設定かなんかで行ってきたとこだった。

帰ってきて建物に入ろうとすると凄い揺れ。
銀行のビルが古いから「ヤバイ崩れる」と思ってすぐに外に出た。

揺れが収まってからビルに入り、オフィスに行くと祭り状態。
地震で支店の回線が瞬断したり、電源が落ちたりしたから再接続をホスト起動でやっていていた。
メインフレームって、こういうの苦手なんだよね。
なかなか上手くいかず、怒号が飛び交う中でなんとか接続。

その後も、切れたり繋がったりを繰り返していたな。

女房と電話して無事を確認したり。
でも、海の近くで働いていたから、早く逃げろと言われたり。

職場の皆も家族に電話していた。

あのとき、みんなが家族とか仲間を意識した気がする。

被災地ではなかったから、むしろ大変だったのはその後の1週間とか1ヶ月とか。
計画停電もあったし、みずほ銀行がストップしてトバッチリ食ったり(まさか、そこで働くことになろうとは、、、)

5年前と変わらないのは、マスコミ嫌いかな。
それに拍車がかかった気がする。
最近は、ニュースも地上派も見なくなった。

それとtwitterのつぶやきは大きく減った。
この頃は1日15ツイートとかが平均だ。
今じゃ、つぶやかない日もあるし。

当時は仕事中にも平気でtwitterやっていたからな。
小町も一日中見ていたし。

でも地震ネタに関してはマジメに書いているのが自分でも意外。
当時のブログ記事とか、ちゃんとしているわ。


3年前に東京に戻ってきて特に意識しているのは、
「若い人のために」
は気をつけている。

お芝居でも仕事でも、若い人たちが力を付けてもらうにはどうしたらいいか?は考えるようになった。

でも、効果はあらわれていないかな。

そんな5年前を思い出した深夜、3.12。


----------------------------------------

以下は
twilogから拾ったんだけどさ。


3/10~3/12
2011年03月12日(土)15 tweets

source


page: 5

2011年03月11日(金)16 tweetssource

2011年03月10日(木)5 tweetssource



ここ数日日記

ここ数日、蒲田に日参している。
今月末までの 予定なのだが、不毛な行為の一環として行っている。

実は私、蒲田で生まれた。
小学校に上がる前までいたらしい。
もちろん、殆ど覚えていない。

蔵前から電車で30分プラスほど。 

思ったよりも遠い。

なにしろ、俺の中での遠い街の新宿や渋谷よりも遠いんだもん。

限界は、品川とか飯田橋くらいかな。

早く蒲田参りが終わりますように。

いや、その前に蒲田の飲み屋を制覇しないと!!
 

オリーブといってもモコミチじゃないよ@北千住で「オリーブ」を見てきた

Scan0016


3/6

陽なたさん脚本の「オリーブ」を見てきた。
場所は、北千住。

image


私の家からは近い。
ドアドアで30分で来てしまった。
北千住って、意外に都心から近いのね。
路線もたくさん乗り入れているし、便利な街なのかもしれない。
この街に引っ越してもいいかな?
足立区だけど。

北千住の演劇というと、丸井の最上階をイメージするが、今日はその1階下のフロアー。
最初、間違って行ってしまった。2年位前にミューカル座の「ひめゆり」をここで見たんだよな。
そのときは、アナ雪でブレイクした神田沙也加目当てだった。

今回、11階に行ってみると入口には、「稽古場」と表示が出ていた。
入ってみると劇場で、中は舞台を囲って「コの字」型。
客席と舞台が非常に近い。

舞台を「コの字」型に観客が囲む。
一体感はかなりある。

私は、開場の30分前に並んだのもあり、ど真ん中の出べそに近い席に座ることができた。
なんか嬉しいね。
整理券番号も、水野貴以ちゃんに早い時期にtwitter経由で頼んだのもあり23番。
初日の23番目の客なんて、、、、てへ、痛くて照れます。

チケット


ストーリーについては、脚本・企画の陽なたさんのホームページから
コピペさせてもらおう

------------------------------------

隣の家の犬小屋を破壊してしまい、社会活動をすることになった青年。
社会奉仕活動の内容はある老人のお世話。
老人や友人、そして両親を通して青年から大人へと成長していく??
真面目にうまく生きてきたつもりです。
それなのに、なんで僕を取り巻く環境ばかりこんなに過酷なのでしょうか。
それでも僕は誠実に生きています。
なんて偉いんだ僕。(19才・学生大人)

------------------------------------

私のブログは見ている人は圧倒的に少ないので、ネタばれも平気でやる。
(以下ネタばれあるよ)
どうせ、誰も見ていないから毒も沢山吐くよ

私はこの日。キンポウゲ組で見に行った。

(キンポウゲ組)
主役レオ:染谷洸太
オリーブ、老女:高谷あゆみ
レオの彼女アルミ:水野貴以
オリーブの娘:田宮華苗
シーリア:青山郁代
ディーク:篠田裕介(声が良かった)
レオの父:松村曜生
レオの母:鎌田亜由美(美人)
キティ(レオに片思いの可愛い子):小松原里美(アイドル系、可愛い)
ジャスパー(レオの大学の友人):伊藤広祥
カロ(オリーブの日ごろの面倒を見ている夫人):児玉奈々子
ボス・警官(狂言回し):杉山慶輔
ホームレス(色物):小西のりゆき

Scan0017



<気になった役者について>

主役の染谷君。

だいぶ以前に、吉沢梨絵のライブで見たきりだった。
当時と比べるとだいぶ痩せたのかな?
今回の役どころの大学生ということもあり、ダイエットしたのかもしれない。

劇中、歌うナンバーも多く苦労も多かっただろう。

カーテンコールの中での挨拶で
「客席も近いのでごまかしが効かない」
と言っていたが至言であろう。
元より、ごまかす気などないのであろうが、本気の勝負を見せてくれた。

次に
キティ役の小松原里美

今回、初見。
いろいろ活動はしているようだ。
今までなぜ気が付かなかったのかな?

ドン臭い女の子と可愛い女の子を上手く演じ分けていた。
機会があれば、またみたい。
彼女、可愛いと言うよりも、綺麗だ。
素敵な女性だ。


次に
鎌田亜由美
こちらの方もいろいろな舞台に出られている。
何が気になったかと言うと、昔好きだった人に似て蝶・・・・・。
私も痛いですね。



次に
小西ひろゆき
最近、芝居が均一化しているのかな?
彼のどの芝居を見に行っても同じような役柄ばかり。
(彼の芝居を見すぎているのか?)
これは、脚本が小西キャラを必要としているのかな?
他の演技もできる役者なので、違う芝居も見せてほしい。




そしてなんと言っても水野貴以。

image


彼女のことが最近は一番気になる。
彼女は、言うまでもなく歌の上手さが秀逸なので、どこまでも追いかけて見にいきたい。
今回の舞台では、ソロでのパートは少なかったけど、自分の役割を
しっかりと演じていた。
こうやって、役者は中堅へとなっていくのだね。

金髪のショーカットも可愛かったし、パンツルックで出てきたので大学生のような可愛らしさ
も出ていた。

彼女、近々おれの嫌いな立花裕人君のトーク&ライブに出るのだけど、
行こうか悩んでいる。

彼女の歌は聞きたいが、立花君のつまらない話は聞きたくはないし。
悩みどころではある。
もっと、お喋りの上手な人がMCで出てきてくれないかなあ。
だったら行くのに・・・。

立花君の功績は、BLUEMOODで若手の出番を広げている点では評価できるけど、
それがあまりにも蚕食的で、、、。
もう少し、彼らのよい面を広げてほしい。
自分が喋って彼ら話を聞くのではなく、彼らに喋らせる、歌わせると言うことを知ってほしいの
である。

-----------------------------
話が脱線した。

実は、今回の「オリーブ」、私は消化しきれていない。
もう1回見に行けば違うのかもしれない。

自分でもよく分からないが消化しきれていない。

踊りも歌も上手い。
芝居も良かったし、ストーリーも良かった。
でも、何か自分の心の中の共感ボックスに響かない。
何故なんだろう?

クライマックスシーンのオリーブが歌うところでは、もっとビリビリしても良かったと
思うのだが、なぜか響かなかった。

受け止め切れなかったのは何故なのか、自分でもしっかり考えてみたい。

いい芝居だとは思う。
人にも推薦できる。
まだ、公演日程もあるのでいろんな人に行ってほしいと思う。

でも、自分の中で受け止めることができなかった。
なぜなんだろう?

これから、芝居を沢山見ることで解決していくのだろうか?

自分の中で整理が必要だ。

---------------------------

今回も観客席で多くの顔見知りと遭遇。
こちらの方とも、いつもどおりお会いしたけど、彼の2席横に座っていた体の大きな男性、
いつも会う人で凄く気になるのだが、、、、。

これはまさか恋?
続きを読む

寿司 幸@上野御徒町

上野「寿司幸」

上野で一番行く寿司屋というと、私の場合ここ。

この数年で板前さんが大きく変わってしまったのもあり、味の劣化は否めないが、上野で気楽に飲める寿司屋というとここだろう。

私は、ここの煮海老が好きだ。
程よく煮仕事がしてあり、江戸前に相応しい。

48a12007


頼むと1貫から握ってくれるので、一人で行ったときでも、沢山頼める。

札幌出身の嬢を連れてきたときに言っていた
「北海道じゃ、生海老が殆どだよ」 
いえいえ、江戸前ですから。

刺身では鯖がいいと思う。
日によって偏りはあるけど、脂ののっている日は
最高のつまみになる。

7e5dbb80


中トロも大トロ並みに美味い日もある。

image

これに、カンパチ、穴子、コハダと食べていく。
貝も美味い。
私はここのホッキ貝は好きだ。

image


早い時間に行くと、「貝ヒモ」といって、赤貝のヒモを出してくれる。
これも美味い。

image



そして最後はいつも鉄火巻だ。
これを
「ワサビ効かせて」で頼むととても上手い・

70c8d07e


酒は清鷹という蔵前橋通りに卸し元がある三重の酒だ。
これが、程よく美味い。
燗でも冷酒でも味があう。

つまみには、いつもネギトロを頼む。
これをつつきながら、程よく酔う。

image


これが上野流。

昔ほど美味くはない、でも地元の酒と寿司なんだな。

板前の対応も相当悪いけど、これが上野流。

2階のカウンターで食べるとグッと落ち着いて食事できます。
板さんによって、当りと外れがあるね。

料金は、日本酒を3合ほど飲んで、そこそこ食べて5000円くらい。
程よい感じだと思う。

上野では2番目に美味いかな。
座ってのんびり飲めるので気に入っています。

<マイ上野寿司ランキング-味編> 
1位:まぐろ人
2位:寿司幸
3位:かっぱ寿司

上記の3件の寿司屋、私がどう使い分けているかは、またそのうち書こう。(既に、当ブログではある程度書いたかな?)



 
寿司幸
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:寿司 | 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

上野でラーメンといえば青葉に決まっている

3/3 ひな祭りの日。

上野でシコタマ飲んだ後に青葉でラーメンを食べてきた。

私の中では、上野のラーメン屋といえば青葉だ。
この店に来るときは大体ベロベロに酔っている。

飲んだあとにも美味しいというのは、アッサリ醤油ラーメンが定番だが、この店は魚介系のトンコツでさらりと仕上げてある。
⇒ 今、HPで見て驚いたのだが、魚介ではなく鶏ガラらしい。相変わらず、俺の舌は宛てにならない。

青葉のHP

青葉は公式HPによると、中野が本拠のようだ。
最近はチェーン展開するラーメン屋が多いのだが、味を維持しているという点では、数少なく成功している事例だろう。 

正直言えば、ビックリするほど美味くはないが、それなり飲んだ後に満足できる味である。

image


 
青葉 御徒町店
夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:ラーメン | 御徒町駅仲御徒町駅上野広小路駅

記事検索
ツイッター
ヨシボウの画像
劇団四季「ウィキッド」
ライオンキング
キャッツ
ライオンキング
アイーダ
美女と野獣
テキトー自己紹介
サル公爵
昨年37歳に到達。女房と猫の二人暮らし。
板橋に生息するが、六本木、池袋、練馬、アキバ、上野、伊豆と統制のない活動拠点を持つ。
趣味は昔はパソコンであったが、仕事になってしまったので、ゴルフと映画を趣味に設定。
この数年「何か」を探して彷徨するばかり。
<<最近は週末が待ち遠しいです。平日が楽しくなる方法探しています。>>
【最近、静岡の沼津に転居しました。日々精進です】
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ