龍平劇団の「君よ生きて」を6/27.土の昼公演で見てきた。
場所は西葛西。
龍平劇団の生まれた土地といおうか、最初の公演の場所。

東京フィルムセンターアカデミー

龍平劇団には何度もきているが、当地は初めてだ。
程よい小箱だ。

劇場に入ると、主宰の龍平君がお出迎えしてくれた。こういう、ぶれない姿勢もありがたい。ある一定の成功を納めても、客商売の基本を忘れない。おもてなしの心を忘れないというのは大事だろう。
俺も見習わないと。



でも、小箱に似合わない豪華キャストだ。


とにかく谷口あかりがすごかった。

四季退団後、しばらくは休養していたようだが、ここに来て活動再開。
綺麗な歌声を聞かせてくれた。

高く遠く澄みわたるような歌声。声にも姿にも透明感があり、引き上げ船を迎える茶店の娘という純粋役を公演した。

この茶店娘役、私が前回見たときは水野貴以が演じていた。
彼女も歌の上手い女優だ。
後半の泣かせどころ、聞かせどころでしっかりと客の心を掴む役なのだ。
歌の上手い女優が演じなければならない勘所なのだろう。

谷口あかりの歌は四季時代にソフィで何度も聞いたはずであるが、ここまで歌が上手いという印象はなかった。

相変わらず、私の目は節穴である。宝を見抜けないのである。

四季時代から見抜けなかったのは、ムーチョこと武藤寛も同じ。キャッツのマンカスで散々会った気がするのであるが、マジマジと意識してみるようになったのは、龍平劇団の演目から。
「君よ生きて」では、隊長役。
キャッツのマンカスと同じポジションとはいえ、まあ魅せられました。


他に気になったキャストとしては、

石橋佑果
私が最近注目している若手女優ではあるのだが、彼女も光っていた。
この日彼女はオフィスのバイトちゃん役で登場。少ない台詞ながらも、存在感を出していた。

他には
青木結矢
相変わらずの変態役だ。
作品のテーマがテーマだけに、抑えた変態役ではあったが、彼の色がしっかり出ていた。
大きな告白(やっぱりな)をした後だけに、私の中でも注目度が高かった。
これからも、要チェックだ。



全体的に
私は、昨年の初演時以来の2回目なのだが、「こんなに泣かせる舞台だったか?」の印象。
細部は変わっている感があったが、太い柱やテーマ性はかわらず、むしろ笑わせる場面も増えた印象なのだが、涙の量は増えた。

会場も大きく泣いていた。いや、みんなが鼻を垂らして啜り泣いていた。

私も大きく泣き、デトックスまでしてしまったようだ。


龍平劇団はこれから旅に出る。
福井や京都(舞鶴)、名古屋などをまわる。

時間のある人も、ない人も。
一緒に旅公演にいってみよう。
なにか、新しいものを感じられるかもしれない。
旅公演という言葉はあるが、今後は旅追っ掛けという言葉が定着してもいいだろう。

※今回は写真もなし。おいおい、本当に俺は見に行ったのか?