先週の日曜日、映画「トランスフォーマー ロストエイジ」を見てきた。

この映画、シリーズ4作目。

だんだん、ゴジラにも似てきたかのようなシリーズ化。

ストーリーは、至極単純。
宇宙人、きましたー、はいー!

みたいな。

でも、特撮は凄くて無条件に楽しめる。

私は、錦糸町で日本語吹き替えで見たのだが、
これも思考を張り巡らせることなく、気楽にみれた素敵なB級映画の誇りだ。

また、3Dも初体験。

たしかに、迫力はあるね。
手で掴めそうな感じがした。

いろいろ不満はありながらも楽しめた。

それもこれも、スピルバーグ先生の制作のおかげか?


image