Google

鬱病持ちのライオンキング

湯島天満宮の梅には呪いがあるのか?

IMG_20160226_152342

つい2週間前は、水戸まで行ってきて散々な目にあってきた。
水戸といえば、偕楽園の梅だが、この日はそれも見ることなく逃げるように帰ってきた。

で、数日前に湯島の梅を見てきた。

例年、夜中にチャリで行って外から見て帰るようなことを繰り返していたが、今年はしっかり行ってきた。

この辺りは、まあ地元。
上野の歓楽街を抜けた先にある。
御茶の水方向からの入り口もあるが、どちらが本当の入り口なんだろう。
お茶の水の方が正なんだろうな。
デカイから。

俺は春日通沿いの裏側から入ってみた。
IMG_20160226_151631

湯島さんって、よく行くけど縁起とかよくしらない。
そもそも、菅原道真って京都から九州の大宰府に左遷されたひとだから、どうして東京と関係あるのか?
wikiしてみた。

湯島天満宮wiki

やっぱり、わからねー。
ちゃんと調べれば、湯島学問所とか、神田神社とかの関係も出て来るんだろうけど、wikiじゃよくわからんね。

IMG_20160226_151706

梅の花は綺麗に咲いていた。
まだ固いつぼみもあったから、あと1週間程度はいけるんじゃないのかな。

写メも携帯だとこれが限界か?
IMG_20160226_152241

あと梅の季節というのもあり、普段はないこんな展示も。
IMG_20160226_151901_2CS

2月の終わりということもあり、絵馬も賑やかでしたわ。
全国の受験生さん、お疲れさんです。

IMG_20160226_151822

IMG_20160226_152112_2CS

露天もちゃんと出ていて、梅祭り(地元の湯島の商店街でそう呼んでます)を盛り上げていました。

IMG_20160226_151959


そういえば、学問の神様って牛に乗ってくるという話。
出展はどこにあったのだろう?
思い出せない。

IMG_20160226_152035
 

枝垂れの梅もきれいに咲いていました。
これが、一番よかったかな。


IMG_20160226_152320

IMG_20160226_152336

東風吹かば
にほいおこせよ梅の花
主なしとて春な忘れそ


昔、大学受験の古文の先生でした。
お恥ずかしい、、、、、 

東京マラソンは大変だった

image


昨日は東京マラソン

拙宅の前の江戸通りはコースなので道路封鎖。
これが始まるとどこにも行けなくなっちゃんうんだよね。
反対側は隅田川だし。


image


近所に東京都下水道局とそこに隣接する大き目の公園があるので、こんな待機基地もあったり。

image


10時頃からランナーが走り出した。

ポイント的には29キロ地点。
だいぶ疲れているだろう。

私が見に行った時間は11時過ぎ。
未だ最初の方だと思う。

image

これは給水所の画像。
奥のほう、見える?
image



例年、14時頃までは走っている人がいて、15時過ぎると、ヘタレ込んで座っていたり、歩いている人が出る場所だ。

ちなみに、15時過ぎになると、バスが走ってきて、脱落している人達を回収してドナドナする。
そしてその後に、確認のためにパトカーが何台か走り去って道路封鎖解除。

これが例年の流れだ。

毎年、ヘンテコな仮装が多いのだが、今年は早い時間に行ったのもあり、真面目なランナーばかりだった。

そういえば、今年は観客にコスプレが多かったかな。

image


今年もボランティアが頑張っていたみたいです。
頭が下がります。

image

 

大変だ!!明日は東京マラソンだ

明日、東京マラソンなんだよね。

食料買い込んででおかないと。

俺のアパートの前、コースだから飯も食いにいけない。
 

木村花代ライブ@はなみ好きの会フィナーレ公演。助けてもらっていたのは私です.内田莉紗ちゃん情報も載せてしまおう。

2/14(日)

image


木村花代のライブの定例会に行ってきた。

彼女のファンミーティングにはよく行っている。
ただし、これで一区切り。彼女はしばらくはライブ活動は休止するという。

だから、今回は解散記念。
あまり見れなくなるというのもあり、気合をいれて横浜まで行ってみた。

会場は、梟の歌。毎度おなじみだね。
前回、遅刻したのもあり、開場時間の10分前に行ってみると20人ほどの行列。
やはり彼女は固定ファンを多く持っている。

今回はバレンタインライブ。
相変わらず、カップルで来ている人は少ない。
彼女からは、手作りのチョコを貰った。
勘違いして受け取っておこう。っていうか、その場で食ってしまった。

image


最初は、オペラ座の怪人から3曲。シンクオブミーを含めて歌ってもらった。
(いつものお約束の気ぐるみはなし)

その後は四季時代の歌中心に。

1幕のラストは、ウィキッドからポプュラーを大阪弁バージョンで。
グリンダが大阪人というか、ロス出身だったらさぞかしみたいな関西弁だった。
「♪うち、関西人やし〜〜!!」
さすが花ちゃんだ。
関西人のノリで楽しませてくれた。

2幕はディズニーメドレーからスタート。
パートオブユアワールドとか
アナ雪とか
美女と野獣とか
その辺りをメドレーにして聞かせてくれた。

後半は四季卒業後の歌を中心に。

オーディナリーデイズから、「I'll be here」も出できた。

これ、やはり名曲だ。

この舞台に関わった人は、歌い続けて欲しい。
いろいろなテーマを含んでいてメッセージもたくさんもっている。

そういえば、マンマからも数曲やってくれた。
「OUR LAST SUMMER」
「この手をすりぬける」
など。
彼女の持ち役のソフィではなく、ドナのナンバーから聞かせてくれるなど
これも将来に向けて期待が持てる。
花ちゃん、ドナの客演で帰ってきてくれないかなあ。
「Little woman 」では千寿さんと
ダブルだったし。
(この日、奈良坂氏が言っていたが、「千寿さんは花ちゃんより細い」らしい。
ってどれだけ細いのか?花ちゃんでも近くで見るとムチャ細いよ)

誰か、マンマをなんとかしてくれないかなあ。
(彼女は四季にはもどらないという。それでいい。彼女の思う歌を自由に
歌ってほしい。
自由ではない役者さんを見ているのは観客として苦しい。
自由な花ちゃんをみて、自分も自由になれると思う)

ラストは「愛した日々に悔いはない」
たしかに、これもメッセージのある歌だ。彼女の思いが伝わってきた。
他の記事でも触れたたが、ここ数ヶ月の中で何度も聞いてしまった。
でも、歌う人それぞれに違いはあるのだよね。

アンコールのあとは、ファンから
「愛をありがとう」の合唱。
なんだ?なんでみんな歌えるんだ?
って俺も大きい声で歌ってしまった。

途中、花ちゃんも感極まって涙に流されそうな瞬間もあったが、
さすがそこはプロ。グッとこらえて、しっかり歌い切るとか。

彼女からは
「5年間、このライブに助けられてた」

という言葉もあったが、救われてたのはむしろ、俺。
ここで、何度元気注入されたか。

いつも、終わったら挨拶もせずに帰るけど、ここで貰った元気は間違いなかったのだな。

そうは言っても、この日も挨拶もせずに帰るなど。
いや、スターの役者さんとお喋りなんてできません、、、、、、

----------------------------

2/20(土)内田莉紗ファーストソロライブ
image


奈良坂ファミリーつながりということで、翌週の土曜日。
内田莉紗ちゃんのライブにも行ってきた。
はなみずきの会produceということで、基本的に奈良坂氏と花ちゃんと内田莉紗ちゃんの
3人で歌う。
ピアノはもちろん、久田奈美さんね。

会場は神楽坂の「The Glee」
ここ、すごく上品なんだよね。
音響もいいし。(音がとても綺麗に聞こえる)

image



だからというわけではないが、ワンドリンクは白ワインを頼んだ。

内田莉紗ちゃんについては、過去の花代ライブで何度も会っている。
たぶん、3度目くらい。
気になっていた女優さんだったので、会いに行ってみた。
暇だしね。
(でも、この日、水戸から早朝バスに乗って東京に戻ってきた。翌日は館山へ行かなきゃだし。
意外にタイトなスケジュールだ。)

彼女の来歴についてはこちら。

知らなかったが、アニーやヤングナラにも出ていたんだね。
しかも、大人になってから四季に戻ってきて、研究生もやっているし。
声の音域も高いし、短期間では水野貴以みたいな役どころができればいいんじゃないのか?
究極的には、本田美奈子だけどね。

この日の彼女のセットリスト
彼女にtwitterで呼びかけたら、ブログにセットリスト出してくれた。
ありがとうございます。
これ、嬉しいんだよね。
セットリスト出てくると、後で思い出してニヤニヤできる。

1部
1.アメイジンググレイス
 奈良坂・花・莉紗の3人で。
ライブに行くとよく聞く曲だけど、ミュージカルの世界となにか由縁でもあるのかな?

2.自由への行進
 これ「アイハブアドリーム」のメインテーマ。ついこの前まで出演していたみたい。(知らなかったし)
 彼女はベス役。昨年は小松春佳ちゃんもやっていた役だ。
 ベスは、若手の注目株がやるみたいだ。
 莉紗ちゃんも注目度が高いのだろう。
 
3.フローラ
4.ほしものがたり
 この「3〜4」はよく分からないんだけど、彼女がサンリオピューロランドでキャストを
 やっていたときの持ち歌みたい。
 だいぶ、アイドル入ってますし、アニメ系でもあるね。
 声質が高いから、そちらの世界にも入っていけそうだ。

5.Happy birthday to you
 これは、ピアノの久田奈美さん作曲による新曲。
 いい歌だった。
 今回のライブに向けての新曲
 耳に残りやすいね

6.Think of me
 これは花ちゃんのソロ。
 毎度おなじみではないけど、しみじみと聞かせてもらいました。

7.王様になりたい
 彼女がヤングナラを昔やっていたということもあり、この曲。
 ヤングシンバの魅せ場だけど、いやいやナラもいいね。
 奈良坂さんのザズーもいいんじゃないの?

8.Seasons of love
9.365日の紙飛行機
 これは朝ドラのうた。おれは聞いたことないけど。
 普段、地上波見ないから?
 
2部
1.フォーチュンクッキー
 花ちゃんと二人でAKB。
 花「もうやりません!」って言っていたけど、またやってください。
 楽しみにしています。

2.名も知らぬ人
3.哀しみの祖国
 この2曲は「異国の丘」から。見てないんだよね。昭和3部作で俺が未見で残す1作。
 将軍様も退団したし、もう再演かからないかな?


4.風に立つライオン
 これは奈良坂氏のソロ。
 前にもはなみずきの会で聞いたかな。しみじみと来る歌だった。

5.何かが変わった
6.輝く未来
7.生まれたわけ
8.君へ
9.ファンレター
 これは彼女が最近出た舞台の「スター誕生」から。
 昭和歌謡な歌。でも、これなかなかいい。再演があったらぜひとも見に行きたい。

10.Thank you for the music
 2部のラストの曲。
 「Thank you for the music」って吉沢梨絵ちゃんの専売特許と思っていたときが
 あったけど、そんなことはない。
 いい歌は皆で歌うことで育っていく。
 この日もそれを感じた。
 この曲は奈良坂ファミリー全員で

11.全てを歌に
 これはアンコール。「スター誕生」から。昭和歌謡でいい曲だ。

全体的に
彼女のコアなファンと、奈良坂ファミリーの一派が来ていたせいもあり、ある意味
予定調和のお約束の中で成立していた。
ただし、みんなが娘の巣立ちをみるような暖かい空気の中だった。

彼女、歌は上手い。
高音に素直に伸びていくソプラノは透明感があり、聞いていて気持ちがいい。
これからに大いに期待が持てると思う。
でも、苦言を呈すならば、自分の持ち曲以外に対する深さというか芯が足りない。
芝居で歌った曲などは、しっかり伝えきることができていたが、それ以外の曲は
やはり1段落ちてしまう。

でも、そんなの当たり前だと思う。

これから、聞き手との信頼関係も含めて、いい歌を歌えるようになればいいと思う。

-----------------------

帰りに、握手コーナーがあったので、お土産持参(水戸で買った「ねばーる君せんべい」)で
ご挨拶。
いやげものだな。

6d0a64b4-s


握手って罪ですね。

もう、何度でも通ってしまいそうになるくらい。
彼女の柔らかい手でオジサン、メロメロでしたわ。

ね?これって。俺のオシメンの小松春佳嬢への裏切り?
いえいえ、ミュージカル全体を愛してます。って、最近、若い女優の話ばかりじゃん。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓お土産でフォトカード貰いました
Scan0013

こんな夜中に小さくライブ

地元のバーでライブやるというので、戯れに来てみた。

思ったより満足。

やっぱり、ライブはいい。

批判するよりもやってみろだ。

image

痛いファンというのは俺なのか?追っかけ遠征。小松春佳の舞台だ「イントウ・ザ・ウッッズ」

2/21(日)

今日は長く書くし裏にも貼るよ。

漏れの好き好きアイドルの小松春佳ちゃんが千葉でミュージカルをやるというので、行ってみた。

でも、これ凄く遠い千葉の房総半島の先っちょ。
遠いわ。
そうはいっても、好きな女優が登板するのであれば、どこでも行くというのが演劇ヲタの常識。
ましてや、ヲタ見習いのヤングパダワンのワシは修行を含めて千葉(館山)まで行ってみた。

今回は、東京駅からツアーバスが出た。

11時にツアーバス出発なので、10時過ぎに蔵前のアパートを出て宝町から歩いて行った。
宝町から歩いて5分。近いもんだ。

集合場所は丸の内鍛治町駐車場。(丸の内じゃなく八重洲だったけどね)

unspecified (6)


行ってみると、なんとバス2台。

image

え?館山でやるのにこの盛り上がり何故?

バスは11時に出発して海ほたるを経由して千葉へ。
千葉(印西)には6年住んでいたが、海ほたるは初体験。すいませんが、感動はなし。
途中、渋滞はあったものの2時間半で到着。

現地では、まず大会議室に通される。
そこで小さく休憩して会場へ。

行ってみて驚いたのだが、大入り完売。
1200席ある会場が満員である。
これは、どういうことか?

場内画像はこちら

<出演者の方のブログページにリンクします>

千葉の先っぽ。館山でこんなにもミュージカルが受け入れられる訳はないという決め付けがおれにはある。
でも、大入り満員(1200名)なぜ?

image


最近は箱のキャパが気になる。
館山の南総文化ホール。

image

image



悪い箱じゃない。いや、むしろいい箱だろう。
音も綺麗に響いていたし、舞台との距離感も四季劇場クラスのいい箱だった。
しかも、四季劇場よりも圧迫感ないし。
これは四季よりもいいかもしれない。


舞台の話をしよう。
「イントウ・ザ・ウッズ」
映画で既に公開されたようだ。
私は知らなかった。

映画のホームページからストーリーをコピペしよう。

--------------------------

シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん… “願い”を叶えたはずのおとぎ話の主人公たちを待ち受けていた、驚くべき運命とは?

むかしむかし、長年子供を授からないことに悩むパン屋の夫婦がいた。ある日ふたりは、突然訪ねてきた隣に住む魔女から、その原因が魔女の呪いにあることを知らされる。そして、呪いを解くためには、青い月が昇る三夜の間に、4つのアイテム“ミルクのように白い牝牛”、“血のように赤いずきん”、“トウモロコシのように黄色い髪”、“黄金に光り輝く舞踏会の靴”を森から持ち帰ることだと魔女から告げられる。夫婦は、子供を授かりたい“願い(WISH)”という一心で、森の奥へと出かけて行く。
また、同じ王国に住むおとぎ話の主人公たちもそれぞれの“願い(WISH)”を叶えるために、森に入って行く。おばあさんのお見舞いに行く赤ずきん。それを狙うオオカミ。お金を得るために大事な牛を売りに行く貧しい少年ジャック。王子に見初められることを祈り、お城の舞踏会に出かけるシンデレラ。塔から脱出することを夢見るラプンツェル。
彼らはパン屋の夫婦と森で出逢い、関わりを持ちながらそれぞれの“願い(WISH)”を叶えていく。しかし、全てがハッピーエンドに見えたその時、王国に衝撃の事件が起こる…!
ハッピーエンドのその後、おとぎ話の主人公たちを待ち受けていた驚くべき運命とは!?

------------------------

1幕はハッピーエンドに至るまでのストーリー。

ジャックと豆の木、ラプンゼルの塔、シンデレラ、赤頭巾ちゃんなどのおなじみのストーリーが 複合しながら描かれる。
狂言回しはパン屋。パン屋を中心に物語が進む。

悪者を倒してシンデレラが王子に見初められて、全てのストーリーと問題が解決し、まさに大団円で終了する。
これが1幕。

2幕は後日譚だ。
問題が解決して幸せになったはずの人たちが、その後どうなったか。
決して幸せではない登場人物たち。
シンデレラは浮気な王子に悩まされるし、パン屋の夫婦は子供が生まれたからといって幸せではない。

そんな中で、再び皆で森の中へ出掛けて行きストーリーが展開する。

ストーリーはAMAZONで映画も出ているから見てみよう。俺も、もうひとつ理解できない筋があった。

セット的には、あまり派手ではない。
というか質素。
でも、大きな櫓が2台出ていてそれをうまく使っていた。
貧相ではないよ。

-<途中で余計な突っ込み>------------------------
四季あたりでやるなら、もっと華やかにやってもいいかも。
美女と野獣の「Be our guest」のようなシーンがあってもいい。
派手に盛り上げるシーンと、淡々と見せる組み合わせも作れる舞台だ。
そういう意味では、シンプルに仕上げることもできるし、派手に作り上げることもできる。演出次第の舞台なんだろう。

---------------------------------



驚いたのは、小編成とはいえ生バンド。
ちゃんとオケピの中に収まっていて、いい音を聞かせてくれた。 ピアノ(ピアノって凄いよなぁ、音域も音の厚みも深い。1台で何役もこなす。)、トランペット、バイオリン。この最小編成だけでも楽しめた。やっぱ、ライブは生バンドでしょ!四季さん!

image




キャストの話をしよう。


気になったのは魔女役の鈴木結加里。
この人も元四季か。
http://www.cuore-net.com/artist/suzuki_yukari.html
そうそうたる略歴だ。
うっかりすれば、ライオンキングとかどこかで見ていたかもな。

とにかく、よく通る声をしていた。
びりいいいいいいいい、みたいに響いていた声だった。

次に、木村帆香。
パン屋の嫁だ。
http://profile.ameba.jp/anneliese-erika-serafina/

1993年生まれと未だ若い。
これからの役者だと思うが、何本かのソロでは綺麗なソプラノを聞かせてくれた。
これからにも大いに期待だ。

そしてウオレン、じゃなかった、田中秀哉。
彼には、オーディナリーデイズで会っている。
彼の舞台は2本目だが、弱弱で優柔不断なキャラがあっているのではないか?
「ニート家を買う」のニノしかり、ニコラス・ケイジしかり。気弱なキャラが頑張る姿というのはなかなか面白い。
(ぜひ四季でメソを、、、、というのは止めておくか)

そして、われらがコマピー、小松春佳。
シンデレラ役で登場。
彼女は1幕は歌中心。
あまり、迫力満点という感じではなかったが、2幕ではジリジリ出てくる。

歌と芝居のコンボとでもいうのであろうか?

その組み合わせの中で説得力をもって、語りかけてきた。
今までの可愛いだけじゃないシンデレラ。
大人になりつつ、自立していく少女というのを見せてくれた気がする。
歌も2幕のほうがよかった。
1幕でも歌う場面が多かったが、2幕の方が台詞に引きづられて上手さを魅せていた。
彼女は歌と芝居のコンボの中に素晴らしさを持っていると思う。
まさにミュージカル向き。
最近はテレビの仕事も多いが、舞台の世界にこそ彼女の良さがある。舞台で歌とお芝居を頑張って欲しい。

<小松春佳さんの当日のブログページ>
http://ameblo.jp/levigato-14/entry-12131744048.html

全体的に
この舞台、なんでこんなに破格?という印象だ。
チケット代だけで2500円。
(ツアーバスというのも凄かった。チケット代込みで6000円とか。それ、どんだけ赤字なの?)

普通、東京の小劇場でもこんな値段ないし。
おそらく、多くのボランティアの方に支えられてつくっているのだろう。
それらの意識ある人々に、どれほど俺は返していけるのか?
自信はないなあ。
せめて、たくさんの舞台を見て、こうやってブログで喧伝するくらいしかできない。
無力ではある。
でも、これからも舞台を見ていきたい。館山の地で見せてくれたミュージカルファンのためにも

パンフも手作り感もありながら、地元企業にスポンサーになってもらってサービスで頒布。
これ、凄いことですわ。
せっかくですから、裏に貼っておきます。
なんか、地域のパワーにやられた時間でした。
東京でもこういう試みしないと。

-------------------------------------------

おっと、こんな痛いファンいるんですね。
恥ずかしくないのかなぁ?
こんなことして。
ニヤニヤ。

image

恥ずかしいといえば、某劇団の主宰で若手演出家とその妻で有名ミュージカル女優の夫妻も来てました。
(そりゃ、ウオレンとデイブがでてればクレアも来るわな。ODが始まるのかと思ったよ)
 

終演後にふらふらしていたら、目が合ってしまったので挨拶。
 

「まったく、若い女優見に館山までホイホイ来るんじゃねーよ!!」

と思われたに違いない。

まったくその通り、お恥ずかしい。
 


続きを読む

ここ数日日記

image

17(水)
世間のしがらみで水戸まで。
この日から、金曜日の夜まで。
泊まりがけでの、お務めだ。

最近の茨木の人って、思ったほど茨木弁じゃないのね。



18(木)
お務めの方も、途中で話が変わったりして、12時間以上の拘束。
しかも、その中での出番タイムは2時間しかなかったり。

勘弁してよ。

地方での夜ってやることないから、コンビニで酒かってホテルでダラ飲みとか。
侘しいわ



19(金)
この日は、なんとか帰れるのかと思ったが、作業がおすおす。
で、結局終電でも帰れず。もう1泊。

もう、2度と水戸にはこねー。


20(土)
早朝、5時前のバスにのって蔵前に戻る。
このバスは、浅草を経由して日本橋にいく。
帰宅するルートでちょうどいい。
拙宅の前も通るので、願わくば臨時停車をお願いしたいところだ。

浅草でバスを降りて蔵前に戻ってきて、朝の7:30

軽くシャワーを浴びて酒を飲んでまどろむ。

で、11時に起きて、神楽坂へ。

奈良坂ファミリーの内田莉紗ちゃんが、ファーストライブだというので駆けつけた。
これは、ほのぼのとした暖かいライブ。
別途、感想を書こう。


21(日)
今日は、小松春佳ちゃんの「イントウザウッズ」の公演日だ。
でも、場所が舘山とといことでメチャクチャ遠い。しかも不便。

東京駅からツアーバスが出るということで、それに乗り込む。

で、今、バスの中。

はてさて、今日はどうなるのか?


俺がコーラスラインのダンサーになるのはいつなのか?&ムーチョと谷口あかりのクリスマス

2/4に静岡まで出掛けていって四季の「コーラスライン」を見てきた。

33


四季久しぶりだなあ、最後に行ったのはいつだろう?
去年の7月にライオンキングの10000回記念シリーズに来て以来かなあ?
いってねーわ。
アラジンも行ってないし。

コーラスライン自体はもっと久しぶり。
なんと10年ぶり。
(1度急用でチケット捨てたことがあったんだよね。そのときは
吉沢梨絵ちゃんがコニーかディアナをやっていた気がした)

この演目、ビッグタイトルなんだけど、前回見たときにあまり
感動できなくてそれ以来行ってないのだよね。

<過去記事を検索したらこんなのが出てきた>
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
以前見たときも、それほど面白いと思ってなかったみたいね。
「劇団四季2日目」2006/10(五反田のcatsとセットで見たようね)
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/51127727.html

「コーラスライン」2006/2
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/50523312.html


今回は、静岡で用事がたまたまあったので3日ほど前に予約。
(肝心の予定の方は流れてしまったので、純粋に四季のためだけに
静岡に行ってきた。いわゆる遠征・おっかけですね)



会場は静岡市民文化会館

42


静岡まで往復バスで行き、新静岡から歩いていってきた。
知らない街じゃないし。
昔は1年半この街で働いていたんだよな。

何度も来ているけど、この箱は悪い印象ばかり。
まず、箱が古いので音が響かない。聞き取りづらいときもあるし。
他には観客のマナーも悪い。
観劇中喋っている爺いとかオバハンとか、走り回る子供とか。

静岡公演には基本的には行きたくなかったのだが、なぜか衝動的に予約してしまった。

舞台の方は前回と印象が変わらず。
出演者達の自己紹介が延々と続くキャッツと同じような構成。
意味がある歌は、「ONE」だけ。
(こんなとこもキャッツのメモリーと同じか)

いや、今回は「愛した日々に悔いはない」も意味がある歌だと思った。

<<<<話は脱線するが>>>
「愛した日々に悔いはない」という歌だが、ここ数ヵ月に

谷口あかり
濱田めぐみ
木村花代

の各ライブで聴いた。

各人が役者生活の中で一区切りをつけるタイミングでのライブだったため、
取り上げやすい楽曲だったのだろう。
前にライブで吉沢梨絵ちゃんもやっていたし。

どの女優もみんな上手かったが。
重なる楽曲というのは名曲なのだろう。
コーラスラインにも「ONE」以外に意味のある歌があったのは嬉しい。

Scan0044




キャストの方で気になったのは、ディアナ役の町真理子。
彼女、長いことライオンキングで頑張っていたが、遂に脱皮したと思う。
存在感のある役者に変わってきた。

他には、シーラの荒木美保。初見の役者だったが、いい感じに色気が
出ていた。

ベッチ(田辺真也)もザック役で静岡に来ていたんだよな。
ザックって、この舞台では背中を向けているから、よく分からないんだよね。

up2


芝居の全体感としては
「相変わらず掴みどころがない」
というのが印象だ。

ストーリー的にも共感に至れないし、セットも背景に鏡だけだし。

躍りは確かに上手だったが、のめり込むことができずにいた。

ーーーーーーーーーーーー

少し話は変わるが
「楽屋」
という芝居がある。

これもコーラスラインと同様に演劇の舞台裏。
役につけない役者がプロンプターの幽霊になって出てくるというもの。
色々な団体が脚色を変えつつ上演している。
私は数年前に吉沢梨絵の主演で見た。

このときもやはり、のめり込めず、理解に至らなかった。

こちらの人は、2回目の観劇にあたり予習をしたようだ。
とにかく、それくらいしないとつかめないのだろうと思う。

つまり、演劇の舞台裏で役を掴む、オーディションに落ちるという苦しさは、
学生演劇もしたことのない私にはかなり遠い。
一方で、それと毎日向き合っている役者には大きなテーマなのだろう。

「楽屋」にも「コーラスライン」にも、舞台と客席の間にはそんな埋めがたい遠さがあった気がした。


ーーーーーーーーーーーーー
コーラスラインつながりで
2015/12/10のライブの件を今更ながらに書いてみよう。

この日はムーチョこと武藤寛と谷口あかりのクリスマスライブだった。
場所は毎度お馴染み、横浜関内梟の歌

ムーチョと谷口あかりの共通点ということで、catsとコーラスラインの話が中心でなかなか面白いライブだった。

catsからは泥棒猫の歌を二人でやってくれたり
(あの狭い空間で自由に大きく動き回っていた。ダンサーってすげーなあ)

コーラスラインの話も出た。

それで、アンコールの後のラストに全員で
「ONE」を合唱とか。
歌詞カードまで配ってもらいました。

↓この日、ムーチョに手渡しでもらった歌詞カード。
「ONE」って歌詞的にもこれだけなんだよね。
それで、あの世界感と民が知っている歌という大御所ぶり。
やはり名曲だ。

IMG_20151220_0009


コラースラインって、正直理解しやすい内容じゃないが、1・2曲の秀でた心に残る歌で救われている。

ま、芝居って、所詮は演者が思っているほど、観客に伝わってないからそんなもんかもしれないが。
でも、しっかりとそれを本気で受け止めるのも観客の「仕事」ではあるわけだ。
だって、役者は本気で仕込んでくるわけだし。


ちなみにこの日のセットリスト

IMG_20151220_0008
IMG_20151220_0008



セットリストって重要だ。

イロイロ制約はあると思うけれども、後日にブログにアップでもいいから
出してほしい。
これが出てくると、ブログが書きやすいのは当然ながら、思い出して後日
ニヤニヤできる。
また、行けなかったときには「これ歌うなら行けばよかった」と悔しがることも
できる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


んで、最後は関係なく、静岡といえば

「♪学生服のヤマダヤマダ」
知っているよね?静岡の人たちは。

静岡市民文化会館に行く途中、北街道にあります。
(静岡には北街道と南幹線しかないといったのは静岡時代の友人だったか?)

10




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


蛇足ですが、劇場内でチケットを失くすと、こんな恥ずかしい
カードが貰えます。
お気をつけください。

up1


まったく、何歳になっても恥ずかしい大人はいるものです。
既に労害ですね。

今回はキャスボに文句つけました。

閉演後にキャスボが撤去されていたので。
だって、変じゃありませんか?
お客が劇場に入ってきてから、出て行くまでが芝居でしょ?
夢醒めだってそうしているジャン。

いくら地方公演で次のスケジュールがあるからといっても、そこは
違うでしょ?

札幌に行くぞ

5月に開幕する札幌のウィキッド
四季の先行予約で早くもゲット

5月は混みあっているようで、6月にチケットを押さえた。
さあて、今から楽しみだ。

LCCの早割りだと、往復で1万円かからずにいけるんだね。

バニラエアとか成田発で往復10000円以下だね。
https://www.vanilla-air.com/jp/

あとJETSTARも同じくらい安い。
http://tour.jetstar.com/


 今から札幌行き楽しみだ。1週間くらい行ってこようかな。
 

30年ぶりくらいにローマの休日を見た

image


ケーブルテレビで「ローマの休日」をやっていたので、流されるように録画。
それで、2、3日前にじっとりと見た。

初めて見たのはたぶん小学生のころ。
テレビだったと思う。

それほどの時間を隔てて見てみた。

で、
この映画、いいですわ。

ストーリーは半世紀以上前の映画なので、陳腐さは目立ちますが、映画として良くできている。

それぞれのキャストの演技もイキイキしているし、それぞれが「この人しかない!」ってキャスティングの上に成立している。

でもなにより、オードリー・ヘプバーンが可愛く描けている。
ヨーロッパの小国の皇女ならさぞかしそうであろうという演技もいいし、街で自由にしている姿なども似つかわしい。
髪を切ったときのウキウキさはとても可愛らしい。

今回、この映画は吹き替え版で見た。
吹き替えの池田昌子さんは、女王の品格ある美しい気品のある声だった。

気になったのでwikiしてみた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%AD%90 
 
なんと、999のメーテルとかエースを狙えのお蝶婦人とかやっているんだね。
典型的な女王キャラだ。

そしてもう一方の、グレゴリー・ペック。
映画を見ている最中から、どこかで聞いた声だと思った。
たぶん声優界の大物、若山玄蔵 じゃないかとも思ったが違うとも思っていた。
最後にクレジットが出たときに唖然。


image



ジェットストリーム先生(城達也)かい!!

彼のラジオは本当に大好きで高校時代から聞いていたし、死後に出された10巻セットCDも今でも保管している宝物だ。

 車の中で夜の12時から彼のラジオを聴くのは至福の時間だった。

今また、デジタルマスタリングされて彼に出会えるとは、、、、、、。

大げさですが、枢機な運命です。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
amazonとかで出ている字幕版はまったく別の
人の吹き替え。
私が見たのはテレビ用の吹き替えだと思われ。

さて、テレビにつないだハードディスクから
どうやって複製をしようか?

これも私のお宝コレクションのひとつになるな。

  

濱田めぐみが北島マヤだと言ったのは誰だったか?1/18濱田めぐみ20thコンサート

ガラスの仮面って、確か10年ほど前に読んだことがある。

読み出したとき嵌まりすぎて、3回も繰り返し読んでしまった。

ストーリーの巧みさや少女マンガ的な美的世界の面白さもさることながら、
芝居に入る瞬間に、その役に溶け込むマヤは神がかりであり、それを舞台ではなく
漫画で表現しているところも素晴らしかった。
(話は違うけど、そろそろ完結してくれませんか?>美内先生)


翻って、ブログの評論を見るとよくあるのが、
「濱田めぐみは北島マヤ」だと言う評価。
確かに劇場の中心に立ち観客の耳目を集めて離さないその魅力は確かにマヤだ。

そして、そのマヤを越える人物は未だ四季にはいない。


前置きはともかく、濱田めぐみの芸能生活20周年コンサートに行ってきた。

会場は渋谷のオーチャードホール。
「♪渋谷は少し苦手」from 「MAJIで恋する5秒前」by広末涼子and川島海荷

image


渋谷、苦手なんですよね。
アウェイだし、いつも迷う。

この公演は、1月の上旬に六本木で行われていたが、私の行ったのは渋谷オーチャードホールでの追加公演。
なにしろ、六本木公演は発売当初は5分で完売したと言うからプレミアチケットだ。

ファンクラブ枠もあるみたいだけど、濱田さんのファンクラブ会費が高くて、、、、
頼みますよ、ホリプロさん

私は今回もオケピでゲット。
お世話になっています。

ステージの方は淡々でありながらしっかりと曲を聞かせてくれた。
オーケストラも10人以上の編成で豪華だ。
今回気がついたのだが、彼女ってMCはあまり上手じゃない。
流暢に舞台裏を話したり、他の演者とノリ突っ込みしたりなどという
ところとはかなり遠いところにいる。

でも、それでいい。
拙い(失礼!)MCのあとに世界が変わるほどの彼女の歌を聞くと、
「歌が上手ければそれでいいんじゃん」という、当たり前のことに気づく。
ってか、MC下手な方がかっこいいですよ。


四季時代の歌は全体の半分ほど、四季退団後の歌が多かったのを残念に思ったのは、退団後の彼女の舞台にあまりいっていないからかな。

印象に残った歌は、

神が愛するヌビア
自由を求めて
someone watch to me
愛した日々に悔いはない

四季ばっかジャン。愛した日々に悔いはないとか、、ここ最近で3回くらい聞いたぞ。

四季時代の歌は、1作品から1曲のエントリーだった。
私は、アイーダとかウィキッドからは、もう少し聞きたかった。

この2作品だけは、彼女が主役をやるのと他のキャストがやるのとでは大きく違うと思っている。
だから、今の四季でも彼女を越えるキャストはこの2役に限っては出てきていない。

特にこの日の
「自由を求めて」
は、やはりエルファバはメグメグしかいないと再認識させられた。
非常に難しいこの曲を高らかに歌い上げ、劇場全体を震えさせるほどに響かせていた。
ラストをshoutで歌いきったあとは、会場全体から拍手が鳴り止まなかった。
これが劇団の看板役者、演劇界の第一人者の証拠だろう。

何であんなつまんない男と結婚しちゃったのかなあ、、、、って、これは関係なく
俺のマンマに対する個人的な恨み。

六本木では、沼尾みゆきがゲストだった日もあったようだが、恐らくその日はウィキッドマニアで盛り上がったに違いない。
ヤフオクで落としてでも行けばよかった。
暇なんだし。



今年の5月には札幌でウィキッドの幕が上がるという。
すでに私は遠征を決めている。
10年ぶりの北の大地が私に何を見せてくれるか?期待したいところだ。

って、おいおい、濱田めぐみのステージ評論じゃなかったのか?>俺
札幌への遠征表明って、、、、、

ウィキッドについては、作品事体を私が本当に好きなんだと思う。
その分思い入れもあるし、濱田めぐみを基準とした作品の完成度に対する欲求も
ある。

でも、なんだかんだ言っても、好きな舞台や好きな役者なら国内ならどこでも行くんだけどね。

なお昨夜、lineで札幌出身の上野のキャバ嬢に、どうしたら安く札幌に行けるか聞いたのは内緒にしておいてください。
(彼女曰く、キーワードは成田発のLCCらしい)


Scan0010

昨日は宝町から歩いて帰宅

BHskQr2CMAAP18N



昨日の日誌

10時ころに起床して食事。
メール関係、多方面に回答したり。

12時過ぎに自宅を出て、大江戸線で新宿まで。
東京の西側ってやはり心理バリアのようなものが
ある。
遠い気がする。
でも都会だけどね。

image



新宿では1時間半ほどの滞在。
すぐに大江戸線・浅草線で宝町まで。
宝町(八丁堀)での打ち合わせは場所がわかりづらかった。
特にMVNOの機種変してから、NAVIの正確度が落ちた気がする。
NAVIを頼りに移動しても、正確に現在位置を掴んでいない気がする。

これはDOCOMOの電波の問題なのか?
それともMVNOに関わる問題なのか?

こちらにそれっぽい記事が載っていたが、
事象と原因についてのみで解決策についてまでは記載されていなかった。
 
http://www.mca-mbiz.jp/news/2014/11/iijmio-meeting5-1.html

↓こちらには対応策も載っていた。
今度暇なときに(いつも暇か)やってみよう。

http://tomatovegetable.air-nifty.com/blog/2014/08/docomo-androids.html

宝町から帰るときに、意地になって全て徒歩で帰宅。
40分ほどの道のり。
東京駅から帰ってくるのと同じ時間だからね。
近いもんだ。




 

未来形の準備中

今日は未来形に向けての準備。

午前中1時間半、秋葉原の税理士事務所で打ち合わせ。

だいぶ、形が見えてきた。

でも、解釈もあるけど税理士によって微妙に見解が違う。

前から考えていたように、複数の税理士に相談して裏付けしていこう。

税理士に相談するのも、あと1週間くらいの間かな。

これ以降になると確定申告が始まるから、3月の中旬まで相談はできなくなる。

その期間は、ヒアリングしたことを元にして再考をする期間だな。


で、何の準備をしているかは、そのうちユックリ書こう。

今日は朝から行動的に

前の晩に3;00前に寝たのもあり、朝の6時半過ぎには目が覚めた。

最近の私の生活では沢山寝た方の部類。

・朝から洗濯機2回まわし
・菊川に郵送する荷物の梱包を行い
・朝食を食べてから通院
(この数日、腹痛に悩まされていたから。単に飲みすぎだとは思うけどね)
・近所のスーパーで自炊の買い物。今夜は湯豆腐です。

それで、今、マックにやって来てブログ更新中。

朝のブログ書き、習慣化しようと思っていた。
これからの未来形のこと
日常のこと
上野、浅草、蔵前の街のこと

定期的に書いていきたいと思っていた。

近所の公園で朝の6時半からラジオ体操をやっているのだが、それに参加した後にチャリでアキバか御徒町か錦糸町のマックで、ブログ更新する習慣を行おうと思っていた。(錦糸町や秋葉原のような離れた街にいくのは運動のためね。)

でも、なかなかできない。

マックでのテキスト書きって、週に1度程度が実態だ。
これを短期的には週に3日、長期的には5日に広げたい。

さあ、どこまでやれるのだろうか?


yahooのメールアドレス整備中

日常のメールには、現在はgmailを使っている。

以前は携帯のキャリアメールに重要メールが全て
きていたが、MVNOに変更したので今はキャリアメールはなし。

そうすると、gmailのアドレスに全て集まってしまうので、なかなか重要メールのハイライトが難しい。

そこで、yahooメールをサブで使うことにした。

yahooメールはサブアカウントということではお手軽でよいのだが、ヤフオクのリマインダーメールとかショッピングのセールスメールとか多くてウザイ。

そこで、誰でもやっているとは思うがフィルターをかけることにした。

フィルターをかけて、ヤフオク、ショッピングのメール関連は全てそこに落とすことにした。

手順は以下のとおり。

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/622/a_id/47982/~/%E5%8F%97%E4%BF%A1%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AB%E6%8C%AF%E3%82%8A%E5%88%86%E3%81%91%E3%82%8B%EF%BC%88%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%89

 単純で誰でもやっている作業なのだが、今までやれてなかった。
これを行うと素晴らしいのは、スマフォでもタブレットでも変更内容が反映されるところ。

今時、個人系の重要メールはfacebookかlineでしかこないが、仕事系のメールは相変わらずだ。

これでyahooメールとgmailの差別化ができる。

やれやれ。
 

ここ数日日記

ユーミー_000


前に書いていた「終末日記」
諸般の事情で書けないので、これからは
「ここ数日日記」として書いていこうと思う。

いつまで続くか?


20日(水)
ある方と面談@新宿西口、ヨドバシカメラの前辺り。
うーん、若い人は持ち上げたいけど、随分と不安な受け答えだな。
この日は空振りか?

戻ってきて浅草橋で軽く飲んで、蔵前まで歩いて帰宅。

22日(金)
この日もアウェイの渋谷へ。
しかも、午前午後のダブルコンボ。
午前は、未来形への投資の話。
それなりに、収穫はあった。
事前に資料送付、会って不明点解消。
その日の確認事項記録。

このサイクル、悪くない。
何回かこのパターンを繰り返して、今考えている内容の昇華を行おう。

午後は、小さな打ち合わせ。
行ったら担当の女の子が綺麗な俺好みの子でニヤニヤ。
でも、仕事の話はまったく駄目。
美人=仕事できないの法則はこの日も俺の中で有効。

渋谷を3時前に出て、上野で食事。
というか上野の大統領で飲んだ。昼間から相変わらず凄い人出だ。
日本酒3合、煮込み、ぶり塩焼き、1500円で終了。

そのまま、25分歩いて蔵前に帰宅。17時前。
着替えてのみ行こうかと思ったが、眠ってしまい、起きたら20時過ぎ。

そのままでかけず


23日(土)
午後から、汐留のカンファレンスに行こうと思っていたがキャンセル。
実は数日前から腹痛ひどし
捻じれる様に痛い日はないのだが、シクシクと痛む。
薬を飲んで家で大人しくしていた。
この日はお酒はもちろん、食事もできなかった。

カンファレンスについては、ここで見つけた。
IT系のイベントの告知サイト
http://eventdots.jp/
軽めに作ってあり、非常に使いやすい。
googleカレンダーとの同期とかも二重丸だ。


24日(日)
9時起床。
だいぶ前に中国人の部下にもらったウーロン茶を
煮出して飲むなど。
ここ数日の腹痛もあり、冷たい飲み物は控え中。
もちろん、お酒もね。
いつまで継続できるのか?禁酒。
痛みが和らいだら飲んでしまうのだろうな。





















 

去年ネタ。去年見た映画

いまだに去年ネタ進行中。

去年見た映画。

「ターミネーター 新起動ジェネシス」
シュワちゃん大盛りでファンには満足な映画だった。

「ジュラシックワールド」
スピルバーグ先生の相変わらずの世界。
普通に楽しめました。

「ミッションインポッシブル ローグネーション」
トム・クルーズのお約束映画。
B級映画最高!

「ギャラシー街道」
三谷幸喜さんの映画。
小さくクスクス笑う程度。爆笑はなかったかな。
映画館に行くほどの映画でもないけど、映画館でも
いかないと見る機会はないかも。(DVDだとつまらんかもね)
あと、綾瀬はるかは可愛く描けていた。


「スターウオーズ EP7」
これは待ちに待った映画。
ハリソンフォードがヒヨヒよ爺で出てきたのには笑ったが、それなりに満足できた。
4Dが凄くいいらしい。
ロードショーが終わる前に見に行かないと!

-----------------------------

以上、5本。
例年、3本か2本だから、かなり見に行ったのかな。
舞台を見にいくほど魅力はないです。

 

上野で安酒飲む俺など

@大統領

燗酒3合飲みますた。

これからラーメン食って、歩いて蔵前まで帰ります。


image

今月見たライブとか演劇(2016年1月観劇記録まとめ版)

今月見たライブとか演劇
忘れないうちに、覚え書き。
1月もまだ終わってないけどね。
感想は別途かな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月10日
木村花代ファンミーティング(新年会)
はなちゃん、喉を潰していました。
猿の着ぐるみもしてましたが。

お大事に。しかも俺、遅刻していったし。

image









以下は当日いただいたポストカード

<2016版>
Scan0011




<2015版もあったりして>これは俺の自宅ストックから
Scan0012





<当日は内田莉紗ちゃんのカードも配ってました>
Scan0013




1月15日
水野貴以ソロライブ。
彼女の等身大の姿がみられてよかった。
それにしても彼女、歌がうまい。
そりゃ、四季の連中も諦めきれずに、何度でも声かけるわけだ。

この日は自分のソロライブということもあり、トークもはじけていた。
四季のことを
「去年は劇団フォーシーズンから逃げまくった1年だったw」
と揶揄したり、
「ミュージカルって正直あんまり見に行かないんですよね」と爆弾発言
したり。

いいぞ!!もっと言っちゃえ!!

他の人のライブのゲストでは何度か見ているのであるが、そういう日は
大人しいから遠慮しているのかな?

彼女の新しい面を見れたいい時間だった。
曲もたくさんやってくれたしね。


<後記>
彼女のブログに詳細がUPされました。
やっぱりセットリストが出てくると、思い出すところも多いし、
当日のライブの記憶が蘇るね。

http://ameblo.jp/mizutaka127/entry-12117964323.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月16日
地元のライブハウス「クラウッド」で地元関係のライブへ。
これはお付き合いコースかな。
この箱、かなりい箱です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月18日
濱田めぐみ20thコンサート。
これは相変わらずのメグメグサウンド。
やはり、演劇界ナンバーワンはこの人だろう。
最高の歌を聴いた。

エルファバはやはり、この人しかできないだろう。
あと、アイーダ もベルも。

これについては、別途感想を書こう。


image

去年は24公演行きます他。2015観劇・ライブ総括

今更になってしまった。
昨年の観劇記録リスト、書いておく。
ってか、何で今頃に、、、、暇なはずなのに。

1/11
「あんた美人なんだから汚れはやめてよ。木村花代ファンミーティング、いや新年会!」
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53093900.html
花ちゃんのファンミーティング。
次回は、2016年2月14日。
これで、しばらくはライブ活動を休止するという。
最後だし、すでに予約ずみ。

1/12
「見てきた、四季の新作「ソングアンドダンス」じゃなかった「Festival」」
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53093581.html

正直、ソンダンと同じでした。



2/8
「マンマの楽前は、まあ認めてやる」
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53098481.html
毒吐きまくりの、東京マンマ楽。2016年は8月ころに再演がかかるみただけど。
キャスト一新で頼みます。



2/14
「バレンタインデーの木村花代ライブは「♪あったかいんだからぁ〜」」
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53099027.html
この日は水野貴以ちゃん登場。
2016年になって、水野ちゃんのソロライブにも行ってきました。
彼女、いいキャラしているわ。


3/1
「忙しくて書ける余裕がないのですが、ストレートプレイ「199X」@池袋」
芝居屋だんす
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/53102635.html
石橋佑果ちゃんのお芝居。ストレートプレイ。


3/15
「今宵のジャネットはひと味違うぞ!吉沢梨絵「アイハブアドリーム」@ミュージカル座」
この日は小松春佳ちゃんも出演。


3/29
「だいぶ前に見た「クレイジーフォーユー」」
思った以上に楽しめたCFY。
阿部よしつぐさんが客演でいたり。
四季も昔の人が戻ってきたりして、だいぶ様相が変わってきた。
将軍様の引退がプラスに出ている。


4/21
「吉沢梨絵ライブ@汐留」
梨絵ちゃんと立花裕人氏とのトークアンドライブ
梨絵ちゃんの久しぶりのライブでしたわ。
オープニングがいきなり
「サンキューフォーザミュージック」で泣きました。


4/25
「谷原詩音だ、キヨミチだ!名古屋にいこまい!」
マンマミ−ア!名古屋日帰り遠征。
次の開幕ソフィは谷原ちゃんか若菜まりえちゃんでたのむ。


5/3
小松春佳ミニライブ@伊豆ステンドグラス美術館
これは記事にしてなかった。
写真も撮っていなかったし。
でも、東京から新幹線に乗り、熱海から特急電車、伊東駅からタクシーと
えらく効率悪く出かけた遠征だった。
まあ、地元の静岡に帰る途中でもあったし、連休中の休日出勤も含みながらでは
あったが。


6/6
「ちゃんとした観劇記録はいつかけるのか?ラブレター@吉沢梨絵」
http://blog.livedoor.jp/yoshibou11/archives/cat_1028710.html
初めて行ったラブレターズ@パルコ劇場
渋谷は苦手です。
アウェイなんだもん。



6/27
「これから皆で全国ツアーに行こう!龍平劇団「君よ生きて」」
なんとか2回は行こうと思ったが、今年は1回のみ。
龍平劇団も今年は君よ生きてオンリーだったね。
来年は文七もやってもらいたいし、新作も頼みたい。

7/19
「俺はキャバクラに1万回もいったか?ライオンキング1万回公演」
LK1万回記念というか、俺が行ったのは9999回目公演
3年ぶりくらいのLK、何か理由がないと行かないな。
キャバ嬢と同伴だったり、キャストの劇的チェンジだったり。

7月下旬
兵庫宝塚大劇場
『星逢一夜(ほしあいひとよ)』(作・演出:上田久美子)
『La Esmeralda(ラ エスメラルダ)』(作・演出:齋藤吉正)
これも記事はあげてないが、大阪まで行ってミーハーの本家で
酔いしれてきた。
やはり宝塚はカッコイイ。
開けてはいけない禁断の扉だな。


9/12
「Mパブ見てきた」
ラゾーナ川崎での青木結矢主催のショー。
オッパブじゃないよ。

9/23
「Little Woman 若草物語を見る。そんな5連休最終日」
保坂千寿が荒川区の小劇場に来るというので見てきた。
scoreの作品でもあるので、内容的にもよかった。
できれば、ローズとリリーの両組を見たかったのだが、今回は
断念。


10/2
「こんなとこも行きます。さだまさしコンサート、風の軌跡」
これはもらったチケット。
偶然にいったが、楽しい公演だった。
どれくらい面白いかというと、お笑い芸人の3倍くらい。
 



10/10
「秋葉原のキャバクラ通いもいいけど亜早実もね!!まるゆめ「ここは公共の電波です」」
かわいこちゃん(超死語)の石井亜早実ちゃんの舞台。
「まるゆめ」という小さな劇団の初回公演。
そろそろ2回目の案内が来ないといけないんじゃないの?


11/26
「谷口あかりという女優はどれほどすばらしいのか?」
これも立花裕人氏のトークアンドライブ。
谷口さん、近くで見るとすごい美人で驚いた。
目がでかい! 


12/5
「小松春佳の歌をもっと聞かせろ!ー小松春佳トークアンドライブ(今さら書いたの?)」
これも立花裕人氏のトークアンドライブ。
正直、立花君はもういらん。
コマピーのライブは久しぶりだったので、堪能できた。
でも、全然足りないのは本文中の記事に書いたとおり。


ここらあたりから記事をかけていない、、、、、、暇なのに。

12/5  
「ジェイコブのラヂオ」
この日はマチソワ。
銀座の裏手というか宝町の居酒屋で。
小西のりゆきと青木結矢の二人が朗読劇。
ジェイコブのラジオよりも幸せの王子という朗読劇が良かった。
朗読劇、少しずつネタを変えながら2ヶ月に1度程度の上演が
あると面白い。

12/6  無名系の小さな小屋へ
「CLIMAX」という舞台
夜遊び先の黒服から誘われて見に行く。
場所は新宿御苑前のあの劇場。昔、龍平劇団も使ったあの場所
内容はアイドル系の女の子の集まりの舞台なので、、、、、
でも、おもったよりもみんな踊れていたかな。
(実は知り合いの嬢が出ていたのですわ)



12/12 
「ムーチョと谷口あかりのクリスマスライブ」
毎度おなじみ横浜関内「梟の歌」
武藤寛さんのトークとか盛り上がってよかった。
さすが、マンカス隊長だ。
谷口あかりちゃんも可愛かった。


12/23
アップタウンライブ
吉沢梨絵が何曲か歌うというので無理して行ってみた。
でも、行ってみたら柱の後ろの席しか空いてないし、
トイレを待っている人がいるのに、次の幕が始まってしまうとか
大いに問題のある舞台だった。

でも、梨絵ちゃんの歌は良かった。
アナ雪、DAICHIから1曲、あとニュース23のエンディングの
曲を歌ってくれた。
特にアナ雪のときは、アップタウンとのレベル違いどころか世界の違い
を感じさせる歌いぶりだった。


---------------------------

24公演、忙しい中でもそれなりに通えて頑張った
と思う。(前年が20公演程度だったから、今年は少し増えている)

四季の割合も減ったし(アラジン見てないし)、吉沢梨絵ちゃんも追いかけ切れなかった。

方向性が少しずつ変わりつつあるのかな?

今年は、月に3公演程度を目標に。
観劇記録も遅くならないうちに、品位を保ちながら書いていきたい。
暇だしね。

そういえば、吉沢梨絵ちゃんも今年のテーマは充電だそうだ。
私も充電しつつ、小さく放電しながら、未来投資を行う年にしたい。
(今更、年頭所感かよ)



 

小松春佳の歌をもっと聞かせろ!ー小松春佳トークアンドライブ(今さら書いたの?)

31


ライブでも演劇でも生物であるので、見たら時間経過とともに感動も細部も忘れてしまう。
曲目リストであるとか、細かい演出であったりとか、そういうのはドンドン忘れてしまう。

12月に入ってから時間に余裕ができるようになったので、さっさと書き始めればいいのに、1ヶ月近くたってから書き始めるというテイタイラク。
本当にファンなのかよ、俺。

小松春佳については、ストーカーを自認するほどよく追いかけている。

オーディナリーデイズの再演で彼女を見つけた。
その1ヶ月ほど後、芸大の裏手でのミニライブに彼女が1曲だけ客演するというので聞きに行った。

その後、私の恩讐の街である沼津での公演。
この時は、地元の女の子3人での公演だった。

2015年3月の練馬光が丘でのアイハブアドリーム

2015年5月の伊豆高原(ステンドグラスミュージアム)でのアトラクションライブ。

いい感じに追いかけている。

そして今回の、BLUE MOODでのトークアンドライブとなったわけだ。

29


彼女の生い立ちを含めて、トークで掘り下げながら、彼女の歌を聞くという企画。
立花祐人氏の司会で進行するのだが、、、、、
立花さん、あんた話長いよ!
というのが、この日の感想。

彼女の素晴らしさは、まず歌を聞くところから始まるので、そこの部分を多くしてほしかった。
これから、大きく売り出そうという女優なので、彼女の売り込みポイントである歌や演技をたくさん見てもらうことが優先であるべきだろう。
「こんなに素晴らしい歌を歌う彼女は誰?」から始まるのが掘り下げ
であるべきなのに、生い立ちとか高校の頃の話とか、他の出演者と同じように斬ってどうする?
これでは彼女の素晴らしさが伝わらない。

立花氏には若手女優とベテラン女優と切り取り方の違いをしっかり勉強してほしい。
この日の立花氏は20点程度である。
(歌手以外には厳しいよ>俺は)

と、苦言はここまで。

ファンとしては、久しぶりに彼女のソロを聞けたのは大きい。

セットリストは覚えきれなかったが、全部で5曲ほど。
私が特に好きだったのは、
「グッドモーニングボルチモア」
これは、オリジナルと彼女のキーも近いし彼女に相応しい曲だったのではないか?

また、彼女の代表作であるオーディナリーデイズからは
「calm」が出た。
彼女にはテーマソングを歌ってもらってもよかったが、今のところの彼女の代表作だ。

考えてみれば、彼女、これだけの存在感と歌の上手さがありながら、代表作がない。
吉沢梨絵でいうところの「マンマミーア!」「夢醒め」のような作品がない。

来年は、そんな代表作を掴んでほしいのだが、、、

それとは別に、これだけの歌のうまい女優にはもっと歌ってもらいたい。
アイーダとかグリンダとかエルファバとか。
そしてなんといっても、マンマのソフィをやってほしい。
(この日彼女からは「マンマミーア!が好きなんです」という嬉しい発言があった。歌ってもらいましょう「サンキューフォーザミュージック」)

ファンの勝手な思いとしては、
「小松春佳に歌ってほしいメドレー」
とかをやってもらって、20曲位は彼女の歌を聞きたいものだ。

ところで、アンコールで出てきた曲が
「部屋とワイシャツと私」
これ、バブル世代の私としては、カラオケで女の子が歌う定番で思い出ありまくりで違和感たっぷりだったのですが、、、、
というか、歌が上手なんだからもっと難しい歌頼みます。


今回もこちらの方とニアミス。
こちらの方、相変わらず記事のアップが早い早い。
演劇に対する情熱の問題だろうなあ。
俺は、時間が自由になってもいつまでも書けないでいるし。
その日のセットリストなんて、すぐに忘れてしまうし。

頭が下がります。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ラストは汐留と言うか、新橋のSLの光のオブジェ
そういえば、アラジンもキャッツも見てねーな、

四季もみなくなってきた。

俺はこのままどこいってしまうのだろう?

05

肉盛りつけ麺、けいすけ

点数は、65点。

まぁ。無難ではある。

あと、バラ肉の油が雑かなぁ。


image

2015総括(仮)

今年はとにかく疲れた年だった。

ってことで、未だに総括できず。

来年辺りに、ゆっくり。

おやすみなさい。

上野の幸寿司

これは、上野の幸寿司だね。

刺身も込みで、ダルく飲みたいときはここにきます。

image

image

image

横浜石川町NAVIGANTE

古い友人が店を移転して、横浜の石川町で新規開店した。

詳しくはまた、upしたいが、相変わらず美味しい料理で堪能した。

飲み放題で4000円からやっているらしいので、みんな行ってやってくれ。



image

image

image

image

image

上野のかっぱ寿司のこととか。

これは、上野のかっぱ寿司での模様。

さらって、飲んで帰ると3000円くらい。

なにしろ、半額だし。

寿司は、そんなに量は食えないな。
米だからね。

image


image

上野珍満で餃子。最近食ったもの次から次へとあげていく

最近食ったもの

上野の珍満で餃子。
これは、上野の定番、お約束だね。


image

卵焼き

今日は会社で今後のことも話し合ったり。

大きく前進。

そこから上野に出て、いつもの寿司屋とか。



image


終末日記

諸般の事情で曜日感覚が崩れそうだが、、、、、

12/12 (土)
昼から心療内科の診察だったのだが、ギリギリで目覚める。
急いで自転車で浅草橋へ。

戻るときに、「龍」という中華で昼食http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13076577/
程よいラーメン屋。
お気に入りのひとつかな。

近所に住む他の店の常連ともニアミス。

自宅に戻ってきて、13時過ぎ。
着替えなおして、横浜へ。

途中、川崎に立ち寄りしてから到着。
川崎までって、浅草橋・京急でつながっているから近いんだよね。

横浜では、17:00〜。
谷口あかりと武藤寛のライブ。
狭い空間なんもに踊りが大きくて驚いた。
こんな表現方法もあるのか。
これは別途感想も書こう。
楽しいライブではあった。

ライブの後は、横浜に店を出した友人のところへ。
「NAVIGANTE」(石川町)
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14058613/
相変わらず彼の料理は美味い。値段もリーズナブルだし。
ただ、横浜ということで苦戦はしているようだ。

image


ここについても、別途感想を書こう。

横浜を22時ころに出て戻ってきた。
蔵前に戻ってきて、23時過ぎ。
思い立てばそれなりの距離なのだが、やはり思い立つまでが
遠い。
浅草橋と台東区から出ていないからな。

この日は意外に眠気もあって、3時つり過ぎには就寝。

---------------
12/13(日)
12時過ぎに起床
YOUTUBEを延々と見たり。

しばらく前にケーブルテレビのセットボックス(STB)を交換したのだが
その際に驚愕の事実を知らされた。
いままでの、STBは地デジ等の受信は当然できているが、 出力の信号
レベルはアナログだったらしい。

たしかにセットボックス変更したらテレビが綺麗だ。

なんと、3年間も騙されていたとは、、、、。

新しいSTBに対応してパソコンとの裏配線を変更したり、
古いハードディスクをSTBにつないだり。(意外にすんなり認識。
40GBくらいしかない2.5HDなんだけど)

明日、もう1日やったら終了するとこまで来たかな。

いや、明日は映画でも見に行こうと思ったのだ。

007、まだ見てねーよ。
 

新聞がなぜ軽減税率に?

新聞は嘘ばかり書くし、社会の啓蒙にも役立っていない。
しかも、文章下手だし。

と、新聞に怒り心頭なのだが、ふと思った
「どうせ買う人減っているから、関係ねーか」

でも、そこで更に思い直した。
新聞より重要な生活インフラあるよな。
電気・ガス・水道・携帯・光回線
特に、インターネットはどう考えても、新聞より重要な
生活基盤だろ?

そして更に思い直した。
新聞程度、軽減しても税収は大して動かないが、
携帯やネットを軽減したら、大幅に歳入が減ってしまう。

つまり、食品はともかくとして
「軽減税率ありの業界」=斜陽産業(売り上げ低い)

新聞が軽減税率適用されたからと言って、もっと売れるように
なるとも思えないし。
政府に貸しを作っただけだな。

たまには、まじめな論調。


 

今月はよくライブにいっているなぁ

11/26 谷口あかり、トークライブ
12/6 小松春佳、トークライブ
12/6 青木結矢、小西のりゆき、朗読劇「ジェイコブのラジオ」
12/7 アイドル系の中小劇団
12/12 谷口あかり、武藤寛、クリスマスライブ


今月になって、だいぶ頑張ってます

⇒ 感想は別途、本当に書けるんかいな?
  時間はあるから大丈夫か

昼から上野で酒飲むなど

久しぶりに、昼から上野で寿司とか酒とか。

なんか、感動がないな。

image



image

週末日記

たまには書くか。

11/27(金)
お台場のオフィスを24時過ぎの終電で出る。
新橋について24:30前。
ラーメン屋で夕食食べて、最終の上野行きに乗る。

採集だから遅れ気味。
新橋から上野まで20分かかった。

御徒町でタクシー待っていたが、街がにぎわっているようで
まったくタクシーがこない。20分待って要約タクシーつかまえて
帰宅。
自宅に素面で戻ってきて2:00前ってどうよ?



11/28(土)
夕方16時ころまで眠る。
起きて自宅で飲酒など。
飲みながら眠っていると、アキバの嬢から電話。
そうだ、今日は浅草のお酉様に行くのであった。

風呂に入って着替えてアキバへ。
そして、軽く1時間飲んで、ラーメン「ごっつ」を食ってから浅草へ。

お酉様は15年ぶりくらい。
深夜にもかかわらず、この賑わい。
お疲れ様です。

image
image

image

image.

帰りに観音裏に行って軽くバーで飲んで帰宅。

朝6:00就寝。

11/29(日)
15時起床
ようやく、光回線を再導入することに決心がつく。
あちこち電話して、ようやく得心。
Jcomで落ち着くことにした。

夕方から
浅草橋の飲み屋で飲んで、そのまま秋葉原・上野へ
それなりに騒いで帰宅。

明日は月曜日だから、24時前の帰宅だよ

 

谷口あかりという女優はどれほどすばらしいのか?

image


しばらく舞台に行っていない気がした。
たぶん、1ヶ月ぶりくらい。

忙しいのは間違いないのだが、映画にも行ったりしていて
時間がなかったのだろうと思う。
映画館での映画はライブの舞台の2番目。
それなりの満足感は得られるから、舞台に行けないときは
お手軽だ。

image


11/26(木)
谷口あかりのライブに行ってきた。
これは、汐留というか築地のBLUEMOOD
立花裕人さんのMCでのトークライブだ。

以前、5月くらいに吉沢梨絵のライブでも来た場所。
お台場のオフィスを定時で逃げ出して行ってきたのである。

行ってみて、やはりよかった。
トーク中心になり、歌が少なかったのは残念だが、楽しい時間
だった。
谷口あかりの人と歌がよくわかり伝わってきた。

歌は思い出せる範囲で書いていくと
「Part of your world」
「Sound of music」
「(レミゼ、からあの曲。エポニールの歌)」
「nothing」(コーラスラインから)
「(引き揚げ船の茶店の娘の唄)」(君よ生きてから)
「I have a dream」(マンマのあの歌)

image



彼女、バレリーナの出身ではあるが、やはり 歌が上手い。
高音まで伸びていくその声は聞き惚れることができる。

1年間の休息を経ての舞台復帰。
才能がある人が戻ってくるのはうれしいこと。

ラストのアイハブアドリームはほろっときた。
彼女もやはりマンマファミリーだ。

帰りには小さく挨拶もした。
うん、ライブを見た日はキャストにちゃんと挨拶して帰ろう。
逃げるように帰るのは禁止だな。

谷口あかり
ぜひこれからも、聞きに行きたい、見に行きたい女優である。

-------------------
今後の予定

12/5 小松春佳ライブ、これもBLUEMOOD
12/5  ジェイコブのラヂオ
12/6  無名系の小さな小屋へ

12/12 ムーチョと谷口あかりのクリスマスライブ

image


 吉沢梨絵さんが、ライブやってくれないから若い娘にかまけてます。

image

帰りに汐留カレッタで見た光のイルージョン。

そういえば、アラジン、一度も行ってねーな。

 

KINDLE FIRE 購入

KINDLE FIRE 購入。

2ヶ月前くらいに発売された第5世代。

実は2年ほど前に、初期世代を買った事がある。
このときは
「アプリ制限多すぎ。つかえねー」
と思って諦めた。
ROOT化も面倒でしなかった。

今回は
「値段(4980円)も安いし、やってみるか?」

と思って購入。

使ってみると、意外にいい。
CPUもクワッドコアだし、サクサク動く。

アプリも、この数年に改善されたようだ。
各種個人サイトで、google-playで頒布しているアプリの
導入方法を解説している。
rootをとらなくてもできる手法なので、簡単で安心だ。

<ここ参照>
http://japanese.engadget.com/2015/10/05/amazon-4980-fire-google-play/

土曜日に自宅届き、初期設定がほぼ終了。
現在のところ、google-chromeを上手く導入できない問題点
は残っているが、課題事項はほぼ終了。

これはかなり使える端末ではないか?



 

週末日記

84721e54


思い出せる範囲で書いていく

11/4(金)
オフィスを21:00過ぎに出る。
そのまま、同じビルの2Fの飲食街で飲み会。
3人で。
そのうち、54歳の人がジイジだと判明。
孫がいるんだなあ、5代は。
おれもそれに近づきつつあるけど、何も生み出していない。

蔵前に12時ころに戻っていつものバーで飲む。
1次会で日本酒を4合ほど飲んだのもあり、かなりへべれけ。

2時過ぎに追い出されるように店を出る。

11/5(土)
昼過ぎに起床。
そこから、100円ショップに行ったり、近所の酒屋で買出ししたり。
クリーニングにも行ったかな。
そうそう、前の晩に鍋を火にかけたまま寝ていた。
部屋中が暑くて目覚める。
これで前科2犯。
気をつけなくては。
そろそろ、家を焼くぞ。

11/6(日)
昼過ぎに起床
洗濯したりとか。詳細は思い出せず。
でも、映画とかは見てないかな。

そういえば、ヤフオクで3年ほどの前の携帯かいました。
mvno対策です。

11/7(月) 
やはり朝起きれず。前の晩に3時まで飲んでいたからか?
でも昼過ぎから会社に行き、次々に決済して、若いもんに
プレッシャーかけて。
夕方から、中目黒へ移動して濃い会議2時間。

疲れました。

でも、帰りには反省会で軽く飲んで、
べろ酔いして帰宅←イマココ 

4-5a0d4
 

スマホの旧機種を募集

携帯をmvnoに変更しようと思っている。

これには経緯があって、現在使っているauのWIMAXの回線
スピードが落ちているからだ。
1年ほど前に、ケーブルテレビ経由の光回線の契約を解除した。
携帯のWIMAX経由のテザリングで十分にスピードがでていた
からだ。
どうせ、昼間は自宅にいないわけだし。

ところが、この1ヶ月、WIMAXのスピードが極端に落ちてきた
どうやら、WIMAX2の増設に伴い、基地局が減らされている
ようだ 。

このうなると、自宅でのネット環境に影響が出てくる。
毎日、エロ動画でも なんでもおとしまくっているので、最低限の
スピードは必要だ。


光の固定回線とMVNOのSIM、そして光テレビまで入れて
5000円のプランがあるようだ。

http://www.plala.or.jp/option/hikari_tv/
 http://www.plala.or.jp/p-hikari/

これを契約し。今契約中のケーブルテレビとauを解除 しようと
思う。

でもこれには、simフリー端末が必要だ。
候補に挙げていたのは、
NEXUS5
NEXUS6
なのだが、これには,財布ケータイがない。■咤張ードさせず
という大きな問題点がある。
USB端子もTYPE−Cと問題だ。
機種の魅力(何も入ってなくて軽い)はあるが、逡巡する。

そこで、2〜3年前のスマフォで、いいのはないだろうか?
ヤフオクで落とすことを前提に、条件は
。咤張ード対応
△財布携帯対応
サクサク動く
ぅアッドコア

こんな都合のいい話ないかな?

いい機種あったら教えてください

 

エレベーター故障

夜中の12時に帰ってきて、エレベーター故障とかきつすぎる。

7階まで死ぬ気で上りますた。

image

クリスマスに向けて

クリスマスに向けて、何をすべきか
真剣に考えよう

 44469af6-s

久しぶりに書いてみる?週末日記

3c78f62a


週末日記、長いこと書いていない。
気になっている人もいるだろうから(誰?)書いておくか。


10/30(金)
オフィスを21時過ぎに出る。
そのまま、同僚と同じビルの中のサイゼリアで飲み会。
安い飲み会で3人で4500円。

23時の閉店までサイゼリアにいて、蔵前に戻ってきていつものバーで
飲むなど。
かなり酔っていた。
自分でもわかるほど。
1時間半ほどいて店を出る。
珍しく金曜日の夜の常連たちに会わず。
よかったのか、悪かったのか?

自宅に戻って薬飲んで爆睡。


10/31(土)
昼過ぎまで眠る。
近所のラーメン屋でテイクアウトをしたかも、
海老トーチはうまかった。
鶏胸肉蒸しもうまかった

近所のラーメン屋でラストに飯を食ったのは思い出せるが、後は不明。

11/1(日)
昼まで眠る。
土日って、やはりよく眠れる。
18時過ぎから、日本橋のCOREDOで映画を見るなど。
三谷幸喜の「ギャラクシー街道」
小品だと思うが、それなりの満足感。

帰りに上野まで浅草線で出て軽く飲む。

ところが、隣の一見の爺がカラムカラム。
うざーーーーーー。

席を移りながら、23時まで飲んで帰りにゲーセンによって帰宅。

84721e54





記事検索
ツイッター
ヨシボウの画像
劇団四季「ウィキッド」
ライオンキング
キャッツ
ライオンキング
アイーダ
美女と野獣
テキトー自己紹介
サル公爵
昨年37歳に到達。女房と猫の二人暮らし。
板橋に生息するが、六本木、池袋、練馬、アキバ、上野、伊豆と統制のない活動拠点を持つ。
趣味は昔はパソコンであったが、仕事になってしまったので、ゴルフと映画を趣味に設定。
この数年「何か」を探して彷徨するばかり。
<<最近は週末が待ち遠しいです。平日が楽しくなる方法探しています。>>
【最近、静岡の沼津に転居しました。日々精進です】
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ